カテゴリ:にゃんこ隊( 307 )

お子様と友達になろう。その3

サブタイトルは「一歩進んで二歩下がる」(._.)

夜、おもちゃで遊ぶときはクロエちゃんに触れる。
ただし、ベッドサイドで遊んでいるときに限る。

猫は場所や時間が大切な生き物だとつくづく思う。

ここでなら大丈夫。
と甘えることができる場所を決めてる感じ。

くぅちゃはソレが洗面所なのだ。
洗面所でならゴロゴロ大音量で喉を鳴らし、ぐりんぐりん甘えて来る。
でもリビングとか、他の場所では撫でてると途中で怖くなるのか
ケリや噛みやパンチが入るのだ。

どこでもいっしょにゃろ~?

というのは人間側の論理(T_T)で、猫らには通じないわよ。ええ。

ということで、クロエちゃんは夜、ベッドサイドで、おもちゃで遊んでる時
に限ってときどき触れる。
という状態です。

他の時間、朝だの昼だのは遊びもしないし、警戒心半端なし!!!
今朝だって、ブラシを取りに寝室に行ったら

クロエちゃんはケージの中から(自発的に入って寝てらした)
耳をヘタッとして身を伏せて硬くして、シャ~~~~~~~~!
とおっさる(-_-;)

昨夜、ベッドにまで乗って来て、ワタシの枕元で遊んでいたあの姿は何だったの?
と思う。

喜ばされて凹まされる。

ツンデレ???(+_+)

ジェーニャはまだ帰ってきません。
家の裏に置いてるごはんがすこ~し減ってたけど、
あれはクロエちゃんの両親が食べたのかもしれないし。
ジェーニャが食べてくれたのならいいのだけど。

あ。一つだけいいことがあったよ。
クロエちゃんが自分の名前を覚えました(^_^;)
by nomanyan | 2016-08-30 12:22 | にゃんこ隊 | Comments(0)

お子様と友達になろう。その2

毎晩、寝る前に小さいネズミがついたおもちゃを転がりまわして
お子様たちと遊ぶ。

ギャラリーはテンちゃんとくぅちゃ。
必ずワタシが寝室に行くときについてきて、子猫部屋で一緒に朝まですごす。
子猫と遊んではくれないんだけどね?

e0142430_11521983.jpg

テンちゃんはもう結構じーさんだからね。しょうがないよね(^_^;)
くぅちゃは興味深々でおちりを嗅いだり、鼻チュウをして子猫を確認してる。
でも遊んであげたりはしない。ええ。しないの。

クロエちゃんはおもちゃを出すとすぐに寄って来て、積極的だけど
アリョーシャはクローゼットに座ってこちらをじっと見てるのみ。
ときどき身を伏せて、とびかかりたそうなそぶりはするけど
でも遊ばない。

のが、27日までのこと。

8月28日夜。
いつものようにおもちゃで遊んでいたら、アリョーシャが
e0142430_11531486.jpg

出て来た!
e0142430_1154585.jpg


おおっ?!(゚∀゚)

さりげ~~~~にアリョーシャの方におもちゃを転がして猫心を誘ってみる。
ほんの少し手を出すアリョーシャ。

足らん(-"-)
足らんよ。アリョーシャ。そんなことでは楽しくなかろう?

その後、おちりをぷりぷりしてたかと思うと突然おもちゃに突進するアリョーシャ。

でもクロエちゃんの方がすばやいのでおもちゃ争奪にはあっさり負ける。

男女の違いですかねえ?
人間も子供の頃は女の子の方が丈夫でとっとと成長する感じ?

クロエちゃんはもうすっかりおもちゃで遊ぶのが楽しいようで、
フガフガ息が切れるまで走り回る。

いいねえ。いいよクロエちゃん。お子様はそうでなくっちゃ。

おもちゃで夢中な状態でワタシのそばに来たので、手を伸ばしてしっぽの付け根をさらっと撫でてみた。

怒らない!びくっとしない!(゚∀゚)

よし。もっぺん撫でてみたろ。

怒らない!ヽ(^o^)丿

よし!よしよし!!!

そしてしっぽの付け根ではなくて思い切って首筋も撫でてみる。
そ~っと耳の付け根、ほっぺも撫でる。
目の周りも撫でてみた。

逃げない!

