<   2014年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

アサイン発表!

「アサイン」てなんにゃ?とお思いのスケオタ外のみなさま
それはねそれは、フィギュアスケートのグランプリシリーズの振り分けのことなの。
アメリカ、カナダ、中国、ロシア、フランス、日本で開催される世界スケート連盟の試合に誰がどこに出るか?
つーはなし。

ISUのHPでエントリーの状況が見られるよ。ここ

もうすぐ発表♪もうすぐもうすぐ?とずっと待ってた。
何せ今年のNHK杯は大阪だもん。なみはやだもん。
がんばってチケット取るもん。仕事休むもん。にゃんこ隊元気にしててくれ!だもん。

わくわくのNHK杯。誰がエントリーされてるかといいますと
日本男子は当然、羽生君in!そして無良君。

あら。まっちーがいない。
まっちー関大なのだからinするかもと思ったケド。
あ。まぁ考えてみりゃ羽生君は絶対だろうから、ファイナル行かせる気なら二人は同じ場所に入れたらだめよね。

まっちーがNHK杯にいないことできっとぷ~ちん母さまはテンションだだ下がりだろう(^^;
ワタシもがっかりだよ。

あとはカナダのケビン君。
よしよし。日本で人気者だよ。日本スケオタのお好みを考えたか?日本スケ連。

アメリカのアボット君もエントリーされてるっっっ!!!
そうねそうね。3月、たまアリでのワールドで引退するってことだったけど、
あの後、引退を迷ってるってコメントがあったもんね。
そ~よそ~よ。引退撤回してくれたら嬉しいけどなあ。なみはやに来てくれたらいいのになあ。
でも決定ではないんですって。シーズンインまでに考えて決めるってことらしい。

Jスポでのワールドのときのアボット君のインタビュー見た?
泣けたよね?

涙をためて、でも笑顔で「こんなに応援が歓声が大きかった試合は今まで経験ない。日本に来てよかった。ここで引退できて幸せ。日本の皆さん今までアリガトウ」
って言ってた。
何度もリピートして見ちゃったよ。
雑誌のインタビューでも「さいたまで自分は日本人だったかな?と思うほどの応援だった(笑)」って言ってた。

そ~だよそ~~~~~~~~なんだよ。
日本人選手のライバルであるはずの外国人選手にこんなにも声援を送るのは日本人くらいかもよね。
ワタシも現地にいたけど、すごい応援だったよ。
すごくいい演技だったし。(点数は「はあ?( ゚Д゚)」な点数だったけど。ジャッジのばかめ)
演技まえからすごい歓声で、演技終了後はもう総スタオベ状態。花束がリンクに降り注いでた。
アボット君。日本で愛されてるなあ~
やっぱりねえ~そうなのそうなの。みんなお好みは似てるの。滑りの綺麗な人が好きなのよ。
そんなアボット君の新しいプログラム見たいっ

女子では宮原知子(さとこ)ちゃん。村上佳菜子ちゃん。やっぱりね。
ファイナル進出のことを考えると二人は別々のところに出場させるべきだろうけど、なみはやでの集客を考えると二人入れなきゃってとこかしらん?
ちなみにワタシは知子ちゃん押し。

ロシア勢ではソトニコワちゃんが来るよっ!
中国のシークンも来るぅ!
嬉しいわあ。

ペアーでは当然日本のなるみちゃん&木原君ペアー(NHK杯のみ)
ロシアの川口&スミルノフ組がエントリーしてるっっっ!!!!!
スミルノフ君のケガは大丈夫なのかしらん。
大事なソチオリンピックの前にケガをしてしまって泣くに泣けないって状況だったケド。
復帰できてるのなら楽しみ楽しみ。超楽しみ。待ってるわあ。

中国では若手のカップル。え~とお名前は何だったかしら。
ワタクシ、ペアーとダンスは名前が覚えられないの。おほほ。
若手組が出る。
ワールドで「ん?」な高得点が出たカップルかなあ?
ワタシの押しはチンパン&シャントン組。
こっちの方がいい演技だったと思ったけどなあ?とたまアリで首をひねったのだ。

ダンスはぷ~ちん母さま押しのカナダのカップルが出る。(名前が覚えられない)
よかったね。ぷ~ちん母さま(^.^)

