カテゴリ:にゃんこ隊( 320 )

5月1日。クロチ帰宅

何度も寝返りをうって、クロチはどこに?
寒いんじゃないかな?
もう2日ごはんを食べてないのに・・・

とうじうじと考えてあまり寝られず。

5時にはすっかり目が覚めて、でも懐にニーナやらニャーニャやらテンちゃんやらミーアちゃんやらが
いるのでじっとしたままで、

は~~~今日もクロチは帰ってこないのかな?と悲しくなる。

5時半にノーマちゃんがむくっと起き上がり、家の中をテケテケ歩き始めたので、
ワタシもあわてて起きて、庭に誘導する。

誘導しないと家の中でおちっこしてまいますからね。

昨日も庭に出るたびに「くろち~~~!」と何度も名前を呼んでみたけど、一切反応はなく、
今日も反応はないんだろうなあ・・・と落胆しながら
ノーマちゃんのおちっこを見守っていたら、

e0142430_1822257.jpg


「あ!」

という声が!!!


クロチっ?!

いや。クロチはあんな声ではない。だけどクロチかもよっ?
セラの声ではないし。よその猫から声をかけられるはずもないしと思って

「クロチ?」と呼ぶと

「あんっ!」と応える。

クロチだ!(涙)

クロチ~クロチ~と声をかけると車の下にいるようで、そこから「わあ~」といつもの声で応える。

おお~よかった!帰って来た!

猫を保護するときは発見してから1時間はかかるものと覚悟をして、あせって追い掛け回してはいけないと
ネットに書いてあったよ。

ノーマちゃんにはちょっと庭で待ってもらって・・・

こんなところにセラが来て、クロチを追い払ったりしたら困ると思っていたけど、セラは姿を見せず。
どこかに遊びに行ってるのかな?助かった!

車の横に座って、クロチの方から寄ってくるのを待つ。

ず~っとわあわあ言いっぱなしのクロチ。
車にスリスリして、ワタシを見て、ワアワア言う。

おいで。ここにおいでと呼んで、ちょっとずつ座ったままクロチのそばに寄っていく。

手が届くところまで来たので、手を伸ばすとあっさりと抱っこされるクロチ。

やった~!

クロチを抱きかかえ、おちっこを終了させてむっとしてるノーマ(何してるわけっ?って言いたそう)
を伴ってお家の中へ入る。

e0142430_17552483.jpg

(この写真はその数時間後に撮ったもの)

玄関にクロチをおろすとにゃんこ隊が全員出迎えてニオイを嗅ぎまくり。
みんなあんまり心配してそうな様子はなかったけど、
いちおうクロチが「帰って来た」ということはわかるのね(^^;)

クロチ無事帰宅の知らせをまさのすけにメールを入れる。

は~~~~~ほっとしました~~~~~

脱走してもすぐにおうちに帰って来なきゃだめじゃないのっ!
どんだけ心配したと思ってるんだよっ(涙)

フェンスも開けて待ってたのにっ
e0142430_17535923.jpg


クロチを家に入れたとたんにセラがぴょ~んと庭に戻って来て「朝ごはん~!」とないていました。

e0142430_17544988.jpg

偉いぞセラ。
静かに見守っていてくれて助かったよ。

セラ的にはただ単にクロチがいつまでも自分のテリにいられるのがいやだったから
とっとと回収されてほしかったのかもね。
by nomanyan | 2010-05-03 18:04 | にゃんこ隊 | Comments(4)

4月19日。兄弟猫

この日もちょっとだけ外を歩きました。

e0142430_22184032.jpg


ふと見たら、しっぽをぴんと立てたセラが一目散に駆け寄ってくるところでした。

一瞬、「ぎょ!猫が走ってくる!」とあせったのですが、落ち着いて見たらうちのセラでやんの。

とても久しぶりに見た光景だったので、思いがけなくてびっくりしてしまいました。

しっぽをピンと立てているのは子猫がお母さん猫のところに走ってくるときにする仕草だとか。
猫は基本、群れでは生活しない生き物ですが、子猫時代は当然母猫と兄弟猫と暮らしているので、
人に飼われている猫は人を親猫、同居してる猫は兄弟猫とみなしていて、
自分は子猫の意識なんだそうだ。

てことは、セラにとってワタシは母猫で、ノーマちゃんも兄弟猫なんかな?(^^;)

かわいいなあ~(*^^*)
猫もほんとにかわいいんだよぅ

犬と違ってよそさまに愛想をふりまかないから、他人には猫のかわいさってわかってもらいにくいのが
ひじょ~に残念ですて。

ね~ノーマちゃん。

e0142430_22231220.jpg


ちょ・・・
なんて顔してるんですか。
兄弟猫と思ってくれてるんだからもっと愛想良くしてあげなよ。




ちなみにノーマちゃんは家の中でもにゃんこ隊に人気者
e0142430_22393156.jpg


e0142430_22401490.jpg

by nomanyan | 2010-04-26 22:31 | にゃんこ隊 | Comments(8)

