カテゴリ:にゃんこ隊( 316 )

子猫狂騒曲

今年は子猫、多いね。
とはいつも行ってる病院の院長先生のセリフ。

(。-`ω-)・・・ですな。多ございますな・・・

ブログがなかなかUPできなかったのはソレが原因でござーますよ。
あ~疲れた・・・
てか、まだ道半ば。


第1章「出会いと別れ」
うちの庭に来てる白黒猫さんが子猫を連れて来た。
おかんは無事に避妊手術をすませ、その後お子様を保護に乗り出した。
お子様はふたーりいたのだけど、6月16日、ひとりは交通事故で亡くなった。
道路に倒れてる子猫がいる。ノーマちゃんちの子じゃないか?と
親切な近所の方が心配して知らせに来て下さった。
慌てて見に行くと、あの子の子供だ・・・・とすぐにわかった。
それで引き取ってうちの庭に埋葬した。

子猫を発見して下さったご近所の方はその亡骸を箱に入れてお線香まで上げてて下さった。
なんって優しい方なのかしら(T_T)


第2章「サーシャにハートブレイク」
ぷ~ちん家のお隣のおうちの駐車場で子猫がないてて、
6月26日。近所のランちゃん(ゴル女子)ちに保護された。

その子は我が家でいただくことにした。
サーシャと名付ける。(アメリカのスケーター、サーシャ・コーエンから)
e0142430_2034075.jpg

e0142430_20372869.jpg


うちに来たのは7月15日。
初日はケージで寝てもらったが、翌日16日朝、庭の黒猫さんも保護したので、
ケージはその子に譲って、サーシャは寝室でフリーにした。
すぐにワチャワチャ遊び始めて、全くものおじせず、すぐになじむ。

それに反して黒猫ちゃんは超緊張。
ずっとワタシを凝視して、かっちかちだよかっちかち。
e0142430_2035385.jpg

ほ~ら。すんごい目でワタシを見てるデショ。

でも、人馴れしてるサーシャのおかげで、だんだんリラックスしてきて
ケージの戸を開けてあげたら
部屋の中を二人で追っかけっこして良い感じ。
このままいくと案外早く人馴れしてくれるかも?と期待する。

e0142430_20413273.jpg

写真撮ったらめちゃ怒られた。

が。
お母さん猫は子供を探してないてた。
保護したお子様は当初は人間への怖さのあまりそれが耳に入らなかったようだけど
リラックスしたとたん、その声が耳に入ったようだ。
ものっそなきまくるので、このままでは人馴れできないのでは?と懸念する。
お母さん猫と子猫でなき合う、といういたたまれない状態に不眠気味のワタシ。
そのうち近所から苦情がくるんじゃないか?と不安になるほど。

7月22日。ワクチンを打ってもらった後、黒子猫はそのままランちゃんちで預かってもらうことにした。これでなんとか人馴れしてくれないものか。

そして方や、子猫欲しい、という里親候補さんがみつかったので、
人馴れしてるサーシャがもらわれていくことになった。

15年ぶり?くらいの子猫だったので
自分でも意外なほどに心を掴まれていたようで、
お世話係はサーシャがいなくなって軽くペットロス状態。
だって眠たくなるとゴロゴロ言って、お乳探してぐにぐにして来るんだよ。
小さくてあったかかったんだよ。かわいかったんだよ。
ワタシが帰ると2階からミオ~~!ミオ~~~!と大声で鳴いて呼んだりしたんだよ
かわいかったんだよ。
7月23日。さよならサーシャ。幸せにね。

第3章「失踪」
ランちゃんちに預けていた黒子猫は脱走しようと大暴れしてたらしい。
猫慣れしてないお宅にはこんな子は大変だろうと心配したぷ~ちん家が
預かってくれることになった。
だが、その翌日23日夜?には網戸を破ってぷ~ちん家から大脱走!!!

全く人馴れしてない子猫が脱走して再び捕まるか?
かなり絶望的。

落ち込むお世話係。
どんだけ鳴こうが、うちであのまま保護しておけばよかったとか、
保護したつもりでいたけど、
この現状はワタシはあの子を土地勘のない所に捨てたも同然?
とか。
ぐるぐる考えてまたも眠れない日々を過ごす。

7月27日。仕事帰りにぷ~ちん家の裏あたりをあてもなくさまようワタクシ。
こんなところにいるんじゃないか?
と、抜き足さし足であちこち見て回る。
他人様の庭先をじろじろ見る。とても怪しいワタシ。警察に通報されるんじゃないのか?
猫にとってはとても過ごしやすそうな場所であることに少し安堵する。

偶然にもランちゃんママがワタシをみつけてくれて、送ってくれた。
ありがとう。


第4章「新たな出会い」
ワタシがぷ~ちん家の裏をウロウロした翌日の夜、
黒子猫は大声を上げてぷ~ちん家に帰って来た!!!!

