カテゴリ:ノーマの病気( 93 )

愛するノーマ

3月7日、午前12時30分ごろ、雨の降る夜、ノーマは逝きました。

15歳8ヶ月と5日の一生でした。

10歳のときに脳腫瘍だと分かり、その後何度も何度も大きな発作を起こし、
それでも発作が出ないときはたくさん遊びに出かけ、おいしいものもたくさん食べました。

発作は苦しかっただろうけれど、何度も持ち直してくれて、私が常に言っていた「介護させなさいよ」を実践してくれました。

ありがとうございました。
たくさんの方に励ましてもらい、いろんなことを教えていただいたおかげで何度も何度も救われました。
ノーマがここまでがんばれたのは支えて励ましてくださった方々のおかげです。

ご心配いただいてること、十分分かっているのにご報告が遅くなって申し訳ございません。

本当にありがとうございました。









ノーマへ

のこ。のこちん。ノーマ。
何度こんな風に呼んだかねえ。
この名前を口にするたびに愛しい気持ちがこみ上げるよ。
ワタシのかわいいノーマ。愛するノーマ。愛しくて愛しくてしょうがない。

先週の土曜日に起こした軽い発作から以降、辛かったね。
ほとんど何も食べられず、熱が上がって、どんどん辛くなったね。
チックも酷くてオテテがつっぱってたりしたよね。お目目もぐ~っと奥に引っ張られるような感じもあったね。
あれは痛かったんじゃないだろうか。見ててとても辛かったよ。できることなら代わってあげたかった。
どうしてあげたらノーマが楽になれるのかわからなくてごめんね。
暖かくしたらいいの?冷やしたらいいの?って何度も何度も保冷剤を持ってうろうろした。
こっちに向けたらいいの?それともこっち?この角度が楽?って試行錯誤だった。
そばについてるのがワタシじゃなくて、もっともっといろんな知識がある人だったらノーマはもっと楽だったかもしれないのに。ごめんね。

逝くとき、もうノーマが逝くんならいいんだよってことを言ったけど、そのわりに大声で泣いてごめんね。


ノーマが逝ったときは雨だったね。
雨の夜に逝くなんて。いつも晴れワンコだったのに。
そういえばノーマがうちの子になったのも雨の降る日だったね。
雨の降る日に来て、そして雨の降る夜に逝ってしまうことになってたんだろうかね。

でもそれ以外はノーマは晴れワンコだったよね。
まさのすけと二人でお散歩するときはほぼ100%雨は降らないってまさが言ってた。
ワタシが雨オンナだからワタシがいると雨が降るけどね。

日記のタイトルを「晴れノーマ」ってしたのは、ノーマがいっつも晴れの中でにこにこさんで野山を駆け回ったりおやつを食べたりしてたからだよ。

ノーマが7歳のとき。
河口湖そばのペンションに泊まりに行って。
2日目の夜にクロチが家出したってお世話してくれてる方から電話で聞いて、
泊まってたペンションから大慌てで家に帰る途中、前方が見えないくらいのすごい土砂降りになったよね。
クロチが心配で急いで帰りたいから徐行しなきゃならないのが私はいやで、ノーマに「ノーマ~、雨降ってるの止めてよ~」って冗談半分で言ったら、寝そべってたノーマがふと上を向いて、しばらくそのまま上を向いた姿勢でいて、それからあごをつけて寝そべってふ~っとため息ついたよねえ。
そしたらものすごく雨が降ってたのに、ぱたっと止んだんだよね。その帰路で2回あったね。そんなこと。
偶然だとは思うのだけど、あれは不思議だった。何かの力を持っていたの?まさかね。

ノーマは神様から守られてるねえってよくまさのすけと言ってたんだよ。
二人とも信仰心ないのにね。

神様に守られてたから?たくさん応援してくださる方々にめぐり合えて。
その支えでノーマはたくさんたくさんがんばったよね。がんばりやさんだ。本当に。
ワタシがあまりにノーマに執着してるから長いことがんばらないといけないんだと思った?
コイツってば、置いて逝くととんでもないことになりそうだ。って思った?
だったらごめんね。辛い時間が延びてしまったね。
だけど本当にありがとう。たくさんがんばってくれて。
ここ1週間は辛かったけど、それ以前は何でも食べてくれて密着できる時間をたくさん取ってくれてありがとう。私はノーマのお世話ができて、本当に幸せだったよ。介護は楽しい時間だった。
まさのすけもいる時間を選んで逝ってくれてありがとう。
こんなに早く逝ってしまうなんて思っていなかったけれど。

まだまださよならを言いたくないのに言わなきゃいけないってなんて辛いんだろう。
こんなにがんばってくれたんだから気持ちよく送り出してあげなきゃならないんだろうけど
まだまだワタシはだめだよ。
神様に土下座してでもノーマを返して下さいって言いたいくらいだ。
納得もあきらめもぜんぜんできない。

ノーマ。ノーマ。かわいいノーマ。
いつかまた会えるんだろうか。
ノーマ。大切だよ。大好きだよ。どれだけノーマを愛してるって言っても言い足りないよ。
何度も「ノーマ」ってつぶやくよ。
ワタシの一部だったよ。ノーマ。

15年間一緒にいてくれて、ありがとう。

最期のとき
by nomanyan | 2011-03-07 09:50 | ノーマの病気 | Comments(30)

3月6日。今日も病院へ

午前5時半。ノーマの荒い息で目が覚める。
またチックが出てるんだ。

ひっくり返そうと思ったらミーアちゃんとニーナちゃんがノーマのお布団の上で寝てる。
そら暖かいもんね・・・

ファンヒーターをつけて加湿器をつける。

e0142430_17341388.jpg


昨日ずっと不安に思っていた巨大食道症。
もしもこれだったら今朝のお薬も飲めない。というか胃には入らないことになる。

去年、ノーマが入院したときにノーマの面会に行ったとき、偶然隣のケージにデイサービスで泊まりに来てたゴルちゃんの食事風景を見た。
看護士さんに後ろから抱っこされて、もう一人の看護士さんがスプーンでふやかしたフードをお口に入れてあげていた。
甘えんぼさんでそんな食事なのかと思っていたら、その子のケージに「食道拡張」って書いてあった。
注意を促す意味で書いてあるんだろう。
ちなみにノーマのケージには「てんかん発作」って書いてあった。

