<   2017年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

抗がん剤の治療

抗がん剤ってね、効かないってイメージないっすか?
正常な細胞まで攻撃するのでその副作用がやたら大きくて
結局助からないのよ。
みたいな。

ワタシもそう思ってた。
ただ、リンパ腫は全身性のいわゆるガンなので、抗がん剤を使うしかないし
他のガンに比べて抗がん剤が効きやすい
と言われてるの。

抗がん剤を使うにあたって前回病院に行ったとき、
先生にいろいろ訊いてみた。

犬猫は抗がん剤の副作用が人より少ないって言われてるけど?
と訊いたら

それは違う。と言われた。
人間は完治を目指すから悪い言い方だけど、ギリギリの量を使う。
犬猫だってたくさんの量を使えば副作用は大きく出るよ?
だけど、犬猫にはそこまでできないから、副作用が大きく出ないだけ。

って。

(゚Д゚;)そおなの?
そうなんだ。

その後、ネットでいろいろ調べてみますと
なぜめいっぱいの量を犬猫には使用しないかというと、
どうやら犬猫には「完治」を求めているのではなくて
良くない言い方をすれば「延命」を求めてるようだ。

延命と言えばよくない感じがしますが、
要はわんにゃんが毎日ごはんをおいしく食べられて、
家人と穏やかに過ごせる毎日を一日でも長く与えるため。
てことなんですって。

ごはんが食べられなくなり、毛が抜け落ち、苦しそうなわんにゃんの様子に
飼い主は耐えられないんだそうだ。

そらそう。
そらそうだとも。耐えられない。

そこまでして仮に完治できたとしてもそこからどれだけ生きてくれるのか?
犬猫の寿命は短いし。
てことのような。

だから、副作用が出るほどの量を使わずに穏やかに過ごせる範囲の投薬をするんだそうだ。

「完治」を目指した治療ではなくて「寛解」の状態を一日でも長く与えるってこと?
のようだ。

なるほど・・・
とちょっと納得した。

そういう目的のための治療なのならば、テンちゃんを支えるワタシとしても
そういう覚悟でテンちゃんを見まもらねば。

一日一日を穏やかに、できるだけ長くワタシやまさのすけのそばにいてくれるために。
QOLの向上!
と思ってた矢先。

朝にプレドニゾロン(1錠)とセミントラ(シリンジで4ml)。
夜にエンロクリア(1/2錠)
って、薬あげてるぢゃん?
だから
もう今やすっかりテンちゃんに嫌わてるんだからワタシ。
変な上目遣いでワタシをじろりと見るテンちゃん。

今朝から膝にも乗って来てくれないんだから。

投薬だけでワタシのQOLがダダ下がり。
(ノД`)・゜・。
by nomanyan | 2017-01-31 17:48 | リンパ腫 | Comments(0)

腫瘍が小さくなった?!

気のせい?

これはワタシの希望が入ってるからそう見える?

と何度もそ~~~っとテンちゃんの頭を撫でる。
腫瘍を撫でる。

・・いやいや。
平たくなってる。小さくなってる。
気のせいじゃない!

すごい!!!!(゚∀゚)



27日(金曜日)注射で抗がん剤(ビンクリスチン)を打ってもらった。
静脈注射で、もしも血管外に漏れたりしたら皮膚炎を起こすからね。
と看護師さんも先生も超絶がっつりテンちゃんをつかんで注意深く注射してた。

皮膚炎起こすって・・・
怖いんだなあ。やっぱ抗がん剤って。

28日(土曜日)朝。
ステロイド(プレドニゾロン)を一錠のませた。
腫瘍はステロイドで小さくなったりするからガンの子によく処方される。
これだけで腫瘍が小さくなる子もいるよね。

テンちゃんの腫瘍をさわってみる。
昨日と変わらない感じ。
特に小さくなってる感じはしない。
そりゃ急に小さくなんかならないよねえ。
大きくなってないだけましか。
と思う。

夜。抗がん剤の免疫抑制のために細菌感染しがちだから
感染症予防のためのお薬(エンロクリア)をのます。


29日(日曜日)朝。
ゴム手袋をして抗がん剤(エンドキサン)をのます。
手で直接触ってはじぇったいだめ!と厳しく言われてて緊張する。
発がん物質なんだそうだ。
発がん物質でガンを抑制するって何か不思議。

抗がん剤って何か原発みたいだね。
有用だけど健康被害が大きいよ。超怖いよって。

緊張しながら
のまそうとしたら、直前にけろけろ~とテンちゃんが吐いた。

Σ(・ω・ノ)ノ!