捕獲器を家の裏に置いて、
子猫の声がしないか?物音がしないか?と毎晩気にしていたぷ~ちん母さま。
この夜、無事に保護できた!と連絡が入る。

ああぁぁぁ~~~(ノД`)・゜・。よかったああああ~~~

e0142430_2112013.jpg

痩せてるうううううぅぅぅ~~(ノД`)・゜・。
そら5日ほど飲まず食わずだもの。

再保護された黒子猫。
クロエと名付ける。

すぐに迎えに行きたかったけど、子猫は興奮してて、さらに凶暴になってる
とぷ~ちん母さまに言われて、後日引き取ることにしたよ。

クロエちゃ~~ん~~~~~(ノД`)・゜・。


第4章「新たな出会い」
ぷ~ちん家にはサーシャの他に2匹の子猫が保護されていたのだ。
子猫だらけだったのだ。

サーシャがもらわれていき、クロエちゃんはぷ~ちん家に保護してもらってるので
子猫がいなくて寂しい。
おかしい。いつの間に子猫が欲しくなってるのだ?ワタシは(?_?)

のでそのうちの1匹をうちで預かることにした。

e0142430_21131754.jpg

落ちるよぅ?(^m^)

全く人馴れしてない子猫。
人間は怖くないよ?
大丈夫だよ?
と分かってもらうためにただ今奮闘中。

果たして心を開いてくれる日は来るのでしょうかっ?!
by nomanyan | 2016-08-05 18:16 | にゃんこ隊 | Comments(0)

爆睡

昨日の脱走犯は疲れたらしく爆睡中。
テレビのリモコンを枕にしてきゃわわじゃないの(^m^)

e0142430_8551075.jpg

静かでヨロシイ。


と思っていたらすぐさま起きて
いつもどーりのシロちゃさんでした。

e0142430_91290.jpg

by nomanyan | 2016-07-06 14:26 | にゃんこ隊 | Comments(0)

貞子お世話係

毎朝、明け方になると、パッチ君とあちゅ君が
パッチ「あお?あお?あお?」
あちゅ「ひえ~~~んひえ~~~~ん」

と家の中をおろおろとしながら泣き叫ぶのでございます。


なにゆえか?

それはねそれは。
また朝になった。だからワタシに薬をのまされる!
と思っているからさ。

来る~来る~~きっと来る~~~
お世話係が来る~~~
とないているのさ。

ワタシは貞子かっ?(。-`ω-)

e0142430_9182886.jpg

by nomanyan | 2016-06-25 12:25 | にゃんこ隊 | Comments(0)

テンちゃん。ワクチン接種

テンちゃん、ワクチン接種しました。

ニーナちゃんがワクチン打った翌日、具合が悪くなったので
テンちゃんも少し心配してたのだけど
う~む。正直言って,接種後具合が悪かったかどうかよくわかんない。

だって仕事に行かねばならなかったのだもの。ワタシ。
テンちゃんの様子を見てあげられませんでした。
朝、階下に降りて来ず、2階にいたの。
で。ちょっと心配になり様子を見に行った。
大丈夫?テンちゃん?
と声をかけてみた。

猫かごにつまるテンちゃん。
e0142430_1128324.jpg

ニーナちゃんほどではなかったけど、やっぱりちょっと具合が悪かったんじゃないだろか。
なんかいつもと違う感が。

椅子のひじ掛けのところがボロボロでございますなあ。
にゃんこ隊の爪研ぎ場所となってるからなの( ;∀;)
爪研ぎ買ってあるんだから爪研ぎで研いだらいいと思うの(T_T)



ニーナちゃんがワクチン打ってもらった翌日に具合が悪くなっちゃってたのだ
と先生に言ってみた。

年齢のせいなのか、腎臓の具合が良くなくなってるせいなのか
たまたま具合が良くなかったときに打っちゃったのか
と言うと
「ハイ。どの可能性もあると思います」
と言われちゃったよ。

つまり原因はわかんない、と。
そゆことね(._.)


