カテゴリ:にゃんこ隊( 321 )

お帰りクロエちゃん

8月18日(木)
2階の子猫、ジェーニャさんは去勢手術を受けました。

e0142430_11311836.jpg


その前日8月17日(水)、ぷ~ちん家に預かってもらってた真っ黒子猫、クロエちゃんを返してもらいました。
e0142430_1132398.jpg

クロエちゃんと一緒にぷ~ちん家で生活してた子猫も一緒に連れて来てもらったよ。

e0142430_11324357.jpg

この子猫はジェーニャの実の兄弟なのだ。
クロエちゃんととっても仲良くなってて、クロエちゃんが家出した夜はにゃんにゃん鳴いていたそうだ。
一人になってしまって不安だったのね(T_T)

だから、
クロエちゃんがいなくなると寂しかろう(^_^;)
と、クロエちゃんと一緒に引き取ったのだ。


もう生後4,5カ月経ってるであろうこの子たち。
早めに避妊手術、去勢手術をせねば
ということで、一緒にやってもらうことになったの。

猫友のKさんが3匹を車に積み込んで獣医さんまで連れてってくれまして、夕方には返していただきました。

まだ麻酔が完全には覚めてなかったので、ふらふらの3匹さん。
この状態だったらわちゃわちゃ触れるかと期待したんだけど(*´з`)

ふらふらなのにシャ~シャ~警戒してたので、触るのは断念。
ちぇっ(´・ω・)


子猫が来たらジェーニャは嬉しいかと思ったのだが、もう実の兄弟のことは忘れてたようで、
めちゃびびって他の部屋に逃げてしまった。
ワタシの作った猫ドアを力任せにガ~ン!!と開けて出てったぜ。


クロエちゃんはうちを覚えていたようで、
ぷ~ちん家のキャリーからケージに移したらすぐに落ち着いたよ。
脱走してガリガリに痩せて帰って来た写真しか見てなかったので痩せてるかと思ったけど
以前のようにふっくらした顔になってた。
ぷ~ちん家でたんまりごはんをもらってたんだな。


さ~がんばって人に慣れてもらおう。
あなた方はこれから飼い猫の猫生を歩むのだからな。
by nomanyan | 2016-08-21 11:25 | にゃんこ隊 | Comments(4)

女子猫の恐ろしさ

ついさきほど(8月19日午前1時すぎ)シロちゃさんが家出から帰って来た。
そうなの。シロちゃさんは13日(土)に家出してたのだ。

いったい何時いなくなったのかさっぱりわかってなかった。
朝ワタシが起きて階下に降りるといつもだったら「にえ~ん」と寄って来るのに
来ないな~?と思ってた。
どこかで寝てるのかな?くらいに思ってたのだが夕方になってもどこにもいず、
夜になってもいない。
もう脱走できないハズだし、そもそも庭に出してないし???
まさか、人間が玄関から外に出るときの一瞬の隙をついて出てった?

だから上に「家出」と書いたけど、謎の失踪って感じだった。

そして、いつも脱走したら近所をウロウロしてる白黒猫さんとケンカするのだが、
その声も全く聞かなかった。

家から出た後、全く家の近所にいないってこと???

フェンスとネットは補強してしまったのでどこからも入れずに帰れないんじゃないのか?
と思って、わざと補強したネットを一か所外したり、
フェンスのドアを開けっぱなしにしてみたりして、
シロちゃが帰って来るのを待ってたのだけど、一向に帰って来なかった。

ネットを補強してから毎日「あお~んあお~~ん」と鳴いてたシロちゃ。
「お外はもう行けないよ~」とシロちゃに言ってたワタシ。
そんなに外に行きたかったのか。
だからって出たら出っ放しって。

2日帰って来なかったことは以前にもあったので、そのうち帰って来るだろうと高をくくっていたのだけど3日経っても4日経ってもまったくシロちゃの気配がない。

もうこのまま帰って来ないのでは?
とも思った。

そもそもシロちゃはうちの庭に置いてあったセラの庭のベッドに寝てるところを発見した子で、
野良子さんだった。
女子猫らしいのでキャッチ&リリースしようとしてたのだ。
捕獲かごで捕獲して、避妊手術してもらって、麻酔が覚めたら庭にリリースする予定だった。
だけど、当時、外は冬で寒いし。まだ小さいし。
この寒空にこの小さい子を腹切って放すのか?と思うと忍びなくて。
このまま人馴れさせて里親募集したら里親さんがみつかるかもしれない
としばらく家で預かることにした。
そしたらまさのすけが女子だったら里親募集しなくてもいいぢゃん。
と言ってくれて、晴れてうちの子になった子なのだ。

なので、もともとうちの近所で野良をしてたので土地勘はある。
だから迷子になったハズはない。

ではなぜ帰って来ないのか?

