<   2010年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧

10月31日。止まらない



チックが止まらない。
昨夜、ギリギリの最大量の薬を入れてるのに止まらない。
もう今回こそ覚悟のときなのかと何度もひんやりと思う。

夜はほぼぐっすりと眠り続けるノーマ。
決して快適そうにすやすやと眠ってるわけではないけれど、寝てくれているとほっとする。

午前5時すぎ、まだ眠っている。
このまま目覚めないかもしれない・・とも思う。

午前6時。目を覚ます。
昨夜も何度か目を開けていたけれど、すぐにまたどろんと眠っていたけれど、今回はきっちり目が開いている。
薬の効果が切れたのだろう。

どきどきしながらお薬とはちみつ水を用意する。
昨夜はお薬をのまずに眠ってしまった。

ノーマは抗てんかん薬をのんでる。
抗てんかん薬はいきなりやめると反動で大きな発作が出ることがあるのだ。
だから薬をのまないということは発作が出る、ということなので、今朝はなんとしてもお薬を飲ませたかった。

H4Oで溶いたお薬をシリンジで口に入れると、こくこくと飲んでくれた。
ほっとする。
引き続きはちみつ水も飲む。
元気なときほどの飲みっぷりではないけれど、飲んでくれて嬉しい。

カロリーエースもあげてみた。
あまり乗り気ではなさそうだけどお口は動かしてくれる。
もしも食べる気があるのなら、流動食ではなくて、いつもの鶏のすり身を食べて欲しいと思って両面だけ焼いて小さく手でちぎったものをお口に入れてみるが、全く口を動かさず。

しょうがないのでカロリーエースを引き続き入れるがやはりあまり乗り気でない。

お口を拭こうとして顔の下に敷いていたペットーツ(こぼすので食事時だけ敷く)を取り除くと、カロリーエースが大量にこぼれている。
あまり飲んでなかったんだ・・とがっかりする。

でもどうなんだろう?
このまま前回のように食べなかったとすると、身体はどんどん衰弱するだろう。
でも、発作にはならない。
食べられるようになって体力がついて身体は元気になっても、発作が止まらない、という苦痛がやってくるかもしれない・・・

もしもノーマが食べられない、食べたくない、という身体の反応があったら、それは受け入れなきゃいけないんだろう。
ニャーニャのときもそうだった。

要はノーマが苦痛でないか・・・・辛くない方に行けるように私はサポートするしかないんだ。
by nomanyan | 2010-10-31 08:43 | ノーマの病気

10月30日。また・・・



ノーマ、また発作が起きてしまいました。

ニャーニャのことを思うと何をする気も起きないのだけど・・・と思いながら、起き上がって、
ノーマのごはんを用意する。

昨夜はあわてて動物霊園に行ったので、ノーマちゃんの晩御飯はナチュラルハーベストの缶フードだけ。
しかも量は少なめ、だったので、今朝はおなかがすいてるでしょう、と思って、お野菜も多めに入れる。

相変わらずのワニのような食いつきで嬉しい。

お茶碗を洗いながらノーマを見ると、枕にもたれて、ぽけっとこちらを見ている。

あら。かわいーと思ったのと同時に、何だろう?あの目は。具合が良くないのかも?
と少し気になる。
普通にぽーとしてるのだけど、最近こんな風に見られたことがなかったのでいつもと違う感じがしたので気になった。
それから、昨夜、ニャーニャを火葬にしてもらって、お骨を拾うまでの間、車の中で寝ていたノーマを見ていたら、うんうんうなづくような動作をしていた。
寝ているけど首が動いていた。

昨夜のこともあるし・・・何だか嫌な予感?がするような・・・と思っていた。

そしたら、その懸念どおり、引き続きお茶碗を洗ってると、ガ~~~ッと全身を震わせて痙攣するノーマが目に入った。
お茶碗を置いて、あわてて駆け寄ると、失禁はしていないし、痙攣自体はすぐに治まった。
落ち着かない目をしているので、横に座って撫で続ける。
その後特に酷い状況ではなかったけど、

