カテゴリ:腎不全( 6 )

テンちゃんのにゃんドック

先日ワクチン打ってもらったテンちゃんさん。
ニーナちゃんと同じく
ついでににゃんドックもしてもらった。

結果が郵送されてきたよ。

結果が届く前にあちゅ君の注射のために病院に行ったときに
腎臓系の数値がね。緊急ではないけどね。
と言われた。

があああああ~~~~~~(/ω\)

やっぱりか!
テンちゃんもか!

そらもうお年ですからな。
そんな結果にもなるでしょうとも。

え~?じゃ、テンちゃんもニーナちゃんと同じお薬のませた方がいいですかね?
と訊くと

「ナニ出してたっけ?カリナール?」
「ん~~~セ・・・セミントラ!」
「・・・そうだね。目盛4でのませて!」
「はい(´・ω・)」

ち~~~~~~~~~~~~~~(-"-)
またも投薬対象者増加!(ノД`)・゜・。



というわけで。
テンちゃんも朝ガシッ!!!と捕まえて、シリンジでちう~~~っとセミントラをのませてる。

それがね。奥さん!
テンちゃんったら、うちで一番の物おじしない子だと思っていたのに、
お薬投与に大暴れよ!おーあばれ!!!

一番大変かもしれんて。

猫は見かけによらんね。



ソファで寛ぐテンちゃんさん。
e0142430_0204275.jpg

by nomanyan | 2016-06-27 09:40 | 腎不全 | Comments(0)

ニーナちゃんのお薬。セミントラ

というわけで。
ニーナちゃんはこれ以上腎臓が悪くならないように
投薬することになった。

先生に勧められたのは「セミントラ」
こんなパッケージ。と箱とボトルを見せられた。

は~は~こんなんですか。あら。あの例のドイツの製薬会社のだわ
と思うワタクシ。
そうなの、あちゅがのんでる「メロキシカム」(痛み止め)
ミーアちゃんがのんでた「ベトメディン」(強心剤)もそうじゃなかった?
アニマルメディカルにがんばる会社。
すばらしい!!!

e0142430_11532331.jpg

ベーリンガーなんちゃらさんのHPより拝借。



セミントラの効用は腎臓の血圧を下げて、腎臓を保護する
というもの。
と言われた。

む~ん(-_-)
意味がわからない。

だって、腎臓の血圧が下がる→腎臓が守られる
って、よくわかんなくない?

以前、腎臓保護のために、と出してもらった「カリナール」は
体内の毒素を吸着する→腎臓に余計な仕事させない→腎臓が保護される

ほらね。
すんごい判りやすい。

先生は「う~~~~~ん~~」としばら~く考えて、どう説明したらいいのか悩んでた。

悩みに悩んで(多分、どう説明したらわかってもらえるか考えてくれてたんだと思う)
説明してくれた。

わかったようなわからなかったような。

説明を聞いたときはわかったような気がした。
でも今、ソレを書け
と言われたら書けない。

だってト~シロ~~だも~~~~んヽ( ´ー`)ノ

その時はなんとなくわかったので
ふ~ん?
カリナールとはアプローチが違うってことなんすかね?と先生に言うと、
そう!保護しようとする方向が違うの!
と言われた。

カリナールは量が多くて、あれを一日でのませるのは難しくて挫折したのだ。

しょうがねえ。
今回はこの「セミントラ」でがんばってみよう。
ちなみにこの薬は末期の腎不全には使えない、とのことだった。

セミントラの効果が出てるかどうかは尿たんぱくの量を調べてみるといい、と言われた。
尿へのたんぱくの流失を防ぐから。
って。

ではセミントラを服用させはじめる前に検尿して、
のませ続けてしばらく経ってから検尿してみるデスかね?

しかし、ニーナちゃんがおちっこしてるとこを見たことない。
今度仕事が休みの日に一日ニーナちゃんに張り付いて採尿してみようか。



しかし腎臓。
壊れると決して再生されない、というこのやっかいな臓器。

なんで再生されないの?とちょいと調べてみたらば、
腎臓を作る先駆細胞ってのが出生前後に消失してしまうんだとか?
だからもう今ある分だけになっちゃう???