帰れない状況にある?
例えばどこかに閉じ込められた?
ケガしてる?
最悪死んでしまった?

次に考えられるのは自主的に「帰らない」
ごはんは?
2日、3日、4日と、何も食べずに平気だろうか?
もしかしたら以前野良をしてたときにお世話してくれてたおうちがあったかもしれない。
そのお家でごはんをもらってるのかも。

ごはんがあれば家に帰る必要はない
とシロちゃは感じてる?

つまり
ワタシはシロちゃを「保護」した気でいたけど、
シロちゃは「保護」なんかされたつもりは全くなく、

そして、今回ワタシの方がシロちゃに捨てられたのかも・・・・
と思い始めてた。

そしたら!家出から6日目の今夜。
ワタシがお風呂から上がると外でにゃんこの喧嘩の声がかすかに聞こえる。

あの声はシロちゃ?!!!!!
間違いない!

身体もろくろく拭かず、濡れた髪のまま、大慌てで服を着て
バスタオルとシーバを持って外に飛び出した。
お隣のおうちの車の下でクロエちゃんのお母さん猫と対峙してる。

そうしてそのまま30分以上場所を少しずつ変えながらシロちゃはお母さん猫とず~~~っとにらみ合っていた。
ワタシがどれだけ「シロちゃ!シロちゃ!」と呼んでも、シーバを置いてあげても
全くそれに反応せず!

目が見えないの?と思ったほどワタシに反応しない。
お腹もすいてない???

手を伸ばせば届く場所にシロちゃがうずくまっている(よそ様のお庭なのでワタシは入れない)
おいで!シロちゃ!
と声をかけたのに、ふ~~っと向うに歩いて行ってしまった。

(゚Д゚;)

かっ・・・帰りたくない?
やっぱり帰りたくないのっ?!(T_T)

あわてて追いかける。シロちゃが行ったハズのところへ。

シロちゃはお隣のおうちの裏に座ってた。
ワタシが歩み寄って行くとびっくりした顔のシロちゃ。
道路が一段低くなってるので、ワタシはシロちゃを見上げる感じになる。
ワタシを見て、「ハ~~~~っ」と言うシロちゃ。

( ;∀;)
し・・・・しろちゃさん・・・・

そのままそこでワタシを見下ろしながら毛づくろい始めるシロちゃ。

ものすごく満足そうにペロンペロン顔をあらって、背中をなめて。
あんよもなめて。
ごろんごろんもしてた。

その間ず~~っとワタシは蚊に食われながらやね、シロちゃを見守ってた。
空を見上げると満月?なお月さん。

「どうかシロちゃをおうちに連れて帰れますように」思わずお月さんにお願いする。

毛づくろいが終わったようでまたも歩きはじめるシロちゃ。

お。今度はどこへ?と横をついて歩くとまたもビックリした顔をするシロちゃ。

何でびっくりするん?(._.)

お隣のお家の門扉の前に回って歩いてくるシロちゃを待つ。
途中立ち止まって座っちゃうシロちゃ。
あわてて戻ってシロちゃの様子を見る。

歩きだすシロちゃ。
またも門扉の前に行き、待ち受けるワタシ。

・・さあ・・・シロちゃはこちらに来てくれるのか。

シロちゃはワタシを真っ直ぐ見て、にぇ!と言い、歩いて来た。
そっとしゃがみこんで、そろ~~っとシロちゃの背中を撫でる。
嬉しそうなシロちゃ。

あぁ~~~~・・・何日ぶりだろうシロちゃの背中!
撫でると背中をぐいっと持ち上げて喜ぶいつものシロちゃの反応。

いつものシロちゃだ・・・

そっと抱き上げると
「にゃ!」と抵抗するそぶり。
でも放しません。ワタクシは。
「にえ?」「にえ?」と言い続けるシロちゃ。

あまり力を入れず、でもがっちりと抱いてそのまま小走りで家に駆け込んだ!!!!