午後1時半。大発作になる。
今回も失禁はなし。

このまま落ち着くのなら変に薬とか使いたくないと思っていたけど、なかなか落ち着かないので、往診を頼む。
筋肉注射のフェノバルビタールと脳圧降下剤を静脈から入れてもらう。
すぐに落ち着いて寝始める。

これで落ち着いてくれたかと思ったのだけど、夕方4時くらいに目を覚まし、またチックが出始めて、午後5時にはもっと酷くなったので、病院に電話して薬のことを聞く。
フェノバルビタールを筋肉注射で入れたので、夜のごはん時のフェノバルビタールは減らして、と指示を受けていたけど、チックがすごいので、通常量をあげてもいいですか?と聞いてみたかったのだ。

お鼻の横のマズルがピクピク動く。
その部分をそっと撫でるとかなりな力で動いてることがわかる。
こんなに動いたら気持ちも悪いだろうし、そのうち痛くなるんじゃないか?と思ったのでずっとその部分を撫でたりさすったりする。

その後、今度はお口を開け閉めするチックが続き、それが治まると首がうんうん動き、その動きが大きい。
今まで見たことがないような大きさ。
どんどん不安になり、たまらずぷ~ちん母さんに電話をして病院に連れて行ってもらう。
今日はまさのすけがいなかったものだから。

往診に来てくれた先生が対応してくれた。
注射をしてもチックが治まらず、ハアハアが続くので、しょうがなくてもう一度注射をする。

もうノーマの体重からしたら限界ギリギリの量での処置と言われる。
この薬は安楽死にも使うお薬ですから呼吸を止めてしまう恐れがあるんです、と言われる。
入れたお薬はペントバルビタール。

そんな危険な量であっても、今現在がハアハア苦しそうだし、発作を止めて欲しいので、注射してもらうことを望んでしまう。

何度か注射で薬を入れると、どうにか眠るノーマ。
ほっとした。もう止まらないのかと思った。

ぷ~ちん母さんとあっくんの助けで連れて帰る。
入院させますか?できるだけのことはさせていただきますけれども。と言われたけれど、もう入院はさせたくないので、たとえ発作が止まらなくても連れて帰ろうと思ったから。

あっくん、ぷ~ちん母さま、ありがとん。
とても助かりました。帰ると10時になっていた。
マックたんとぷ~ちんは夜10時までごはんが食べられなかったね。ごめんね。
by nomanyan | 2010-10-31 08:31 | ノーマの病気

ニャーニャ



10月27日午前3時15分、ニャーニャは逝きました。

私の腕に抱かれ、まさのすけとノーマに見守られ、
他のにゃんこ隊もまわりをちょろちょろとして、
そんな中で、静かに旅立ちました。

ご心配いただき、応援してくださった皆様、ありがとうございました。

11歳と半年くらい。
猫としては短い生涯でニャーニャを逝かせてしまいました・・・




10月29日。
ニャーニャの身体を天に返してきました。
たくさんおやつも持たせて。
ノーマも一緒にニャーニャを見送りました。

どうかお花等、お気遣いくださいませんように。
お気遣いいただかないように、と思ってご報告もニャーニャを送った後に、と思っていましたので。

なかなか気持ちの切り替えもできず、普通に会話するのも難しい感じ(苦笑)の今の私ですので、自力で立ち上がるまでしばらくそっとしておいていただければ幸いです。

ノーマや他のにゃんこ隊はおかげさまで元気にしています。



ニャーニャと私たちの最期の日々です。
今は辛いのですが、ニャーニャと過ごした時間を私が忘れたくないために記したものです。
こういった話がお辛い方はご遠慮ください。

最期の日々
by nomanyan | 2010-10-27 08:55 | 腎不全

10月23日。ニャーニャ退院する



21日に回復できそうな光を見たような気がして、すごく嬉しかった。
22日は出かける用事が以前からあって、そのオデカケは止めようと思ってたけど、思いのほかニャーニャが回復しそうなので、ちょっと出かけてもいいかな?と思い、21日に面会に行ったときにニャーニャに「ニャーニャ、明日はちょっと来られないかもだけど、がんばっていられる?23日は朝すぐ行くからね」と言いおいて、後ろ髪引かれながら帰ったのでした。