4月1日。ニャーニャのおちり爆発事件

ブログで仲良くさせていただいてるゴル友さまのおうちの猫さんが肛門嚢炎になったと日記で拝見しました。

びっくりだわあ。お互いに保護された時期も一緒くらいで、なおかつ先住ワンのためにもう一頭ゴルを飼おうか?と悩み中に保護してしまったためにゴルの多頭飼いを断念した、という経緯も同じで。

しかもおちり爆発事件(肛門嚢炎)まであるなんて。

というわけでニャーニャのおちり爆発事件について思い出したので・・・


何年前だったでしょうか?5年くらい前?

ある日、ニャーニャが元気がないことに気づきました。
うちは猫は多頭飼いなので、正直、あまり細かく毎日の食欲とか、うんpの様子とか
見てあげられてない状況です。

気づいたときには具合がぐっと悪くなってる、ということもきっと、あり、です。


さて。

あれ?元気がないような気がする・・・と思った翌日、ニャーニャの姿が見えないので、
探すと、2階の寝室で猫ハウスをひっくり返して、その中にひっそりと篭っていました。

そして、なんだかちょと臭う???

ハウスの中から抱き上げて身体を見ると、おちり(肛門の下あたり)が赤くただれていました。

こっ・・・これはっ?!(大汗)
にゃんこ隊の誰かと喧嘩して、傷がついて、それが化膿したのかっ?

それにしてもめちゃ痛そうだ。これは大変・・・(T_T)

と、あわてて病院に連れて行きました。

「連れて行きました」と簡単に書きましたが~~~~~~~~

・・・ニャーニャを病院に連れて行くのはそれはそれは大変で。

ノーマの大変より数倍大変です。

連れて行く途中でどこか行ったら大変なので、首輪をして、リードをし、
抱き上げて玄関を出ようとした瞬間に、ダ~~~~~~~~~~~~~

っと、おちっこをされてしまいました。

ええ、そうです。失禁でつ。
ニャーニャはびびりんなので「外に連れ出される!」と思っただけでこんなに怖がってしまうんですね。

だからちょっとやそっとの具合の悪さでは病院に連れて行くと、かえって具合が悪くなる、
という悲しい展開になるんですね。

というわけで、ちっこにまみれてしまったので、ワタクシは着替えて(T_T)
ニャーニャのあんよとおちりもふいて、

はなせ~!!はなせ~~!!どこに連れて行くんだよおおおお!!!!

と大騒ぎするニャーニャを車にのせて、病院に行きました。

ワタシは傷から化膿したと思っていましたが、病院での診断結果は

「肛門嚢が炎症起こしてますね!」

ワタシ「い?てことは、肛門嚢炎?猫にも肛門嚢があるんですか!」

先生「あります。犬にもあります。人間にはありません」

ワタシ「・・・・知ってます(-_-;)」

とにかく、これは消毒して、傷口が治るのを待つしかない、ということでした。
小さな傷口だったら縫うことも可能ですが、ニャーニャの場合はあまりにデカイ傷口なので縫うこともできない。

ということでした。

先生「傷口が表面だけ乾いては困ります。内側がまだ化膿してるのに外だけ治っても意味がないんです。
だから、傷口は乾かないようにしておかないといけません」

ワタシ「はあ」

そのために傷口に濡れたガーゼを縫いつけようと思いますがいいですか?

と言われました。



はっ?!
今、傷口に「ガーゼを縫いつける」と言いましたかっ?

ききききずぐちに、ガーゼを、ぬぬぬぬぬいつけるっ?

ぬいつけるってっ?
ぬ・・・・いつける・・・っってっ????

どこに?尻にっ?
えっ?!
直にぬぬぬぬいつけるっ?
え~~っ????!!!!!

と頭の中でぐるぐる考えてるワタシをよそに
先生は「いいですか?」と聞いたわりにはワタシの返事も待たず、てきぱきとガーゼを取り出し、
ニャーニャの尻に濡れたガーゼを縫い付けていました(^^;)

釣り針のような形をしたほそ~~~~~い針で、ちくちく縫いつけていました。

ほえ~~~~~~~

こんな治療法もあるんでございますね(^^;)

ニャーニャ、耐えろ。我慢してくれ。とナデナデしながら縫いつけてもらいました(T_T)

そしてこのガーゼが乾いてはいけないので毎日連れてきて下さい、と言われました。
そして、ガーゼを取り外さないようにエリザベスカラーをつけられて、帰宅。

ふ~~~~・・・・

はいはい~やっとおうちですよぅ、とニャーニャを玄関に置いてあげると、
様子を見に来てた他のにゃんこたち。

全員、固まってるっ。

あり?どしたの?