きゃっほう!!!!!(≧▽≦)
こうよ!こうでなきゃ!お子様っ!

でも、あくまでそれはおもちゃに夢中になってるときだけだったよ。
その後、何回かまた触ろうとしたら
「シャ~~~~~~」って怖い顔されたよ(´・ω・`)

ベッドにも乗れるようになったクロエちゃん。
e0142430_11553559.jpg

お手手を触っても逃げなかったよ。

ひっくり返ってみせたりする。
e0142430_11562766.jpg

んまああああ~~
感激!!!


アリョーシャはまだじぇんじぇん触れません。
てか、近くに来ないのでね。

でもだいぶリラックスできるようになったようで、ワタシが寝てたら
ベッドの枕元にあるキャットタワーで寝てた。

んま。ワタシの近くで寝れるようになったの?アリョーシャ。
よかったわあ。


ジェーニャもキャットタワーで寝てたねえ・・・
ジェーニャがよくいた場所を見ると泣けていかん。


朝、子猫部屋をテンちゃんとくぅちゃと一緒に出て行くと、クロエちゃんがギャン泣きする。

寂しいのか?
アリョーシャがいるじゃないのぅ(^_^;)クロエちゃんたら。

あんまり鳴くので様子を見に行くと、「シャ~~~~!!!!」
と言われる(._.)

一緒について来たテンちゃんがベッドに乗って「ここで寝る」と言うので
そのままテンちゃんを置いて出て行くと、クロエちゃん静かになった。

あっ・・・そう・・・・
大人猫がいなくなって寂しかったのね?(´・ω・)
ワタシでなくて。
そーかそーか。
by nomanyan | 2016-08-29 11:36 | にゃんこ隊 | Comments(0)

ジェーニャ帰宅作戦

うちにいる間、一回もジェーニャのなき声を聞いたことがなかった。
「くるるる」と小さい声で鳴いたのは聞いたことあっけど。

近所でジェーニャの声がした!と思ったのは気のせいなのか。
でも今まで聞いたことのない声だったからあれはきっとジェーニャの声。

庭のフェンスのドア2か所を開け放っています。
ジェーニャがごはんをさがして来ないかと期待してのこと。

だけどそのフェンス内には近所をウロウロしてる白黒猫ちん(多分クロエちゃんのお父さん猫。仮名ブッチ)が入ってくる。
ブッチがいるとジェーニャが帰れないし、以前からブッチは去勢手術をしてほしいと猫友さんからも言われていたので(家の中にいる猫友さんちの猫さんらにけんかを売りに行き、玄関ドアにおしっこをかけて行くんだそうだ^^;)

なので、いよいよブッチ君を捕獲して、去勢手術をさせようと
夜、ブッチ君がフェンスに入ったのでドアを閉めてフェンス内に閉じ込めてみたのだけど、
朝見るとあっさりと脱走されてた。

どんだけしょぼいのうちのフェンス。
どこから脱走できるの?
フェンスを改良しなければうちのにゃんこ隊も怖くてもうフェンス内に出せない。

ちなみに捕獲かごにはクロエちゃんのお母さんは3回も入ったけど
ブッチ君は一切入らない。

猫の保護活動をされてる方によれば、入らない子はほんとに入らず、
入る子は何度でも入ってしまうんだとか。

ジェーニャも保護されたのは捕獲かごだったので、もう入らないかもしれない
と半ばあきらめ気味。
だけど朝に夕に囮のフードを替えて、待つ。

お水だけは捕獲かごの外に2か所置いて、自由に飲めるようにしてる。

どうか元気にしててほしい。
カエル君やとかげさんを食べて元気にしててくれますように。
by nomanyan | 2016-08-29 11:08 | にゃんこ隊 | Comments(0)

お子様たち病院に行く

ジェーニャはまだ帰ってきません。
捕獲かごのそばにジェーニャが遊んでたおもちゃを置いて、
ときどきそのおもちゃについてる鈴をリンリン慣らす。
おもちゃでたくさん遊んで楽しそうだったのでコレで里心がつかないか
と期待して。