いなくなるんじゃないわよぅ前駆細胞コイツっ!(`Д´) ムキー!

医療技術が進む現代。
何とかこの腎臓の再生が可能にならないものかしら(T_T)
iPS細胞から再生がどうたら、とか新聞でちらっと見たような気もするけど。

日記のカテゴリー、「急性腎不全」を「腎不全」に変更しました。

猫飼いさんの永遠のテーマ。
「腎臓を健やかにすべくがんばろう!」

をがんばる!(`・ω・´)

だが。
お取り寄せになる、ということでセミントラ郵送待ち(´・ω・`)
by nomanyan | 2016-05-28 09:32 | 腎不全 | Comments(0)

ニーナちゃんのにゃんドック

先日、ニーナちゃんはワクチンを打ってもらったが、
同時ににゃんドックもしてもらった。

にゃんドック・・・人間ドックの猫版ね。
血液検査だけの一番簡単なものでやってもらったのだ。
うちには白血病ウイルス保持者もいるし
猫エイズ保持者もいるので、そちらの検査もしてもった。
結果は郵送で。

その結果が郵送されてきた。

ハイ・・・そうじゃないか、とは思っていたけど、
やっぱり・・・(-_-)
な、結果。

まず白血病とエイズに関してはどちらも陰性(感染してないってこと)
よしよし。

だがしかし。
一番心配してた腎臓系。
高齢猫といえば、腎不全が心配!

そうなの。クレアチニンの数値が上昇してるの。
ついにこのまま放置してはイカン!になってしまった。
ニーナちゃんは今年の夏で14歳ににゃる。
結構な高齢者である。


去年のにゃんドック結果
e0142430_8511150.jpg


今年
e0142430_852388.jpg


BUNも上昇しててシンパイ(T_T)

e0142430_859469.jpg

珍しい取り合わせで寝てる。
一番手前がニーナちゃんよ。


次回、病院に行ったときに
ニーナちゃんの腎臓対策を相談しる!
by nomanyan | 2016-05-27 11:15 | 腎不全 | Comments(0)

ニャーニャ



10月27日午前3時15分、ニャーニャは逝きました。

私の腕に抱かれ、まさのすけとノーマに見守られ、
他のにゃんこ隊もまわりをちょろちょろとして、
そんな中で、静かに旅立ちました。

ご心配いただき、応援してくださった皆様、ありがとうございました。

11歳と半年くらい。
猫としては短い生涯でニャーニャを逝かせてしまいました・・・




10月29日。
ニャーニャの身体を天に返してきました。
たくさんおやつも持たせて。
ノーマも一緒にニャーニャを見送りました。

どうかお花等、お気遣いくださいませんように。
お気遣いいただかないように、と思ってご報告もニャーニャを送った後に、と思っていましたので。

なかなか気持ちの切り替えもできず、普通に会話するのも難しい感じ(苦笑)の今の私ですので、自力で立ち上がるまでしばらくそっとしておいていただければ幸いです。

ノーマや他のにゃんこ隊はおかげさまで元気にしています。



ニャーニャと私たちの最期の日々です。
今は辛いのですが、ニャーニャと過ごした時間を私が忘れたくないために記したものです。
こういった話がお辛い方はご遠慮ください。

最期の日々
by nomanyan | 2010-10-27 08:55 | 腎不全

10月23日。ニャーニャ退院する



21日に回復できそうな光を見たような気がして、すごく嬉しかった。
22日は出かける用事が以前からあって、そのオデカケは止めようと思ってたけど、思いのほかニャーニャが回復しそうなので、ちょっと出かけてもいいかな?と思い、21日に面会に行ったときにニャーニャに「ニャーニャ、明日はちょっと来られないかもだけど、がんばっていられる?23日は朝すぐ行くからね」と言いおいて、後ろ髪引かれながら帰ったのでした。

