カテゴリ:リンパ腫( 24 )

投薬の技術

さりげ~に寄ってって、テーブル下で寛いでるテンちゃんをガバッと捕まえて
プレドニゾロンをのませた。

よし!
うまくいった!

と思ったのもつかの間。

テケテケテケ・・・とテンちゃんがテーブル下から出て来て、
そして、けろ~~~っと吐いてしまった。

あぁ・・・(T_T)
プレドニゾロン。そのまま出てるし。
きっとその後すぐにのませたセミントラも出てしまったに違いない。


飼い主の投薬の技術次第で猫の寿命って決まるんじゃないだろうか。
と凹む。

カミサマ!どうかワタシに上手にお薬を飲ませられる技術を下さい!

いや・・どうせ頼むなら「テンちゃんの病気を治して下さい!」だな。




作品の中で眠るシロちゃさん
e0142430_114259.jpg

記事と写真は全く関係ありません。
by nomanyan | 2017-02-21 00:49 | リンパ腫 | Comments(0)

3回目のエンドキサン

はいはい~~~
また来ましたよ?
テンちゃんに抗がん剤をのませなきゃなんない日が(T_T)

コレって、素手でさわっちゃだめって言われてるけど・・・
と思いながら先週半分に切った残りのエンドキサンを袋から出して見た。

ぎょ!Σ(゚Д゚)

しまったっ!
先週切ったとき、上手に半分にできなかったんだったっ!
半分が半分になってる。
つまり1/4錠がふた~つ。みたいな感じ。

う~~~~む。ただでさえのますの難しいのにこんなに分かれていらっさったら
失敗する可能性がさらに大!になる・・・

何かにくるむかな~?

(゚∀゚)そうだ!何かにくるめばいいのよ!
ちょうど昨日買った食パンがある!
食パンでくるもう!

あったまい~(≧▽≦)ワタシったら!
何かでくるめば別に素手でさわってもいいよね?
1回失敗してぺっ!と出されてもリトライできるよね~?

ビニールの手袋をしてヤツ(エンドキサンのこと)をパンにくるんだ。
ぎゅ~ぎゅ~にくるんだ。
e0142430_18284929.jpg

大きさの比較としてプレドニゾロンを並べてみたよ。

ほっほっほ。ど~だ。これでよし!
あとはパンが渇く前にテンちゃんにのませるべし!

ちょうどテンちゃんが「お外に出たいよぅ~!」とえ~え~大騒ぎしてる。
廊下で捕まえてパンをお口にほ~りこむ!

しまった!ちょっと手前になってしまった。

にゃぐにゃぐ咬むテンちゃん。
でろんとお口の外に出て来た。

きゃ!しまったっ!
あわててそれをつかんでまたもお口にぎゅ~っと入れる。

そばをシロちゃが通る。

ごらっ!シロちゃ!あっち行ってなさい!(; ・`д・´)
危ないんだからっ!

むぐぅ~と言うテンちゃん。
のんだ?のんだ?のむのよ?テンちゃん!
とお口を閉じさせお顔を見ながら喉をさする。

目がウツロになり、軽くオヨダガ出るテンちゃんさん。

ど~やらのんだようよ?

は~~~(-_-;)
やってやったわ。
今回もなんとかのませられたわ。

でも素手でさわっちまったけどね。
まぁいいや(;^ω^)
当然手は洗ったわよ。ええ。だいじょうぶ。

その後、玄関先で無事にプレドニゾロンものませたことだし。

テンちゃん念願のお散歩に行きました。
e0142430_1830446.jpg

りりしいテンちゃんさん(*^_^*)
by nomanyan | 2017-02-19 13:55 | リンパ腫 | Comments(0)