食道拡張って、ああいう風に食事するんですか?と看護士さんに尋ねると、食べたものが下りて行かないのでああやって抱っこして食べさせて、引力で落とすんです。
食べた後も10分から15分くらいはああしてオスワリしてるんです。
と言われてた。

そうかーそんな病気もあるんだ。大変だ。
でも家族に抱っこされてご機嫌でごはんが食べられるんならいいよね、と何も知らない当時のワタシはほほえましく見てた。

食道拡張(巨大食道症)はそうやって食道を垂直にして食べさせなきゃならない。
引力で落とすのだから。
ノーマは今ぐったりしてるのに、どうやって身体を縦にして飲ませたらいいんだろう?
と朝から何度も考える。
早くお薬をあげないと。

お薬を砕いてお水で溶いてシリンジに入れ、横に置いてノーマを抱えてみる。
ぐったりとしてるので上手く抱えられない。
こんな形でいいの?と思いながら抱えて、片手でシリンジを取って、お口に入れてみる。
コクコク飲む。
よしよし。
このままの状態でしばらくいたらいいのかな?
でもこんな形でいいの?
ともぞもぞ動いたら、ケフケフ言い出し始めた。
いけない!吐くんならスムーズに吐かせないと!!!
あわてて頭を下にする。

くあ~~っと吐くノーマ。
これは昨夜の分、そして今飲んだ分だよね・・・・

その後も吐く。

こんな状態では飲ませられない。

まさのすけが帰って来た。
「その食道なんちゃらっていう病気だと思うの?」と聞く。

「そう思う。喉のところから音がするっておかしくない?飲んだものが胃に下りて行かないから食道にあるんじゃないかと思う」と言うとしばらく考えるまさのすけ。

そして去年のノーマの入院時に見たゴルちゃんの食事風景など話した。
どれくらいの角度でのこちゃんを縦にしたらいいんだろうか?と言い、ホットケーキを食べ終わったまさが「今、お薬あげてみる?」と言う。

ノーマが起きたようだ。チックが出ているけれど。

そしてノーマをオスワリさせてまさのすけが背後から両足で挟んで首も支えて、安定させる。
ノーマのおちりの下にまさの足を敷いて、おちりも痛くないように。
そして私がシリンジでお薬を飲ませる。

そのままの姿勢でしばらく座っていてもらう。
どのくらいその姿勢でいさせたらいいんだろう?確か10分から15分くらい、と聞いたような。
また病院で確認しとかなきゃ。

相変わらずチックが出る。

今日は日曜日なので診察は午後1時まで。
ぎりぎりの時間に行ってみる。相変わらずたくさんの車。

今日はセラを主に診てくれてる先生だった。
まずはノーマ。
チックが出てるのでまた脳圧降下剤とペントバルビタールの静脈注射と筋肉注射をしましょうと言われる。
そしてお水が飲めないので点滴。

おちっこが出てない事を言うと強制排尿してくれた。
最初に押してあげると、あとはノーマちゃん。自力でしてますよ、と言われる。
今後のこともあるので強制排尿の仕方を教わる。

今日もちょっと効きが悪そうだったので追加でペントバルビタールを入れてもらう。
先日の留置針はもう血管が詰まってしまったようなので他の場所に留置していた。
もうあまり取れる場所がない。
それほどに何度も静脈注射があった、ということだ・・・

巨大食道症についてははっきりとした診断はバリウムを飲ませてレントゲンを撮らないといけないので確定はできませんが、と言われる。
症状から、そして今までの経過、今の様子からそれになってる可能性は十分にある、と言われる。
座らせておく時間は10分から15分くらいでいいんですよね?と聞くと、

う~~ん~~・・・できたら、30分。

と言われる。
そうか。30分。
ワタシは平気だけど、ノーマが疲れるんじゃないか?と思うとちょっとめげる。
そんなにまでして、たった二口しか飲まない、とか、そういうことが考えられるからだ。
体力の消耗と食べられる量をはかりにかけると消耗の方が大きそうで悲しくなる。

そして、一旦、巨大食道症になると、どん~~~なに気をつけても誤嚥はありえます、
と言われた。

もしも巨大食道症なら、どうしてなったんでしょう?
発作のせい?
ねたきりだから?
老齢のせい?
それとも全部?

と聞くと、全部です、と言われる。

ノーマの今回の部分発作はほぼ頭部や腕のあたりに限定されてる。
その発作がこのことに関係してるんじゃないか?と思ってたのだけど、それはないでしょう、と言われた。

寝たきりになってほとんどの時間を横になっていると常に食道が胃と平行になるのでどうしてもなりやすいんだそうだ。
寝たきりになったのも発作のせいですし、
全ては脳の病気から来てることです、と言われた。

発作が出てから食欲がないのももしかしたら食道の動きが悪かったせいなのでは?と言うと
それはあくまでも後から出て来たもので、多分食欲がないのも発作のせいだろうと言われる。

そう。全ては脳にある腫瘍のせいなんだ・・・

家に着くと移動のストレスからか、またチックが出る。
ワタシはチックだと思ったのだけどまさのすけは悪寒じゃないか?と言う。
しばらく静かに寝ていたけれどまたチックが出る(今回は絶対チック)

こんなに何度も鎮静剤を打ってもらってるのにまだ出るんだ。
そして次なる病気を引き起こし、ノーマをこんなに苦しめてる。
悲しくて悔しくて
そしてかわいそうでボロボロ泣いてしまう。

数十分ほどチックは出ていたが、その後落ち着いて眠る。

喉のあたりで音がする。
痰が絡んだような感じ。
はっ!はっ!はっ!と出したそうなのに体力がないので咳ができない感じ。
抱き起こして咳をさせる。
おえ~っと吐く。痰が出る。
気管支炎?肺炎まではいってないけどその手前で炎症を起こしてるんだろうか。
そのせいで昨日も吐いたんだろうか?
巨大食道症ではなくて?