ワタシの好きなロシアのエカテリーナ・ボブロワ&ドミトリーなんちゃら組(好きなわりにはやっぱり名前が覚えられない)はスケアメとエリックにエントリー。ちっ(-_-;)
だけどソチで銅メダルをとったカツァラポフ君がカップルを解消したってことはワールドの後で聞いたけれど
その新しいパートナーとやって来る。
どんなかなあ?楽しみ楽しみ。

ロシアのなんちゃら組。ワタシの好きなフリーダンスのおさしんがみつからなかった(>_<)
e0142430_12131564.jpg


こちらもロシア。
エレーナ・イリニフ&ニキータ・カツァラポフ組。ソチで銅メダルを取ったフリーダンス。
e0142430_1214380.jpg

イリニフちゃんも別の誰かと組んで既に始動してる。
アイスダンスはカップルが変わることはよくあることのようで。
まぁ、イリニフちゃんはモロゾフの今の恋人らしーから、カツァラポフ君もいろいろやってられねーよって
こともあったかも?よくわかんないけど。



真央ちゃんと大ちゃんがいないことでか~~~~なりテンション下がってたけど
シーズンが近づくとちゃんとワクワクしてきた。
よかった。いつの間にかちゃんとしたスケオタ(?)になってたみたい。ワタシ(^^;

さ~チケット取れるでしょうか(+_+)
アイクリはNHK杯弱いって評判だし。
だがしかし。最近ワタシローチケさんにいいチケット取ってもらってるの。
ありがとうローチケ!頼むよローチケ!ローソンのスイーツたくさん買うから(≧▽≦)

あとはワタシが心置きなく楽しめるようににゃんこ隊が全員元気にしててくれるってことだ!
頼むよにゃんこ隊っ!!!

e0142430_12321189.jpg

れんげたんは相変わらずこわくてこわくてこわいです。
今でもうっかり近づくとく容赦なく強烈空気砲をぶっ放してきます。
by nomanyan | 2014-06-29 11:21 | お世話係のつぶやき | Comments(0)

若いふたり

e0142430_1501359.jpg


e0142430_1434358.jpg


e0142430_144866.jpg


e0142430_2304136.jpg


シロちゃが寝てるくぅちゃのしっぽにあまりにチャイチャイして来るので

くぅちゃ、たまらず家の中に入って来て
ワタシにあ~だこ~だ言い出すの図
e0142430_224863.jpg


e0142430_2294529.jpg


よしよし。
やっぱ年が近いからナメられてるんかねえ?(^^;

いや。兄にゃんたちにもやってるから年のせいではないな。
シロちゃさんの根っからの性格ゆえだな。

で。
ウッドデッキを見ると・・・

くぅちゃが寝てた所で気持ちよさげに寝るシロちゃさん
e0142430_233811.jpg


末っ子で女子だと得だねえ。
by nomanyan | 2014-06-27 01:45 | にゃんこ隊 | Comments(0)

命は大切にしましょう

猫が何かを捕って来ると、気配でソレをすぐに感じますよね?

あ。感じない?うちの子はそんなアコギなことしないって?
ふ~~~
それは羨ましい。

うちはトカゲハンターミーアちゃんがいってしまって、そんなことからもう解放されるかと思いきや
立派な後継者がいてですね。
今年も怖い夏になるんでないかと思ってるの。



で。その気配なんですが
感じるんですよ。ピピッ!と。

その気配を久々に感じたので、バッ!と振り向くと、
そこにはお口に茶色いまるっこいものをくわえたシロちゃが!

見たくないもの、そうだと思いたくないものを人の脳はなかなか認知しないものですね。
それが子雀さんだとすぐにわかりませんでしたよっ(涙)

オドオドキョロキョロしながらすがるような目で私を見るシロちゃ。
お口のすずめちゃんはピクリともしません(大汗)

し・・・・・シロちゃさん?
それ、どうかしら。
放してみてくんないかしら?
ね。シロちゃさんたら。シロちゃさん!きーてる?
ごらシロちゃ。その・・・ごらっ!お口を開けなさいっ!
(シロちゃを捕まえて犬歯の後ろに指を入れてこじ開けようとする)

すずめさんをくわえたまま、に~~と抗議の声を上げるシロちゃさん。

ふ~~~
だめだ・・・

と思ってたら自分でお口を少し開けたらしくて、すずめさんがぱたぱたっと飛んだ!

生きてる!!!
助けなきゃっ!