びびびっくりしたがな。
よかった。のませる前で。

ちょっと時間をおいてからのませたよ。

そしてまたちょっと時間をおいてステロイド。
そしてセミントラものます。
腎臓も大切にね!


そうして
仕事にでかけて、夜、仕事から帰り、
テンちゃんの腫瘍をさわってみて、その小ささにびっくりしたのだ。


ほ・・ほんとに?
何かのぬか喜びとかじゃない?

ビバ抗がん剤?!
いいの?
だいじょうぶ?
こんなに簡単に小さくなるものなの?

いや・・あまり喜んではいけない。
体調によって大きなったり小さくなったりするものなのかもしれない。
最初だから大きく反応しただけかもしれない。

れーせーに。れーせーに。ワタシ。
ぬか喜びしちゃうと後でがっくり度が高くなるからして。
by nomanyan | 2017-01-30 01:25 | リンパ腫 | Comments(0)

テンちゃんの腫瘍

昨日、病院に行って参りました。
病理検査の結果が出てるだろうし、それに基づいてどう治療していくか
先生と相談せねばならないから。

診察室に入るやいなや先生の第一声
「驚きの検査結果だよ!」
と、検査報告書をば~ん!とワタシの目の前に差し出された。

目の前に出された報告書を見る。

そこには
「リンパ腫を疑われる」と書いてあった。

り?リンパ腫?!(゚Д゚;)

「リンパ腫」って書いてある???
ワタシの目には「リンパ腫」て書いてあるように見えるよ?

先生も「リンパ腫だって!」と言う。

リンパ腫?ほっ・・・ほんとに?

先生も「まさかリンパ腫とは。全く思いもしなかったよ」と言う。

ワタシは悪性腫瘍の知識があまりないから、テンちゃんの腫瘍が何者なのか
知りたくて、ネットでいろいろググったよ。
肥満細胞腫、扁平上皮癌、線維肉腫、基底細胞腫、骨肉腫
そしてリンパ腫も。
そら、リンパ腫にも皮膚型ってのがあるから、
これはどうだろう?とちらっと思ったのは思ったけど。
でもあまり皮膚型リンパ腫の症例がなくて、
それより線維肉腫の方が多くて、そしてテンちゃんのに見た目が似てたから
線維肉腫だと信じて疑わなかった。

リンパ腫ですか~~~~~~~~~~~~
そ~~~でしたか~~~~~~~

「じゃ、手術はなしで化学療法だね?」と言うと先生も
「おっしゃる通り!これから抗がん剤を使って行きます」と言われた。

どれくらい費用がかかるのかざっと試算しますねとも言われたよ。

お・・・おねげーします。
どうか払える範囲内でありますように。

で。まあなんとか頑張れる範囲なので、抗がん剤を使っていくことに決定。

そして抗がん剤の投与量を調べるためにもう一度血液検査をした。
そして抗がん剤とインターフェロンを打ってもらった。
これから毎週抗がん剤を注射して、そして毎週血液検査をすることになった。

肩の荷が下りた気がした。
いや。リンパ腫だってすごく難しい病気だ。決して楽観できるものじゃない。
だけど手術して腫瘍を切り取ることがワタシ、こんなにイヤだったんだなあ。
手術をしないことが決定して、すごくほっとしてる自分にちょっとびっくりした。

テンちゃんの頭蓋骨は一部溶解してるの。
仮に手術したとしたら、腫瘍を取ったあと、頭蓋骨なくてどうするの?と心配してた。
先生にそこのところを聞いてみたら、何もなしで皮膚をかぶせるだけ、という方法もあり、
そしてメッシュになったチタンのなんとかってのを入れて頭蓋骨の代わりにする
っていう方法もある。
と言ってた。

だけどそのチタンのなんとかってやつが
その部品だけで原価が8万円くらいするっちゅうじゃないの!(゚Д゚;)
「原価」でっ?
それに当然上乗せされて、そして手術代はまた別途でそ?