22日。まさのすけが電話で様子を聞いてくれた。
尿は作ってくれてるみたいですけど、我慢してるようなので、カテーテルを入れておしっこが出るような処置をしました。引き続き数値は良くないです。
みたいなことを言われたそうだ。


今朝も朝開院時間すぐに電話をしてみました。

おしっこは作れてるようですけど、それが身体の毒素を出すほどのものではないようです。
数値もどんどん上がってきているので、
・・・・・回復は望めないと判断しました。

と言われてしまいました。

もう病院でできる処置はない。回復は望めない・・・・

「そうですか。ではすぐに連れに伺います」と言うのが精一杯だった。

一刻も早くニャーニャを連れ帰りたいと思い、すぐにタクシーを呼んで、連れて帰ってきました。

タクシーを降りて、門扉を開けようとしてクレートを下に置いたら、クレートの中から急に大声で「なおなお」言うニャーニャ。
おうちだとわかったもよう。嬉しい。

玄関の鍵を開けてる最中にも「わおわお」言い続ける。
おうちに帰って来れてよかったね。
ごめんねごめんねニャーニャ。

家に入ってクレートの戸をあけるとあおあお言いながら出てきて、早速トイレに入って、おしっこをし(期待して掃除してみたけど少量でした)2階にトトトと上がっていきました。

そして猫ハウスに入ったので、ヨシヨシと撫でていたら他の猫ハウスに移動してしまった。
いつまでも撫で回すワタシがウザかったもよう。

寒くないようにニャーニャがよく寝てたガーゼの夏蒲団を入れてあげる。
e0142430_7572954.jpg



退院時に先生が「おうちに帰って、大量におしっこをして、回復する子もいるから、もしもこの子がたくさんのおしっこをしたら、すぐに点滴に通ってきて下さい」と言われる。
もしかしたら今が一番悪い状態で、これから回復するのかもしれないし。
「奇跡」とは言いたくないけれど、それが起こることをぼくも願っているから。
と言われた。

中にはそんな回復の仕方をした子もいるらしい。
ワタシもSNSのコミュでそんな体験をした方の書き込みを見たことがある。

奇跡。
ありえない、と思う気持ちと、その一縷の望みにすがっている自分もいる。




夕方、ニャーニャが好きだったかつおのおやつを小さくほぐしてお皿に入れて持っていってみる。
くんくん嗅いで「んあ~」と言うニャーニャ。
ニオイだけでもいやそう。

でも、お水だけでも飲んだらどうかな?とシリンジに入れたお水を飲まそうと抱き上げるといやそうな声を出す。
抱っこして、シリンジを口につけようとしただけで激しく拒否する。

食べないとまた毒素が体内にたまることになるから何とか食べさそうと病院で強制給餌されて、いやだったんだね。病院としては当然の処置だけど、ニャーニャはよっぽどいやだったんだろう。

ニャーニャが嫌なことはワタシはしない、そう決めたし・・・(まだ心は揺れるけど)
静かに寝ていたいんだったら、そうさせてあげよう。それがニャーニャのためだもの。

そう思って、階下に下りた。



ノーマとニャーニャにできるだけついていたいので(できることはあまりないけど)、しばらく更新できそうにありません。
ご心配いただいてる方には申し訳ないです。
by nomanyan | 2010-10-23 11:49 | 腎不全

10月21日。ニャーニャ入院2日目



今日も朝いちで病院に電話する。

尿はぼちぼち作っていてくれるようだけど、まだこちらが期待するほどには作れていない状況です。
と言われる。

BUN(尿素窒素)の数値が昨日は若干下がっていたのにまた今日は入院したときくらいに戻っています。だから引き続き厳しい状況ですが輸液の内容等を調整して何とか尿を作ってもらえるようにがんばってみようと思っています。
とのこと。