・・・よくわからない。
ともかくノーマが楽に呼吸ができるように半身を起こし気味にして寝かせる。

皮肉なことにこうなると一切チックが出ない。
吐くとき吸うとき、音がする。
喉に何かある感じ。
もう咳をして出す、という力は残っていないような感じだ。

耳を触っても手を触っても冷たい。
病院では39.7度?とか言っていたが、もうそんなに体温は高くないんじゃないだろうか。
そう思って、おちりのところで寝ているミーアちゃんを移動させて体温を測る。
37.4度。
・・・
もう一度測る。
37.6度。

もうノーマの身体は闘えないのかもしれない。
もう冷やす必要はないんじゃないか、そう思って保冷剤を取る。

今日のセラ
by nomanyan | 2011-03-06 08:41 | ノーマの病気 | Comments(0)

3月5日。更なる不安

熱は相変わらず高い。40.4度。
もう悪寒はしていないようなので保冷剤を入れる。

昨夜飲めなかったお薬を飲めるかどうか、どきどきしながら飲ます。
こくっと飲む。
もう少し飲めるかな?と声をかけつつはちみつ水を飲ます。
だけどほぼ飲まない。

無理強いはやめよう。
待って飲めるような様子ではない。

ずっとチックが出る。
瞬膜が半分上がってきてる。
目は開いてるのか、閉じようとしてるのかわからない。

ひっくり返すと起き上がろうとしてゲフゲフ咳をする。
痰が絡んだような呼吸をしてるので、それを吐きたいのだと思って上半身を起こして頭を下にして
吐くのを促す。

痰が出る。
よかった。これがずっと絡んでいて苦しそうだったもんね。

これで楽になったのか静かに寝始める。

午前11時前。ゲフゲフと言い始めるのであわてて駆け寄り、上半身を起こして頭を下にする。
吐く。今回は痰はなし。ほぼ水。
背中をさする。さらに吐く。
検温すると39.9度。

この吐いたものは今朝飲ませたものか?
だとすると発作のせいで嚥下できなくなっているのか。
それとも巨大食道症(食道拡張)になってるんじゃないか?と怖くなる。

喉のあたりがゼロゼロいうのは痰が絡んでるんだろうと思うのだけど(思いたい)

もしかしたら飲んだものが胃に下りていかない?食道に停留してるんじゃないだろうか。

その原因は発作で食道の蠕動運動が麻痺してる?胃の噴門が開かない?
それとも何が原因かはわからないけれどなんらかの理由で食道が動かなくなっているんじゃないのか、食べたもの飲んだものが胃に届いてないんじゃないかと思うと恐ろしい。

もしももしも今後食欲が戻って食べてくれても胃に上手く行けないんだ。
ずっと食欲がなかったのは発作のせいだけじゃなくて、食道が動かないから食欲がなかったのではないか?

昨日、病院でこの間吐いたこと、その疑いがないか?を言うと、「あ~もうこの子はいつそうなっても(巨大食道症)おかしくないよ」と言われた。

巨大食道症が恐ろしいのは食べたものが吸収できないだけじゃなくて、吐くので、その吐くときに間違って気管に入り、誤嚥性肺炎を起こしてしまうことだ。
先生も、これらはほぼセットで起きるから、と言っていた。

11時半。またゲフゲフ言い出したので支えに行くと、おえ~っと吐く。
またもほぼ水。

チックも出始める。
12時前にも吐く。ゲフゲフ言う咳の後、おえ~っと。
舌が出たままになっていて、表面に吐いた物が着いてるので濡らしたタオルでそれらを拭いて、お口をこじあけて舌を入れる。

病院に電話してみる。今朝の経過、吐いたことなど。
だけど果たして病院でしてもらえることがあるのかどうか。

やはりもう今のところこれ以上できることはないと言われる。

やっぱり・・・そうではないかと思ってはいてもいざそう言われると乾いた悲しさがこみ上げる。

あとはノーマの体力がもつかどうか。
それだけなんだ・・・

午後。ほぼ落ち着いて寝ている。呼吸音が大きいのが気になる。
ときどきチックが出てるようで呼吸が荒くなる。
呼吸が荒くなると顔やオテテをさすり、横に寝る。
あまり構わない方がいいと思っていたのだけど、さすりながらいろいろ話しかけてみた。

ノーマちゃんは昔はおてんばさんだったよねえ~
たくさんいろんなところをお散歩したねえ
崖からゴルフボールをわざと落として「あれ、落ちたから拾いに行かなきゃ!」ってまさやワタシを見て誘ってたよねえ?とか
のこちゃんは宝物♪大切なむすめしゃん。
とか言ったら

目をぱちぱちしたり
鼻ぐ~んと伸ばしてワタシの顔に寄せてきたりした。

これはワタシが言うことに反応してるんだよねえ?
と思ったので、ノーマがしんどそうだったら横に行くことにした。

午後5時半。体温39.7度。依然高い。保冷剤を替える。
ひっくり返すと落ち着いて寝始める。
喉のところがコロコロコロと言うのが非常に気になる。

午後7時過ぎ。お薬を飲む。
どうか胃に無事に届きますように。

喉は静か。
ほどんど何も口にしていないのだから。

何度も何度もチックが出て手を突っ張る。
もしかして巨大食道症になっているのだとしたらずいぶん長い間薬を飲んでいないことになる。
それでいつまでもチックが止まらないんだろうか・・・

今日のセラ
by nomanyan | 2011-03-05 11:48 | ノーマの病気 | Comments(6)

3月4日。病院へ

午前7時すぎ。よく寝てるノーマ。
よく寝ていると嬉しい。

昨夜はお薬の時間が遅かったので今朝も遅めで。

今朝は流動食10グラム(50mlのぬるま湯で溶いたもの)とお薬を飲む。
ちゃんと飲めて嬉しい。

体温を測ると39、6度。保冷剤をおまたに入れ、顔のまわりも冷やす。

おちっこも大量に出た。

しばらくチックが出ていてこちらもどきどきしたがやがて落ち着いて寝た様子。

午後10時半すぎ。卵黄を飲ませてみる。
飲まない(T_T)
今日は右目の眼球が少し下に位置してる。斜視になってる。
左目がおかしいことが多かったのに。

お昼。
目をあけていたので目薬を入れる。

この機会に、と思い、ミヤリサンとビタミンBを砕いて水で溶いたものを飲ませてみる。
飲まない(T_T)
まったく口を動かさず。だ~とこぼれて出てくる。
味がいやだったのか?と思いなおして、めげずに
いちごを3粒、フードプロセッサーで潰して、生クリームとはちみつを入れたものを飲ませてみる。

