<   2017年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧

うちの流儀

確か猫って箱が好きで、箱を見れば入らずにいられない
・・・はず。

なので、段ボール箱が届くと、ちょっと置いてみるんだな。

どですか?
箱、お好きでしょ?
入ってみちゃう?
って。

がしかし。
こんな感じ。
e0142430_23561225.jpg




スリスリはする。
e0142430_045326.jpg

ナニこのブサイクな顔。



シロちゃさんに限らず、うちではだ~~~~れも箱に入らん(-_-;)
e0142430_0161825.jpg

しまたんも新聞紙の方がいいらしい。



うちでは段ボールはこうやって楽しまれる。
e0142430_017234.jpg


e0142430_0175923.jpg

文句があるのかと言わんばかり。
by nomanyan | 2017-03-14 00:05 | にゃんこ隊 | Comments(0)

4回目のビンクリスチン

3月10日。
多分テンちゃんの頭に腫瘍ができてたのが12月だから
発病から3か月経ったことになる。

先週白血球の減少が大きかったため、投与できなかったビンクリスチン。
今日はぜんぜん大丈夫っしょ?
と思っていたが、先生はテンちゃんの血液検査の結果を見て
「う~~~ん~~~~」とのたまふ。

(*_*)
えっ?!復活してないんですか?

「ん~~~完ぺきおっけーというわけじゃないんだけど・・・」とおっさる。

では?今回も投与なし?

「いや。量を減らして打ちます」と言われた。

テンちゃん。相変わらずの食欲のなさで、腎臓の状態が良くない?
と心配だったので、今回は血液検査の項目にそちらも診てもらった。

BUN17.3㎎/㎗(正常値17.6~32.8)
CRE1.5㎎/㎗(正常値0.8~1.8)

(゜o゜)!!!!!

まさかの正常値!
去年の健康診断のときはBUN32.0、CRE2.0だったのに?!

ヽ(^o^)丿


いやまて。喜んでいられない。

・・・(-_-;)て。ことは?
この食欲のなさ、元気のなさはやはり抗がん剤の副作用
というわけ?

抗がん剤によく反応して腫瘍はすっかり消えてるが、
同様に正常な細胞の活発な分裂にもよく反応して?(T_T)
おかげさまで白血球が少なくなりーの。
そして
胃腸の細胞分裂にも効きに効いて調子が悪くなってる?



胃腸の元気を復活させるためにやはり薬をのますべきなのか。

だけど今、セミントラだけでめちゃんこ凹んでいらっしゃる。
明朗快活だったテンちゃんがめちゃどんよりしている。

だが、凹もうが凸ろうがお薬をあげなきゃなんないのか。

今日はビンクリスチンとステロイド、インターフェロンを打ってもらう。
あ。あと食欲増進剤も。
血液検査もしてるから合計で5回も針を刺されるという不幸にみまわれるテンちゃんさん。

す・・・すまんのぅ・・・(T_T)


以前から気になってたがん幹細胞をたたく抗がん剤の話を先生に訊いてみたが
「ごめん。その情報はボク持ってない」と言われたわ。

あぁ~~~早くリンパ腫のがん幹細胞を叩くお薬、ぷりーず!!!!(>_<)

翌日11日のテンちゃんさん。
お散歩に行くとも言わないんだよ(T_T)
e0142430_2343592.jpg

元気なくていらっしゃる。

夜には外に出せ出せってわーわー言ってたらしいけど←まさのすけ談
by nomanyan | 2017-03-11 10:45 | リンパ腫 | Comments(0)

シーソーな兄弟

リンパ腫を患ってるテンちゃん。
腫瘍は抗がん剤によく反応してすっかり消えてるけど
食欲はあまりなくて、めちゃんこ痩せてきた。
総じて元気なし。

(-_-;)

体調が悪くて元気なしというよりはお薬をのまされる
というテンちゃんにとって嫌なことのおかげさまで
すっかり意気消沈して
ワタシを警戒して毎日が楽しくない
って感じ。

ごはんをあまり食べないのですっかり痩せてしまって
リビングをテンちゃんが歩いてるとそれがテンちゃんなのかしまたんなのか
一瞬わかんないほどテンちゃんは痩せてしまってる。


そしてテンちゃんと同胎の兄弟のしまた君。
IBDを患っておられますが、
最近めちゃお元気でいらっさる。
ワタシが台所に行くと必ずついてきて「何か食べる」と目で言い
そして出されたパウチや缶詰のフードをわしわし食べる。
おかげで少し太ってきた。
そして
あちこちにおちっこを振りまき、その健在ぶりをあぴ~~~る!