玄関で解放するとにゃんこ隊の皆さんがシロちゃのところに駆け寄ってきた。

家に入ってから落ち着いて見るとシロちゃはあまり痩せてもいず、
極めて平常心でほかのにゃんこ隊にも接してる。
他のみんなはシロちゃをめちゃ嗅いでたけどね?
e0142430_12194440.jpg

昼間電気のこぎり使ってたのでコードが写ってる(^^;)てへ。



今回の顛末は女子猫の恐ろしさをひしひしと感じました。

あくまでもシロちゃは自分から帰りたかったのではなく、
ワタシが蚊に食われながら1時間近くシロちゃに懇願して懇願してようやく家に帰ってもらった!
という構図だ。

「シロちゃは別にここで暮らしたいわけでもないけどね?
お世話係がどうしてもって言うんだったらしょうがないなあ」
って感じに持ってったシロちゃ。

猫は全体的にこんな上から目線な感じだけど、
今回改めて、ひしひしと!
ワタシなどは下僕で、こちらがお猫さまを大好きで、
お願いしてお世話させていただいてる!
んだと、言い聞かされたような気がしました(´・ω・`)

げに恐ろしきは女子猫よ。

翌朝、階下に降りてみると
ソファで爆睡してるシロちゃさんが。
e0142430_12211427.jpg

by nomanyan | 2016-08-19 02:49 | にゃんこ隊 | Comments(0)

猫ドア作成

見た~?
体操ニッポン!(≧▽≦)
男子体操団体金メダル!

何回見た~?(^ω^)
ワタシ10回近く見たね。きっと。
朝から夜までワイドショーはこればっか。

いいわねえ~~~~~
団体の良いところはみんなで助け合う!ってところよね。
一人一人が自分に課された仕事をきっちりこなし、
他者を助ける、というところ。

「誰かのために」というのは日本人好きよね(^m^)
ええ。ワタシも大好き♪
主君の仇討ちをする赤穂浪士の討ち入りなんて日本人大好きだもんね。
(仇討ちや松の廊下でのことはいろんな考え方があるけども)

いいなあ~~
フィギュアスケートもいつかこんな姿が見られるんだろうか。
ペアーとダンスがもっと強化されないと難しいよね。
そもそもペアーだのダンスだのって、
男女が公衆の面前で雰囲気出し合うって文化が日本人にはないので難しいって素地があり~の。
そして何より練習リンクがないっつーのよ。日本は。
ペアーやダンスの練習って、特にペアーなんか相方をぶん投げるんだぜ?
広くリンクを使えなきゃ練習できないんだもん。
フィギュアの団体が金メダルなんて、ワタシが生きてる間には無理だろうなあ・・・

ということを思いつつ
昨日は体操ニッポンの演技を何度もテレビで見ながら猫ドアを作っていたワタシ。

猫ドアって何ぞ?って?

子猫のジェーニャさんがいる部屋は西側の部屋なのさ。
つまり午後暑いのだ。
今まではドアを閉め切ってエアコンをつけてあげたりしてたのだけど、
ドアが閉まったままだと、いつまでたってもうちの旧にゃんこ隊と遭遇できない。

子猫のいまのうちに他の猫らになじんでいただかないと。
大人になってからでは難しいのよ。
特にジェーニャさん。男子だから。

ドアを開けて、お互いが見えるように、空気が通るように。
したかった。
だけどドアをあけっぱにするとまだ馴染んでないジェーニャさんがどこ行ったかわかんなくなるので
ドアはあけっぱにはできない。

というわけで、ジェーニャさんが出られないけど空気が通り、
お互いが見えるようなドアが必要だったのだ。

で。
作ったのだ。

ネットで色々見ても、お値段が(゚Д゚;)
なので、作ったらいいべ?
と思ってネ?