22日。まさのすけが電話で様子を聞いてくれた。
尿は作ってくれてるみたいですけど、我慢してるようなので、カテーテルを入れておしっこが出るような処置をしました。引き続き数値は良くないです。
みたいなことを言われたそうだ。


今朝も朝開院時間すぐに電話をしてみました。

おしっこは作れてるようですけど、それが身体の毒素を出すほどのものではないようです。
数値もどんどん上がってきているので、
・・・・・回復は望めないと判断しました。

と言われてしまいました。

もう病院でできる処置はない。回復は望めない・・・・

「そうですか。ではすぐに連れに伺います」と言うのが精一杯だった。

一刻も早くニャーニャを連れ帰りたいと思い、すぐにタクシーを呼んで、連れて帰ってきました。

タクシーを降りて、門扉を開けようとしてクレートを下に置いたら、クレートの中から急に大声で「なおなお」言うニャーニャ。
おうちだとわかったもよう。嬉しい。

玄関の鍵を開けてる最中にも「わおわお」言い続ける。
おうちに帰って来れてよかったね。
ごめんねごめんねニャーニャ。

家に入ってクレートの戸をあけるとあおあお言いながら出てきて、早速トイレに入って、おしっこをし(期待して掃除してみたけど少量でした)2階にトトトと上がっていきました。

そして猫ハウスに入ったので、ヨシヨシと撫でていたら他の猫ハウスに移動してしまった。
いつまでも撫で回すワタシがウザかったもよう。

寒くないようにニャーニャがよく寝てたガーゼの夏蒲団を入れてあげる。
e0142430_7572954.jpg



退院時に先生が「おうちに帰って、大量におしっこをして、回復する子もいるから、もしもこの子がたくさんのおしっこをしたら、すぐに点滴に通ってきて下さい」と言われる。
もしかしたら今が一番悪い状態で、これから回復するのかもしれないし。
「奇跡」とは言いたくないけれど、それが起こることをぼくも願っているから。
と言われた。

中にはそんな回復の仕方をした子もいるらしい。
ワタシもSNSのコミュでそんな体験をした方の書き込みを見たことがある。

奇跡。
ありえない、と思う気持ちと、その一縷の望みにすがっている自分もいる。




夕方、ニャーニャが好きだったかつおのおやつを小さくほぐしてお皿に入れて持っていってみる。
くんくん嗅いで「んあ~」と言うニャーニャ。
ニオイだけでもいやそう。

でも、お水だけでも飲んだらどうかな?とシリンジに入れたお水を飲まそうと抱き上げるといやそうな声を出す。
抱っこして、シリンジを口につけようとしただけで激しく拒否する。

食べないとまた毒素が体内にたまることになるから何とか食べさそうと病院で強制給餌されて、いやだったんだね。病院としては当然の処置だけど、ニャーニャはよっぽどいやだったんだろう。

ニャーニャが嫌なことはワタシはしない、そう決めたし・・・(まだ心は揺れるけど)
静かに寝ていたいんだったら、そうさせてあげよう。それがニャーニャのためだもの。

そう思って、階下に下りた。



ノーマとニャーニャにできるだけついていたいので(できることはあまりないけど)、しばらく更新できそうにありません。
ご心配いただいてる方には申し訳ないです。
by nomanyan | 2010-10-23 11:49 | 腎不全

10月21日。ニャーニャ入院2日目



今日も朝いちで病院に電話する。

尿はぼちぼち作っていてくれるようだけど、まだこちらが期待するほどには作れていない状況です。
と言われる。

BUN(尿素窒素)の数値が昨日は若干下がっていたのにまた今日は入院したときくらいに戻っています。だから引き続き厳しい状況ですが輸液の内容等を調整して何とか尿を作ってもらえるようにがんばってみようと思っています。
とのこと。