(-_-;)

ま。いいんですけどね?
元気ならね。
ちっこなんてふきゃ~いいんだよ。ふきゃー(T_T)
ちっこが壁やふとんについてるからって死にゃしねえよって。

テンちゃんの元気が下がってきたのと反比例して元気になってるしまたん。
テンちゃんが元気な時はしまたんがダダ下がりだった。


どーなんですかね。
彼らのこの様子は単なる偶然なんすかね。

カミサマが気の毒がって「せめてしまたん元気にしちゃろか?」と采配して下さったのか?

テンちゃんが元気なくなってきたのを見て、
しまたんが「ボクがやらねば」「ボクボク!」と気持ちを持ちなおしてきたのか?

どうなんだろう?


2月24日のしまたん
e0142430_1422121.jpg

床暖入りのお布団、毛布の上で気持ちよさそうに寝てらっしゃる。

一方お散歩する同日のテンちゃん。
e0142430_14232723.jpg

形相があまり良くありませんな。お外なので緊張してるってのもあるですが。

同日。お風呂に落ちてワタシに拭かれるしまたん。
e0142430_14243654.jpg

元気なのはいいけどお風呂に落ちるなんて。
e0142430_1425172.jpg

ごしごしごしごし。拭かれて嬉しそうなしまたん。
e0142430_1425564.jpg

ごしごしごしごし。
ボクだけが今かまわれてるねん!ボク可愛がれてんねん!
ゴロゴロ言いっぱなし。

乾いて「は~やれやれ」なしまたん。
e0142430_14263133.jpg



うちのにゃんこ隊の中で実の兄弟なのはこの二人だけなんだけど
他の猫に対して思う気持ちと何か差はあるんでしょかね。

アニマルコミュニケーション
by nomanyan | 2017-03-10 13:39 | 炎症性腸疾患 | Comments(0)

心のかさぶた

今日、3月7日はノーマの命日。
ノーマがいなくなって6年。

もうノーマを思って胸がかきむしられるような思いはなくなったけど
じんわりとした寂しさと懐かしい思いがあります。



先日、テレビである動画が紹介されてた。
外国の女の子、9歳?だったか。
その子が子猫をもらったときの動画。

女の子はサイモン君という16歳の黒猫さんと暮らしてた。
だけど2年前にサイモン君は亡くなってしまった。
ずっと傷心の女の子。
ある日、お母さんが知人のところで子猫が保護されたことを聞いて、
そのうちの真っ黒の子猫を引き取ることにした。
そして女の子のお部屋に子猫を置いといた。

で、女の子が小学校から帰って来て自分の部屋の子猫をみつける。
って動画。

これを見た一日、ワタクシ、
どうかしてるんじゃないのかってほどずっと思い出しては泣けて泣けて。

ええ。めでたいお話なのよ?
子猫にとっては里親さんがみつかって。
女の子にとっては亡くしたサイモン君と同じ黒猫さんと出会えて。

なのになぜ泣いちゃうのか。

この女の子の気持ちが痛いほどわかるからかしらねえ・・・

子猫をみつけた女の子は最初、すっごい笑顔で喜ぶんだけど
その後子猫を抱いて号泣しちゃうんだ。
その様子にその子の今までの悲しみの深さを見たようで泣けちゃうのだ。
その子がかわいそうというのではなくて
「あぁわかるわあ・・・」という気持ち。


6年も経てばもう平気かといえば、大泣きしてしまうことはなくなってるけど
それはノーマのことを忘れてるわけじゃなくって、
会えないことを我慢することを覚えただけなんだよね。
どれだけ泣いたってもう帰って来てはくれないんだもの。
ってようやく諦めることができるようになってきてるだけ。
(「なってきてるだけ」よ。「諦められた」ではない)

傷はまだ体の内側にあるんだけど表面はかさぶたができて傷がふさがってる。
いちおうふさがってるから傷を負った直後のような痛みはないけど
でもしょせんかさぶたなので傷が治ったわけじゃない的な?
うまく言えないけどそんな感じ。