26日は病院に行きました。
クロエちゃんは2度目のワクチン。
アリョーシャはまだワクチン打ててないので初めてのワクチン。
あちゅ君も一緒に行った。

いつものぷ~ちん母さまが連れてってくれたのだが、
ぷ~ちん家はレイフォンの健康診断と
クワンメイの鼻かぜ。

猫を5匹も連れてやってくるおばさん二人。
世間からはどんだけ飼ってんねん?と思われてそーだが
聞いて驚け。これはほんの一部で家にはもっといるのだ( ̄ー ̄)

人馴れしてない猫を病院に連れて行くってそれはそれは大変よ?
ケガしそーだもんね。
でもめげない。がんばる。

ワクチンもしなきゃいけなかったけど、実は先日の避妊手術をしてもらったときに
ジェーニャの耳の奥が真っ黒なのが気になって、麻酔が効いてる間に診て下さいとお願いしたのだ。
そしたら心配したとーり、ジェーニャは耳ダニを飼っておられた。
そして兄弟のアリョーシャも。

クロエちゃんもアリョーシャとずっと同じ部屋、同じケージで暮らしてるので感染しててもおかしくない。

触れない子猫に毎日点耳薬入れるなんて無理ですし。
で、レボリューションをしたらいいだろう、と、こないだ獣医さんに言われたのだ。
体重が2.5キロあったら薬の量が変わる、とのことだったけど、うちでは正確に測れないし。
ワクチン打ってもらうついでに体重測ってもらって、そしてレボリューションもしてもらおうっと。
と決めて行ったのだ。

クロエちゃんは耳ダニ君を飼ってなかったみたいだったけど、レボリューションを首筋に点してもらう。

そら「わーわー」大騒ぎだったクロエちゃん。
アリョーシャも意外に凶暴なところを見せてくれた(^_^;)

でも洗濯袋に入ってるので、
診察の間中ずっと洗濯袋に手を入れてめいっぱい触ってやったわ( ̄ー ̄)
触りたくて触りたくてたまらんかったワタシ。
目の周り鼻のあたり。猫がとっても気持ちいい場所を重点的になでまわす。
アリョーシャは気持ちよさげにじっとしてた。

わかったかい?アリョーシャ。
人の手は気持ちいいんだよ?
人の手は犬や猫を喜ばすためにあるんだからね(*´з`)

怖い思いをさせたから、また不信感復活か?
と思っていたのだけど、
家に帰ってキャリーから出すと、

「は~やれやれ」って感じのクロエちゃん。
アリョーシャはクローゼットに隠れた(^_^;)

ネズミのおもちゃを転がりまわすと大喜びで追い掛け回すクロエちゃん。
その後もワタシのそばに来て、ワタシをじっと見たり、こわごわちょっとだけ寄って来たり
ワタシと一緒に子猫部屋に入ってきたテンちゃんやくぅちゃに寄って行く。

なかなか積極的な女子である。
by nomanyan | 2016-08-27 11:08 | にゃんこ隊 | Comments(0)

お子様と友達になろう

ジェーニャのことがショックで凹んでたワタシ。

だが、ずっと凹んでられない。
残った2匹のお子様を人馴れさせるのがワタシの務めであるからして。
気分は「遊び」どころじゃないのだけど、がんばらねばならない。

ジェーニャの兄弟の名前は「アリョーシャ」
うちに来た日のアリョーシャ。
e0142430_10294046.jpg


だれ?ありょーしゃ?なんじゃそりゃ?

ジェーニャがプルシェンコからのネーミングとくれば、
もう一人は当然ヤグディン!
アレクセイ・ヤグディン!からいただかねばならない。
アレクセイの愛称がアリョーシャなの。