やっぱり飲まない。
しばらく待っても飲まない。

飲ませるときはマズルを下から支えるのだけど、シリンジを口からはずし、マズルを支えてた手を抜いて
顔を枕に置いてみる。
ごくっ!と飲む。

やっぱり(^^;)置いたとたんに飲むことがよくある。

あ~ん!と口をあけて、もぐもぐする。
やっぱり口の動きがよくないんだ。

また入れてみる。
今度はこくこく飲む。

よし!(>_<)

なんとかいちご3粒飲みきる。
これで限界っぽい。

目が落ち着かないし、腕を触るとつっぱっているし、ときどきチックが出ている。
腕をさすり、肩をさすり、する。
体温を測ると39.6度。やっぱり高い。
保冷剤を替える。
すぐに眠り始める。

夕方から今日も病院へ。
ほぼ飲めない食べられないので点滴をしてもらいに。

病院に行こうとして移動させたら盛大にチックが出始める。
病院に着いても出ている。

肺炎になりかけてないだろうか?ゼロゼロ言ってたことがあるし、短く吐く呼吸をする、と相談する。
先生は聴診器でノーマの肺のあたりを聴いて、そんなざらざらした音はしないから、まだ大丈夫だと思う、と言われる。

体温は39.9度。一旦40度まで上がったそうだ(まさのすけが見てた)
かなり高いので、先日継続性の抗生物質は打ったけれど念のため違う種類のを打っておきましょうと言われる。
今日も留置針から脳圧降下剤とペントバルビタールを入れてもらう。筋肉注射でもペントバルビタール。
打ってもらっても今日もチックは止まらない。

点滴をしてもらってる間にセラの診察。

家に帰り着いてもブルブルとした動きが続いてる。眠ってるのに。
午後7時半。ほぼ落ち着いてきた。

9時になっても10時になっても起きてるのか寝ているのかわからない。
体温は40度を越えている。

ふるふるしてるのはチックなのか?悪寒なのか?
腕を触ったり顔を触ったりして確認する。
保冷剤を替えたらすごく震え始めた。
手を触ると冷たい。足も冷たい。

筋肉がもうかなり落ちてるので自力で身体を温められないんではないか?と思う。
肺炎になりかけている、と考えれば、ワタシが以前肺炎をしたときにワタシは布団ではなくてずっとコタツで寝ていたっけ。
コタツに布団を持ち込んで上半身は布団で、下半身をコタツに入れて。
だって自力で暖かくなれなかったんだもん。
きっとノーマもそんな状態なんだろうと思い、電気毛布を入れる。
湯たんぽも入れる。電気毛布が十分に温まったら湯たんぽは取るつもりで。
何度も何度も布団に手を入れてノーマの手の肉球を触り、足の肉球を触る。
もう暖かくなるかな?なってくれたかな?と思いつつ。
そんなにすぐ暖かくなるはずないのに。
いてもたってもいられずすぐに確認してしまう。

今日はお薬は飲めないと思い、もう飲まさなかった。
午後10時過ぎに少しはちみつ水をシリンジで入れてみたけどまったく反応なし。

どうか肺炎になりませんように。
熱が下がりますように。
チックが止まりますように。

今日のセラ
by nomanyan | 2011-03-04 11:21 | ノーマの病気 | Comments(2)

3月3日。ちょっとだけ回復か?

朝は静かに寝ている。
でもときどき呼吸の音が大きくなってチックが出始めたことがわかる。


昨日、おとといよりも明らかにチックが出ている時間が短くなっている。
頻繁に出ても、すぐに収まってくれたらノーマの負担も少なかろうと思う。

あまり近くにしょっちゅういて、心配そうな顔で覗き込むのもいけないのかも、と思うので
離れたところから息を殺して(^^;)見守る。
呼吸の音が小さくなるとチックもましになってるんだなあと思う。

体温は38.8度。やっぱりややお高め。
昨夜も今朝も大量のおちっこが出た。
そういえば、昨日、病院で検温されたときにうんpが出た。結構いいものが。
ほとんど食べてないのにうんpが出るとは。
昔のノーマは「あれだけ食べてこんなにちっこいうんpですか?!」って呆れるくらいとことん吸収してやっと小さいうんpを出してたのに。
吸収する力が少なくなってるのかなあと思う・・・

午後1時過ぎ。またチックが出て呼吸の音が大きくなる。
だけどすぐに穏やかな寝息に変わる。

は~~~~ほっとした。
さっき雪が降ってきてたのでどきどきしてしまったんだ。

午後2時半。目を覚ましてるのでセラの真似をして卵黄を飲ます。
少しはちみつを入れて、ミヤリサンも砕いて混ぜてお水で少しだけのばす。
飲んだ飲んだ(^^)
おいしくて飲んだわけではなくて口に何か入ってきたので飲み込んだだけ、という感じ。

午後3時すぎ。いきなり激しい呼吸。
どうしたのかと見ると・・・寝てる。


夢を見てる?

午後6時すぎ。
シーツを替えるために寝床を移動させたら目を覚ました。
チックも出ずにいるようなのでカロリーエースを飲ませてみる。

飲んだっ!!(大喜)

あわててもう一缶開けて持ってくる。
飲んでくれるときに飲ませないと今度いつ飲んでくれるかわからない。
わくわくして持って行き、飲ませると飲む!

が。途中で目が真剣になる。
チックが出始めた。

(T_T)どうやら食べたことが発作(チック)の引き金になったようだ。

と思っていたら、うんpが出ていた。
げりっこ。抗生物質のせいか。
こんなに食べてないのにどうしてこんなうんpが?