あ~~~、ニャーニャのエリカラが怖いん?
やだ~ん。ニャーニャだよぅ。だいじょぶだいじょぶ~!

とワタシは言ってたのですが、にゃんこ隊は全員物凄い勢いでくもの子を散らすように
逃げ去って行きました。

あとにはエリカラをつけて、へっぴり腰で身動きできずにじぃ・・・っとしてるニャーニャが

ぽつ~ん、と。


初めてのエリカラはニャーニャにとって、大変でした(^^;)

まずはまともに歩けない。

歩くたびに重さでかっくんと頭を下げてしまう。
床にエリカラが当たるのでニャーニャが頭を上げる。
また下がる・・

を、繰り返し、ニャーニャはかっくんかっくんとまるでお辞儀をしているかのように歩いていました。

ちょ・・・そんな風にしか歩けないん?
ノーマちゃんもエリカラつけたことあるけど、そんな風にはならなかったよ?
何でニャーニャはそんな風になるんだろう???

本猫は大変そうでしたがワタシ的にはすんません、ちょっと可愛くて笑ってしまいました。すんません。

その様子もまた他のにゃんこ隊にはすげ~怖かったようで、
ニャーニャが歩いて来ると、他の猫たちはとびすさって逃げておりました。

ニャーニャ。。孤独な日々。

エリカラが家具などにひっかかって、動けなくなって、そのままじっとしてるので、
家具からエリカラを外してあげると、またかっくんかっくん歩き回る。

お水やごはんはふつ~に食べられてましたね。
ただ、家具の上には自分で乗られない(あちこちにひっかかるので)ので、抱っこして乗せてあげたり
下ろしてあげたり。

トイレも大変でしたよ。
ニャーニャは猫なので、おトイレをした後は砂をザッザッとかくのですが、その間においを嗅ぎますよね?
そ~すっとエリカラが猫砂について、ヘタをしたらいましたばっかりのうんpをエリカラでラッセルしてまう!
ということにもなり、ニャーニャのエリカラにうんpがついたりしてたんだな(T_T)

そんな不自由な毎日がニャーニャにはたい~へん不安だったらしく、
エリカラをつけてる間、ワタシにものすごくひっついて来ていました。

ワタシが座ればかっくんかっくんしながらやってきて、膝に乗り、ぐおおおおっと顔を近づける。

いや・・そう近づかんでも(^^;)

エリカラがワタシのデコやら喉やらにぐ~~~~っと食い込む。

いでででで・・・ニャーニャ、いだいんですけど?
それにこのエリカラ、ときどきうんpが付いたりしてますや~ん(^^;)
拭き取ってはいるけどさ~
ちょっとヤな感じがするんですけどお?

気持ちはわかる!
気持ちはわかるが、もうちょっと離れてもいいと思うよ?
そんなに近づいたらお互いの顔しか視界にありませんやん!
危険ですやん!



2週間ほど通いましたかねえ?病院。
連れて行くときは毎度必ず失禁なさるので、着替えることはもう最初から想定した服を着て、ニャーニャをバスタオルで巻いて抱き上げていたっすね~(^^;)

先生が「他の猫の様子はどうですか?まだ怯えてます?」

ワタシ「いえ。最近では『あの人(ニャーニャのこと)はあんなだからね!』と思うようになったようです」

先生「あ~それはよかった。人間もそうですね。そう思えるようになると楽です。お互いに。あの人はあんなだからね~!ってね」

ワタシ「ですね」


一回肛門嚢炎をした子はまたなりやすいんだそうです。
何度もこうなるようだったらいっそのこと肛門嚢を除去する手術をする、という手もあるんだって。

あ、じゃあそんな危険を抱えて生きるより、いっそのこと除去しちゃったらどうでしょう?
なかったら死んでしまうとかそんなものではないのでしょう?
とワタシが言うと、先生は「う~ん・・・」

あら。まずいんですか?

先生「ニャーニャちゃんのアイデンティティが・・・ねえ」

はあ・・・あいでんてぃてぃ・・・

個体識別に欠かせないということはわかっていましたけども~~~
・・・そうですか。ニャーニャのあいでんてぃてぃに関わりますか。
ニャーニャそんなにあいでぃんてぃてぃがどうこうとか考えてるんでしょか。
いや。ワタシが思ってないだけでニャーニャ的にはすごい大切なことかもしれないもんね。

どうやら人間にはわからんけどわんにゃんには肛門嚢は大事なようです。
身体についてるもので不要なものはきっと何一つないでしょうから、きっと肛門嚢も大切なんですね。

ちなみにワタシはノーマの肛門嚢も絞れません。
ダメダメ飼い主です。

そしてラッキーなことにその後ニャーニャはおちりが爆発することもなく、元気に過ごしております。
by nomanyan | 2010-04-02 00:41 | にゃんこ隊 | Comments(8)

12月3日。ニャーニャ具合悪し

ニャーニャ。
e0142430_20415299.jpg

ニャーニャが元気がないのに気づいたのは2日。

朝、ノーマのごはんを用意してるのにニャーニャが台所に来ない???
いつもだったら「ごはんごはん~!」ってニャーニャ~すっごいうるさいのに。

あれ?昨日もそうだった?