ちょっと呼びにくいがしょうがない。
そのうちきっと縮小して呼ぶようになる。ワタシが。


昨日、あいつら愛想悪すぎ!!!とまさのすけがめっちゃ怒ってた。
とりわけ黒いのが!
と言う。

夕方猫らのトイレ掃除に行ってくれたとき、部屋に入るなり「しゃ~!」と言われて
まさのすけ、傷ついたようだ(^_^;)
すまないねえ。

クロエちゃん。せっかく女子なのに。
お子様なのに。
結構、べっぴんさんなのに。

子猫といえばにゃんにゃん寄って来て遊べだの撫でれだの言ってくるものだと
思っている人にはちょっとショックなほど警戒心丸出しのお子様たち。

ごはんをあげるだけではお友達にはなれないのだ。
すみれちゃんとれんげちゃんのことで学習したワタシ。

さあ。遊んであげねば。
お子様は遊びたくてしょうがない方たちのはず。

うちに来た初日は怖がって緊張して、ねこじゃらしどころではなかったが、
徐々にねこじゃらしを見て「お?」という顔をするようになってきたよ。

クロエちゃんは積極的に猫じゃらしを掴んできてやるきまんまん!
アリョーシャはまだこわごわ。

ケージからまだ出すつもりはなかったのに
夕方にうっかり寝室内フリーになってしまったクロエちゃんとアリョーシャ。
ワタシが寝室に行くまではふたりでめちゃめちゃに走り回っていた。

ワタシが行くとしゃ~しゃ~言いながらドタバタ隠れる(´・ω・`)
うん・・まぁ想定内よ。

めげずに小さなねずみが糸の先についたおもちゃを転がりまわし、お子様の歓心を買う努力をする。

努力のかいあってクロエちゃんが食いついて来て、きゃあきゃあ遊ぶ。
うっかりワタシのそばにくると「しまった!」て顔して緊張するクロエちゃん。
だがあえてワタクシは目を合わさずそのままネズミのおもちゃを転がりまわす。
そうすっとまた無心にねずみを追い掛け回す。

アリョーシャはクローゼットの中から遠巻きに見て、ときどきやって来る。
まだ「遊ぶ」というほどにはならない。
びびりんですねえ。ジェーニャとやっぱり兄弟ねえ。

e0142430_10315388.jpg


しばらく遊んでたら外でジェーニャの声?
がした気がしたのであわてて外に行く。
当然みつからない。声もしない。

( ;∀;)じぇ~にゃ・・・

その後もおもちゃで遊び続け、クロエちゃんはワタシのすぐそばまで来れるようになった。

だけどこれはおもちゃで遊んでるとき限定だしね。
ジェーニャだってこれくらいにはなってたのだ。
くすん。

まだまだ心許せるってかんじには程遠いよ。

明け方にもジェーニャの声?!て感じの声がしたので
外に飛び出すワタシ。

そして・・・とぼとぼと帰る。

帰りたいんだろうなあ。
でもどうやって帰ったらいいかわからないんだろうなあ。
くすんくすん・・・
捕獲かごを置いてる他にはフェンスを開け放してる。

待つ!待つ!!待つ!!!
待ってるよ!無事に帰っておいで!!!



ちなみに、庭にしかけた捕獲かごには
クロエちゃんのお母さんが2回も入ってた(´・ω・`)

あんたが入っちゃダメぢゃないの~~~と言いつつ出してあげた。
2回目なんか全然落ち着いちゃってて、
「あ。おばさん!また閉まっちゃったよ。出して~~」
て感じだった。
おとりのフードもかごの中でしっかり完食してた。

んもう~~~
以前、捕獲かごで捕まって避妊手術されたという痛い思い出があるはずなのに
警戒心なさすぎ~(T_T)
by nomanyan | 2016-08-23 21:17 | にゃんこ隊 | Comments(0)

ジェーニャ。家出する

ジェーニャが家出してしまった・・・・

超凹み中。

ぷ~ちん家から捕獲かごを借りて、庭に置いて
帰宅をお待ちしています。

うちの庭にはうちの猫らを見に来る白黒猫ちんがいて、
こやつが男子で(仮名ブッチ)ジェーニャを追い掛け回すから
帰宅が難しいかもしれない。



せめてお水は飲めるように、と庭先の水連鉢に水をしこたま入れておいてみた。

クロエちゃんだって5日後に帰って来たし、ジェーニャもどうかクロエちゃんを見習って帰って来ておくれ。
お世話係は待ってるよ。
by nomanyan | 2016-08-23 13:30 | にゃんこ隊 | Comments(0)