またも抗がん剤投与できず

3回目の抗がん剤投与予定日にゃ。
2月17日。金曜日、病院に入って来た。
いつものようにぷ~ちん母さまに連れてってもらった。

いつもありがとーございますm(__)m
今回はぷ~ちん家の子は誰も診察しなかったというのに。


ワタシとぷ~ちん母さまが診察室に入るなり先生が
「こんなこと言ったらナンだけど。今、お二人、こんなところにいていいの?」
とおっさる。

あぁ。今、四大陸やってる
からね?(*^_^*)
「うん。だいじょぶ。録画してっから」

あ~そっかそっか。と先生。

抗がん剤を使う前のテンちゃんの画像をUSBに入れて持ってってたので
それを先生に渡す。

はいこれ。と渡すと先生、目を輝かせて「ビフォー?」と言う。
そうそう(^ω^)びふぉーびふぉ~
12月から1月のテンちゃんさん。
これで分かると思うわあ。
「やたっ♪」と喜ぶ先生。
USBからPCにコピー。
コレ全部?と言われる。
ええ。そう。6枚も持ってったわ。

ちなみに持ってった画像の一つがコレ。
e0142430_12154971.jpg

目の上、耳の下が盛り上がってる。ここが腫瘍。
腫瘍で盛り上がってるので毛がぶわ~と広がって、皮膚が薄く見えてる。
だけど表面上は毛に覆われていて一見、異常がなさそうなため撮影当時は気が付かなかった。
( ;∀;)・・・どんだけバカなんだかワタシったら・・・


今日は3回目のビンクリスチン投与予定日なのだ。
1回目の投与のときより、吐く度合いがかなり減ってること、
腫瘍に大きな変化はないこと、を伝える。

ふんふん。とテンちゃんの体温を測りながら聞いてる先生。
心音、肺の音を聞いて、リンパ節を触り、内臓を触診。
そしてテンちゃんの顔を見て、腫瘍があったあたりをぐりぐり触る。
「うん!だいじょうぶだね!大きくなってない!」

そーなの。ありがたいことに腫瘍は消えた?ままなの。
ほんとにありがたいありがたい(ノД`)・゜・。

でね?以前から気になってることを訊いてみた。
「もしも?このまま腫瘍が大きくならなかったら、溶解しちゃった頭蓋骨が再生することはある?」
と尋ねると
「あるね!」と即答された。

(゚∀゚)

おぉ~♪
ぜひそうしてくれ!(≧▽≦)
復活希望!テンちゃんの頭蓋骨!

そうだよね!だって骨は細胞分裂してるんだもんね。

血液検査をして、で、結局、ギリギリどうすっかな~?な数値だったので
今回ビンクリスチンは止めておこうと思う、と言われた。

で。今回のコレをみて、この子のパターンが読めて来たよね?と言われる。
1週目、抗がん剤投与する~
2週目、お休みして骨髄抑制の状態が戻るのを待つ~
3週目、復活したのを確認して、次、投与する~
て感じ。

その間腫瘍も復活してないしね?
うむうむ。その方がテンちゃんも負担が少ないかもしれぬ。

でも、今回は錠剤の抗がん剤(エンドキサン)はあさってあげて?
と言われた。1/2錠残ってるよね?あれ、あげてって。
プレドニゾロンもそのまま継続。

にゃるほど・・・(._.)
全面お休みってわけにはいかないか。
そうね、初回に比べて先週の投与量は減らしてるわけだし。
あまりにお休みするのも不安よね?
腫瘍を調子づかせてはいけない。

というわけで今回はビンクリスチンのみ、お休みでした。
インターフェロンはいつもどおり打ってもらった。
また来週~
by nomanyan | 2017-02-18 11:58 | リンパ腫 | Comments(0)

2回目のエンドキサン

金曜日(10日)に静脈注射の抗がん剤(ビンクリスチン)を打ってもらって
その後、前回みたいに吐くこともなく調子が良かったので
やっぱり投与量を減らしてもらってよかったと思ってたの。

で。
お次の抗がん剤は錠剤タイプでのエンドキサン。
日曜日(12日)に投与の予定。

投与予定日。も~朝から、いや前の夜からゆ~~うつ。
猫にお薬のますのってほんと、ゆ~~~~~~~~うつ。

やってみそ?
ど~んだけ難しいか。

しかもやね。
このエンドキサン。毒ガス由来の抗がん剤なんですってよ。
毒ガス!!!(゚Д゚;)

毒で毒を制す???