と思ったら、飛んだすずめさんをぱしっとはたき、両手でうりゃうりゃうりゃ!とするシロちゃ。

やめてやめて~~~!!!!(>_<)

なおもシロちゃにおもちゃにされそうなすずめさんをワタシは大慌てではしっ!と捕まえ、
両手で包んで、そろ~っと様子を見る。

生きてる・・・けど・・・

半死半生・・・?(涙)

におんにおんと悲しげになきながらキョロキョロとすずめさんを探し回るシロちゃさん。

がまんしろ。この子を食べなくてもキミは死なんだろ?がまんしろ。

あんよに少し傷があるけど血は出てない。
ダメかもしれんけどなぶり殺しにされるよりは・・・
と思って、シリンジで少しだけお水を飲ます。
こくこくっと飲んでくれました。

小さい箱に脱脂綿を入れてその上に寝かせる。
横になっちゃう。・・・やっぱだめかも。くすん。
そのまま寝室に持って行く。ドアを閉めて猫締め出し。
もいちど箱をのぞく。
あら?横になってたのがちゃんと座ってる。
お。大丈夫かも?

その後、ネットで検索!どうしてやったらいいのか。
20分くらいネットをみて、また寝室のすずめちゃんの様子を見に行った。

いないっ?!へっ?
うんこだけある!
お?飛べる?飛べるのね?では外に出してあげなきゃ!
どこどこ~?どこにいるの~?

もうちょっと落ち着いてから出してあげよか。何か食べさせてから解放しようかと
迷ったけど、子すずめさんの巣立ちには親が必ず近くにいる、
とネットに書いてあった。
だから子すずめを拾ってはいけません。と。

よし。親がいることを信じて、解放だ。
お返しするよ。親御さん。どうかこの子の巣立ちをバックアップしてね!

窓を開けて自分で出られるようにして
部屋の中を探しまわると、ぱたぱたっと逃げ回るすずめさん。

そして、そのまま窓から飛び出て行きました。
お隣のおうちの窓のひさしにひろひろひろ~っと不時着する子すずめさん。
近くの電線にすずめさんがいて、それを見てた。

おっ!親御さんですかっ?!(喜)

がんばれっ!
がんばってどうか生き延びてちょうだいっ!


きっと昨日雨が降って、体温が下がってしまって弱ってうちの庭に落ちてたのね。
ネットで調べると、すずめさんの巣立ちってかなりデンジャラス。
うちの庭なんか猫たんまりなんだからデンジャラスの極みなのに、
こんな庭に落ちちゃうなんて(+o+)

神様神様。鳥さんの神様がいるのならどうか
うちの庭に二度と鳥さんを不時着させないでください。
命が危険で危ないんだからっ

e0142430_23521148.jpg

by nomanyan | 2014-06-24 09:16 | にゃんこ隊 | Comments(0)

冬ハウス復活

ひえんひえんとなくので。あちゅ君が。
ど~も落ち着かない様子なのでね。あちゅ君が。

先日ハウスを冬から夏用に変えてみたのだけどそのせいなのか?と思い
冬ハウスを入れてみたら冬ハウスにず~~~っとこもりっきり。

e0142430_174745100.jpg


まだ暑くないんですかね?
お口が痛いと暑い方がいいんですかね?



あちゅ。
長生きしてちょうだいよ。
e0142430_1746533.jpg



同い年のミーアちゃんがいってしまったよ。
お子様の頃はミーアちゃんに後ろからいきなり羽交い絞めにされたり
頭噛まれたり、好き放題にされてたよねあちゅ。

まだ中猫時代のふたり
e0142430_10264669.jpg


e0142430_10325977.jpg

いつもミーアちゃんがあちゅ坊にえらそーにおててをかけてた。

あぁ~若いわ。懐かしいわ。こんな時もあったのよね(また涙)


スキャンするの、取説読むのがめんどいので写真をそのままデジカメで撮った画像です。




口内炎で満足にごはんが食べられなかったり
血糖値が異常に高かったり
貧血してたり
微熱があったり
赤血球も白血球も多くてどろどろの血です~なんて言われたり

あちゅ君は長生きできないかも
なんて正直思ってたよ。

そんなあちゅ君より、血液検査の結果はいつも良好で元気印でトカちゃんを捕ってきたり
ニコニコさんでごきげんに暮らしてたミーアちゃんがあっさりと先にいってしまうなんてねえ。

命ってわからないものだ・・・
by nomanyan | 2014-06-22 17:40 | 口内炎 | Comments(0)