お帰りクロエちゃん

8月18日(木)
2階の子猫、ジェーニャさんは去勢手術を受けました。

e0142430_11311836.jpg


その前日8月17日(水)、ぷ~ちん家に預かってもらってた真っ黒子猫、クロエちゃんを返してもらいました。
e0142430_1132398.jpg

クロエちゃんと一緒にぷ~ちん家で生活してた子猫も一緒に連れて来てもらったよ。

e0142430_11324357.jpg

この子猫はジェーニャの実の兄弟なのだ。
クロエちゃんととっても仲良くなってて、クロエちゃんが家出した夜はにゃんにゃん鳴いていたそうだ。
一人になってしまって不安だったのね(T_T)

だから、
クロエちゃんがいなくなると寂しかろう(^_^;)
と、クロエちゃんと一緒に引き取ったのだ。


もう生後4,5カ月経ってるであろうこの子たち。
早めに避妊手術、去勢手術をせねば
ということで、一緒にやってもらうことになったの。

猫友のKさんが3匹を車に積み込んで獣医さんまで連れてってくれまして、夕方には返していただきました。

まだ麻酔が完全には覚めてなかったので、ふらふらの3匹さん。
この状態だったらわちゃわちゃ触れるかと期待したんだけど(*´з`)

ふらふらなのにシャ~シャ~警戒してたので、触るのは断念。
ちぇっ(´・ω・)


子猫が来たらジェーニャは嬉しいかと思ったのだが、もう実の兄弟のことは忘れてたようで、
めちゃびびって他の部屋に逃げてしまった。
ワタシの作った猫ドアを力任せにガ~ン!!と開けて出てったぜ。


クロエちゃんはうちを覚えていたようで、
ぷ~ちん家のキャリーからケージに移したらすぐに落ち着いたよ。
脱走してガリガリに痩せて帰って来た写真しか見てなかったので痩せてるかと思ったけど
以前のようにふっくらした顔になってた。
ぷ~ちん家でたんまりごはんをもらってたんだな。


さ~がんばって人に慣れてもらおう。
あなた方はこれから飼い猫の猫生を歩むのだからな。
by nomanyan | 2016-08-21 11:25 | にゃんこ隊 | Comments(4)

女子猫の恐ろしさ

ついさきほど(8月19日午前1時すぎ)シロちゃさんが家出から帰って来た。
そうなの。シロちゃさんは13日(土)に家出してたのだ。

いったい何時いなくなったのかさっぱりわかってなかった。
朝ワタシが起きて階下に降りるといつもだったら「にえ~ん」と寄って来るのに
来ないな~?と思ってた。
どこかで寝てるのかな?くらいに思ってたのだが夕方になってもどこにもいず、
夜になってもいない。
もう脱走できないハズだし、そもそも庭に出してないし???
まさか、人間が玄関から外に出るときの一瞬の隙をついて出てった?

だから上に「家出」と書いたけど、謎の失踪って感じだった。

そして、いつも脱走したら近所をウロウロしてる白黒猫さんとケンカするのだが、
その声も全く聞かなかった。

家から出た後、全く家の近所にいないってこと???

フェンスとネットは補強してしまったのでどこからも入れずに帰れないんじゃないのか?
と思って、わざと補強したネットを一か所外したり、
フェンスのドアを開けっぱなしにしてみたりして、
シロちゃが帰って来るのを待ってたのだけど、一向に帰って来なかった。

ネットを補強してから毎日「あお~んあお~~ん」と鳴いてたシロちゃ。
「お外はもう行けないよ~」とシロちゃに言ってたワタシ。
そんなに外に行きたかったのか。
だからって出たら出っ放しって。

2日帰って来なかったことは以前にもあったので、そのうち帰って来るだろうと高をくくっていたのだけど3日経っても4日経ってもまったくシロちゃの気配がない。

もうこのまま帰って来ないのでは?
とも思った。

そもそもシロちゃはうちの庭に置いてあったセラの庭のベッドに寝てるところを発見した子で、
野良子さんだった。
女子猫らしいのでキャッチ&リリースしようとしてたのだ。
捕獲かごで捕獲して、避妊手術してもらって、麻酔が覚めたら庭にリリースする予定だった。
だけど、当時、外は冬で寒いし。まだ小さいし。
この寒空にこの小さい子を腹切って放すのか?と思うと忍びなくて。
このまま人馴れさせて里親募集したら里親さんがみつかるかもしれない
としばらく家で預かることにした。
そしたらまさのすけが女子だったら里親募集しなくてもいいぢゃん。
と言ってくれて、晴れてうちの子になった子なのだ。

なので、もともとうちの近所で野良をしてたので土地勘はある。
だから迷子になったハズはない。

ではなぜ帰って来ないのか?