ま。ともかく素手でさわっちゃダメ。
触ったらすぐに手を洗ってね。
って。

そんな毒物?をのますのって、一回で成功させなきゃなんないというプレッシャーがハンパない。
ただでさえのますの難しいのに、より緊張しちゃうさ。

で。懸念のとーり。
失敗する。した!

(-_-;)
そんなもんだよ。ワタシなんて。

ぺっ!と吐きだされた半錠のエンドキサンをあわてて拾い上げて、
サランラップにくるんだ。
吐き出されたエンドキサンが落ちた場所のカーペットをごしごし拭いた!

だめにゃ。
今日は断念しよう。
出勤時間が迫っているし、錠剤の表面が少し溶けてしまった。
投与が難しいので、明日にしよう。

と思って、今日(13日)ようやくのませた。

成功した。
がんばった!
ワタシもテンちゃんも!

お外に出たいと朝からにゃ~にゃ~大騒ぎのテンちゃんさんを玄関でつかまえて
お外に行く前にお薬にゃよ~~~
となだめすかしながらお口にぐいっと入れる。

にゃにするにゃよぅ~~!!!
と大暴れするテンちゃんさん。
「お薬をのんでからお外にゃよぅ~~!」とぐいぐいのます。

テンちゃんさん。お口をにゃぐにゃぐしてるが、どうやら飲み込んだもよう。

よし!
のんだなら晴れてお外に出てお散歩だ!
れっつごー!

機嫌を直して、ゴキゲンで歩くテンちゃんさん。
ほっとしてこれまたご機嫌のワタクシ。
e0142430_16212549.jpg



お散歩を終えて家に入り、録画してたNHKの「総合医療G」(←おきにいり)を見る。
とっとと見るもの見て消去しないと録画のメモリーがいっぱいになってしまう。
フィギュアスケートのシーズンですからね!
見てるとテンちゃんが膝に乗ってきて、ゴロゴロ言う。

(゚∀゚)あら!甘えてくれるの?
んま。嬉しい。
テンちゃんさんを膝に乗せたままナデナデして、腫瘍の大きさを確認。
だいじょうぶ。
大きくなってない!

テンちゃんが甘えてくれるって幸せ。
抗がん剤が無事にのませられて幸せ。
腫瘍が大きくなってなくて幸せ。

録画を見終えたので、その後、床暖の方に移動して
テンちゃんを毛布の中で寝かせようとしたのだけど
ワタシがお昼ごはんを作りに台所に行ってるすきにテンちゃんは猫ハウスに移動して
そのまま寝てた。
e0142430_16194467.jpg


午後2時くらいにハウスから出て来て吐く!

Σ(・ω・ノ)ノ!

・・・・
エンドキサンをのませたのが11時くらいなんだけど。
アレのせい?(._.)

吐いた後、テンちゃんがワタシの方にやって来た。
「吐いちゃったにゃよぅ~~」と顔を寄せて来たので
「どした?しんどい?」と訊いてヨシヨシと撫でて膝に乗せると、すぐに降りて
カーペットの上でお口をにゃぐにゃぐさせて
そしてまた猫ハウスに入って寝てしまった。

う~む(-_-;)

今朝もけろ~と吐いてたんだよ。
あれは金曜日に投与したビンクリスチンのせいか?
と思ってたところに
またも吐いたのでちょいショック。

やっぱ副作用なんですかねえ。

その後、ずっと猫ハウスで寝てるのもしんどいからなのか。
だけど他の猫もみ~んな寝てるので猫時間としては寝る時間なのかしら?
とも思う。
e0142430_16202730.jpg


抗がん剤を使うということはガンとも戦わねばならないが
副作用とも戦わねばならんということ。
by nomanyan | 2017-02-13 14:23 | リンパ腫 | Comments(0)