夜の診察時間に面会に行く。

いつも面会に行くときはすごく怖い。
早く顔を見たいと思う気持ちと、足がすくむような気持ちとないまぜになる。


ケージの奥にうずくまって動かないニャーニャ。
全身を固くして石のよう・・・
e0142430_11195068.jpg


ニャーニャ・・と声をかけると、「ん?」という感じでこちらを見る。
ワタシを見ると「わーん!」と言う。
泣きそうになったのであわてて「そうかそうか。しんどいか。ごめんな。よしよし」と言いながら撫でる。
ゴロゴロいうニャーニャ。

撫でていると先生がこられた。
おしっこは少しずつ出ているみたいです。ただ、我慢してるみたいでねえ。それでトイレをケージに入れてあげたんだけど、ベッドにしちゃってて、と言われるので、

あ~多分このトイレだとしないんじゃないでしょうかねえ?失禁、という形ですると思いますよ。抱き上げたりしたら失禁するかも。
と言うと、なるほど、と言われる。

そんなに悪い感触ではないんだよね。と言われてびっくりする。
少しずつでもおしっこが作れてるし、あとはなんとか腎臓にスイッチ入れてもらって働いてもらえるように手を変え品を変えてがんばってみようと思ってるところですから。
って。

ほんとにっ?(涙)

そうだったら(悪い感触でない)どれだけ嬉しいか。
ニャーニャ、がんばって!!!

入院させるとき、「覚悟しておいた方がいいかもしれない」と言われたし、ニャーニャの前に同じように急性腎不全で緊急入院した子が3頭いたけど、全員だめだった・・・と言われてたので、ニャーニャの快癒は非常に難しいと思い、凄くショックだった。
ネットで見ても、ニャーニャより数値が数段良い子がだめだったと読んで、目の前はまっくらだった。

そう簡単ではないのだろうけど、ニャーニャに奇跡が起きてくれるかもしれない・・・


昨日持って行った敷物はもう汚れただろうから、と別のものを持っていった。
ニャーニャがこないだ包まっていたもの。
e0142430_1121715.jpg

これの方がダウンだから軽くて暖かいよね。
そしてニャーニャは怖がりだから全身をくるんでいた方が気持ちも落ち着くだろうし。

e0142430_1122823.jpg


ダウンにくるまれたニャーニャを撫でているとしっぽをパタパタする。

しっぽパタパタできるくらい元気があるっていうこと?
まだまだ目も力があるよね。

がんばれ!ニャーニャ。

今日のノーマの経過
by nomanyan | 2010-10-21 09:10 | 腎不全

10月20日。ニャーニャ入院1日目


朝いちで病院に電話してニャーニャの容態を聞く。

尿は出たと聞いてほっとする。
だが、少量であること、これだけ排尿を促す処置をしているにもかかわらず、この量ということはまだ良くない状態であると聞かされる。

ただ、カリウムの数値が減ってるのが良い点だと。

それがどういいのか、詳しく説明してもらったのだけど頭に入らない。
よく分からないけど、ただ、今、最悪の状態ではないということか?と思う。

午前10時すぎ。ノーマちゃんがおちっこが出て、それを処理してから、ニャーニャの面会に行く。
本当はノーマを置いて留守にしたくないのだけど、幸いにして落ち着いているし、今、ニャーニャに会っておかないとそれはそれで後悔すると思って、ノーマには「にゃにゃに会いに行って来るからね。がんばっててね」とお願いして出かける。

電車の中でも病院まで歩いていても泣けてしまって非常に困る、
こんなにボロボロ泣きながら病院に行っていいものかと思ってしまう。

入院室に通されて、ニャーニャを見る。
奥に縮こまっている。
ペット用の敷くタイプのヒーターをつけてもらって、毛布をかけてもらっていた。
点滴はついたまま。

おうちのニオイがいいだろうと思って、敷物を持って行ったので、先生が敷いてあった病院のものと替えてくれる。

ニャーニャ・・と声をかけるとこちらを見る。
瞳孔が開いていて、すごく緊張している。
e0142430_8503372.jpg

触るとふるふる震えている。
環境に震えているのか(隣にめちゃ吠える犬が入ってる)体調が悪いから震えるのか。
後で先生に聞くと、腎臓が良くないからしんどいんだと思う、と言われた。