夜の診察時間に面会に行く。

いつも面会に行くときはすごく怖い。
早く顔を見たいと思う気持ちと、足がすくむような気持ちとないまぜになる。


ケージの奥にうずくまって動かないニャーニャ。
全身を固くして石のよう・・・
e0142430_11195068.jpg


ニャーニャ・・と声をかけると、「ん?」という感じでこちらを見る。
ワタシを見ると「わーん!」と言う。
泣きそうになったのであわてて「そうかそうか。しんどいか。ごめんな。よしよし」と言いながら撫でる。
ゴロゴロいうニャーニャ。

撫でていると先生がこられた。
おしっこは少しずつ出ているみたいです。ただ、我慢してるみたいでねえ。それでトイレをケージに入れてあげたんだけど、ベッドにしちゃってて、と言われるので、

あ~多分このトイレだとしないんじゃないでしょうかねえ?失禁、という形ですると思いますよ。抱き上げたりしたら失禁するかも。
と言うと、なるほど、と言われる。

そんなに悪い感触ではないんだよね。と言われてびっくりする。
少しずつでもおしっこが作れてるし、あとはなんとか腎臓にスイッチ入れてもらって働いてもらえるように手を変え品を変えてがんばってみようと思ってるところですから。
って。

ほんとにっ?(涙)

そうだったら(悪い感触でない)どれだけ嬉しいか。
ニャーニャ、がんばって!!!

入院させるとき、「覚悟しておいた方がいいかもしれない」と言われたし、ニャーニャの前に同じように急性腎不全で緊急入院した子が3頭いたけど、全員だめだった・・・と言われてたので、ニャーニャの快癒は非常に難しいと思い、凄くショックだった。
ネットで見ても、ニャーニャより数値が数段良い子がだめだったと読んで、目の前はまっくらだった。

そう簡単ではないのだろうけど、ニャーニャに奇跡が起きてくれるかもしれない・・・


昨日持って行った敷物はもう汚れただろうから、と別のものを持っていった。
ニャーニャがこないだ包まっていたもの。
e0142430_1121715.jpg

これの方がダウンだから軽くて暖かいよね。
そしてニャーニャは怖がりだから全身をくるんでいた方が気持ちも落ち着くだろうし。

e0142430_1122823.jpg


ダウンにくるまれたニャーニャを撫でているとしっぽをパタパタする。

しっぽパタパタできるくらい元気があるっていうこと?
まだまだ目も力があるよね。

がんばれ!ニャーニャ。

今日のノーマの経過
by nomanyan | 2010-10-21 09:10 | 腎不全


15歳8ヶ月でお空に旅立ったゴールデンレトリバーのノーマとノーマを大好きだったにゃんこたち


by nomanyan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フォロー中のブログ

Retrievers O...
タバサは語る
ワチャたけ奮闘記
 GR-JUNの思い出と日常
CANDY’S BLOG
笑いのある生活

ノーマの親戚ちゃんとお友達

カテゴリ

全体
日常
おでかけ
お友達
にゃんこ隊
腎不全
お世話係のつぶやき
口内炎
炎症性腸疾患
肥大型心筋症
猫伝染性腹膜炎
猫白血病ウィルス症
ノーマの病気
歯根膿瘍
乳腺腫瘍
てんかん発作
リンパ腫
気管支炎
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

最新のコメント

おおっ!Σ(゚Д゚)!H..
by nomanyan at 15:06
お久しぶりです~!笑える..
by Hisami at 15:17
ベン君のママ様 ご..
by nomanyan at 00:00
ごめん字が違った。麻央ち..
by ベンのママ at 14:17
元気がなによりよ~ベンが..
by ベンのママ at 14:14
ベン君のママ様 お..
by nomanyan at 12:37
大変な日々ですね。心配な..
by ベンのママ at 11:57
さばっちちゃんの母さま ..
by nomanyan at 01:25
アリョーシャくんでしたか..
by saba-sava-cat at 01:35
ベン君のママさま ..
by nomanyan at 00:22

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫

画像一覧