お別れのかたち

ミーアちゃんが突然いってしまって、なかなかその現実についていけません。


クロチ君が亡くなって、今日でひとつき。
クロチ君はFIPで、どんどんどんどん弱っていってた。
その現実を受け入れざるをえない日々だった。
その間にお別れの覚悟ができ、苦しそうなその様子に「もうがんばらなくていいよ」と思った。
苦痛を取り除いてあげたいと思う方が大きくて、お別れがいやだと言っていられなかった。

それはニャーニャのときもそう。
セラのときも。

だけどミーアちゃんの場合は寸前まで元気そうだったので、その覚悟ができていなかった。
もちろん、心臓が悪いのだからいつ何時どうなってもおかしくない、とうっすらとは思っていたけれど。
でも、この日、すごく元気そうで、
これだったら「発作から半年もったらあと2,3年はいける」説に合致するんじゃないか?いや、ミーアちゃんだったら大丈夫だよ!

なんて思ったところだったのだ。

だから、家に帰って、冷たくなったミーアちゃんと対面しても、これは現実ではないという思いが拭い去れなかった。



犬や猫と暮らす人は必ず考える「お別れのとき」
なるべく苦痛がなく、ぽっくりといってほしい。
きっとみんなそう思ってるだろう。
私も当然そう思ってた。
痛い、苦しい、それが一番いや。

だから、ミーアちゃんの逝き方は私の理想だったといえる。


なのに?

なのにこの割り切れない思いはどうしたことか。


私が一番恐れていたお別れの形。
それは仕事のせいで最期のときに間に合わなかった。
もしくは仕事に行かねばならないために苦しむミーアちゃんを置いて行かねばならず、そのために死に至らしめること。

こんなお別れの仕方だったら心の狭い私のことだからずっと職場を恨んでいたに違いない。
その負の気持ちがあるといつまでもミーアちゃんの死を乗り越えられないんじゃないかと思う。
そんなお別れでもなかった。

今にして思えば心残りがないよう、ミーアちゃんにできる限りのことができた午前中だった。
そして仕事に行く直前にちゃ~んとなでて行った。
そしてそして、逝くとき、ミーアはひとりじゃなかった。
まさのすけがいて、最期のときにはまさのすけがかけつけたのを見て、ミーアは逝ったはず。

なのに
この割り切れない思い。



今まで逝った子たちはみんななきがらをなきがらとして扱った。
新しいシーツに寝かせて、お花を枕元に置いて、ごはんやおやつを置いて、お線香を置いて、お水を置いた。

でも、ミーアちゃんにはそうできなかった。

あの夜、仕事から帰ると、まさのすけは冷たくなったミーアちゃんに添い寝していた。
身体が傷むと嫌だから保冷材は敷いてたけど、にゃんこのお座布の上に寝かせられ、バスタオルをかけられていた。
いつもと同じ格好で、同じ場所で横たわるミーアちゃんは本当に寝てるみたいだった。
毛づやも良く、当然やせ細ることもなく、綺麗なまま。
寝てるんだよ。と言われたらそうだと思ってしまいそうだった。
いつもの穏やかな寝顔と同じだった。

稲荷山動物霊園で、棺に入り、花に囲まれたミーアちゃんをなでながら
おかしいなあ?違うよなあ?みあちゃん。
みあちゃんもこんなはずじゃなかったと思ってるんじゃない?
こんなこと、違うよなあ?
って何度もつぶやいてしまった。

思いがけないお別れがこんなに受け入れられないものだとは。




そして、残念でならないのはまだ11歳だったってこと。
まだあと10年近くは元気でいてほしかった、というとてもとても残念な気持ち。
これが納得がいかないことにものすごく拍車をかけてる。


もっともっと一緒に過ごす時間が欲しかった。
もっともっと楽しい時間を与えてあげたかった。
嬉しそうな顔を見ていたかった。
どうしてこんなに早く逝ってしまわなきゃならないのか
とってもとってもいい子だったのに。



そう考えれば、ノーマちゃんとのお別れは幸せなお別れだったと言える。
脳に腫瘍がある、余命は3か月から半年。
と言われたのに、その後5年がんばってくれ、たくさんの思い出を作ってくれた。
覚悟の時間をくれた。
最期の半年は寝たきりになったけれど、あれは最後の覚悟の時間だったのだと今は思える。