目のあたり、鼻、ほっぺと撫でて、耳の後ろも撫でる。
あごの下もなでる。
でも身体を固くしているニャーニャ。

しばらく撫でていると先生が来られて、電話で聞いたことと重複する部分もあるが、いろいろ説明してくれる。

どれくらい入院して、回復するものなんでしょうか?と尋ねた。
もちろん、個体差があるのは分かってるんですけどと。

すると先生は最短で1日で回復した子がいます。最長では1週間かかって、何度も危険な状態になりながらも回復して退院できた子もいます。と言われる。
あと、大学病院などで、実験的に人工透析しながら2週間治療していた例もありますが、これは現実的ではありません(←「現実的ではない」とは、人工透析は一般の動物病院ではできないから、一般的な例ではない、という意味か?)

腎臓が回復したら、尿がどっと出ます。とのこと。
腎不全には「欠尿」と「無尿」がある、「無尿」はその字の如く、尿がほぼ作れない。
一方「乏尿」は少しだけど尿が作れる。
ニャーニャは今現在、後者。
でも元気になるためには「乏尿」ではだめなのだ。

参加してるSNSのコミュで急性腎不全について経験談を昨夜から読んでいる。
非常に厳しいものだと思わせられる。
飼い主さんたちの苦しさ、葛藤など、その気持ちを考えると涙なくして読めない。
もっとちゃんと勉強しておけばよかったとニャーニャのことを思い、メソメソ泣きながら後悔する。
いくら後悔したって遅いのだけど。

腎不全といえば老齢になってから起こる慢性のものと、おしっこが出なくなって引き起こされるものだとばかり考えていた。
経験談を読ませてもらうと、非常に若くていきなり発症してる例がいくつもあって、驚いた。
先生も急性腎不全の原因ははっきり分かっていませんと言っていた。
おしっこが出なくなって引き起こされる腎不全が一般的には圧倒的に多いそうだが、ニャーニャの場合はそうではない。
尿路はふさがれていないと先生は言われる。
そう。だってニャーニャが何度もトイレに行く様子なんてワタシも見てない。


今、点滴をして利尿を促しているが、ニャーニャの腎臓自体ががんばって尿を作ってくれないと、いくら点滴を入れても無意味などころか、ムダに水分が多くなって肺に水がたまって苦しいことになるそうだ。
点滴に助けてもらいながら、あとはどれだけニャーニャの腎臓が回復してくれるか・・・


家に帰ると、ノーマちゃんは爆睡してくれてた。
ありがと。一人でがんばってたね。帰って来たよ。

とてもよく寝ているのでそのまま寝てもらう。
2時くらいに起きたのでお昼ごはんをあげる。
その後はずっと起きている。
晩ごはんを6時すぎにあげる。
しばらく起きていたが、眠り始める。
夜は比較的穏やかに寝てくれるので助かる。

ミーアやニーナが膝に乗ってきたり、スリスリして甘えてくるので撫でているとやっぱり泣けてしまう。
ニャーニャもこうやってたときがあったのに今は私のせいで苦しい思いをしている。
そばにいてこちらをじっと見るミーアとニーナとセラに「ニャーニャに元気玉を送ってちょうだい」と何度も言ってしまう。
ウザい飼い主でごめんね・・・



朝のノーマ。
こちら側は起き上がろうとしても起き上がれないので、手足をじたばたしてしまうので、枕を置いてあげると落ち着く。
e0142430_851637.jpg


こちら側は自分で起き上がれるので、起き上がってしまう。
e0142430_8512241.jpg


なぜ起き上がりたいのか、発作が出そうでいやな感じがするのか、
よくわからない。
by nomanyan | 2010-10-20 13:19

10月19日。ニャーニャ入院する


ノーマの病院行きに、ニャーニャも連れて行きました。

触診、血液検査、レントゲン検査の診断の結果「急性腎不全」。
そのまま入院となりました。

静脈から点滴をし続け、排尿を促す処置をしなければならないそうです。

あのとき様子など見ていずに、すぐに連れて行けばよかったと酷く後悔しています。

どうかニャーニャの腎機能がこれ以上悪くならず、おうちに帰ってこれますように。
by nomanyan | 2010-10-19 09:08 | にゃんこ隊

10月18日。ワニの食事風景



昨夜ノーマの呼吸がえらく速くて気になっていたけど、寝ながらもなお「どうして?」といろいろ考えていた。

で。
はっ!と気づいた!