高額医療費!!!(ノД`)・゜・。

高額医療費にビビってチタンを使わないとなると、脳に直接皮膚をかぶせることになる。
そうすると、マージンをたくさん取って手術をするわけだから皮膚を伸ばして接合しなきゃならないわけで。
そうすると皮膚が引っ張られるから傷のくっつきが悪くなる可能性がある。
皮膚がくっつかないと脳が出てくる可能性もある。
と超絶恐ろしいことを言われた。

こ・・・こわい・・・
どちらにしろ怖い。

それに比べたら抗がん剤を使った治療は医療費もテンちゃんにかける負担もマシだと思えてしまう。

ただ、抗がん剤が効くかはその子によるのでわからないし。
効いたら効いたでずっと続けて行かねばならない。
ワンコのように何クール、とないんだそうだ。
ず~~~っと使い続ける?

そ・・・そらまた大変デス(T_T)

だがしかし。
知り合いのにゃんこさん(女子)がリンパ腫だと言われ、抗がん剤を使ってたけど
非常に経過が良くて、ついには抗がん剤をやめてるのだ。
そして元気にしてるのだ。

この子は最初はうちと同じこの病院に通ってたんだけどお引越しをされたので
今は他の病院に通ってる。

その子の話になって、先生は「消化器型でそこまで元気にしてるのは驚異だよね」
「完治したんだね」と言われた。

「寛解」じゃなくて「完治」?とワタシが言うと
先生は「そう。完治!」と言った。

リンパ腫に「完治」ってあるの?と尋ねると「あるよ」と言われた。

そっか~~
テンちゃんもあのお嬢さんのように「完治」してほしい。

そのためにワタシはがんばらねばならない。
費用負担のためにがんばって働かねばならない。
がんばって投薬しなければなならない。
がんばって病院に通わなければならない。

ぷ~ちん母さまが言った
「よかったやん。もうそんなスケートもお気に入りの選手もいなくなったことやし。
もう見に行かんでもいいやん。
真央もザ・アイスやってくれるかわからんし」

そうやね~~~
そうかもしれんね~~

いや!違う違う!
真央ちゃんはがんばるよ!がんばってるよ!(`・ω・´)まだ引退してないよ!
ワタシもがんばる!
テンちゃんのためにがんばる!
そして真央ちゃんも応援しるっ!!!
田中刑事君もね!

テンちゃんもごはんをしっかり食べてがんばれっ!
by nomanyan | 2017-01-28 14:55 | リンパ腫 | Comments(4)

その後のテンちゃん

元気にしてます。テンちゃん。
とりあえず見た目は。

昨日はワタシは仕事で、まさのすけが家にいたのだけど
まさ曰く「テンが『外出せ!外出せ!』ってうるさかった」
とのこと。

元気がなかったらお外に出たいなんて言うわけがないから
とりあえずは痛みもしんどさもないってことなのかしらん?
と思う。

ワタシが家にいるときもしょっちゅうお外に出たいってわーわー言って来るし。

期待されたら当然受けねばならないから
リードをつけてお外に行くんですけどね?

外に出て、道路やうちの駐車場でゴロンゴロンぐねんぐねんしてご機嫌さん。

今のところテンちゃんが元気そうな感じだからワタシも心穏やかにいられるってもんです。

腫瘍は大きくはなってない感じですかねえ?
見た目はね。
ただ、脳の内部に向けて大きくなってたらそれはわかないけれど(T_T)

ネットでいろいろググると、腫瘍がすごく早く大きくなってる子のブログを見ちゃったりする。

そうなの。
セラもそうだったよ。
いったんインターフェロンで小さくなった腫瘍が、
セラが元気になってごはんを食べだしたとたんに大きく復活したっけ。
朝のセラの顔。
夕方のセラの顔。
違ってた。
一日でわかるくらい大きくなってた。

こないだお薬もらいに急きょ病院に行ったとき、
先生が「腫瘍は大きくなってくると、大きくなるのに加速度がつきます」
って言ってた。



明日は病院に行かねばならない。
いやだわあ。
先生に何て言われるかしら。
決断をしなければならない。

そして無駄かもしれぬと思いつつもインターフェロン打ってもらいたい。
by nomanyan | 2017-01-26 10:53 | リンパ腫 | Comments(0)

テンちゃん。腫瘍がみつかる

うちの元気印のテンちゃんに腫瘍がみつかりました。


2016年12月末。
右耳の付け根がぷっくりと腫れているのに気づきました。
「?」と思い、そっと触ると

硬い!