まさのすけが「ノーマちゃん、こっそり食べてるんじゃないの~?」ってノーマの顔を撫でながら言ってた。
ミーアがキャットフードを食べさせてるんだろうか?(笑)

今日はチックが出ても短時間(数分)で収まっていたのに、今回のはなかなか収まらない。
2時間近くかかった?収まるのに。

ときどきケヘケヘ言うのが気になる。
喉の音も気になる。
肺炎になりかけているんじゃないかと心配になる。

午前1時すぎ。
静かに寝ている。
ひっくり返すとチックが出るんじゃないかと思うとためらわれる。
だけどあまり長時間同じ方向に寝かせてるのは床擦れがこれまた怖いし。
思い切ってひっくり返す。
どうやら大丈夫だったみたい。

穏やかに静かに、寝て下さい。

今日のセラ
by nomanyan | 2011-03-03 11:35 | ノーマの病気 | Comments(2)

3月2日。月誕生日だけど

今日はノーマの月誕生日。今日で15歳と8ヶ月。

だけど高熱とチックで始まった月誕生日。
午前6時半。体温やっぱり40.1度。

e0142430_1125625.jpg


もう悪寒はしてないようなので保冷剤を入れる。

気づくと呼吸の音が大きい。吸う音がすごくする。
熱が高いためだと思っていたのだけど、よくみるとフルフル動いている。
これは悪寒ではなくて、チックだ。部分発作だ。
顔を触るとビビビと電気が走ってるように神経が動く。
前足と後ろ足も連動して動く。

午前9時半。体温は39.1度。
下がったけどチックが止まらないので常に薄目を開けているし、ほぼはちみつ水も流動食も飲まない。
なぜだかお薬の入った水だけはいつもきっちり飲んでくれる。

最近は2時間くらいで落ち着いてくれたのに今日は止まらない。
午前11時。体温、38.8度。
少しずつ下がっているようで少しほっとした。
あとはチックが止まってくれたら。

午後1時過ぎ。はちみつ水も飲まず。
体温39。2度。上がってる。
しかもまだフルフル震えている。呼吸はたいぶ落ち着いてきて寝てるのに。

?いや?
もしかしたらチックだと思っていたけど後半は悪寒?チックじゃなくて?
体温が上がっているし。
頬のあたり、耳の付け根、腕の付け根、よくチックが出る部分を触ってみると動いていない。
やはり悪寒か?
試しに保冷剤を取る。
・・・しばらくしたらフルフルが止まる。

止まったということは、これはやっぱり悪寒だったのか?
もうチック(部分発作)が止まらないんだと思って大泣きに泣いたけど。

どちらがましかと言われれば難治度からいえばチックの方が怖いので悪寒の方がましだろうか。
いや。どちらにしろごはんを食べてくれないのだから命の危機にあることは違いない。
とりあえずは熱が上がりきるまで保冷剤はなしで様子を見守るしかない。

午後3時半。ひっくり返すとブルブルし始めた。
保冷剤は入れてない。
頬を触るとビビビと動いてる、腕の付け根も動いてる。
今回はチックだ。

今日も病院へ。
熱が出たことを話すと、どうしてもこれだけチックが出てると熱も上がりがちですと言われる。
ガンがある、というだけでも実は熱は上がりがちなんだそうだ。知らなかった。

今日も脳圧降下剤を留置針から入れて、フェノバルビタールも今回は静脈から。
すぐに眠り始める。
今日は昨日よりかなり効きがいいようでほっとする。
そして水が飲めないので点滴と。

眠ったまま連れて帰る。

家のお布団に移したときは目覚めてまたチックが酷く出ていたけれど、寝かせてしばらくしたら落ち着いて眠り続ける。

午後10時すぎ。とろんと目を開けてるので、「お薬飲めるかな~?」と声をかけてシリンジで飲ませる。
本当に不思議だ。お薬だけはきっちり飲んでくれる。
その後のはちみつ水はちょっとだけ飲んだ。カロリーエースはほぼ飲まず。
もう目がとろんとなってるので目薬だけ入れてそのまま寝かす。
体温は38.8度。平熱といえる範囲だろうけどややお高め。
この微熱のせいもあって食べないのかなあ・・・月誕生日だったのにね。

今日のセラ。インターフェロン5回目
by nomanyan | 2011-03-02 10:08 | ノーマの病気 | Comments(2)

3月1日。止まらない。そして高熱

ノーマは本格的に鎮静剤から覚めたようで、チックも鎮静剤で眠る前に戻った感じ。

午前8時。セラに卵黄を1個飲ませました。
卵は良質のたんぱく質だし、流動食よりどろりとして喉にからみ、吐き出しし難いんじゃないか?と思って。

はい。当然嫌がりました。首を振って抵抗し、
だけど何とか1個分を飲ますことに成功しました(吐き散らした分もあるけど)
卵黄は初めてだったのでビギナーズラックかもしれません。

お口周りと全身を蒸しタオルで拭きながら偉かったな~セラ、スゴイな~ってセラに言いながら、マッサージする。

寝床に戻すとぶすっとしてる。
だけど痛い痛いって反応はないので、卵黄はお口に沁みなかったのか。
しばらくしたら伸びて寝てる。

久しぶりに胃に何か入ったのでちょっとは快適になったか?
できればそうであってほしい。
お口は痛くてもおなかはすいてるはずなんだもの。

ノーマも午前7時。お薬とはちみつ水。そして流動食を10g(50mlで溶いたもの)なんとか飲ませる。
こぼれるし、時間もかかる。
だけどごくっ!と飲むまで辛抱強く待つ。
「これは飲みたくないってことだ」と諦めないことにする。
こくっと飲んだら「よし!次!」と入れる。
そうしないと一日で必要カロリーの流動食を飲めるはずがない。
水分が大部分なのでたくさん飲まなきゃいけないんだから。

ノーマが目が覚めていて、チックが出てないときを見計らっては流動食をちびびち飲ます。
あんまりそんなときはないのだけど。


午後2時すぎ。チックが酷くなる。
午後3時すぎ。往診の先生が来られる。

脳圧降下剤を入れ、ペントバルビタールを入れる。
だけど眠らない。チックも止まらない。

筋肉注射でもペントバルビタールを入れる。
水分補給のための点滴をされる。
その間もずっとすごいチックが出続けている。
どうして眠らない?と思ってよく見ると、ノーマはどうやら眠っているようなのにチックだけが止まらない。
呼吸も激しい。