と気づいて、きゅ~に心配になりました。

多頭飼いなのでにゃんこ隊については誰がきちんとごはん食べてるのか、食べてないのか
恥ずかしながら把握できてないのでございます。

だけどいつもだったら家の中で他のねことおっかけっこしたり、プロレスしたり、ノーマちゃんにスリスリしたり
ワタシにあ~だこ~だとにゃーにゃー言ったりするのに、やけに静か。

ずっと寝てる・・・・
き、昨日も寝てたんじゃない???と思い始める。

猫は2日ごはんを食べないと脂肪肝になるって聞いたゾ・・(汗)
昨日食べてない・・・
今日も???

ではもうそろそろ危険なんじゃないのっ?!!!(大汗)

いやいや、脂肪肝になることも心配だけど、それよりどうしてごはん食べない?

あっ!そういえば、昨日の朝、廊下に大量のゲロ(胃液のみ)があった!
あれはニャーニャ?

何で吐いた?何で何で?
何かおかしなものを食べさせた記憶はないけど・・・・

と、ドキドキしながら記憶をたどる。

あ~~~(涙)思い出せない~~~~~~~~~~!

おちっこは出てるのか?
こちらも2日出てないと尿毒症になって死んでしまう・・・・
猫は腎臓を壊しがち。
ニャーニャも若いと思ってたけどもう10歳なんだもの。
どうしてもっと気遣ってあげなかったんだろう!!!

いっぱい後悔しながらニャーニャの様子を見守る。

近所の動物病院だったら土日もやってるから・・・どうしよう?
連れて行こうか?
と思ったものの、病院に連れて行こうとすると失禁するほど怖がるニャーニャなので、
もう一日だけ様子を見ることにしました。

ドッグデプトのベッドにぐるっと丸まって寝てるニャーニャを夜中にそっと抱き上げてみると
すっごい軽くて、びっくり。
そのままワタシのベッドに連れ込んで抱いて寝ました。
ず~~っとゴロゴロ言い続けるニャーニャ。

やっぱり具合悪いんだねえ、猫って自分が具合悪いときもゴロゴロ言うもんね。

ノーマちゃんがシニアで大きな病気を持ってるから、どうしてもノーマちゃん優先になってたけど
それはニャーニャがノーマちゃんよりもたっぷり時間を持ってる、と思ってたからであって、
こんなに元気がないニャーニャを見ようとは思わなかった・・・

ニャーニャがこのままいってしまったら私はどれだけ後悔するだろう・・・

メソメソメソメソ・・・・・(涙)

とワタクシ、一晩中メソっていました。


そうして長い夜があけて、翌日。
相変わらずごはんは食べないニャーニャでしたが、台所に来て、空き箱で爪をばっつんばっつんと研ぎました。

おおお!
具合が悪いのに爪は研がないよね?
ちょっとは元気になったのかなっ?・・・・

と見てると、トトトト・・・と廊下に出て行って、ざしざし砂を掻く音が。

お!トイレに入ったっ(喜)

こそ~~~っと猫トイレを覗きに行く。

どうやらちゃんとおちっこも出てるもよう(嬉し涙)

本調子ではないけれど、なんとか危機的状況ではないようで、ほっとしました・・・・



こちらはセラっち。
e0142430_21124695.jpg


ミーアと仲良く寝られてよかったねえ(^^)

みんな元気で仲良く長生きしておくれ。
どうかお願いします。
by nomanyan | 2009-12-22 21:16 | にゃんこ隊 | Comments(0)

9月14日。またたび

猫にまたたび。

と言いますが~

猫によっちゃ、まったく反応がない子もいるようです。
反対にすごく好きな子もいるようで、個体差があるんですねえ~

「酔っ払ったようになる」と表現されることもあるようですが、
ワタシにはあんまり酔っ払ったようには見えないんですけどねえ。

ぐりぐりすりすりした後に、めちゃテンションが上がったりしますなあ・・・

そろそろ爪とぎがぼろぼろになってきたので、新しい爪とぎを買って来ました。

その爪とぎの中に粉状のまたたびが入ってるのですが、
うちのにゃんこ隊はこの爪とぎに同封されたまたたびが好きなんですねえ。

木のままのまたたびとか、実のまたたびとか、粉状のものとかいろんなタイプのものが売ってるのに、
それにはあんまり反応しませんの。
どう違うんでしょか?(^^;)