帰れない状況にある?
例えばどこかに閉じ込められた?
ケガしてる?
最悪死んでしまった?

次に考えられるのは自主的に「帰らない」
ごはんは?
2日、3日、4日と、何も食べずに平気だろうか?
もしかしたら以前野良をしてたときにお世話してくれてたおうちがあったかもしれない。
そのお家でごはんをもらってるのかも。

ごはんがあれば家に帰る必要はない
とシロちゃは感じてる?

つまり
ワタシはシロちゃを「保護」した気でいたけど、
シロちゃは「保護」なんかされたつもりは全くなく、

そして、今回ワタシの方がシロちゃに捨てられたのかも・・・・
と思い始めてた。

そしたら!家出から6日目の今夜。
ワタシがお風呂から上がると外でにゃんこの喧嘩の声がかすかに聞こえる。

あの声はシロちゃ?!!!!!
間違いない!

身体もろくろく拭かず、濡れた髪のまま、大慌てで服を着て
バスタオルとシーバを持って外に飛び出した。
お隣のおうちの車の下でクロエちゃんのお母さん猫と対峙してる。

そうしてそのまま30分以上場所を少しずつ変えながらシロちゃはお母さん猫とず~~~っとにらみ合っていた。
ワタシがどれだけ「シロちゃ!シロちゃ!」と呼んでも、シーバを置いてあげても
全くそれに反応せず!

目が見えないの?と思ったほどワタシに反応しない。
お腹もすいてない???

手を伸ばせば届く場所にシロちゃがうずくまっている(よそ様のお庭なのでワタシは入れない)
おいで!シロちゃ!
と声をかけたのに、ふ~~っと向うに歩いて行ってしまった。

(゚Д゚;)

かっ・・・帰りたくない?
やっぱり帰りたくないのっ?!(T_T)

あわてて追いかける。シロちゃが行ったハズのところへ。

シロちゃはお隣のおうちの裏に座ってた。
ワタシが歩み寄って行くとびっくりした顔のシロちゃ。
道路が一段低くなってるので、ワタシはシロちゃを見上げる感じになる。
ワタシを見て、「ハ~~~~っ」と言うシロちゃ。

( ;∀;)
し・・・・しろちゃさん・・・・

そのままそこでワタシを見下ろしながら毛づくろい始めるシロちゃ。

ものすごく満足そうにペロンペロン顔をあらって、背中をなめて。
あんよもなめて。
ごろんごろんもしてた。

その間ず~~っとワタシは蚊に食われながらやね、シロちゃを見守ってた。
空を見上げると満月?なお月さん。

「どうかシロちゃをおうちに連れて帰れますように」思わずお月さんにお願いする。

毛づくろいが終わったようでまたも歩きはじめるシロちゃ。

お。今度はどこへ?と横をついて歩くとまたもビックリした顔をするシロちゃ。

何でびっくりするん?(._.)

お隣のお家の門扉の前に回って歩いてくるシロちゃを待つ。
途中立ち止まって座っちゃうシロちゃ。
あわてて戻ってシロちゃの様子を見る。

歩きだすシロちゃ。
またも門扉の前に行き、待ち受けるワタシ。

・・さあ・・・シロちゃはこちらに来てくれるのか。

シロちゃはワタシを真っ直ぐ見て、にぇ!と言い、歩いて来た。
そっとしゃがみこんで、そろ~~っとシロちゃの背中を撫でる。
嬉しそうなシロちゃ。

あぁ~~~~・・・何日ぶりだろうシロちゃの背中!
撫でると背中をぐいっと持ち上げて喜ぶいつものシロちゃの反応。

いつものシロちゃだ・・・

そっと抱き上げると
「にゃ!」と抵抗するそぶり。
でも放しません。ワタクシは。
「にえ?」「にえ?」と言い続けるシロちゃ。

あまり力を入れず、でもがっちりと抱いてそのまま小走りで家に駆け込んだ!!!!