なぜ止まらない?鎮静剤が効かない?
昨日は効いたのに。チックも治まりノーマもすぐに眠ったのに。

追加で入れてもらう。

止まらない。
ぶるぶる震えるような動きと前足と後ろ足が動く。
でもノーマは眠っている。まぶたは半分開いてるけれど目玉がどこかへ行ってるし。

ノーマ本体は眠って、脳は沈静化してるはずなのに肝心のチックが止まらないって・・・・
背筋がひんやりする。

ここでもう一度追加でペントバルビタールを打つか、先生も悩んでおられる。
だけどノーマ自体は眠っているし。
こんな状態(痩せてしまい、ほぼ食べない日々が続いて、熱もちょっとある)で更なる追加はやはり怖い。

止まらないチックはなかった。今までは。何時間かすれば止まってくれてた。
大丈夫。きっとノーマはがんばってくれる。だから今はこれ以上の強い薬を使うのはやめよう。
この薬にも耐性があって、あまり使ってると効かなくなるんだ。

すぐには無理でもきっときっと止まってくれる。

この判断がよかったのか。
どうなんだろうか・・・・一旦心を決めてもやっぱり正直悩む。心が揺れる。

どうかチックが落ち着きますように。ノーマの身体にこれ以上負担になりませんように。
静かに眠れますように。
夕方はいつもチックが酷くなる時間帯だもの。
そう。だからこんななんだ、と自分に言い聞かせる。

セラが寝床から出てきた。
トイレに行くようだ。
そっと背後から覗いて、位置を確認して、セラが出た後におちっこの量を確かめる。
大丈夫。たくさん出てる。色?う~ん。砂の色があるからはっきりとは分からないけど、多分大丈夫?

セラが起きてる機会にまた卵黄を飲まそうと思い、蒸しタオルを2枚準備する。
今朝と同様にノーマちゃんのシリンジに卵黄を吸い上げて、椅子にバスタオルを敷いて(セラが吐き散らしたときのため)
その上に抱っこして一緒に座る。というか囲い込んで自由を奪う(^^;)
左側に腫瘍があるので右側の口角からシリンジの先を入れてちう~っと出す。
首を激しく左右に振って抵抗する。
めげないっ!!!そんなにイヤなのっ?かわいそうって思わないっ!!!
なおも口に入れる。
すごい速度でペロペロする。
口に入ってくるからしょうがなくて舐めてるけどあまり吐き出そうとはしない?
よし!(涙)その調子っ!
気づくと1個分飲みきってた。

ノルマ終了!!!

脱力・・・
がんばりました。ワタシもセラも。

セラが椅子に爪を立ててあぎ~っと言いながら逃げようとしてる。
はいはい。もうオワリオワリ。よくがんばりました~!と言いながらバスタオルで胸やオテテについた卵黄を拭いて、耳の後ろ、首、などをなでる。
用意してた蒸しタオルで背中全体を覆い、温めてからお口周りをそっと拭き、耳や顔も拭く。
オテテやアンヨも拭く。

よし!(T_T)
卵黄作戦はどうやらセラにとってそうイヤでなさそう。沁みて痛そうというわけでもない。

今日、往診に来られた先生に「セラに卵黄を飲ませました」と言うと、
一瞬、うん?と考え、「あ!それはいいですね!うん!いいです!」と言ってもらえたし。
今後も飲ませられますように!
これに調子付いてセラがいろんなものを飲めるようになりますように!

一方、ノーマちゃん。
ワタシがセラと格闘してる間もチックが止まらない。
本犬が寝てしまってるので苦痛ではないと思う。
見た目が怖い(ぶるぶる震えてるから)けど、気にしてはいけないんだ。
むやみに悪い方に考えて自分を追い込むのはやめよう。
嘆いてる余裕はないのだ。

午後7時。どうやらチックは治まって来た様子。
お薬と流動食をほんの少し飲む。

午後9時。
体温を測る。40.1度!!!

やっとチックが治まったと思ったら熱が上がっている。
あわてて保冷剤をおまたとオテテの間に挟み、アイスノンを頭の下に入れる。
だが、ふるふる震え始める。
悪寒だ・・・まだ体温を上げる気なんだ。だから冷やしてはいけない。
保冷剤を取る。

お布団をさらに重ねる。
なかなか震えが止まらない。

やっと止まったので保冷剤を入れる。
すぐに震え始める。

しばらくは熱が上がるままにしておかないといけないようだ。
いつになったらMAXになって、そして冷やしてあげればいんだろう。

午後11時。セラにまた卵黄を飲ます。
卵黄のカロリーが70キロカロリー?
セラの体重は4キロくらいだから、320キロカロリーくらいが一日の必要カロリー?
卵黄だけで必要カロリーを摂取しようとすると5個くらいは飲まなきゃいけない。

またいやがられるのかな~とややブルーな気分でセラを抱っこして前回同様、ソファのところに囲い込んで飲ます。

最初はいやがったけど、口に入ったのが卵だとわかったら高速でペロペロしている!!!
飲む?飲みたい???
よかった!(涙目)
ワタシが喉の奥に流し込まなくてもセラが自分で口の中に入ってきた卵黄を飲んでくれてる!
軽く1個飲みきる。
たくさんたくさんセラを褒める。
がんばりやさんだ。よかった。これで空腹からは解放される。
できるだけセラにとっての苦痛は避けたい。

午前1時。ノーマちゃんがげふげふ言い始める。
どうした?と声をかけてノーマの首の後ろをさすっていると、げぼっ!と吐いた。
さっきのませた流動食だ。
気管に入らなくてよかった。
鼻先をやや下に向けてまた吐いたときのために待っていたがその後は吐かなかった。
ずっと喉の辺りに異音がしてたのでなにか詰まってる?ひっかかってる?と思っていたんだ。

午前3時。保冷剤を入れるのは諦めてこのまま寝かすことにする。
何度保冷剤を入れても悪寒がするようだ。
熱が上がりきってしばらく経たないと冷やせないんだ・・・
by nomanyan | 2011-03-01 12:31 | ノーマの病気 | Comments(0)

2月28日。やっぱり病院へ

雨。
でもセラは外に出たい。
もう自由になる方のお庭には出してあげられない(どこか行ってしまいそうで怖いから)
ので、フェンス内の庭に出す。
シーツや毛布でぐるぐる巻きにして、それでも寒いかも?と思って電気座布団も敷いてあげる。
e0142430_1214842.jpg