ビニールを外して爪とぎを床に置いてまたたびを撒いてみると
めちゃ集まってきました~(^m^)
e0142430_23575127.jpg


ミーアはまたたびが大好き。
スリスリしてご満悦(^^)


セラのスリスリ後のハイテンションぶりはこちら。


猫がテンション上がると猫キックかまされたりするのでご注意(^^;)
by nomanyan | 2009-09-15 00:04 | にゃんこ隊 | Comments(2)

7月18日。自発的

セラが自発的におうちに入ってくるようになりました。

e0142430_21155854.jpg


まだ目の上は傷がありますが、だいぶ目が開けていられるようになりました。
他には何も傷がないので、コレさえ治ればおっけ~。

今日は何回かおうちの中に自発的に入ってきていました。
余裕が出てきましたね。

傷が治ってきたのと慣れてきたからだね。

入ってきて、ニーナとごあいさつ。
猫のご挨拶は鼻チューですね。
e0142430_21175520.jpg


この挨拶の後、ケンカになるときゃなります。
どちらかが大声をあげて、片方が引けばそれで終わりですが、お互いにわめきだすと
それはケンカに発展する場合がほとんどで。

今回は軽くニーナちゃんが「に~え~~~!」と大声を上げましたが、上げた方のニーナちゃんが
すたこらと向こうに行ってしまったので、それで終了。
よかったよかった。


あちこちにスリスリしてまわって自分のニオイをつけています。
e0142430_21205476.jpg



他のにゃんこ隊もセラを見るとちょっと緊張していますが、特に突進してくるでなし。
あわてて逃げるでなし。
びみょ~に距離をとって観察しながら生活している、といった感じです。

夜になって、あちこち歩き回るセラ。
外に出たいと思っているんでしょうか?
それが心配。
ようやくにゃんこ隊ともなじんできたので、もう外の世界のことは忘れて室内猫になってほしいのですが
ず~~っと外で暮らしてきた猫なのでそれがストレスにならないか心配です。


夕方のノーマちゃん。そろそろごはん?と台所のそばにやってきました。
水を飲むニーナちゃんを見ています。
e0142430_2123254.jpg



だけどいざ用意して持っていったら
e0142430_21244593.jpg


たま~におなかがぎゅるる~と音がするので、ちょっとおなかの調子がよくないようです。

胃腸を休めるために、ワンコはときには絶食もいいんだそうです。

ノーマも今夜は食べたくないというのなら消化器系がそれなりの状態なのだろうから
このまま晩ごはんはなしですねえ・・・

だけど、お薬(抗てんかん薬と甲状腺の薬)はじぇったいにのまさないといけないので、
この寝転がったままの状態でクリームチーズにくるんで
お口にねじ込んでやりました(^^;)
ノーマの投薬はラクチンだなあ。

明日は食べられるといいねえ。
朝もお昼も元気に食べていたので、食べすぎ?エアコンのあたりすぎ?
by nomanyan | 2009-07-18 21:42 | にゃんこ隊 | Comments(6)

セラの経過

7月16日(木)

おはよう~!セラ。
ゆっくり眠れたかい?
e0142430_10134296.jpg


まだまだ「借りてきた猫状態」

注射を打ったのが13日、14日。
15日からお薬をのませることになっていたけど、15日の朝はのませられたものの、夜はだめだった。
なので、ちょっと元気がない?
抗生物質はきちんと決められた期間飲ませましょう(^^;)

朝ごはんも食べず。
朝はめちゃ元気なしで心配しましたが、
午後からはノーマプールダンボールの中でずっと寝ていたものの、食欲もあって元気だったそうです。


ノーマっちは元気です。
げりpも止まっています。
この朝はそんなに暑くなかったのでアンチオーバーヒートTはなしで。
e0142430_956527.jpg


記録ですから(^^;)
歩いてるところを撮ろうとしても下を向いてるし、顔をそむけるし。
いい写真を目指すのはむりなんで~(^^;)記録として撮ってるだけですから。
今日も歩いたなあ~、歩けたなあ~って、ね。

にゃんこ隊もセラとは距離を置いています。
タワーの上に避難しているミーアちゃん。
e0142430_1052381.jpg



7月17日(金)

庭でおpっこを済ませようと歩き回るノーマと寝てるセラ。
e0142430_1073971.jpg


庭でおpっこ済ませてしまったので、このあとお散歩には行かず。


セラの様子は
e0142430_1084256.jpg


まだ痛々しいですねえ~


e0142430_10997.jpg


でも、腫れもだいぶ引いたんでない?
あとはお薬をきちんとのんで(^^;)ごはんを食べて、ゆっくり寝てください。

この日はドライフードも少し食べたそうです。

ワタシはお薬飲ませに悪戦苦闘しています。
by nomanyan | 2009-07-18 10:24 | にゃんこ隊 | Comments(4)