テンちゃんは年齢の割に毛もつやつやで、
動きもすばやく(老猫のわりに)
そしてごはんももりもり食べる。
常に庭に出て、フェンス越しに外をウロウロしてる白黒猫さんにわ~わ~言う。
とても元気に見える。

・・・だけどな~~
オン年、15歳だからな~~~
油断がならないけどねえ
このまま20歳にも25歳にもなってほしいのだ。

ガンについて
by nomanyan | 2016-06-12 10:11 | にゃんこ隊 | Comments(0)

だいじょぶ!

だいじょぶ。

あれから毎朝ニーナちゃんとパッチ君とあちゅ坊にお薬をのませてますが
なんてことござーません。
案ずるより産むがやすし。

よくよく考えてみれば
「嫌われちゃうよう(/ω\)」と悲観するほど
元からワタシ、愛されちゃいませんって( ̄ー ̄)

ほっほっほっほっほヾ(  ̄▽)ゞ
そ~ゆ~ことよ!
そ~ゆ~こと!

以前とな~~んにも変わりはないの。
そお!
「嫌われる」って心配するってこたー、
「以前は好かれてた」って思ってるってことよね?

やだん。
よく考えてみりゃそんなに好かれてもいなかったわけよ
だからさほど変化はないの!(*゜▽゜*)

数日前のワタシに言ってやりたいわ。

「だいじょぶ!気にすんな。もとからさほど愛されちゃいない!」( ̄▽ ̄)b

というわけで、投薬にいそしむ日々よ。
朝1回だけで済むからありがたい。

ただ、忍者のように気配を消して潜んでるあちゅ坊とパッチ君を
探さねばならないために、
朝、30分早く起きなければならなくなっただけ~~~ヽ( ´ー`)ノ

e0142430_12314475.jpg

by nomanyan | 2016-06-06 12:13 | にゃんこ隊 | Comments(4)

嫌われる日々

猫飼いの皆様こんにちは。
今日も皆様の猫さまさまは
お健やかでいらっしゃいますでしょうか。

我が家は高齢社会でござますので
大多数がお健やかではございません。

今のところ問題なさそうに見えるのは、くぅちゃ、シロちゃ、テンちゃんさん
だけです。

問題なさそうに見えてはいますが、
くぅちゃはエイズ持ちさんでいらっしゃるし、
お口が痛いのか?なそぶりを見かけたこともあり、
爆弾を抱えていらっしゃる。

テンちゃんさんは2001年生まれなのでこの夏で15歳。
結構なじーさんであらせられるので
何が起きてもおかしくなくていらっしゃるし。

シロちゃさんは跳ねっ返りでいらっしゃるし。
e0142430_23382213.jpg


元気そうに見える、
からといって安心はできない
のでございます。



健康に問題あり派、その1.あちゅ君。

今朝は部屋の片隅に追い込んでちう~~っとメロキシカムを
シリンジでのませました。
最近、美味しいごはん(パウチタイプのフード)を要求しに来なくなりました。
2階に引きこもっています。
なのでごはんと混ぜてお薬をあげちゃう、
という小技ができなくなりました。
なので、今朝から投薬に踏み切りました。
これから毎朝、コレをしようかな、と。

ま(-_-)

またも嫌われる日々がやってきたってこってす。
ワタシを見て、「ハ~~~~~ッ!!!」と言うあちゅ君を見るだけです。
ええ。それだけのこってす。


(T_T)




その2.パッチ君。
おとといの朝に1/2錠のプレドニゾロンをあげたままです。
なので、効き目が切れて、もう痛みが襲ってきてると思います。

あちゅ君より投薬が難しい気難しい男。パッチ君。
ひっかいたり暴れたりはしないのですが、危険を察知する能力が無駄に高くて
ワタシがパッチ君のいる部屋に行こうとすると、
梁など捕まえられない場所にすばやく逃避してしまうパッチ君。

どうやって捕まえるか?
が今後の課題です。

その3.しまたん。
強制給餌を一時続けていて、その後、ステロイドのおかげもあり
何とか細々と食べてたしまたさんですが
最近またも酷く痩せて来ました。
時々吐きます。
また消化器系がよろしくない感じです。
強制給餌を再開せねばならない雰囲気が濃厚です。

その4.ニーナちゃん。
腎臓があきまへん!(>_<)な道をまっしぐらなニーナちゃん。
先日お取り寄せしていただいてた「セミントラ」がようやく届きました。
セミントラ投与が始まります。

あぁ・・・(T_T)ニーナちゃんにも嫌われる日々になるのね?