電動のこぎりで(こないだ買ったの!電動のこぎり(^m^)超うれしい)
木材をぎょ~ん!と切ってぇ
釘で四方をガ~~ッと止めてえ
ネットを張ってやったわ。

さらっと書いたけど、元が不器用ですからね。
ほぼ半日かかったわよ。ええ。休日がまるつぶれ。

あっっつかったし!(>_<)

部屋の中で新聞紙敷いてやってたのだけどエアコンはつけなかったからね。
暑かったわあ。
なんかいつも真夏にこんな風なことやってる気がするけど気のせいだろか。


こんなに尽くしてもジェーニャさんから「ありがとう」の一言ももらえるわけでもなく。

明け方にはこのドアのネットをにじにじ登っていたジェーニャさん。

やっぱりね。登ると思ったんだ( ̄ー ̄)


こんな感じよ。
e0142430_0304467.jpg

なんとかってモノでネットを木枠に止めてだんだけど途中で無くなってしまったので
あとは結束バンドでつけてやった。
なのでやはりブサイク(._.)
e0142430_0322567.jpg

開けるとこんなん。
e0142430_0344115.jpg


ジェーニャさんに上られてもネットも外れず、ドア全体もガッタ~ンと外れることもなし。

よし!上出来!
ぐっじょぶ!ワタシ!
by nomanyan | 2016-08-10 10:58 | にゃんこ隊 | Comments(0)

ジェーニャ。家族への道のり

野良ネコさんが生んだ子猫と
飼いネコさんが生んだ子猫とでは
人に慣れるのにものすんごい差があるのではないか?

ということを今更ながら学習しつつあるワタクシ。

人を怖くない、と思ってもらえるようになるその道は
なかなか険しいようでございますよ。

元々の性格。
というものも多分にあるんでしょうけども。

うちに来て3日目、7月26日のジェーニャさん。
e0142430_8523289.jpg

ほら。どーです?この怯えと反感のこもった瞳(´Д⊂ヽ

超怯えて、ワタシから目が離せず、身動きもできません。
まばたきもできないんじゃないかっつーほどワタクシを凝視中。

7月30日のジェーニャさん。
e0142430_8542073.jpg

少し落ち着いたでしょ?
まばたきできるようになったもんね。
ワタシから目が離せるようになったもんね。
あくびもできちゃうよ?

おもちゃでも遊べるようになったんだよ。
おもちゃを握ってるワタシの手をチャイチャイ!と触って来るんだよ。
爪が刺さって痛いんだよ。でもいいんだよ(*´з`)
e0142430_8553231.jpg

しかしながらケージからは出て来れず。
遊びもテンション低め。
性格ですかのぅ~?

7月31日。ひっくり返って寝られるようになった。
e0142430_9211643.jpg


男子なのか女子なのか知りたくて、おちりを撮る。
e0142430_9224172.jpg

ガン見してたら久しぶりに「ハ~~~~~~~ッ!!!」と言われた。

8月5日。遊びに誘う。
e0142430_925850.jpg

おもちゃを追いかけてうっかりケージから出ちゃうと
大慌てでケージに戻る。

夜になるとケージから出て来れるようになったよ('ω')ノ
e0142430_9263761.jpg


でもこの数時間後、窓から落ちて大騒ぎだったっけ。
ワタシひとりが(。-`ω-)
by nomanyan | 2016-08-09 08:56 | にゃんこ隊 | Comments(0)

続・子猫狂騒曲

うちに来た子猫は「ジェーニャ」と名付けることにした。

由来は誰?ナニって?

プルシェンコよ。プルシェンコ。
フィギュアスケート界の皇帝と言われるエフゲニー・プルシェンコたん。
エフゲニーの愛称が「ジェーニャ」なのだ。

ロシアの名前って不思議よね?
何でエフゲニーがジェーニャになるん?

そういえば、前にうちの子だった「サーシャ」はアレクサンドラ(アレクサンドル)の愛称だ。
どこをどうやったらアレクサンドラからサーシャになるんだか。


昨夜、寝室でフリーにして、おもちゃで遊びまくっていたジェーニャ。
やっとケージから出て遊びまわれるようになったのだ。
e0142430_12311593.jpg

真剣な顔で遊ぶジェーニャさん。

まだまだワタシのそばには来れないけど、遊んであげて「良い人」をアピールするのだ。
このままいけばきっとワタシを「良い人」と思ってくれるのだ。

ところが、遊びが一段落して、寝室の中をトテトテ走り回ってたジェーニャが、窓のところに行った。
窓、閉めてたよな~~とぼんやりと考えてたワタシ。

ところが、テンちゃんとくぅちゃがめちゃそれを見てる。

ん???
まさか・・・?と思っていたら、

バサッ!!!!と音がした。
つるしてたすだれがない?!