この子もサイモン君がいない悲しみをず~~っと我慢してたんだね。

その動画がこちら。


この黒猫ちゃんは女の子でもうすっかり大人になってらっさるみたい。
「エラ」ちゃんと名付けられてかわいがられてるらしい。
by nomanyan | 2017-03-07 17:39 | お世話係のつぶやき | Comments(6)

5回目のエンドキサン

はいはいはいはい~~~"(-""-)"
きたよ。きましたよ。
またも抗がん剤をテンちゃんにのませなきゃなんない日が。

ほんとは日曜日(3月5日)にあげてちょうだい
と病院からは言われてたけど、
この日は早く仕事に行かねばならんので時間がない。

なので、月曜日(6日)にあげることにした。

事前にネットでいろいろ調べた。
世間様はいったいどうやって猫にお薬をあげてるのか?

多いのはごはんに混ぜて。
おいしいおやつにくるんで。

"(-""-)"

む~りむりむり。うちは無理。
手から食べる癖はついてない。
おやつをあげる習慣なし。
ごはんはムラがあって食べたり食べなかったり。
貴重な薬を無駄にしかねない。
へたに他の子が食べたら大変である。

やっぱお口にほ~りこむしかないよね?

今日もパンにくるんだ。
そして、にゃぐにゃぐされないように
もうテンちゃんに嫌われようが二度と触れなくなろうが
かまわん!
という覚悟でもって投与したよ。ええ。がんばったわ。

テンちゃんも「ん?」てくらいあっさりとのめた。
お口の手前にお薬が落ちなかったので泡も吹かずにすんだ。

ほ~ほ~
やっぱ思い切りが足らんかったのね?今までは。

よし。わかった!
もう腹をくくってぎゅ~ぎゅ~にやったらいいんだ。
わかった。


ちなみにテンちゃんは今日も「薬のます気だな?」と気づいて朝から隠れてた。
「テンちゃん?」って言いながら隠れてる場所に手を伸ばしてテンちゃんを捕まえようとしたら

けこっ!けこっ!けこっ!
・・・けろ~~~~~~~~

と吐いた。

(-_-;)


声をかけただけで吐かれる・・・・

それほどにイヤかと思うとテンちゃんも気の毒だが
ワタシもかなり気の毒だ。
傷ついたっ(ノД`)・゜・。


お薬を無事にのんだのを確認して、今日もお散歩へ出た。
今日はお天気もいまいちで寒かったので早々に切り上げましたけども。


珍しいとりあわせで寝てる。
e0142430_136533.jpg


e0142430_1363648.jpg

たまにおっかけっこしてたりするしね?
案外気が合うんだろうか(*^_^*)
by nomanyan | 2017-03-06 00:17 | リンパ腫 | Comments(0)

パッチ君とインターフェロン

こないだしばらくパッチ君にプレドニゾロンをあげられなかった。
そしたらめちゃ体調悪そうになったのだ。

で。また再びがんばって捕まえて投薬してるのだけど、
どうも以前より具合が悪そう???

今あげてるプレドニゾロンの量を増やした方がいいのか?
だけど、ステロイドをず~~っとあげてると糖尿病になっちゃったりするよね?
増やしていいもんだろうか?
と獣医さんに相談したくてテンちゃんと一緒に病院に連れてった。


うちにはお口が痛い子が3にゃんいる。

その1.あちゅ君→メロキシカム毎日投与。2週間ごとに抗生物質+インターフェロン
その2.パッチ君→プレドニゾロン毎日投与。
その3.くぅちゃ→今のところ何もなし

あちゅ君だけ厚遇?されてるが、あちゅ君は猫白血病ウイルスキャリアさんだからなのだ。

白血病ウイルス保持者のわりにあちゅ君の方がパッチ君より元気そう。
というか、あちゅ君よりパッチ君がひどくなった
と言った方がいいか。

この状態の差はやはりインターフェロンなのだろうか?
と思ったりする。

病院での血液検査の結果はまだ糖尿病を発症してはいないけれど
このままプレドニゾロンを使い続けているとその可能性はあるだろうね
とのことだった。

じゃあ、メロキシカムに替えた方がいい?と尋ねると
そうだねえ。もしもメロキシカムでも痛みが取れるようなら
その方が無難かも。
ただ、効きがいいのはやっぱりステロイドだから。
それから、もしもメロキシカムに替えていくのなら同じ日にメロキシカムと
プレドニゾロンをあげちゃだめだからね
と注意された。

ハイ( ..)φメモメモ

インターフェロンの効果を信じて、パッチ君にも打ってもらう。
あと、長期に効く抗生物質も。

そして、果たしてインターフェロンの力はどうだったか?