こんなに硬いんじゃ中身は膿ではないし、脂肪でもない。
かっちかち。

こないだまで何もなかったけど?
いつの間に?

「猫 しこり 頭部」で検索して出てくるのはどれも毛の外にそのしこりが露出してるもの。
でもテンちゃんのそれは毛の下、皮膚の下にある。
腫瘍?まさか?


年が明けて、ようやく病院で診てもらった。
テンちゃんのそれを触って、院長先生の第一声は「よくないもののような感じ」だった。
針で一部を採って顕微鏡で観る、いわゆる針生検(バイオプシー)してもらった。

数日後、言われたのは「やはり良くないと思う。詳しくは検査に出さないとわからないけれど」と。
バイオプシーで見た細胞の形やできた場所、しこりの見た目などから考えて、
「上皮性」ではない。
から、間葉系かな?と思う。と言われた。

肥満細胞腫、扁平上皮癌なら上皮性なんだって。
テンちゃんのはそれらではないだろうってこと。


先生に言われる前にワタシもネットで調べてて、
テンちゃんのしこりと似たものを持つ子の画像をいろいろ見た。

とある子のものがテンちゃんのとそっくりだった。
その子の病理検査は「粘液肉腫」だった。

そして似たしこりで次々とみつかるのは「線維肉腫」だった。

線維肉腫
それは転移はあまりしない。
だけど根が深く、切除時に大きく取らないと再発する確率が非常に高い。
という腫瘍のようだ。
非常に悪性度が高い。

それからずっと線維肉腫で検索し続けた。
とても良くない検索結果だった。
取りきった、とか再発してません、という結果はあまり見なかった。
全くないわけじゃなかったけれど。


テンちゃんの場合、できた場所が良くないし、結構大きいと思う。
場所は右目と右耳の間。
そこがぷっくりと盛り上がっている。

先にネットで見た子は手術をしたものの、
頭蓋骨にまで腫瘍が浸潤していて、そして脳にまで達していた。


テンちゃんの腫瘍はどこまでいってるのか。
まずはCTを撮りましょうと先生は言った。
いきなり手術するより、腫瘍の様子を見ないと、とのことだった。

そしてCTを撮ったのが1月19日。

その画像をワタシも見せてもらった。
素人目のワタシの目にも頭蓋骨に穴が開いてるように見えた。
「頭蓋骨まで行ってるよね?」
ワタシのセリフに先生も否定しない。
そして目の後ろのコレも腫瘍じゃないかと思う。
と画像を指さし、言われた。

でも、専門家の意見を聞きたいから保留にさせて
と言われた。

そっか~~・・・・
テンちゃん、そんな酷い事になってるんだ・・・・
と激しく凹む。

21日。
テンちゃんが朝、咳をしてるので、
お薬をもらいにとインターフェロンを打ってもらいに病院に行った。
(CT画像にも肺の一部に影がある?と言われたのだ。
だけど特に肺炎起こしてるような様子もないし?と思って、
それについてお薬出してもらってなかった)

そしたらそのCT画像を見る専門家の意見が返ってきてた。

やはり頭蓋骨の前頭部は「溶解」してる、と。
そして側頭部にも溶解部分がある、
脳への浸潤は見られない。
との見解だった。

CT撮影で麻酔をかけてる間に腫瘍から細胞を採って検査に出してるが、それの結果はまだ来ない。
でもきっと線維肉腫なんだろうなあと思う。
再発する確率が高いという線維肉腫。


テンちゃんは2001年夏生まれ。今年の夏で16歳だ。
結構な高齢である。

バイオプシーしてもらったとき血液検査もしてもらったけれど、クレアチニンがお高めではあるものの特に異常はなく、手術には耐えられる、とお墨付きはもらったけれど。

頭蓋骨にまで浸潤してなかったら手術も考えなくもなかったけれど
頭蓋骨にまで達してるのならどうなんだろう?
と悩む。

手術しても頭蓋骨が溶解してるってことは目に見えない根がもう脳に達してるんじゃないの?
では、手術しても無駄ではないのか?
とか。

いや。このままだとどんどん脳に行ってしまう。
ノーマちゃんみたいにてんかん発作や異常行動がみられるようになるのは確実だ。

もしも取り切れたら?根が脳にまで行ってなかったら?
テンちゃんに穏やかな日々が訪れる???