そして幸せなお別れだったと思えるもう一つの原因。
それは15歳8か月というゴルにしてはご長寿さんだったということ。
これがきっとすごく大きいんだと思う。



ミーアちゃんはうちで一番の甘えん坊で、ビジュアルもかわいかったけど、何よりその気質がかわいかった。
ノーマちゃんのいない穴を埋めてくれてたのはこの子だったのだ。
そんな子をいきなり亡くしてしまって、正直、きつい。
喪失感がものすごく大きい。



亡くなる数時間前のミーアちゃん。


元気そうでしょ?
こんな状態から4,5時間でいっちゃうなんて思えないでしょ・・・
by nomanyan | 2014-06-21 17:22 | お世話係のつぶやき | Comments(0)

ミーアちゃん。突然の別れ

6月16日。午後4時すぎ。
私たちの大切なミーアちゃんがいってしまいました。


6月16日朝、
目を覚ますと私のお布団の上でミーアちゃんは寝ていました。

前夜は他のにゃんこもいっぱいいるので、私の横にだっこして移動させ、寝かせました。
その後、気づくと反対側の横に移動していましたが
それでも私と一緒のベッドに寝てました。


階下に降りるとき、ミーアちゃんんだけ抱っこして下りました。
心筋症がわかってからなるべく負担をかけないように2階に上がったり、階下に降りるとき
抱っこしていましたので、その朝も同じようにだっこして下りました。

午前中。
前日、ぷ~ちん母さまからもらった爪とぎをあけようとしてたらもう気づいてワクワクの顔で私を見上げるのでその顔がかわいくて、
「ミーアちゃんはかわいいなあ~」ってワタシとまさのすけはご満悦でした。
その後新しい爪とぎで元気に爪とぎをしたり(元気とはいえ、他の猫ほどは勢いはよくないが)

台所に私が行くとついてきて「何かない?」という顔をするので、パウチのフードをあけてあげると
ほぼ一袋ぺろっと食べました。

e0142430_046869.jpg


久々に元気に一袋食べてくれて、私はすごく嬉しかったのでした。

ミーアちゃんが食後の顔を洗ってる姿が今でも目に焼き付いています。

その後、
何度かクローゼットに入りたそうな様子をしてたのでだっこして乗せてあげたり、
家具の上に乗せてあげたり、



だっこしてリビングに寝そべるまさのすけをみせてあげたり
庭を見せてあげたり、
だっこしたまま「ミーアちゃんはかわいいかわいい。いい子いい子」とミーアちゃんの目を見ながら言うと、
ゴロゴロと喉をならして、目を細めるミーアちゃん。手をにぎにぎして甘える。
とてもごきげんそうに見えました。

そんなミーアを見ながらまさのすけと「ミーアちゃんはすっかり安定したね。元気そうだね」と言い合い、私たちはとても幸せな気持ちでいたのでした。

爪を研いだあとのミーアちゃん。
e0142430_0565240.jpg


お昼前にミーアちゃんはクローゼットに乗る、というので、

そのときの「上に乗りたい!」なミーアちゃん。
e0142430_04951100.jpg



乗せてあげるとそのままいつものようにくるんと向きを変えて、満足そうに毛布の上に寝そべったので、
私はミーアちゃんの頭をなでてその場を離れました。



お昼すぎ
仕事に出かけるので、クローゼットで寝てるミーアちゃんをのぞき込むと
気配に気づいてミーアちゃんが顔を上げたので
「お仕事行ってくるからね」
と言って、頭をなでました。

これが私が生きてるミーアちゃんを見た最後になりました。




夕方、職場にまさのすけから電話があり、ミーアちゃんの死を知らされました。

ミーアちゃんはクローゼットの中で「あっ!」と声を上げたので、まさのすけは「?」と思い、
クローゼットをのぞき込むとそこには大きく口を開けて、瞳孔が開いたミーアちゃんがいたのでした。

発作!!!