7月15日。にゃんこ隊と混ざる

7月15日(水)

「庭」にいるセラ。

ノーマ家の庭はフェンスに囲まれて、ネットが張られてにゃんこ隊が外に出られないようにしてある庭と
玄関側のフリーな庭がある。

セラはずっとそのフリーの庭にいたのだけど、もう室内猫になってもらうために今はフェンスの内側の庭にいる。

おはよう~セラ~!
e0142430_22502662.jpg


ノーマプールの箱の上にいます。
月曜日はこの中に潜んでいたのでした。
猫は隠れる場所があるほうが落ち着くだろうから、と思ってこちらの庭に置いてみたのです。

抗生剤は効いているかな?
ごはんは食べられるかな?

ノーマちゃんが庭に出る!と言うので、あける。
庭にセラがいることは既に昨日の夜ににゃんこ隊はみんな気づいていたようで、
みんなセラを見ながら庭に出る。

しまたとパッチがセラを見ています。
e0142430_22535027.jpg


e0142430_22584054.jpg


しまたと普通にすれ違えました(^^;)ちょっとドキドキしました。


みんなと仲良くしてね。
e0142430_22594661.jpg



この後、特にもめることもなく、セラもくつろいでいました。
e0142430_2315782.jpg



ノーマちゃんも元気ですよ。
太陽が昇ってからの朝のお散歩だったのでアンチオーバーヒートTシャツを着てもらって歩きました。
e0142430_2323464.jpg



e0142430_234634.jpg


今日はお留守番の日です。

さすがにワタシの見てないところでにゃんこ隊を全員フリーにするのはちょっと怖いので、
いつもフェンス越しにセラとわ~わ~大声を上げあっていたしまた君と、脱走兵テンちゃんとテンちゃんの保護者クロチ君とびびりんパッチとあちゅ坊は2階の猫部屋に監禁して、エアコンを入れておきました。


夕方、あわててうちに帰り、ノーマちゃんと晩御飯を食べて、
それからセラを病院に連れて行かねば!

今日も抗生物質を注射してもらって、5日分のお薬をもらって帰る。

セラは本当に根性が座ってますよ~
病院もぜんぜん怖くないようです。

診察台の上であちこちくんくん嗅いで、余裕のよっちゃんです。
クロチ君は病院に行ったときはがたがた震えてワタシの腕に顔をうずめてしがみついていました。
ニャーニャは病院連れて行こうとすると失禁してしまうんだよぅ(^^;)

やっぱり外にいる子は強いなあ。
by nomanyan | 2009-07-16 23:21 | にゃんこ隊 | Comments(4)

7月14日。病院へ行く

7月13日(月)

朝、セラがいませんでした。
すぐ帰ってくる?と思っていたけれど夕方になってもいない。

朝も夕方も庭で「せら~!せ~ら~~~!」と呼んでみたけど反応なし。

セラはいつもワタシが呼ぶと返事をするし、すぐに駆け寄って来る猫だから、
うちの庭やそこいらへんにはいないってこと?

朝ごはんも晩ごはんも食べないなんて。
猫は絶食しちゃいけないのに。

夜になっても帰ってこない。
何度も庭に出てみるけれど、し~んとしてる。

リベンジに行った?
このまま帰ってこないんだろうか?

よくないことばっかり考えてしまう。


日付が変わって7月14日。
明け方4時前にノーマちゃんがハアハア言い始める。
最近たまに言うんだよねえ。
心臓が悪いんじゃないかと心配になるんだけど。

お水をだっぷんだっぷん飲んでいる。
暑いのかな?
単に暑いだけだったらいいんだけど。

お水を飲み終わったノーマさんは掃き出し窓の所に立っている。

トイレかな?と思って窓をあけてあげるとノーマは出ないでにゃんこ隊が「やったああ~」とばかりに
ど~っと庭に出る。

我が家ではこれを「ノーマの猫追い出し作戦」と呼んでます。
ノーマの作戦通りににゃんこ隊が全員庭に出てテーブルに乗ったり草を食べたりしてるけど
テンちゃんだけは外に出さない。
なぜならテンちゃんが脱走して近所をうろうろしたらセラがよりかえれなくなるかもしれない
と思ったから。

テンちゃんだけ2階の猫部屋に監禁。
しばらくしたらしまた君がわ~わ~叫び出したのでしまたも捕獲して2階に。
ご近所迷惑だっちゅうの。まだ5時にもなってないのにっ。

まだセラは帰ってないんだろうか?と見に行くがやっぱりいない・・・(涙)

部屋に戻るとノーマちゃんが庭でおちっこしてる。

うんpをしにお外に行く?と誘ってみたら門扉の外にまで出たのは出たけど、すぐに引き返してしまった。

ノーマを家に入れて、もういちどセラはいないのか見る。
ノーマのプールが入っていた箱を念のため持ち上げてみたら、なんとその中にセラが!!