まさかっ?!

あわてて窓を見たらジェーニャがいない!
開いてた窓からジェーニャがすだれと一緒に落ちてしまった?!!!

てか。窓、開いてたんだ?!
ばっかじゃないのワタシっ!!!!

あわわわわ・・・・・・・・
大変だっっっ!

足ががくがく震えるのを久々に体験したよ。

大慌てで階下に降りて、寝てるまさを起こさないように、慌ててるけどそろ~~っと
懐中電灯を探し、電池が切れてたので(>_<)電池を替えて、
はさみとロープと捕獲用の洗濯ネットを持ち、そっと庭に出る。

はさみとロープを何に使うかって?
フェンスとネットの補強よ!

うちのネットとフェンスはもう設置してから結構古いのだ。
あちこちほころびがあるようでシロちゃさんが時々脱走するのだ。
こないだ補強してまわったのだけど、どこかまだほころびがあるかもしれない。
そして大人猫だったら出られないようなところでもお子様は顔が小さいので出られたりするのだ。
以前にお子様だったあちゅ坊がそれで出てしまったことがあるのだ。

ということで、まずは脱走しそうな箇所を補強!!!

捕獲しようとして、ジェーニャが逃げ回ると、ほころびをみつけて脱走する可能性大!
だから落ちたばっかりで怖くてきっとじっとしてる今のうちに補強せねばならない。
猫の脱走場所は片隅と相場が決まっている。
慣れていない子は特に片隅に逃げる。
そこを先に重点的に補強する。

この大きさでも出るかも?とあちこちネットを引っ張ってみてネットとフェンスを紐でしばる。
ここもあそこも。ここもやっとけ。

脂汗なのか暑いからなのか、汗が滝のように流れる。
あぁ~~~せっかくお風呂入ったのにぃ。
いやいや。それどころじゃないだろワタシ。

虫よけをスプレーする暇もなく、捕獲用に手袋をする余裕もなく、
お風呂上がりのむぼーびな格好で真夜中に庭のネットとフェンスを懐中電灯で照らしながら補強する。

フェンスの片隅、ガーデンチェアの裏にうずくまってるジェーニャを発見!
ジェ~ニャ~~と小声で声をかけるとちらっとワタシを見る。
よし。ケガはしてなさそう。

おどかさないようにそのまわりを補強する。

その後あちこち見て回る。
・・・・指さし確認。
ん~~~~・・・多分大丈夫・・・・

よし。
捕獲に乗り出そうか。

ガーデンチェアの向こう側、フェンスのすき間にうずくまるジェーニャ。
フェンスとチェアが邪魔でそばにいけない。
チェアをずるずるひっぱって移動させる。

フェンスの片隅に追い詰めて洗濯袋に入れようとしたが失敗!
脱兎のごとく駆け去る。

そらそう。相手はお子様といえ動物さまです。
50も過ぎてるトロいおばさんが勝てるわけがなし!

シロちゃがワタシが捕獲に庭に出たときに一緒に出て来てた。
シロちゃの視線の先をたどると闇の中にうっすらジェーニャが見えた。

よし!今度こそ!

追い詰めるとシャーシャー言ってフェンスをよじ登ろうとネットに頭突きをかまして大暴れ。

よかった・・・補強しといて(*´з`)

洗濯ネットを広げて捕獲に成功!!!!
暴れる暴れる!
咬む咬む!
いたいいたい!

でもいいわ。捕まえられたもん。

袋の中でぴちぴち跳ね回るジェーニャをがっちりつかんで2階の寝室に連れてった。

ケージに入れたっ!!!