そう思ったまさのすけはすぐに病院に連れて行こうと抱き上げたらしいのですが、
ミーアちゃんはすぐにぐったりとなり、
耳も、ひげも、体中、どこを触っても一切反応がなく、
そして手足がすぐに冷たくなったのだそうです。


昼間、あんなに元気そうだったのに。
ごはんも食べて、庭で日向ぼっこしたり、くぅちゃを叱ったり、私やまさのすけにすりすりしたり
新しい爪研ぎで爪を研いだりしてたのに。
このまままったりと日々を過ごし、まだしばらくは何とか私たちのそばにいてくれると思ったところだったのに。

あまりにあっけないお別れでした・・・
by nomanyan | 2014-06-17 00:19 | 肥大型心筋症 | Comments(0)

あちゅ坊の夏ハウス

だんだん暑くなって参りました。
ミーアちゃんの心臓に負担がかかるんでないかと心配になりつつある。

そして、もひとり心配な方が。

それはこの方、あちゅ君。
あちゅ君は口内炎が痛いために引きこもり生活をしている。
冬は毛布にもぐりこんでいればいいけれど、夏はどないですのん。
毛布は暑いよねえ。いくら猫でもねえ。

4月下旬、毛布を取っ払い、キューブ型ハウスを入れてあげてた。
そのハウスにあちゅ君は引きこもっていた。

が。
そのハウス。
ふっわふわなんだよ。ぬっくぬくなんだよ。いいハウスでね。ええ。お気に入りなの(ワタシが)
だからもうそろそろ暑かろう。いくら猫でも。
と夏用のハウスを探していたの。

希望物件としては、
びびりんあちゅ君のために、隠れられるようにドーム型、もしくはハウス型など屋根付きでよろぴく。
ラウンド型はだめ。隠れられないから。
でもできるだけ涼しく過ごせるような素材で空気が通ればなおよろし。

なかなか難しいですよお。
隠れられるタイプで涼しいって、矛盾してるもんね。

で。
たどり着いたのが、以前、とある理由で買ったソフトケージ!
コレ、いいんでない?
大きさもちょ~どあちゅ君のケージに入るし!

ということで、あちゅ君の夏ハウス。
e0142430_0431982.jpg



ど~ですか~?
涼しかろ~?
できるだけ快適に過ごしてほしいよ~
by nomanyan | 2014-06-16 12:28 | 口内炎 | Comments(0)

ある朝

ワタクシのベッド。

身体が痛くて目が覚めたらこんなん

e0142430_171472.jpg


猫ぎっしり。



このすき間に寝てたのだが、我ながら上手に寝られることよ。
by nomanyan | 2014-06-14 01:09 | にゃんこ隊 | Comments(0)

ミーアちゃんの復活報告

5月10日訂正 6月9日
病院に来た目的はあちゅ坊の診察でもあったけど、
ミーアちゃんのお薬がなくなってきたってこともあったのだ。

先日、病院に電話してお薬を送ってもらったのだけど、数えてみたら1週間分しかなかったのだよ。

ナニ?コレ?ぜんぜん足んないんですケド。
ミーアちゃん、1週間しか生きないとか思われてる?(^^;)
それとも1週間したら診察に連れて来なさいってこと?

と、思いつつ、病院で「先日送ってもらったお薬、足りないんですケド~~」と受付で言ってみたのだ。
そしたら「あっ!ほんとですねっ」って。
あら。そっか。数を間違えられてたのか。急に増えたからね。のむ量が。
う~む。電話でもそう言ったのだけどなあ・・・


で。診察の時に先生が「えっと・・ミーアちゃんはお薬を・・?」と言われたので
送ってもらったものが足りなかったのだと伝えると、
先生は恐る恐る「・・・ミーアちゃんはあれから・・・?」と言われる。

元気ですよっ

とワタシが言うと先生は「えっ?!」とびっくり顔。


あ。やっぱり?やっぱりそう思った?やっぱりそうだったの?とワタシが言うと

あ。いや。すみません・・・あの・・・
と言われるので

いや。いいですよ。そう思われてると思いましたもん。
はっきりとそうとは言われなかったけど、言外に「もうダメぽよ」な
ニュアンスのことばが何度もありましたし。
そういう意味で言われてるんだろうなあと思いましたよ。
実際ワタシも家に連れ帰って見てた様子はただ事でないと思いましたし。
と言うと

先生は「そうなんです。あそこまでなるともうふつうは・・・」
と言われる。

先生は「あそこまで」って言ってるけど
この先生は夜間救急に飛び込んだときに対応してくれた先生と違う先生なのだ。
だけどカルテに書いてあるだろうし
引継ぎでミーアちゃんのこと聞いてたのかしらねえ。