何のために猫と暮らしているのか。
彼らの健康のために嫌われるって
なんて理不尽なの。もう。
by nomanyan | 2016-06-01 12:10 | にゃんこ隊 | Comments(0)

シロちゃの脱走

先日、シロちゃさんが脱走しまして。
挙句の果てにうちの近所をウロウロされてる白黒にゃんこ(男子)
とケンカになった。
うちのフェンスの上でケンカしてたのだけど、
ワタシが仲裁に向かったときにはシロちゃさんはフェンスにつかまって
宙ぶらりんになっていたのだ。

ワタシが駆け付けたので白黒猫さんは逃げてしまった。
シロちゃに「シロちゃ!こっちにおいで」とそろっと声をかけた。
だけどシロちゃさんは下に(お隣のおうちの庭。うちとの差、高さ3メートルくらい?)
落ちてしまったのだ。
後ろ足から落ちたし、落ちたその後も元気に歩いていたので
大丈夫とは思ったのだけど、
お迎えに行ってみた。

よそ様のお庭のしげみにちんまりと隠れてるのを発見したので
声をかけたけど、
寄っては来ません。

ま~~~猫は脱走して、発見しても
発見してから1時間かけて寄って来るのを待て
と言うくらいですから。
その場(道路)に座ってシロちゃが寄って来るのを待ってたのですが
なかなか寄って来ない。
そしてそのおうちのお父さんが帰って来られた。
よそ様のお宅の前で座ってる怪しいおばさん状態のワタクシ。

おとうさんに道路で座ってた事情を説明して、
「じゃ。失礼します~~おうちでシロちゃ、待ちます~」
と言って、自宅で待機しることにしました。


で。
家に帰ったら、ニーナちゃんがずっと庭にいて、外を見てる。
e0142430_10411818.jpg

落ちたねえ。

ニーナちゃんのそばにある空き箱は注文した棚が入ってた箱なのだ。
気にしてはいけない。
棚を組み立て中だったのだ。

ニーナちゃん・・・心配してる???
e0142430_1042116.jpg

ずっと外を見てるねえ。

家に入って来ても
e0142430_1042429.jpg

掃き出し窓のところで外を見てる。


ニーナちゃん。
もしかして心配してるの?
優しいねえ~~~
e0142430_10432515.jpg


くぅちゃも小競り合いがあったあたりをずっとウロウロしてる。
e0142430_1044112.jpg


ほっほ~?
くぅちゃはいつもシロちゃに寝てるところをいきなりドつかれたりして
ひどい目にあってるのに。
やっぱ黒猫さんは優しいね。いい子が多いね。

その後、15分くらいしたらシロちゃは何事もなかったかのように帰宅した。
e0142430_1213921.jpg

組み立て中の棚が写ってるけど気にしてはいけない。

e0142430_1046534.jpg

テンちゃんはあまり心配してなかったけどね?

e0142430_10462820.jpg

by nomanyan | 2016-05-21 23:46 | にゃんこ隊 | Comments(0)

ニャーニャのハウス

絶賛お片づけブーム中のワタクシ。

お片づけにいいです。この季節。
だって何を洗っても乾くの早いし、
暑くもないし寒くもないので
はかどるよ(・ω・)ノ

というわけで、今日は猫ハウス一つと猫布団一つを洗いました。

洗ったハウスはコレ。
e0142430_1222211.jpg

もう乾いたよ。とりこむよ。

このハウスはワタシが初めて買った猫用のハウスなのだ。
ニャーニャのために買ったの。

当時は猫を飼うなんて思ってなかったから
「こんなものを買う日が来るなんてな~」
と思いながら買ったわ。

ノーマのものとニャーニャのものは当時、主に赤をチョイスしてた。
赤は魔よけの色らしいからね。
魔によけてもらおうと思いまして。
だけど、赤がなかったのでピンクにしたんだよ。
ニャーニャは男子なのにね。