とても気に入った様子。

ノーマちゃんは朝起きたときは落ち着いて寝ていた。
e0142430_12144098.jpg

午前6時半、お薬を口に入れる。
が一切反応なし。
今まではお口に薬が入ったらこくっと飲んでくれてたのに。
まったく反応しない。

午前9時。体温38.4度。
騙されてはいけない。午前中は比較的低いんだもの。

8時くらいからずっと震えが出ている。
目も軽く揺れている。
お水も一切飲まない。
意識もこれは「ある」、といっていいのか?
飛んでしまってるというか。どこも見てない感じ。

午前10時半。やっぱり体温は38.4度。保冷剤を外す。
11時前からようやく寝始める。
午前の診療時間の終了時ぎりぎりに連れて行こうかと思ってた。
(駐車場が停め易いかも?だから)
だけどよく寝てるし、夜の診察の時間の初めに行こうか、ということになった。

が、11時半くらいにまた口を大きく開けて痙攣する。今回も失禁はなし。
目がやはり左右に揺れている。
全身性の痙攣ではないけど「これは部分発作だから平気」とは言えないんじゃないか?

やっぱり病院に行こう。そして鎮静剤を打ってもらおう。
それでノーマが目が覚めなくてもこの苦しそうな状況から脱するためにはそれしかない、と思う。

病院に12時を少し過ぎるけど診てもらえるか電話して、それから大慌てで病院に行く。
セラも点滴とインターフェロン4回目のために連れて行く。
e0142430_12152355.jpg

今日もお外を見る見るセラたん。




今日はまずノーマから。
土曜日に点滴してもらったのにおしっこが出ないんです、というと先生もあれだけ入れたのに出ないのは・・・と膀胱のふくらみを確認してみる。

その刺激でおちっこが出た。
少量だし、色が非常に濃い。
先生が言われるには水分の摂取が不足してるので、体外に出さないように腎臓が働いて、濃縮されたためにこんなに濃くなったんでしょうと。
そうか。ノーマの腎臓はがんばって働いてくれてたんだ。とほっとする。

まずは点滴をしてもらう。

そして
どうにか平熱になってるようだし、抗生物質は効いてるようですしね。
といつもの筋肉注射(フェノバルビタール)を打ってくれる。

そしてまたしばらく脳圧降下剤を入れないといけなくなるかもだから留置針を入れてもいいですか?と言われるので、お願いする。
そう。1回こっきりで終了できたことはここ最近はない。
またワンクール(3回)入れなきゃならないんだろうと思う。

目が左右に振れていて、意識もあるのかよくわからないノーマに顔を近づけて、
「ノーマちゃん。ちょっとお薬で眠ってもらうけど、しばらくしたら起きるんだよ。ね」と声をかける。

鎮静剤(ペントバルビタール)を入れられるとすぐに目がとろんとなる。

車に運び込む。
ピクリともせず眠るノーマ。

いつまで効くんだろうか。
ちゃんと目覚めるんだろうか。
そして目覚めたときにチックは止まってるんだろうか。


そしてセラの診察。

もう木曜日の朝から自主的には何も食べず、鼻先にフードを持って行っても顔を背ける。
数回、流動食を強制給餌したけど、ほぼ食べられてない。
で。すっかり痩せてしまって、一回り小さくなったセラ。

点滴をしてもらい、インターフェロンを打ってもらう。

ただ、ほっぺがぱんぱんになってたのにすっきりとなってる。
あれだけすごいスピードで顔が腫れてきてたのに。
ここの腫瘍が小さくなったよね?とまさのすけにしつこく毎日言うワタシ。

今日の先生はセラを診るのは初めてだったので、いつも診てくださってる先生にセラの顔を見てもらう。
ほっぺがもっと膨らんでたと思うんですよーと言うと、先生も「そうですね。確かにもっとぱんぱんだったような」とセラをまじまじと見て、そして触って、言われる。

だけど、ごはんが食べられてないから痩せて小さくなってるのかもしれないんですケド・・とワタシがつぶやくと「あぁ~その可能性もなくはないですよねえ」と落胆した声で言われる。
「でも大きくはなってないですね」と言われる。
そう!そうなんですよ!あれだけ大きくなってたのに!

この先生はとっても優しい。
セラの痛々しい目を見て、「セラ~セラちゃん。いやなことついでにちょっとごめんなー」って言いながら目薬をさして下さった。

お口の中の腫瘍を見て、「あぁ・・変わりないですねえ。一部潰瘍ができてるし、壊死もしてるようです」と言われる。

こうなってると痛いでしょうねえ、と言われるので、
はい。だから食欲自体もないようです。ごはんが一切食べられません。
強制給餌も試みましたけどかなり嫌がられて。と言うと、

多分お口を開けることでも痛いんだと思います。強制給餌はストレスでしょうけど、でもごはんを食べないこともストレスですのでね~なんとか食べてもらえるようにして欲しいところです。と言われる。

はい・・・(T_T)そうなんですよね。
また問題はソコへ返ってくるんですよね・・・


家に帰って、セラはまた庭の電気座布団とシーツに包まって眠る。
ノーマはこんこんと眠り続け
e0142430_12162767.jpg


午後7時半くらいにふっと目を開けてる。

起きた。よかった。
気分はどお?お水飲める?と声をかけて砕いておいたお薬をはちみつ水に溶いてシリンジで口に入れてみた。
今日は一切反応がなかったのでまた反応がないんじゃないかと内心どきどきで入れる。

こくっと飲んだ。

んまあああ(涙)
なんってがんばりやさんなの。
よしよし。えらいよ(涙)
がんばりやさん。もうちょっと飲もうか。とはちみつ水を入れる。
3回ほど飲んで反応しなくなってどろんと眠る。

よし(T_T)
これだけ飲んでくれればオンの字じゃないか。
あぁ、セラもこれくらいでも飲んでくれればどれだけ嬉しいか。

その後もチックは出ずに9時半。10時半と目覚める。


ネットで「ごはんを食べないと低体温になる」という記述を見た。
げっ?!だから寒いんだ?と湯たんぽを作る。セラにも作る。
セラも庭は好きだけどやっぱり寒かったんだ。あれだけ電気座布団にリラックスして寝てたもん。
と思う。もっと早くに気づいてあげられればよかったのに。

夜中。ノーマちゃんのハアハアいう声で目覚める。
具合が悪い?