ステロイドだ!
何で気づかなかったんだろうか。

そう。昔、前ブドウ膜炎をしたとき、出されたお薬のステロイドでノーマちゃんは呼吸が「夏の犬」状態で、ハアハアなってものすごく水を飲んで食欲が恐ろしいことになっていたではないの。
とても苦しそうで見てるこちらも辛かった。
やっと思い出した。前ブドウ膜炎のときのことはこちら

そういえば、先日の病院で先生が「ステロイドの飲み薬があることは往診のときに紹介してるよね?」って言われて、「いいえ。脳圧を下げるステロイドの飲み薬があるって聞いてません」って断言しちゃったけど、た~し~かに、以前、往診に来てもらったときに出してもらった!(^^;)
これまた思い出した。

そのときに、以前、ノーマは前ブドウ膜炎を患って、そのときに出されたステロイドの副作用がきつくて大変だったって話したら「じゃあ。少し量を抑えましょうね」って言ってくださったんだったさ。
も~軽く健忘症なワタシだから忘れていたわ。

ステロイドを飲み始めて2日目。ようやく(?)副作用のコレが出てきたってわけですね・・・
もうひとつの副作用、「すっごい食欲」は恐ろしいほどです。

ごはんを待ちくたびれて横に敷いてあったパッドシーツをむぐ~~っと噛んで引っ張り、食べようとしてるノーマ
e0142430_8385462.jpg

それは食べ物じゃありません~~(>_<)

このあとバナナを一本食べさせました。
が、その後も自分の手を見て、あ~んと口を開けてたりする。こえ~

ごはんを食べるときはまるでワニの食事風景のようで、非常に恐ろしい(^^;)
カプカプカプッ!と勢い余って食いついてくるのでうまく口に入れることもできないくらい。
落ちたものを拾うときも菜ばしで拾わないと手を喰われます。
もちろん写真を撮ってる余裕なんてございません。
ワタシが食われそうなくらいですから。
こないだまで霞を食って生きてるんですか~?(T_T)なノーマだったのに今度はワニ。

普通はないのか普通は(T_T)



ニャーニャは寝っぱなしです(上)
e0142430_8501680.jpg

でも何か音がするといちおう見る(下)


ノーマの飲んでるステロイドは「プレドニゾロン
e0142430_9183394.jpg


今日の経過
by nomanyan | 2010-10-18 09:02 | ノーマの病気

10月17日。良いことと悪いことがありました



悪いこと

明け方に「ケッケッケッケ・・・」ってにゃんこ隊の誰かが吐く音がする。
はて?誰だろ?と思ってはいたけど、にゃんこ隊は庭の草を食べて吐いたりするし、特に珍しいことでもないのでそのまま寝ちゃう。

朝起きたらノーマちゃんのシーツにゲロが(>_<)
ここで吐くかあ~(T_T)ああ。

と思い、ごはんの準備のために台所に行こうとしたら途中で床にあったゲロを踏んでしまったワタクシ。
こっこんなところにも(涙)

靴下がぬれてしまったわよ。洗濯だわよ。さっき履いたところなのに。
は~やれやれ、と思ってカーテンを開けに行き、昨夜テンちゃんが蹴りを入れてた布団を見るとおちっこがしてある(T_T)

老犬介護お世話係、ゲロだのちっこだの朝からやられっぱなし。

おちっこはどうせちっこ太郎(本名:しまた)だと思うんだけど、病気じゃないと思うんだけど、
ゲロの方はどうもニャーニャのよう。

何だか具合が悪そうなニャーニャ。
昼間も何度も吐く。内容物は無いけれど。

昨日にゃんこ隊はみんな元気でありがたいって書いたばっかりなのに。
どうしたんだ。ニャーニャ!しっかりしろ~(T_T)
こんなところにゲロして(>_<)って思ってごめんよぅ。

昨日はめちゃ元気でミーアちゃんをいじめてオラオラオラ~!!と、どつきたおして遊んでたではないか。
晩御飯も一人だけいつまでも食べてたではないか。
急にどうしたの?