ニャーニャが1999年生まれだから、このハウスもその年生まれ。
もう17歳になるハウスなのだ。

もうニャーニャもノーマもいないけど、ハウスだけ健在なのだ。

ニャーニャが機嫌よく使ってくれてたけど、
その後、3兄弟がやってきて、彼らもこのハウスが大好きだった。

大きさや角度が良かったんですかねえ?
他のハウスを買ってあげたのにみんなこのハウスに入りたがった。
売れっ子ハウス。

なので、同じものを買ってあげようと思って、
そのハウスを買ったお店に行ったのだけどもう同じものは売ってなかった。

ハウスも毎年毎年変わるよね?
同じものが翌年売ってるとは限らない。


猫の寝床といえば
こないだ、テレビでなんとかいうフラメンコダンサーさんを見た。
た~~~くさんの猫と暮らしてる。
猫のための家。
家中のいたるところに猫用のベッドがあるのだけど、その中身はワタではなくて、
バスタオル!
折りたたんでカバーをかけてあった。
汚れても洗ってすぐに乾くように、という配慮かららしい。

な~~~~~~~るほど~~~~~(゚∀゚)

そうすれば、ちっこされたりゲロ吐かれたりしても
「んも~~~~(>_<)」って言いながら洗濯する必要がないってわけ。
すぐ乾くもん。バスタオルなら。
さすが超多頭飼いさま!
それは気づかなかったわあ。

猫は寝床が大事ですからね。
なんとかお気に召す寝床を用意してあげねば。
by nomanyan | 2016-05-17 20:11 | にゃんこ隊 | Comments(0)

ニーナちゃん。ワクチン接種

このところ、一緒に病院に行ってた(正確には車に乗っけてってもらってた)
ぷ~ちん家のおかあさん(にゃんこ。女子)が昨日亡くなったそうな。

お口の中がきれいになってると思ったのは手前の方だけで
奥はやっぱり痛々しい状態だったようだ。
痛さが酷いようでもうステロイドも効かず、
ひと月近く何も食べられていない。とぷ~ちん母さまがため息交じりに言ってた。
腎臓の数値もよろしくない、ということで、
ぷ~ちん母さまはこのところ一日おきに点滴に病院に通っていた。

ぷ~ちん母さまがたくさんの努力と心配をしてきたけれど
残念なことにおかあさんはお空に逝ってしまった。


わかってはいるけれど。
そう。命はいつかはついえるもので、永遠なんてないってことは。
永遠に健康なんてこともないことは重々承知だけれど。
やっぱり悲しい。




おかあさんと一緒に11日、
うちのニーナちゃんも病院に行き、ワクチンを打ってもらいました。

ところが。
その翌日、ニーナちゃんは様子がおかしかった。

まず朝、2階のにゃんこ部屋でいつもは寝そべってないベッド(人間用)に寝そべってた。

この時点でドキッとするワタシ。

い・・・いやいや。ただ単にそこに寝てみたかっただけ・・・とか・・・
と猫トイレの掃除をしながら横目でチラチラ様子をうかがう。
相変わらずピクリともせず、む~ん・・といった感じで寝そべったままのニーナちゃん。

病院から帰ってからは普通だったのに。
いつのまにこんなことに?

昨夜、あちゅ坊が病院に連行されるのを嫌がってクローゼットに隠れ、
それを連れ出そうとしたら、失禁された。
なので、クローゼットの整理と掃除をしなければならなかった。
最近、お片づけがマイブームのワタクシ。

お掃除をすべく2階に上がると、
ニーナちゃんがクローゼットがある部屋のホットカーペットの上に香箱座りをしてるのが目に飛び込んできた。

香箱座り・・・・(゚Д゚;)
めったにニーナちゃんはこの座り方をしない。
しかもこんなところで(ホカペは電気は入れてない)

やっぱりやっぱり具合が悪いよね?
気のせいではないよね?

具合が悪いのなら安静が大切で、そして保温が大切。
なので、ホカペの上にいるニーナちゃんを抱き上げ、
ワタシのベッドの羽毛布団の上にふんわりと寝かせてみた

ニーナちゃんは心地よかったのか、そのままそこでまあるくなって寝ていた。
e0142430_20294373.jpg



ワタシはといえば、クローゼットは埃だらけ、泥もある(なんで?)
なんか小さい虫もふわ~っと飛ぶ(なんでっ?)
窓を開けて掃除したいところだが、ニーナちゃんが寒かろうから、
クローゼットの中の小窓だけ開け、部屋に続くドアは閉め切り、
その中でマスクをしてがんばった。

ときどき、クローゼットのドアをそろ~~っと開け、
ニーナちゃんの様子をそっと見る。

いつまでこんな様子だったら病院に駆け込まなきゃいけないんだろうか?
いつまでだったら様子を見てていいんだろうか。
ちくそう。わかんない。

それにしても。
去年まではワクチン打ってもな~んてことなかった。
こんなことになったことなかった。
これはニーナちゃんの年齢がそうさせたのか?
それともたまたま体調がイマイチなところへワクチンを打ってしまったのか?