はぁぁぁぁ~~~~~~~
崩れ折れるワタシ。

あ・・・いかんいかん。
懐中電灯も鋏も庭にほっぽりっぱなし。
捕獲に同行してくれたシロちゃさんも家に入れておかなきゃ。

庭に行くとシロちゃさんはニコニコでえ~んとないて寄ってきたので、抱っこして家に入れた。
は~助かったよ。あんたのおかげでジェーニャ捕獲できたで。ありがとありがと。
とナデナデする。

大汗かいたのでシャワーをあびて着替えて、寝室に戻った。
寝室ではこの深夜の大捕り物をまったく知らなかったテンちゃんとくぅちゃが腹を出して寝てた。

おほほほほ・・・・他人事ね?
ジェーニャが落ちたの見てたよね?あなた方。
でもぜんっぜん心配してないのね?
平和そうでよかったわ。ええ。よかったわ(。-`ω-)

ジェーニャもひっくり返って寝てる。
e0142430_12262673.jpg

・・・・
腹出して寝れるんだ・・・・
落ちたショックとワタシに追いかけられたショックで
また怯えた子猫に戻んなくてよかったネ
by nomanyan | 2016-08-06 09:57 | にゃんこ隊 | Comments(0)

子猫狂騒曲

今年は子猫、多いね。
とはいつも行ってる病院の院長先生のセリフ。

(。-`ω-)・・・ですな。多ございますな・・・

ブログがなかなかUPできなかったのはソレが原因でござーますよ。
あ~疲れた・・・
てか、まだ道半ば。


第1章「出会いと別れ」
うちの庭に来てる白黒猫さんが子猫を連れて来た。
おかんは無事に避妊手術をすませ、その後お子様を保護に乗り出した。
お子様はふたーりいたのだけど、6月16日、ひとりは交通事故で亡くなった。
道路に倒れてる子猫がいる。ノーマちゃんちの子じゃないか?と
親切な近所の方が心配して知らせに来て下さった。
慌てて見に行くと、あの子の子供だ・・・・とすぐにわかった。
それで引き取ってうちの庭に埋葬した。

子猫を発見して下さったご近所の方はその亡骸を箱に入れてお線香まで上げてて下さった。
なんって優しい方なのかしら(T_T)


第2章「サーシャにハートブレイク」
ぷ~ちん家のお隣のおうちの駐車場で子猫がないてて、
6月26日。近所のランちゃん(ゴル女子)ちに保護された。

その子は我が家でいただくことにした。
サーシャと名付ける。(アメリカのスケーター、サーシャ・コーエンから)
e0142430_2034075.jpg

e0142430_20372869.jpg


うちに来たのは7月15日。
初日はケージで寝てもらったが、翌日16日朝、庭の黒猫さんも保護したので、
ケージはその子に譲って、サーシャは寝室でフリーにした。
すぐにワチャワチャ遊び始めて、全くものおじせず、すぐになじむ。

それに反して黒猫ちゃんは超緊張。
ずっとワタシを凝視して、かっちかちだよかっちかち。
e0142430_2035385.jpg

ほ~ら。すんごい目でワタシを見てるデショ。

でも、人馴れしてるサーシャのおかげで、だんだんリラックスしてきて
ケージの戸を開けてあげたら
部屋の中を二人で追っかけっこして良い感じ。
このままいくと案外早く人馴れしてくれるかも?と期待する。

e0142430_20413273.jpg

写真撮ったらめちゃ怒られた。

が。
お母さん猫は子供を探してないてた。
保護したお子様は当初は人間への怖さのあまりそれが耳に入らなかったようだけど
リラックスしたとたん、その声が耳に入ったようだ。
ものっそなきまくるので、このままでは人馴れできないのでは?と懸念する。
お母さん猫と子猫でなき合う、といういたたまれない状態に不眠気味のワタシ。
そのうち近所から苦情がくるんじゃないか?と不安になるほど。

7月22日。ワクチンを打ってもらった後、黒子猫はそのままランちゃんちで預かってもらうことにした。これでなんとか人馴れしてくれないものか。

そして方や、子猫欲しい、という里親候補さんがみつかったので、
人馴れしてるサーシャがもらわれていくことになった。

15年ぶり?くらいの子猫だったので
自分でも意外なほどに心を掴まれていたようで、
お世話係はサーシャがいなくなって軽くペットロス状態。
だって眠たくなるとゴロゴロ言って、お乳探してぐにぐにして来るんだよ。
小さくてあったかかったんだよ。かわいかったんだよ。
ワタシが帰ると2階からミオ~~!ミオ~~~!と大声で鳴いて呼んだりしたんだよ
かわいかったんだよ。
7月23日。さよならサーシャ。幸せにね。

第3章「失踪」
ランちゃんちに預けていた黒子猫は脱走しようと大暴れしてたらしい。
猫慣れしてないお宅にはこんな子は大変だろうと心配したぷ~ちん家が
預かってくれることになった。
だが、その翌日23日夜?には網戸を破ってぷ~ちん家から大脱走!!!