翌日の夜。
いつもは見かけられないワタシの膝でくつろぐパッチ君の姿があった。
e0142430_3112671.jpg


むむ・・・
これが果たしてインターフェロンのおかげなのかどうか。
抗生物質のおかげかもしれぬが。
とにかく痛みがましになってるような感じなので良しとしよう。
by nomanyan | 2017-03-05 20:00 | 口内炎 | Comments(0)

今回も抗がん剤投与できず

今日は金曜日。テンちゃんの抗がん剤(ビンクリスチン)の注射の日。
やっぱりやっぱり投与できず。
先生も「やっぱりできないねえ」

そですか。
テンちゃん。抗がん剤使うと骨髄抑制がよく効いて(-_-;)
白血球がしっかり減少しちゃうようだよ。
そして復活に時間がかかるようだよ。
そういうパターンのようだよ。

ということで、またもビンクリスチンは延長です。

プレドニゾロンはまだ先週注射したものが有効なはずだから
と投与なしで、インターフェロンだけ打ってもらいました。
頭に打つから痛そうだよ。がんばれテンちゃん。

腫瘍は大きくなってない。
その件についてはヨシ!だけど食欲があまりないんですよ。
おまけに投薬でワタシから逃げ回るようになって
ワタシはすっかり嫌われてるんだよ。
と伝える。

テンちゃんの体重を測ってみると、実際体重は減ってた。

う~ん。そうだね。食欲増進の薬打ってみる?
言われたので、お願いする。

だけど、効き目は継続はしないよね?と訊くと
「そう。せいぜい効いて24時間かな?
その後もその効果を期待するのなら飲み薬をのませるしかないけど・・・」

は~~~~(ため息)

もう今やセミントラ(のみ薬)ですらあ~~~~~んなに嫌がってさぁ
ワタシを敵認定してるテンちゃんさんなのに。
これ以上飲み薬はど~なんでしょーか。

先生も「ノーマ家の信頼関係に影響するんならどうかなあ・・(苦笑)」と勧めにくそう。

あとねえ。この食欲のなさは抗がん剤の副作用の他に腎臓は大丈夫なんだろかと思うよ。
と言ってみる。

先生も「あぁ・・なるほど。でもその数値は見てなかったねえ」と言われる。
そうなんだよ。
最初に言っとくべきだった。
血液検査の内容をBUNとCREも見て!と言っとくべきだった。
骨髄抑制がどの程度されてるか検査のために一度採血してしまってたので、
今からもいちど採血はできないもんね。

腫瘍が消えてるのは喜ばしいことなんだけど、
がんとの闘いってソレだけではないのだなあとしみじみと思う。

ネットであちこち読ませてもらうと、
がんは切除できて、2年生存してたのに結局腎臓がヤられてしまって
お空にいっちゃった子がいてね(T_T)
猫は腎臓のことを考えておかねば。
テンちゃん、結構高齢ですからねえ。

だがお散歩は行く。今日も行く。
e0142430_0564437.jpg

ぶすっとしてるけれど。
by nomanyan | 2017-03-04 04:31 | リンパ腫 | Comments(0)

難しい猫ゴコロ

アリョーシャ君は相変わらずです。
若干そばにはいられますが、心は許しません的な。

はぁ。難しいっすねえ。

一方、投薬生活のテンちゃんさんはすっかりワタクシを警戒しています。
そして、最近ず~~っとまさのすけにべったりです。
昼も夜もまさのベッドにいて、一緒に寝ています。

まさ、大ブレイク中!!!