ああああ~~~いたあああ!こんな中に!
よかったああ!!!

だけど見ると目の上が腫れている。化膿してしまって左目が開けられない状態。
身体も熱い。

あ~~~~~これは~~~~~~~(T_T)

もう外には置いておけない(>_<)
この状態からもっと具合が悪くなったらどこかに行ってしまうだろう。猫って具合が悪くなると隠れてしまう。
そしてもうおうちに帰れなくなってしまうんだ。

そう思ったのでセラを抱っこして家に入った。

幸いなことに喧嘩っ早いしまたとテンちゃんは2階だし。
さっきミーアを追いかけようとしてたからニャーニャも「ごるあ!」と私に怒られて
2階に入れられたところだし。

あとは大人しいパッチとクロチとニーナとミーアだけだもん。
きっと大丈夫。
セラもこんなに弱ってるから(^^;)ケンカを売る元気はないでしょう。

昨日セラに食べさそうと思っていたマグロとサーモンのお刺身をあげてみたけれど嗅ぐだけで食べない。
いつもは好きな缶詰も食べない。
お水も飲まない。

庭のほうが落ち着くかな?と思って抱っこして庭に出てみる。
e0142430_2157220.jpg


お顔の写真はちょっと自重しますデス。
あまりにすごいことになっていて。セラにとって不名誉だし(^^;)

目の上が腫れて化膿しているのでお目目が開けられないようです。

ずっと抱っこしていられないのであの暑苦しいおざぶの上に置いてあげたら寝てしまいました。
e0142430_21592129.jpg



パッチはセラが怖いので自主的に2階に避難。
クロチとニーナは遠巻きにしてセラを見ていました。もちろんミーアも。
この子たちにも相手が具合が悪いことがわかるんだよねえ。
みんなシ~ンとしてとても大人しかった。

昨日一日何も食べてないはず。
きっとお水も飲んでないし。
そう思ったのでヤギミルクをお水で溶いて注射(針のないの)でお口の横から入れる。
4CCくらい?飲んだけど、ちょっと嫌そうだったので無理強いはせず。

まさのすけがかつおぶしをあげたらワシャワシャ食べていたらしい。
でもフードは食べず。
きっと熱があるから食べられないんだね。
e0142430_2361529.jpg



夕方、近所の病院に連れて行く。
ケージに入れようとしたけれどうまくいかなかったのでお洗濯ネットに入れて連れて行く。
注射をしてもらって、また明日も注射だそうだ。
そして明日から抗生剤を飲ませることになるんだそうだ。

注射もぜんぜん平気そうなセラ。
先生と看護士さんにめちゃ褒められた(^^;)

そしてセラはお庭(フェンスの中の庭)で寝ることになりました。
最初は部屋にケージを置いてその中に入れようかと思ったけれど
おうちの中より庭がくつろげるセラだから今は身体のためにゆっくり寝てもらいましょう。
あの隠れてたプールの箱も置いてあげたし。
ラウンド型のハウスも置いてあげましたよ。
どこでも好きなところで寝てね。

そしてリビングにゃんこ隊は庭には出さず、みんなおうちの中にいてもらう。
ストレスにならないようにしばらくは住み分けながら慣れてもらう作戦です。

・・・うまくいきますように。

ノーマも病院に行ったんだよ
by nomanyan | 2009-07-14 23:06 | にゃんこ隊 | Comments(8)

7月12日。今日のセラ

朝ごはんをあげにいくと元気に「にょ~ん!」とないて駆け寄ってきたセラ。

よかったよかった。
ちょっと元気になったようです。

でもお目目は腫れています。

ケンカ相手の子があちこち噛んだのだから身体にもその子の唾液がついてるだろうし、
それをセラが自分で舐め取るのもどうなんだ?と今日になって思い至って、

ガーゼを水に浸して絞ったもので全身をふいてあげました。

本当は昨日やっとくべきだったなあ・・・とも思いましたが、昨日はまだ身体を硬くしてたから
やらせてくれなかったかもねえとも思いなおし

e0142430_051317.jpg


いんや。それは痛い。

ゴロゴロ言ってスリスリしてくるセラ。
いつものセラになっています。

e0142430_072483.jpg


甘えん坊です。じぇったい膝に乗ってきます。

草むしりをしてると傍にスリスリしてくるので、ダンボールを庭に置いてあげたら、その上に寝ていました。
保冷材をタオルでくるんだものを枕にしています。
e0142430_09137.jpg