いずれにせよ・・・凹む・・・・

ワクチンで防御しなかったがためにクロチ君を亡くしてしまって、
ワクチンの重要性は痛いほど認識したけれど、
その怖さもやっぱり忘れてはいけない・・・

なんてことかしら(T_T)

午後、西日が当たりだし、部屋の気温も上がり、びろ~んと伸びるニーナちゃん。
e0142430_20303812.jpg

あぁ・・・ちょっとだけ元気になってきた感じだ。
よかった。
e0142430_2031215.jpg


い・・いえいえ!!!油断は禁物よ!

「もう大丈夫」そう思ってからどれだけワタシは泣きを見たことか。
この子たちの「大丈夫そう」はそのまま受け取ってはいけないの。

その後も時々ニーナちゃんの寝てる様子をのぞき込み、一喜一憂しながら日が暮れた。

ニーナちゃんがワタシのベッドで寝てるから、移動させちゃいけない、とワタシはリビングで寝ることにした。
毛布をかぶって寝ていたら、夜中にチャッチャッチャッチャッと誰かが水を飲む音がする。

む?
この飲み方はテンちゃん・・・?それともニーナちゃん・・?
と暗闇に目を凝らしていると、その子はまわりをきょろきょろしながらそっと歩いてくる。

お?この歩き方はニーナちゃんではっ?!

やっぱりニーナちゃんでした。
そ~っと寝てるワタシの横に来ると、これまたそ~~っと座り、
ワタシの腕に顎を載せてゴロゴロ言いながら寝そべりました。

(ノД`)・゜・。よかった。

だいぶ元気になったの。
ようやく不活化の病気どもに勝ったのね?

しかし。それにしても。
こんなになるんならニーナちゃんは
来年はワクチンやめたほうがいいかもしれない・・・
もう14歳ですしねえ。
やめれるものならやめたいわあ。ワクチン。
by nomanyan | 2016-05-13 11:13 | にゃんこ隊 | Comments(4)

鯉のぼり

いぃらぁ~~かぁ~~のなぁみぃとぉ~~~
くぅ~~も~~のな~みぃ~~~

e0142430_324424.jpg


鯉のぼりとしまたん。

うちは男子が多いので健康を祈って毎年鯉のぼりを飾るよ。
セラが闘病してたときに買ったものをずっと毎年使ってるのだ。

お菓子のおまけについてたお子様だまし程度のモノですけども(^.^)

子供の日。
わんにゃんの皆様はいかがお過ごしでしょーか。
どうかみんな健やかな日々でありますように。

e0142430_330778.jpg

あっ
しまたん!近い近い!
by nomanyan | 2016-05-05 12:26 | にゃんこ隊 | Comments(0)


15歳8ヶ月でお空に旅立ったゴールデンレトリバーのノーマとノーマを大好きだったにゃんこたち


by nomanyan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フォロー中のブログ

Retrievers O...
タバサは語る
ワチャたけ奮闘記
 GR-JUNの思い出と日常
CANDY’S BLOG
笑いのある生活

ノーマの親戚ちゃんとお友達

カテゴリ

全体
日常
おでかけ
お友達
にゃんこ隊
腎不全
お世話係のつぶやき
口内炎
炎症性腸疾患
肥大型心筋症
猫伝染性腹膜炎
猫白血病ウィルス症
ノーマの病気
歯根膿瘍
乳腺腫瘍
てんかん発作
リンパ腫
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...

最新のコメント

ベン君のママ様 ご..
by nomanyan at 00:00
ごめん字が違った。麻央ち..
by ベンのママ at 14:17
元気がなによりよ~ベンが..
by ベンのママ at 14:14
ベン君のママ様 お..
by nomanyan at 12:37
大変な日々ですね。心配な..
by ベンのママ at 11:57
さばっちちゃんの母さま ..
by nomanyan at 01:25
アリョーシャくんでしたか..
by saba-sava-cat at 01:35
ベン君のママさま ..
by nomanyan at 00:22
さばっちちゃんの母さま ..
by nomanyan at 00:18
ベン君のママさま ..
by nomanyan at 00:15

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫

画像一覧