全く人馴れしてない子猫が脱走して再び捕まるか?
かなり絶望的。

落ち込むお世話係。
どんだけ鳴こうが、うちであのまま保護しておけばよかったとか、
保護したつもりでいたけど、
この現状はワタシはあの子を土地勘のない所に捨てたも同然?
とか。
ぐるぐる考えてまたも眠れない日々を過ごす。

7月27日。仕事帰りにぷ~ちん家の裏あたりをあてもなくさまようワタクシ。
こんなところにいるんじゃないか?
と、抜き足さし足であちこち見て回る。
他人様の庭先をじろじろ見る。とても怪しいワタシ。警察に通報されるんじゃないのか?
猫にとってはとても過ごしやすそうな場所であることに少し安堵する。

偶然にもランちゃんママがワタシをみつけてくれて、送ってくれた。
ありがとう。


第4章「新たな出会い」
ワタシがぷ~ちん家の裏をウロウロした翌日の夜、
黒子猫は大声を上げてぷ~ちん家に帰って来た!!!!

捕獲器を家の裏に置いて、
子猫の声がしないか?物音がしないか?と毎晩気にしていたぷ~ちん母さま。
この夜、無事に保護できた!と連絡が入る。

ああぁぁぁ~~~(ノД`)・゜・。よかったああああ~~~

e0142430_2112013.jpg

痩せてるうううううぅぅぅ~~(ノД`)・゜・。
そら5日ほど飲まず食わずだもの。

再保護された黒子猫。
クロエと名付ける。

すぐに迎えに行きたかったけど、子猫は興奮してて、さらに凶暴になってる
とぷ~ちん母さまに言われて、後日引き取ることにしたよ。

クロエちゃ~~ん~~~~~(ノД`)・゜・。


第4章「新たな出会い」
ぷ~ちん家にはサーシャの他に2匹の子猫が保護されていたのだ。
子猫だらけだったのだ。

サーシャがもらわれていき、クロエちゃんはぷ~ちん家に保護してもらってるので
子猫がいなくて寂しい。
おかしい。いつの間に子猫が欲しくなってるのだ?ワタシは(?_?)

のでそのうちの1匹をうちで預かることにした。

e0142430_21131754.jpg

落ちるよぅ?(^m^)

全く人馴れしてない子猫。
人間は怖くないよ?
大丈夫だよ?
と分かってもらうためにただ今奮闘中。

果たして心を開いてくれる日は来るのでしょうかっ?!
by nomanyan | 2016-08-05 18:16 | にゃんこ隊 | Comments(0)

爆睡

昨日の脱走犯は疲れたらしく爆睡中。
テレビのリモコンを枕にしてきゃわわじゃないの(^m^)

e0142430_8551075.jpg

静かでヨロシイ。


と思っていたらすぐさま起きて
いつもどーりのシロちゃさんでした。

e0142430_91290.jpg

by nomanyan | 2016-07-06 14:26 | にゃんこ隊 | Comments(0)

貞子お世話係

毎朝、明け方になると、パッチ君とあちゅ君が
パッチ「あお?あお?あお?」
あちゅ「ひえ~~~んひえ~~~~ん」

と家の中をおろおろとしながら泣き叫ぶのでございます。


なにゆえか?

それはねそれは。
また朝になった。だからワタシに薬をのまされる!
と思っているからさ。

来る~来る~~きっと来る~~~
お世話係が来る~~~
とないているのさ。

ワタシは貞子かっ?(。-`ω-)

e0142430_9182886.jpg

by nomanyan | 2016-06-25 12:25 | にゃんこ隊 | Comments(0)

テンちゃん。ワクチン接種

テンちゃん、ワクチン接種しました。

ニーナちゃんがワクチン打った翌日、具合が悪くなったので
テンちゃんも少し心配してたのだけど
う~む。正直言って,接種後具合が悪かったかどうかよくわかんない。

だって仕事に行かねばならなかったのだもの。ワタシ。
テンちゃんの様子を見てあげられませんでした。
朝、階下に降りて来ず、2階にいたの。
で。ちょっと心配になり様子を見に行った。
大丈夫?テンちゃん?
と声をかけてみた。