ふ~んだ。別にいいけどね~~~~~~~
っっだ。

(-_-;)


アリョーシャ君をごく普通の飼い猫のように人間に慣れてもらおうと
思っていましたが、
その動機っつのが、いざというときに看病ができないから
というのが第一だったのさ。

そう。れんげちゃんにしてもすみれちゃんにしても、家庭内完全野良猫だったので
一切触れず、ワタシにしたら見殺しにしてしまった感が強くて
激しい後悔があったのでした。

がしかし?
あれだけ明るくて陽気で、
そしていきなり来たお客さんの膝にも勝手の乗っちゃうほど猫としてはありえんぐらい外交的でさえあったテンちゃんさんの今の心を閉ざした状態を見ると
果たして「人馴れしてれば看病できる」と考えていたのは正しかったのだろーか?

と思い始めて来た。

テンちゃんさんには今はステロイドを毎朝のます、という嫌われる原因第一はなくなったが
腎臓のお薬セミントラはのませなきゃならん。
以前はたいして苦にしてなかったセミントラなのに、毎日のプレドニゾロン投薬が引き金となり
今やすっかりセミントラまで嫌になったテンちゃんさん。
今日なんて仕事から帰って以降、まったくテンちゃんに触れてないのだ。
仕事に行く前だって触れてないのだ。

あんなに抱っこだブラッシングだボクを見ろなテンちゃんだったのに。

今やあーた。飼い猫なんですか?状態なのであーる(-_-;)

ノーマもず~~~~~~~~っと投薬してたけど、ごはんに混ぜればそのまま食べてたし。
混ぜなくてもぜんぜんへーきでのませられたし。
歯磨きは嫌がってたけどそれでワタシ自身までも避けるなんてこたーなかった。

ちなみにテンちゃんと同じく毎朝セミントラをのまされてるニーナちゃんはぜんぜんへーき。
それはそれ。これはこれでワタシを避けることはない。
セミントラのませたら思わずよろけてはいるけれど(^^;)

しまたんも投薬してた時期があったけど
投薬自体ははいやがったけどもその他はふつーに膝に乗って来てたし、
あーだこーだ話しかけて来ていつものしまたんだった。

猫によるってこと?
看病できるかどうかは。
慣れてるかどうかではなくて?

そういや言ってたなあ。セラを最初に診てくれた先生が
「猫ちゃんは治療されるくらいなら死んだ方がまし!ってくらいな子がいますからねえ」
って。

あぁそんなこと言わないで(T_T)
治療させてちょうだい。
そして心を閉ざさないでえ。
頼むよ(ノД`)・゜・。


本日のお子様たち。

おもちゃのねずみを抱えて「遊んで」とアピール中のクロエちゃん
e0142430_424542.jpg


そばにはいられるが心は許してないんだよ なアリョーシャ君。
e0142430_4251621.jpg


どですか。
クロエちゃんとアリョーシャ君の顔つきでワタシに対する感情がわかるってもんです。
by nomanyan | 2017-03-02 12:35 | にゃんこ隊 | Comments(2)


15歳8ヶ月でお空に旅立ったゴールデンレトリバーのノーマとノーマを大好きだったにゃんこたち


by nomanyan

プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

Retrievers O...
タバサは語る
ワチャたけ奮闘記
 GR-JUNの思い出と日常
CANDY’S BLOG
笑いのある生活

ノーマの親戚ちゃんとお友達

カテゴリ

全体
日常
おでかけ
お友達
にゃんこ隊
腎不全
お世話係のつぶやき
口内炎
炎症性腸疾患
肥大型心筋症
猫伝染性腹膜炎
猫白血病ウィルス症
ノーマの病気
歯根膿瘍
乳腺腫瘍
てんかん発作
リンパ腫
気管支炎
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

最新のコメント

寒くなって、朝晩は冷える..
by ちーしゃん at 23:51
心よりお悔やみ申し上げま..
by ベンのママ at 10:19
お世話係りさま なんと..
by saba-sava-cat at 01:52
おおっ!Σ(゚Д゚)!H..
by nomanyan at 15:06
お久しぶりです~!笑える..
by Hisami at 15:17
ベン君のママ様 ご..
by nomanyan at 00:00
ごめん字が違った。麻央ち..
by ベンのママ at 14:17
元気がなによりよ~ベンが..
by ベンのママ at 14:14
ベン君のママ様 お..
by nomanyan at 12:37
大変な日々ですね。心配な..
by ベンのママ at 11:57

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫

画像一覧