2回目の抗がん剤

金曜日。病院に行って来た。
今日はあちゅ君も一緒。
あちゅ君通院日記を書いてませんが通院してますよ。ええ。
本猫は嫌がってますけども。

さて。
今日はいつもの院長先生だった。
先週は他の先生だったので、
院長先生、抗がん剤を使い始めてからのテンちゃんを初めて診るの巻。

1週間の経過を説明して、
「こんなに効くの?抗がん剤って?
リンパ腫ってこんなに抗がん剤に反応するものなの?」と思わず訊いた。

ほら。ここが骨が溶解してる場所だってわかるでしょ?
と先生に言うと

テンちゃんの頭をぐにぐに触りながら先生も「うん。ここだね」と言う。

先生が「写真撮っていい?」と言う。
それは抗がん剤が劇的に効いたから?と言うと
「そう!最初に言ったようにすごく悪性度が高い腫瘍だと思ってたから、
正直ここまで効くとは思ってなかった」
って。

そ~~~なんか~~~~~~~~~~~
いろんな子を見てる獣医さんですらこのテンちゃんの腫瘍の消え方は「劇的」だと思うんだ?

ありがたいわあ・・・
抗がん剤さん。ありがとう。

タブレットでテンちゃんを撮影しながら
先生は「しまったなあ。抗がん剤を使う前を撮っておけばよかった」とおっさるので
「うちにありますからよかったら持ってきますよ~」と言った。

ええ。ありますとも。
腫瘍があることに気づかずに間抜けにも「うちのテンちゃんかわゆす」なんて思いながら
バシャバシャ写真を撮っていたわよ。

血液検査の結果、白血球の数値が戻っていたので無事に二回目の抗がん剤の投与ができました。
今日もおとなしく静脈注射ができました。
えらいぞ。テンちゃん。

「テンちゃんのタイプは『節外型』っていうのでしょ?
皮膚にできるリンパ腫もあるってネットで見たけれど
テンちゃんみたいなのは他に見たことあります?」と尋ねると

先生も、そして保定してた看護師さんも「ない」と首を振る。
先週診て下さった先生も「見たことないです」ときっぱり言ってた。

皮膚型のリンパ腫もあるみたいだけど、ネットで見たそれはもっと皮膚が荒れて
かゆそうで膿皮症みたいだったんですよねえ・・と言うと
「そう。大抵そうだね」と言われた。


インターフェロンも打ってもらった。
先週吐いたりしんどそうだったと言ったので、今回は量を減らして投与してくれた。
錠剤タイプの抗がん剤も減らして1/2錠のませるように、とのことだった。

プレドニゾロンは減量せずに復活。

あぁいやだわあ。
また投薬で嫌われてしまうわあ(/ω\)

2月10日。病院から帰って来てワタシの膝に乗るテンちゃんさん。
e0142430_119110.jpg

「何で病院なんか連れってったにゃか」と不満げなお顔。
by nomanyan | 2017-02-12 01:05 | リンパ腫 | Comments(0)

抗がん剤投与できず

土曜日。病院に行って来た。
ぷ~ちん家のクァンメイさんと一緒にぷ~ちん家号に乗っけてもらって
行って来た。

2回目の抗がん剤を投与できるかどうか
血液検査をして白血球の数値を見なければならない。

で。
結果としてはアウト。

正常値よりも低かったので、今回は見送りましょう
と言われた。

ほっとするような
がっかりするような。

だって抗がん剤の副作用?ってな感じの食欲のなさや嘔吐がみられたからね。
抗がん剤を使わないってことはテンちゃんは苦しくない?
と思えるし。

だけど使わなかったらまた腫瘍が大きくなるんでない?
という不安もありーの。

痛し痒し。


腫瘍が著しく小さくなってるので(てか、どこに腫瘍があったのかもわかんない)
来週まで抗がん剤を使わずにいて、白血球がどこまで戻ってくれるか。
戻ったらまた2回目の抗がん剤投与をしましょう
って言われたさ。

プレドニゾロンも止めて
と言われた。

お・・・・(汗)そーなんすか?
それまで止めちゃう?