猫かごにつまるテンちゃん。
e0142430_1128324.jpg

ニーナちゃんほどではなかったけど、やっぱりちょっと具合が悪かったんじゃないだろか。
なんかいつもと違う感が。

椅子のひじ掛けのところがボロボロでございますなあ。
にゃんこ隊の爪研ぎ場所となってるからなの( ;∀;)
爪研ぎ買ってあるんだから爪研ぎで研いだらいいと思うの(T_T)



ニーナちゃんがワクチン打ってもらった翌日に具合が悪くなっちゃってたのだ
と先生に言ってみた。

年齢のせいなのか、腎臓の具合が良くなくなってるせいなのか
たまたま具合が良くなかったときに打っちゃったのか
と言うと
「ハイ。どの可能性もあると思います」
と言われちゃったよ。

つまり原因はわかんない、と。
そゆことね(._.)


テンちゃんは年齢の割に毛もつやつやで、
動きもすばやく(老猫のわりに)
そしてごはんももりもり食べる。
常に庭に出て、フェンス越しに外をウロウロしてる白黒猫さんにわ~わ~言う。
とても元気に見える。

・・・だけどな~~
オン年、15歳だからな~~~
油断がならないけどねえ
このまま20歳にも25歳にもなってほしいのだ。

ガンについて
by nomanyan | 2016-06-12 10:11 | にゃんこ隊 | Comments(0)

だいじょぶ!

だいじょぶ。

あれから毎朝ニーナちゃんとパッチ君とあちゅ坊にお薬をのませてますが
なんてことござーません。
案ずるより産むがやすし。

よくよく考えてみれば
「嫌われちゃうよう(/ω\)」と悲観するほど
元からワタシ、愛されちゃいませんって( ̄ー ̄)

ほっほっほっほっほヾ(  ̄▽)ゞ
そ~ゆ~ことよ!
そ~ゆ~こと!

以前とな~~んにも変わりはないの。
そお!
「嫌われる」って心配するってこたー、
「以前は好かれてた」って思ってるってことよね?

やだん。
よく考えてみりゃそんなに好かれてもいなかったわけよ
だからさほど変化はないの!(*゜▽゜*)

数日前のワタシに言ってやりたいわ。

「だいじょぶ!気にすんな。もとからさほど愛されちゃいない!」( ̄▽ ̄)b

というわけで、投薬にいそしむ日々よ。
朝1回だけで済むからありがたい。

ただ、忍者のように気配を消して潜んでるあちゅ坊とパッチ君を
探さねばならないために、
朝、30分早く起きなければならなくなっただけ~~~ヽ( ´ー`)ノ

e0142430_12314475.jpg

by nomanyan | 2016-06-06 12:13 | にゃんこ隊 | Comments(4)


15歳8ヶ月でお空に旅立ったゴールデンレトリバーのノーマとノーマを大好きだったにゃんこたち


by nomanyan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フォロー中のブログ

Retrievers O...
タバサは語る
ワチャたけ奮闘記
 GR-JUNの思い出と日常
CANDY’S BLOG
笑いのある生活

ノーマの親戚ちゃんとお友達

カテゴリ

全体
日常
おでかけ
お友達
にゃんこ隊
腎不全
お世話係のつぶやき
口内炎
炎症性腸疾患
肥大型心筋症
猫伝染性腹膜炎
猫白血病ウィルス症
ノーマの病気
歯根膿瘍
乳腺腫瘍
てんかん発作
リンパ腫
気管支炎
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

最新のコメント

寒くなって、朝晩は冷える..
by ちーしゃん at 23:51
心よりお悔やみ申し上げま..
by ベンのママ at 10:19
お世話係りさま なんと..
by saba-sava-cat at 01:52
おおっ!Σ(゚Д゚)!H..
by nomanyan at 15:06
お久しぶりです~!笑える..
by Hisami at 15:17
ベン君のママ様 ご..
by nomanyan at 00:00
ごめん字が違った。麻央ち..
by ベンのママ at 14:17
元気がなによりよ~ベンが..
by ベンのママ at 14:14
ベン君のママ様 お..
by nomanyan at 12:37
大変な日々ですね。心配な..
by ベンのママ at 11:57

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫

画像一覧