玄関で解放するとにゃんこ隊の皆さんがシロちゃのところに駆け寄ってきた。

家に入ってから落ち着いて見るとシロちゃはあまり痩せてもいず、
極めて平常心でほかのにゃんこ隊にも接してる。
他のみんなはシロちゃをめちゃ嗅いでたけどね?
e0142430_12194440.jpg

昼間電気のこぎり使ってたのでコードが写ってる(^^;)てへ。



今回の顛末は女子猫の恐ろしさをひしひしと感じました。

あくまでもシロちゃは自分から帰りたかったのではなく、
ワタシが蚊に食われながら1時間近くシロちゃに懇願して懇願してようやく家に帰ってもらった!
という構図だ。

「シロちゃは別にここで暮らしたいわけでもないけどね?
お世話係がどうしてもって言うんだったらしょうがないなあ」
って感じに持ってったシロちゃ。

猫は全体的にこんな上から目線な感じだけど、
今回改めて、ひしひしと!
ワタシなどは下僕で、こちらがお猫さまを大好きで、
お願いしてお世話させていただいてる!
んだと、言い聞かされたような気がしました(´・ω・`)

げに恐ろしきは女子猫よ。

翌朝、階下に降りてみると
ソファで爆睡してるシロちゃさんが。
e0142430_12211427.jpg

by nomanyan | 2016-08-19 02:49 | にゃんこ隊 | Comments(0)

猫ドア作成

見た~?
体操ニッポン!(≧▽≦)
男子体操団体金メダル!

何回見た~?(^ω^)
ワタシ10回近く見たね。きっと。
朝から夜までワイドショーはこればっか。

いいわねえ~~~~~
団体の良いところはみんなで助け合う!ってところよね。
一人一人が自分に課された仕事をきっちりこなし、
他者を助ける、というところ。

「誰かのために」というのは日本人好きよね(^m^)
ええ。ワタシも大好き♪
主君の仇討ちをする赤穂浪士の討ち入りなんて日本人大好きだもんね。
(仇討ちや松の廊下でのことはいろんな考え方があるけども)

いいなあ~~
フィギュアスケートもいつかこんな姿が見られるんだろうか。
ペアーとダンスがもっと強化されないと難しいよね。
そもそもペアーだのダンスだのって、
男女が公衆の面前で雰囲気出し合うって文化が日本人にはないので難しいって素地があり~の。
そして何より練習リンクがないっつーのよ。日本は。
ペアーやダンスの練習って、特にペアーなんか相方をぶん投げるんだぜ?
広くリンクを使えなきゃ練習できないんだもん。
フィギュアの団体が金メダルなんて、ワタシが生きてる間には無理だろうなあ・・・

ということを思いつつ
昨日は体操ニッポンの演技を何度もテレビで見ながら猫ドアを作っていたワタシ。

猫ドアって何ぞ?って?

子猫のジェーニャさんがいる部屋は西側の部屋なのさ。
つまり午後暑いのだ。
今まではドアを閉め切ってエアコンをつけてあげたりしてたのだけど、
ドアが閉まったままだと、いつまでたってもうちの旧にゃんこ隊と遭遇できない。

子猫のいまのうちに他の猫らになじんでいただかないと。
大人になってからでは難しいのよ。
特にジェーニャさん。男子だから。

ドアを開けて、お互いが見えるように、空気が通るように。
したかった。
だけどドアをあけっぱにするとまだ馴染んでないジェーニャさんがどこ行ったかわかんなくなるので
ドアはあけっぱにはできない。

というわけで、ジェーニャさんが出られないけど空気が通り、
お互いが見えるようなドアが必要だったのだ。

で。
作ったのだ。

ネットで色々見ても、お値段が(゚Д゚;)
なので、作ったらいいべ?
と思ってネ?