まあ。そうすっと投薬というテンちゃんに嫌われる行為をしなくていいわけで。
それはワタシにとっては喜ばしいことなんだけど。

インターフェロンはどうします?
と言われたので

ぜひ!打って下さい!!!
とお願いした。
せめてインターフェロン打っとかなきゃ不安でたまらないもんね。

腫瘍のあたりに打つんですよねえ・・・と先生はやや及び腰。
この日の先生はいつもの院長先生ではなかったの。

なので、腫瘍のあたりに注射を打つってのが痛そうでかわいそうでいやなようだよ。

院長先生も嫌なんだろうけどセラが腫瘍の近くにインターフェロン打ってて腫瘍が小さくなったのを目の当たりにしてるのでがんばって打ってくれてる。

今日の先生は消化器型リンパ腫に打ち勝ったあのお嬢さんを診てくれてた先生なのだ。

「Sちゃんね。元気にしてますよ!」と言うと

「ほんとですか!すっっっごいですよねえええ~~!」と先生はお顔を紅潮させてたよ。

先生にとってもかつての患畜さんが難しい病気を克服して元気にしてるのは
やっぱりとても嬉しいことなんだねえ(*^_^*)

Yさん(お嬢さんの飼い主さん)にお会いする機会があったらよろしく言っといてください!
って。


というわけで、テンちゃんはインターフェロンだけ打ってもらって診察は終了。
また来週。
それまでどうか腫瘍が復活しませんように。


シロちゃさんの作品
e0142430_0184598.jpg

毎日こつこつと段ボールを噛みちぎっていらっさる。

e0142430_0193716.jpg

テンちゃんも昔はこんなことしてましたなあ。
by nomanyan | 2017-02-06 00:08 | リンパ腫 | Comments(4)

抗がん剤1週目まとめ

抗がん剤を投与してから1週間経った。

2月2日の夜、ワタシを超敵意のある目で見てたテンちゃんさんだが、
録画したロシア選手権のアイスダンスを見てたら
そっと寄って来た。

テンちゃん!(゚∀゚)

そ~っと撫でると逃げる様子もないので、膝に乗せて背中やしっぽの付け根を撫でる。
これまたそ~っと腫瘍のあたりを触ると、
昨日よりもっと腫瘍がない!

腫瘍が無くなったのでここが骨が溶解しちゃってるところ?
となんとなくわかる。
右目のすぐ上と側頭部のあたり。

今朝はプレドニゾロンあげたらけろ~っと吐いちゃった。

ワタシが仕事から帰ると冷蔵庫の上でじっとりとワタシを見てた。

抗がん剤の副作用で具合が悪いのか心配だったので
一日体調が悪そうだったのかとまさに訊いたら
「いや?ふつ~にしてたで?」と言う。

あ。そ~~~
ならいいんだけど。

初投与の日。27日は普通。
体調も変化なく腫瘍も変化なし。

28日の朝。胃液が吐いてあった。
ワタシはこれをあちゅ君だと思ってた。
今にして思えばテンちゃんだったのだろう。
腫瘍に変化はなし。

29日の朝も吐いた。
この日は錠剤の抗がん剤を与えた。
夜。腫瘍が小さくなってることに気づく。

30日。朝またも吐く。
この日は朝早くからの仕事で、夜は送別会だったので
テンちゃんの様子をちゃんと見られてない。

31日。朝やっぱり吐く。少量だけども。
夜。テンちゃんの頭が平らになってる。
ほぼ腫瘍がわからない。

2月1日。腫瘍は小さくなるが、どんどん体調が悪そうな感じになる。
お薬をあげてることでナーバスになってる?
抗がん剤の副作用で体調悪い?

2月2日。夜中(正確には2月3日)
抗がん剤投与から初めてテンちゃんがごはんを食べてるのを見た。
ドライをほんの少しだけだけど食べてた。
腫瘍はいよいよ小さくなって頭蓋骨の溶解部分までわかるほどになった。

今朝2月3日。ようやく吐かなくなった。
外に出る出ると言うので少しお散歩する。
小走りで体調良い感じ。

ネットで調べると副作用は最初が一番きつくて、その後はましになるんだそうな。
今のところ食欲がないことと元気がないことが心配だったけど
それが今朝は良くなってるような感じ。