いや。
手術することによって免疫力は下がるし、腫瘍がリベンジのように大きくなることが考えられる。
大変な手術を高齢なテンちゃんに課していいのか?
このまま自然にまかせた方が過ごせる時間は短くなるかもしれないけれど
穏やかな最期が迎えられるんじゃないのか?

いや。
賭けが上手くいって延命できるかも?

・・・いや。
取り切れずに再発。結局辛い思いさせただけになる?


と、同じことを何度も何度も考える。

今は穏やかに過ごせてるテンちゃん。
腫瘍は自壊もしてないし、異常行動もみられない。

相変わらずえーえー言ってワタシの膝に「よいちょっ・・」と乗って来て、
ゴロゴロ言って、お手手をにぎにぎして、
ほぼほぼ普通に暮らせてる。

なので、なお敢えて手術に挑もうと思う気持ちがあまり湧かないんだろう。

でも、腫瘍が自壊したりテンちゃんがつらそうになったらあわてて
この腫瘍を取ってっっ!!
と思うんじゃなかろうか。

取らずにその状態のテンちゃんを支えてあげることができるんだろうか。私は。

2016年11月7日のテンちゃん。
e0142430_16282299.jpg

腫瘍の様子はない。

2016年12月5日のテンちゃん
e0142430_16255749.jpg


2016年12月7日お散歩するテンちゃん。
e0142430_1627734.jpg

今からみると、ほ~~~んの少し右耳の下が盛り上がってる???
毛の生え方が右と左では違うような?
と思う。
今にして思えば。だけど。

お散歩しながら頭も撫でてたはずなのに。
なぜに気づかなかったのか。

早期に発見できなかったのは痛恨の極みだ。
by nomanyan | 2017-01-23 15:49 | リンパ腫 | Comments(0)

いつまで続く片思い

今年初めて撮ったお写真はアリョーシャ君。
e0142430_15514211.jpg

こちらの画像よ。

今年こそはお友達になれるよう願って撮ったの。

大きくなったのよ。
身体はもうすっかり大人にゃんこ。

でも中身は夏の頃のまま。

相変わらずワタシが怖くていらっしゃる(T_T)


クロエちゃんと遊んでると一旦隠れてた所から出て来て、部屋の片隅からじっと見てて
そして遊びにやんわりと参加してくる。

もうアリョーシャは遊ばないのかな~?
もうやめよっかな~?
と思った頃にやって来て、
チョイチョイとおもちゃのねずみを触ったり追っかけたりするの。

ねずみを追っかけてて勢いあまってワタシのそばにうっかり来ると
「しまったっ!」てな顔して、あわてて逃げて行く(-_-)


ふ~~~~~~~~(深いため息)


いつになったらワタシ、あの子に触れるんだろうかなあ。
いつになったら「コイツ大丈夫」って思ってもらえるんだろうかなあぁぁぁ。
by nomanyan | 2017-01-07 15:59 | にゃんこ隊 | Comments(2)

初(はつ)

2017年。初!猫洗い。

それはあちゅ坊。

昨日、いつものように2階のクローゼットに隠れてるあちゅ君とパッチ君に
お薬をあげようと見ると、

ん?

あちゅ君。おちりが汚れてるっ!!!!!Σ(・ω・ノ)ノ!

それも半端なく汚れてるっ!(゚Д゚;)
おちりまわりからしっぽまでべっとりと!

きゃあああ!大変っ!大惨事!!!(/ω\)

これは自分でナメナメして落とせるような代物ではないっ(T_T)
てか、お口が痛いから普通の毛づくろいもあまりできないあちゅ君である。

クローゼットにぎゅ~ぎゅ~に隠れてるあちゅ君をひっぱり出し、洗濯袋に詰め込んで
シャワシャワ洗面所で洗う。

ひゃ~ひゃ~~大泣きするあちゅ君。

あちゅ君の大泣きにびびりまくる他のにゃんこ隊の皆さん。

しかたないじゃないのよぅ。
みんなしてワタシを超悪者のように見てるけど(-_-;)

あんなにおちりが汚れていては本猫も気持ち悪かろう。
それに家中にうんpが付いてしまうわよ?
洗わなきゃ。他にど~しろと。

ついでに爪も切ってやったわ。ええ。爪が伸び放題だったの。
あまり歩き回らないし。こもってるので爪切りもなかなかチャンスがなくて。
こないだは病院連れてくときその爪が洗濯袋の中で引っかかって怪我しちゃったあちゅ君。


おちりが汚れた原因?