夜中に何かよくないものを食べたのか???
本当に真剣に体調が悪かったら2階に篭るんだけど、ずっとリビングにいるからさほど酷い状況ではなさそう。
病院に連れて行くこと自体が酷くストレスなニャーニャなので、様子を見るべし。

e0142430_871711.jpg


良いこと。

ノーマちゃんがようやく流動食生活を脱しました!!!(^^)

朝ごはんセットとノーマちゃん
e0142430_874129.jpg

お口からこぼれるのでペットシーツを敷いて待機中。

えれえでかい大きさのさつまいもに見えますが、お口に入れるときはちゃんと小さくしますよぅ(^^;)

今日の経過
by nomanyan | 2010-10-17 10:40 | ノーマの病気

10月16日。仲悪い~


このところノーマの具合の悪い話題ばかりですが、にゃんこ隊はみんな元気にしています。
ノーマちゃんがこんなになって改めてつくづくと健康ってほんとにありがたいと思う。

にゃんこ隊全員が仲良かったらもっとありがたいのに、世の中そううまくはいかないようでございます。
仲良しさんもいるけど、仲悪しさんもいます。

一番の仲悪しさんがしまた君とテンちゃん。
(ときどき外猫セラ太君&家庭内完全野良猫すみれちゃんとれんげちゃん母娘は除く)

テンちゃんとしまた君は実の兄弟なのにすげー仲が悪い。
ほぼ毎日ケンカしてるもんね。
同じく実の兄弟のクロチ君はどっちともうまくつきあうのにねえ。

テンちゃん=お調子者
しまた君=慎重派。プライド高し

水と油っちゅうことですかね?

今日も寝床の取り合いで険悪ムード。
e0142430_9101696.jpg




実はしまた君が寝てたところは最初、テンちゃんが寝てたんですね。
それをしまた君が強奪したもんだからテンちゃんにしたらムカついてたとみえて、リベンジに行ったわけですね。
本当はしまた君に猫キックをかましたいのに、ワタシから「しまた君にケンカ売ったらあかんよ~」って言われてるもんだからテンちゃんはお布団を蹴って我慢してるわけです。

画面下のガムテープはノーマちゃんのペットシーツをくっつけてあるんでございます。
シーツが破れてるのをガムテで補正してるわけじゃないよ(^^)


仲悪いのはもうしょうがないけど、せっかく寝てくれたノーマちゃんのそばでケンカするのはやめてくれっ(>_<)

今日の経過
by nomanyan | 2010-10-16 08:20 | ノーマの病気


15歳8ヶ月でお空に旅立ったゴールデンレトリバーのノーマとノーマを大好きだったにゃんこたち


by nomanyan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フォロー中のブログ

Retrievers O...
タバサは語る
ワチャたけ奮闘記
 GR-JUNの思い出と日常
CANDY’S BLOG
笑いのある生活

ノーマの親戚ちゃんとお友達

カテゴリ

全体
日常
おでかけ
お友達
にゃんこ隊
腎不全
お世話係のつぶやき
口内炎
炎症性腸疾患
肥大型心筋症
猫伝染性腹膜炎
猫白血病ウィルス症
ノーマの病気
歯根膿瘍
乳腺腫瘍
てんかん発作
リンパ腫
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...

最新のコメント

さばっちちゃんの母さま ..
by nomanyan at 01:25
アリョーシャくんでしたか..
by saba-sava-cat at 01:35
ベン君のママさま ..
by nomanyan at 00:22
さばっちちゃんの母さま ..
by nomanyan at 00:18
ベン君のママさま ..
by nomanyan at 00:15
いいなあ~ねこのたまり場..
by ベンのママ at 13:41
てんちゃん少しでも散歩行..
by ベンのママ at 13:36
さばっちちゃんの母さま ..
by nomanyan at 01:36
ちーしゃんさま あ..
by nomanyan at 01:30
うちもかつぶしが、という..
by saba-sava-cat at 12:26

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫

画像一覧