あ。それからエンロクリアは感染症予防のために渡されたんじゃなくて
テンちゃんが変な咳をしてたので出された薬でした。
あの肺の白いのがこれで治ってくれてたらいいのだけど。
転移じゃないことを祈る。
by nomanyan | 2017-02-03 11:22 | リンパ腫 | Comments(0)

テンちゃん画像

1月12日。庭をお散歩するテンちゃん
e0142430_14581514.jpg


庭に出せ出せ言うテンちゃん。
今帰って来たところぢゃんか~~~
e0142430_14594980.jpg



1月17日のお散歩するテンちゃん。
e0142430_1515027.jpg


e0142430_1525855.jpg

右耳の下が左側と比べるとぷっくりとしてるのがわかるでしょ。

1月19日。CTを撮る朝。
e0142430_1535130.jpg


e0142430_1545396.jpg


1月24日。
e0142430_1562454.jpg


1月28日。抗がん剤投与翌日。元気。ぐねんぐねんごろんごろん。
e0142430_1528128.jpg

やる気まんまん。「やったるでやったるで」なテンちゃん。
e0142430_1529667.jpg

この日は腫瘍の大きさは変化なしでした。


2月1日。
e0142430_15312247.jpg


e0142430_15315864.jpg

右耳の下、腫れがなくなってます。
元気もなくなってマス・・・
by nomanyan | 2017-02-01 15:07 | リンパ腫 | Comments(0)

抗がん剤の功罪

1月31日。夜。
やっと寄って来てくれたテンちゃんを膝に乗せて撫でながらまたもびっくり!

腫瘍がないっ!!!(゚Д゚;)

テンちゃんの頭、するんとしてるっっっ!
今朝やお昼まではまだ盛り上がってたよね?

ここここ
こんなに効くんすか?抗がん剤って。
リンパ腫ってこんなに抗がん剤に反応するんすかっ?

金曜日27日に静脈注射して、一日置いて29日に錠剤のませて。
それがこんな?( ゚Д゚)

嬉しさもあるけれど、ちょっと空恐ろしくなった。

これだけがん細胞がコテンパンにやられたってことは
正常細胞だってコテンパンにヤられてるってことで・・・・

(;゚Д゚)・・・・

腫瘍があればあるで心配で
無くなりゃ無くなったでこれまた心配。

テンちゃんが使ってる抗がん剤の効果と副作用は以下のとおり。

エンドキサン(錠剤)1月29日に投与。
病院からもらった薬の説明書き。
e0142430_14223448.jpg



ビンクリスチン(静脈注射)1月27日に投与。
これの説明書きは病院からもらったレターから転載。
 「注射の液が血管外に漏れると、皮膚炎を起こすことがあります。
  注射する際に暴れないように気を付けて静脈に注射します。
  注射後、1週間目に骨髄抑制(白血球の減少)がでることがありますので、
  問題がないか血液検査で確認します。
  また、便秘になることがあります。便秘がひどいようなら浣腸が必要になるかもしれません」

ですて。


便秘・・・は、わかんない。
今のところテンちゃんがトイレをしてるところを見たことがない。
膀胱炎も今のところはないと思う。
トイレに入ってるところを見たことがないんだもの。

嘔吐。は、ある。
毎朝胃液が吐いてある。
これはきっとテンちゃんさんだ。
今朝もプレドニゾロンをあげたらソレごと吐いた(涙)

食欲はない。
と思う。
食べてるのを見たことがない。
ワタシがいない間に食べてるのかもしれないけど。
お水は飲んでる。

多頭飼いなのでごはんを食べてるかとかうんpがどうだとかおちっこがどうだ
とかを把握できない。
辛いところだ・・・

その他、プレドニゾロンも毎朝1錠あげてる。
こちらも病院からのレターを転載
「内服薬です。ご自宅で毎日投薬していだきます。
 副腎皮質ホルモンの一種ですが、抗がん剤として使います。
 食欲増進と多飲多尿、まれに脱毛、筋肉の萎縮が起こることがあります。」

ですて。


食欲増進・・・してないっぽい。
多飲はしてる。
脱毛・・・まだ大丈夫。
筋肉の萎縮?
今朝、足がもつれてた・・・(゚Д゚;)