ご近所にかわいい茶トラの猫さんがいますが、どうやら今回のケンカはこの彼ではなかったようです。
今日の夕方買い物に行ったのですが、帰りにその彼がお散歩中の人になでてもらっていました。

その様子を見たらどこにも怪我もなくニコニコさんでした。

そうだよねえ。
あの子だったらお互いにもう知ってるし、こんなトコトンなケンカはしないよねえ。
猫も基本はケンカをしたくないらしいです。

昨日寝っぱなしだったお嬢さんは今朝は早くお目覚めになり、ごはんは?ねえ、ごはんは?
とワタシが寝てるのを不満そうな目で見ていました。

今日もほとんど寝ていました。
だけど私たちのお昼ごはんにまで興味を持ってそばに来ていましたから昨日よりかは
動いていますね(^^;)

e0142430_0141517.jpg


ミーアちゃんはノーマちゃんが好きだからしょうがないですよ。
我慢してあげてください。
ぴとっとひっついてきてないだけマシでしょ?

ノーマの寝てる近くにニャーニャもいます。
e0142430_0144014.jpg


つまりニャーニャとミーアが近くにいるんでございます!

なにげない風景ですが、ワタシ的には嬉しい~~ん(T_T)
こんなに近くにミーアとニャーニャが同時にいられるなんて!

ミーアは乳飲み子のときに捨てられていて、人工保育でまさのすけの妹に育てられていました。
なので人間は大丈夫なのですが猫との付き合い方がちょっとヘタなところがあって、
ニャーニャにとても嫌われてしまいました。

2006年8月くらいから関係がおかしくなって、一時はミーアはニャーニャに噛まれて怪我までさせられ、
怖くてクローゼットに隠れていたミーアはおちっこもうんpもしに行けなくて、おまけに追い詰められて怖くて
遂に脱糞までしちゃった

ということがあって、同じ空間に置いておけず、夜は2階でニャーニャは寝て、昼間ニャーニャがリビングや庭にいる間はミーアは棚に隠れていたりクローゼットに隠れていたり、という生活でした。

あぁ・・あれから3年。
今ようやく同じ部屋にいてもニャーニャがミーアを追い詰めることもなく、ミーアがおどおどしてしまうこともなく
普通に暮らせるようになりました。

分離生活させてると何が不便って、他の猫たちにとってはスゲ~迷惑。

2階の猫部屋にニャーニャを入れると他の猫はそこに入れない。
他の猫も2階に入れると、リビングに自由に下りて来られない。
ニャーニャとミーアの不仲のおかげで他の猫たちは不自由を強いられていたのでした。

それが今は好きなときに2階に行けて、好きなときに1階に下りてこられる。
あぁ~~自由ってスバラシイ(^。^)

3年前の夏、ワタシの悩みは
1.セラが庭で暮らしていること。
2.ミーアとニャーニャの不仲なこと。
3.テンちゃんが脱走すること。
4.ノーマちゃんの病気のこと。

でしたのだ。

まだ他の3つの悩みは解決されていないし、4つ目の悩みなんて私にはどうしようもないことなんだけど、
3年経った今でもノーマは病気と共存しながらでも私たちのそばにいてくれてるんだから、
こんなにありがたいことはない、
と思っていますデス。
by nomanyan | 2009-07-13 00:46 | にゃんこ隊 | Comments(8)


15歳8ヶ月でお空に旅立ったゴールデンレトリバーのノーマとノーマを大好きだったにゃんこたち


by nomanyan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フォロー中のブログ

Retrievers O...
タバサは語る
ワチャたけ奮闘記
 GR-JUNの思い出と日常
CANDY’S BLOG
笑いのある生活

ノーマの親戚ちゃんとお友達

カテゴリ

全体
日常
おでかけ
お友達
にゃんこ隊
腎不全
お世話係のつぶやき
口内炎
炎症性腸疾患
肥大型心筋症
猫伝染性腹膜炎
猫白血病ウィルス症
ノーマの病気
歯根膿瘍
乳腺腫瘍
てんかん発作
リンパ腫
気管支炎
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

最新のコメント

おおっ!Σ(゚Д゚)!H..
by nomanyan at 15:06
お久しぶりです~!笑える..
by Hisami at 15:17
ベン君のママ様 ご..
by nomanyan at 00:00
ごめん字が違った。麻央ち..
by ベンのママ at 14:17
元気がなによりよ~ベンが..
by ベンのママ at 14:14
ベン君のママ様 お..
by nomanyan at 12:37
大変な日々ですね。心配な..
by ベンのママ at 11:57
さばっちちゃんの母さま ..
by nomanyan at 01:25
アリョーシャくんでしたか..
by saba-sava-cat at 01:35
ベン君のママさま ..
by nomanyan at 00:22

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫

画像一覧