いや・・もしかしたら湯たんぽが暑いのかも?と思って湯たんぽを外す。
しばらくしたら静かな寝息になった。

やっぱり暑かったのか・・・
なんて難しいんだ。

セラはすごく身体を伸ばして寝てた。
湯たんぽが合っていたようだ。よかった。
by nomanyan | 2011-02-28 09:32 | ノーマの病気 | Comments(4)

2月27日。悩む

昨夜舌を噛まないようにと口に入れたタオルを離さない。
口を開け閉めする意思がない?機能が壊れてる?
がっちりくわえている。
e0142430_1195923.jpg


午前中は比較的落ち着いていたけどお昼前からまたじたじたする。

体温も下がったとはいえない39度台前半だし。

病院に電話をしてみる。
やはり熱が少しある状態での脳圧降下剤とか鎮静剤は投与しないほうがいいと言われる。


午後にも口を大きくあけて痙攣する。
だけど失禁はなし。
そういえば昨日点滴してもらったのにまだおちっこが出ない。
いいんだろうか。

夕方からすごくハアハア言う。
比較的夕方から具合が悪くなることが多い。

今日は日曜日。
通常診療は午後はなし。
夜間診療してるのか聞いてみると普段どおり午後10時から午前4時までやっているとのこと。

どうしても心配なようなら往診しますけど。と言われた。

だけどその後6時過ぎから落ち着いて寝始める。
ほっとした。このまま落ち着いてくれれば・・と思ったが
午後9時からまたチックが酷くなる。
夜間診療に連れていくかどうか悩む。

無理に鎮静剤を打ってもらうのがいいのか。
それとももうノーマの脳にまかせるのがいいのか。
まかせていて収まるのならいいけど、どんどん酷くならないか?
チックが出てる状態はすごくすごく辛そうなんだけど、辛いんだったら止めてあげるのがいいんじゃないの?
それとも辛くないの?

鎮静剤に頼らなくてもいつかは収まるのならもちろんワタシだって無理に薬なんて使いたくない。
そして鎮静剤を使ってもこの部分発作が止まるかどうかはわからないんだ。


もうもうどうしたらいいのかさっぱりわからない。
by nomanyan | 2011-02-28 09:30 | ノーマの病気 | Comments(8)

2月25日。恐れていたことが

昨夜、午後11時。
寝る前に、ノーマちゃんの体温を確認しておこう。下がってるかな?と思って測ってみた。

が、39.6度。

上がってる!!!!!

どきどきしながら保冷剤を替える。

12時。
39.5度。
はちみつ水を少し飲む。

ほんのちょっと下がった。
足がすごく冷えていたのでおまたの保冷剤ははずしてオテテの間と首のところだけにする。
こんなに冷やして寒くないのかもとても気になる。
毛布をもう一枚かける。

お布団がかけてあると震えててもわからないから何度も身体を触って確認する。
息を吸うときに震えるけどこれは通常の呼吸による振動?
吐くときは震えてない。

午前4時半。39.8度。

また上がってる!!!

首のところとオテテの間の保冷剤を替えて、おまたにも保冷剤をはさむ。
やっぱりおまたに挟むのは体温を下げるのに有効なんだ。反省
はちみつ水をほんの少し飲む。

鼻水が出てきてるような気がする。
口呼吸をしてるので唇が振動してぶごぶご言う。

午前6時半。
体温39.2度。
少しさがった~!!!(嬉)

はちみつ水と免疫サポート10gとお薬を飲む。
今回は熱が上がっていても意識がもうろうとしてないのと、お水も飲んでくれるので助かる。
熱が高いからか?免疫サポートよりもはちみつ水の方がよく飲む。
「よく飲む」といっても50mlくらいしか飲んでないけど。

お鼻が出てきた。やっぱり。
蒸しタオルでお鼻を拭き、マズルに乗せてしばらく温める。
鼻の通りがよくなりますように。

午前9時40分。
39.1度!

よし!もっと下がってっ!(>_<;)

ちびちびと数回に分けて免疫サポートとはちみつ水を飲む。
これだったら点滴してもらわなくて大丈夫かも。
あ~飲んでくれてありがたい。

e0142430_1082972.jpg


午後12時半。38.8度!
よし!もう一息!
検温の前に免疫サポートを飲ませた。
調子よく飲んでたのに「さあ。これで最後」と最後の量をシリンジで吸い上げてノーマを見たら寝てた。

いきなり寝る。

とろとろプリンも飲ます。
e0142430_9123645.jpg


あまり飲んでくれなかった。

セラ。恐れていたこと
by nomanyan | 2011-02-25 06:57 | ノーマの病気 | Comments(0)


15歳8ヶ月でお空に旅立ったゴールデンレトリバーのノーマとノーマを大好きだったにゃんこたち


by nomanyan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フォロー中のブログ

Retrievers O...
タバサは語る
ワチャたけ奮闘記
 GR-JUNの思い出と日常
CANDY’S BLOG
笑いのある生活

ノーマの親戚ちゃんとお友達

カテゴリ

全体
日常
おでかけ
お友達
にゃんこ隊
腎不全
お世話係のつぶやき
口内炎
炎症性腸疾患
肥大型心筋症
猫伝染性腹膜炎
猫白血病ウィルス症
ノーマの病気
歯根膿瘍
乳腺腫瘍
てんかん発作
リンパ腫
気管支炎
未分類

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 09月
more...

最新のコメント

おおっ!Σ(゚Д゚)!H..
by nomanyan at 15:06
お久しぶりです~!笑える..
by Hisami at 15:17
ベン君のママ様 ご..
by nomanyan at 00:00
ごめん字が違った。麻央ち..
by ベンのママ at 14:17
元気がなによりよ~ベンが..
by ベンのママ at 14:14
ベン君のママ様 お..
by nomanyan at 12:37
大変な日々ですね。心配な..
by ベンのママ at 11:57
さばっちちゃんの母さま ..
by nomanyan at 01:25
アリョーシャくんでしたか..
by saba-sava-cat at 01:35
ベン君のママさま ..
by nomanyan at 00:22

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫

画像一覧