で。先日の夜間救急に駆け込んだ夜から朝、翌日にかけてのミーアちゃんの様子を説明すると
先生はふんふんと聞いて、
「よく復活しましたねえ」と言われる。

やっぱり。
やっぱり「よく復活したね。すごいぞミーアちゃん」
だったんだ。

「みあちゃん。まったりとした動きながらも元気で今日はトカゲを2回も捕ってきましたよ」とワタシが言うと苦笑する先生。

それにしてもベトメディンはスバラシイですねえと言うと、先生も
「そうなんです!もともとはワンちゃん用のお薬なんで、
猫ちゃん用ではないんですけど
猫ちゃんの心筋症に結構いい結果を出すんですよねえ」と言われる。

ありがとう!ベトメディン!
えっと何て会社が作ったものだったかしら。ベーリンガーインゲルなんちゃらってとこだったかしら。
あちゅののんでる「メタカム」もここのじゃなかったかしら?
お世話になります。ベーリンガーインゲルなんちゃらさん。
いいお薬をありがとう!
感謝しているわ!



クローゼットの中で眠るミーアちゃん。
e0142430_23242897.jpg

あら。あんまり元気そうに見えないわね。

せっかくの復活の報告だったのだし
もちょっと元気そうなおさしんをUPしましょうかね。


これでどお!

e0142430_23301118.jpg


あ・・あら・・・
by nomanyan | 2014-06-10 09:56 | 肥大型心筋症 | Comments(0)

あちゅ君。2014血液検査

前回、クロチ君の通院と一緒に連れて行って以来、
あちゅ君病院は約ひと月ぶり。

あのときはクロチ君がいたのよねえ・・・・くすん・・


一年前に血液検査をしてもらって、糖尿病疑惑もあったあちゅ君。
あれからず~~っとメロキシカムをのみつつ口内炎と闘ってる。

ず~っとケージで引きこもり生活をしてるので、元気なんだかどこか問題はないのか
さっぱり把握できてなくて気になったので一年ぶりに血液検査をしてもらいました。

結果は良好。

お薬を飲み続けてるので腎臓のことがちょっと心配だったんですよ。と先生も言われる。
腎臓の数値も全く問題なし。

相変わらず血糖値は高いけど、それでも前回、前々回の数値に比べれば下がってる。
先生が言うには猫ちゃんは病院に来る、ということだけですごくストレスなので簡単に血糖値が
ば~ん!と上がっちゃうんです。あちゅもきっとそれだと思います。
って。

そう?じゃ、インスリンが作れなくなってるってことじゃなく?と訊くと
「そう。それじゃなく」とのことでした。

もしも本物の糖尿病なら、血糖値はもっともっと高いはず。高く出てくるはず。
とのこと。

うんうん。以前もそうじゃないかと言われてたけど
やっぱそうですか。
よかったああ。

とりあえずごはんもなんとか食べていられてるしなあ。
決して猫ライフを満喫できてるとは言えないけれど、命に関わることにはなってないってことですねえ。


あの口内炎さえ治ればなあ・・・・
by nomanyan | 2014-06-10 01:20 | にゃんこ隊 | Comments(0)


15歳8ヶ月でお空に旅立ったゴールデンレトリバーのノーマとノーマを大好きだったにゃんこたち


by nomanyan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

フォロー中のブログ

Retrievers O...
タバサは語る
ワチャたけ奮闘記
 GR-JUNの思い出と日常
CANDY’S BLOG
笑いのある生活

ノーマの親戚ちゃんとお友達

カテゴリ

全体
日常
おでかけ
お友達
にゃんこ隊
腎不全
お世話係のつぶやき
口内炎
炎症性腸疾患
肥大型心筋症
猫伝染性腹膜炎
猫白血病ウィルス症
ノーマの病気
歯根膿瘍
乳腺腫瘍
てんかん発作
リンパ腫
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...

最新のコメント

ベン君のママ様 お..
by nomanyan at 12:37
大変な日々ですね。心配な..
by ベンのママ at 11:57
さばっちちゃんの母さま ..
by nomanyan at 01:25
アリョーシャくんでしたか..
by saba-sava-cat at 01:35
ベン君のママさま ..
by nomanyan at 00:22
さばっちちゃんの母さま ..
by nomanyan at 00:18
ベン君のママさま ..
by nomanyan at 00:15
いいなあ~ねこのたまり場..
by ベンのママ at 13:41
てんちゃん少しでも散歩行..
by ベンのママ at 13:36
さばっちちゃんの母さま ..
by nomanyan at 01:36

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫

画像一覧