そうね(-_-)

しまたんとくぅちゃが生の鶏もも肉が大好きなので、それを小さく切って置いてたのを
あちゅ君が前の晩、あぐあぐ食べてた
アレだと思うのよね?
他に変わったもの食べてないし。


というわけで

スミマセン。
ワタシのせいってことでした。
あちゅ君は生肉ダメなんすね(;_;)

あ。当然のことながらクローゼットに敷いてあったにゃんこ毛布も
にゃんこ隊ベッドと化しているノーマちんのために買ったカドラーベッドに敷いてあるボアシーツもお洗濯。
いきなり洗濯機には入れられないので手洗いしてあちゅ君のうんpを落とし、
その後洗濯機へ。

子猫部屋のワタシの枕にかけてあったふわふわのひざ掛けも、
しまたくんがわざわざそこへゲロを乗っけてくれてたのでそれも手洗いしてから洗濯機へ。

洗濯に次ぐ洗濯でワタクシ手はしわしわになりましたとさっ

テーブルの下で洗われた身体を毛づくろいするあちゅ君。
e0142430_1525961.jpg

by nomanyan | 2017-01-07 14:46 | にゃんこ隊 | Comments(0)

年末年始は

2017年ですって。ことし。

2000年の大台に乗ってからもう早17年ですってよ。

ふっしぎね~~~
そんなに年月が経ってるなんて。
なんか不思議。


年末年始は世間の皆様は楽しくお過ごしだったかしら。

ワタクシはね
お仕事を連続5勤して(通常は4勤)ヘロヘロになりながら
22日はラクタブドームに駆け付け、全日本フィギュアを観戦し。
25日まで連日、昼から夜までラクタブドームで選手の演技に一喜一憂して
ぐったり疲れ。

26日はメダリストオンアイス。
公演は3時間ほどなのだけど、
昼過ぎに出掛けて
いろいろあって家に帰ると11時近く。

ぐったりしたまま27日からまた4日間労働。
31日、1日はお休みだったけど(今の会社に入ってから初めて!年末年始お休み!(゚∀゚))
2日から5日までまた労働。


お正月といえば!
の、おでかけとか~、渋滞とか~、福袋とか~、初詣とか~~
な~んにも関係なしの日々でござーました。

大掃除もしなかったわよ?
ええ。する暇もなくて。


にゃんこ隊はいつも昨日の続きが今日。
今日の続きが明日ですが、
この年末年始も特に大きな変化はなく、

具合がイマイチなお方はそのままイマイチで(´・ω・)
元気なお方はお元気で。

ビビリンなお方はビビリンのまま。
跳ねっ返りなお方は跳ねっ返りのまま。

そんな年末年始ございました。

e0142430_16484269.jpg


e0142430_17263934.jpg

アリョ~~シャぁぁ触らせてええぇぇ~~
by nomanyan | 2017-01-06 13:39 | 日常 | Comments(0)


15歳8ヶ月でお空に旅立ったゴールデンレトリバーのノーマとノーマを大好きだったにゃんこたち


by nomanyan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フォロー中のブログ

Retrievers O...
タバサは語る
ワチャたけ奮闘記
 GR-JUNの思い出と日常
CANDY’S BLOG
笑いのある生活

ノーマの親戚ちゃんとお友達

カテゴリ

全体
日常
おでかけ
お友達
にゃんこ隊
腎不全
お世話係のつぶやき
口内炎
炎症性腸疾患
肥大型心筋症
猫伝染性腹膜炎
猫白血病ウィルス症
ノーマの病気
歯根膿瘍
乳腺腫瘍
てんかん発作
リンパ腫
気管支炎
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

最新のコメント

おおっ!Σ(゚Д゚)!H..
by nomanyan at 15:06
お久しぶりです~!笑える..
by Hisami at 15:17
ベン君のママ様 ご..
by nomanyan at 00:00
ごめん字が違った。麻央ち..
by ベンのママ at 14:17
元気がなによりよ~ベンが..
by ベンのママ at 14:14
ベン君のママ様 お..
by nomanyan at 12:37
大変な日々ですね。心配な..
by ベンのママ at 11:57
さばっちちゃんの母さま ..
by nomanyan at 01:25
アリョーシャくんでしたか..
by saba-sava-cat at 01:35
ベン君のママさま ..
by nomanyan at 00:22

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫

画像一覧