電動のこぎりで(こないだ買ったの!電動のこぎり(^m^)超うれしい)
木材をぎょ~ん!と切ってぇ
釘で四方をガ~~ッと止めてえ
ネットを張ってやったわ。

さらっと書いたけど、元が不器用ですからね。
ほぼ半日かかったわよ。ええ。休日がまるつぶれ。

あっっつかったし!(>_<)

部屋の中で新聞紙敷いてやってたのだけどエアコンはつけなかったからね。
暑かったわあ。
なんかいつも真夏にこんな風なことやってる気がするけど気のせいだろか。


こんなに尽くしてもジェーニャさんから「ありがとう」の一言ももらえるわけでもなく。

明け方にはこのドアのネットをにじにじ登っていたジェーニャさん。

やっぱりね。登ると思ったんだ( ̄ー ̄)


こんな感じよ。
e0142430_0304467.jpg

なんとかってモノでネットを木枠に止めてだんだけど途中で無くなってしまったので
あとは結束バンドでつけてやった。
なのでやはりブサイク(._.)
e0142430_0322567.jpg

開けるとこんなん。
e0142430_0344115.jpg


ジェーニャさんに上られてもネットも外れず、ドア全体もガッタ~ンと外れることもなし。

よし!上出来!
ぐっじょぶ!ワタシ!
by nomanyan | 2016-08-10 10:58 | にゃんこ隊 | Comments(0)

ジェーニャ。家族への道のり

野良ネコさんが生んだ子猫と
飼いネコさんが生んだ子猫とでは
人に慣れるのにものすんごい差があるのではないか?

ということを今更ながら学習しつつあるワタクシ。

人を怖くない、と思ってもらえるようになるその道は
なかなか険しいようでございますよ。

元々の性格。
というものも多分にあるんでしょうけども。

うちに来て3日目、7月26日のジェーニャさん。
e0142430_8523289.jpg

ほら。どーです?この怯えと反感のこもった瞳(´Д⊂ヽ

超怯えて、ワタシから目が離せず、身動きもできません。
まばたきもできないんじゃないかっつーほどワタクシを凝視中。

7月30日のジェーニャさん。
e0142430_8542073.jpg

少し落ち着いたでしょ?
まばたきできるようになったもんね。
ワタシから目が離せるようになったもんね。
あくびもできちゃうよ?

おもちゃでも遊べるようになったんだよ。
おもちゃを握ってるワタシの手をチャイチャイ!と触って来るんだよ。
爪が刺さって痛いんだよ。でもいいんだよ(*´з`)
e0142430_8553231.jpg

しかしながらケージからは出て来れず。
遊びもテンション低め。
性格ですかのぅ~?

7月31日。ひっくり返って寝られるようになった。
e0142430_9211643.jpg


男子なのか女子なのか知りたくて、おちりを撮る。
e0142430_9224172.jpg

ガン見してたら久しぶりに「ハ~~~~~~~ッ!!!」と言われた。

8月5日。遊びに誘う。
e0142430_925850.jpg

おもちゃを追いかけてうっかりケージから出ちゃうと
大慌てでケージに戻る。

夜になるとケージから出て来れるようになったよ('ω')ノ
e0142430_9263761.jpg


でもこの数時間後、窓から落ちて大騒ぎだったっけ。
ワタシひとりが(。-`ω-)
by nomanyan | 2016-08-09 08:56 | にゃんこ隊 | Comments(0)


15歳8ヶ月でお空に旅立ったゴールデンレトリバーのノーマとノーマを大好きだったにゃんこたち


by nomanyan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フォロー中のブログ

Retrievers O...
タバサは語る
ワチャたけ奮闘記
 GR-JUNの思い出と日常
CANDY’S BLOG
笑いのある生活

ノーマの親戚ちゃんとお友達

カテゴリ

全体
日常
おでかけ
お友達
にゃんこ隊
腎不全
お世話係のつぶやき
口内炎
炎症性腸疾患
肥大型心筋症
猫伝染性腹膜炎
猫白血病ウィルス症
ノーマの病気
歯根膿瘍
乳腺腫瘍
てんかん発作
リンパ腫
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
more...

最新のコメント

ベン君のママさま ..
by nomanyan at 12:13
私はベン一人だから集中し..
by ベンのママ at 22:21
そうなんだよね。前食べて..
by ベンのママ at 09:36
ベン君のママさま ..
by nomanyan at 17:40
ベン君のママさま ..
by nomanyan at 17:38
心配だね。食べないと何か..
by ベンのママ at 07:36
真央ちゃん引退してしまっ..
by ベンのママ at 07:30
ベン君のママさま ..
by nomanyan at 01:27
テンちゃん〜体調悪くても..
by ベンのママ at 23:34
お花見での一件。 ..
by nomanyan at 12:25

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫

画像一覧