抗がん剤で免疫が抑制されてるために細菌感染が起きがち。
それを防ぐためにエンロクリアってお薬を夜あげてるけど
これも副作用に「嘔吐」がある。「下痢」もある。
e0142430_14242011.jpg



抗がん剤治療は副作用との闘いでもあるもんなあ。
どうも元気がないテンちゃんであるよ。
腫瘍が無くなったように見えても心配は尽きない。
by nomanyan | 2017-02-01 13:25 | リンパ腫 | Comments(0)

抗がん剤の治療

抗がん剤ってね、効かないってイメージないっすか?
正常な細胞まで攻撃するのでその副作用がやたら大きくて
結局助からないのよ。
みたいな。

ワタシもそう思ってた。
ただ、リンパ腫は全身性のいわゆるガンなので、抗がん剤を使うしかないし
他のガンに比べて抗がん剤が効きやすい
と言われてるの。

抗がん剤を使うにあたって前回病院に行ったとき、
先生にいろいろ訊いてみた。

犬猫は抗がん剤の副作用が人より少ないって言われてるけど?
と訊いたら

それは違う。と言われた。
人間は完治を目指すから悪い言い方だけど、ギリギリの量を使う。
犬猫だってたくさんの量を使えば副作用は大きく出るよ?
だけど、犬猫にはそこまでできないから、副作用が大きく出ないだけ。

って。

(゚Д゚;)そおなの?
そうなんだ。

その後、ネットでいろいろ調べてみますと
なぜめいっぱいの量を犬猫には使用しないかというと、
どうやら犬猫には「完治」を求めているのではなくて
良くない言い方をすれば「延命」を求めてるようだ。

延命と言えばよくない感じがしますが、
要はわんにゃんが毎日ごはんをおいしく食べられて、
家人と穏やかに過ごせる毎日を一日でも長く与えるため。
てことなんですって。

ごはんが食べられなくなり、毛が抜け落ち、苦しそうなわんにゃんの様子に
飼い主は耐えられないんだそうだ。

そらそう。
そらそうだとも。耐えられない。

そこまでして仮に完治できたとしてもそこからどれだけ生きてくれるのか?
犬猫の寿命は短いし。
てことのような。

だから、副作用が出るほどの量を使わずに穏やかに過ごせる範囲の投薬をするんだそうだ。

「完治」を目指した治療ではなくて「寛解」の状態を一日でも長く与えるってこと?
のようだ。

なるほど・・・
とちょっと納得した。

そういう目的のための治療なのならば、テンちゃんを支えるワタシとしても
そういう覚悟でテンちゃんを見まもらねば。

一日一日を穏やかに、できるだけ長くワタシやまさのすけのそばにいてくれるために。
QOLの向上!
と思ってた矢先。

朝にプレドニゾロン(1錠)とセミントラ(シリンジで4ml)。
夜にエンロクリア(1/2錠)
って、薬あげてるぢゃん?
だから
もう今やすっかりテンちゃんに嫌わてるんだからワタシ。
変な上目遣いでワタシをじろりと見るテンちゃん。

今朝から膝にも乗って来てくれないんだから。

投薬だけでワタシのQOLがダダ下がり。
(ノД`)・゜・。
by nomanyan | 2017-01-31 17:48 | リンパ腫 | Comments(0)


15歳8ヶ月でお空に旅立ったゴールデンレトリバーのノーマとノーマを大好きだったにゃんこたち


by nomanyan

プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

Retrievers O...
タバサは語る
ワチャたけ奮闘記
 GR-JUNの思い出と日常
CANDY’S BLOG
笑いのある生活

ノーマの親戚ちゃんとお友達

カテゴリ

全体
日常
おでかけ
お友達
にゃんこ隊
腎不全
お世話係のつぶやき
口内炎
炎症性腸疾患
肥大型心筋症
猫伝染性腹膜炎
猫白血病ウィルス症
ノーマの病気
歯根膿瘍
乳腺腫瘍
てんかん発作
リンパ腫
未分類

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
more...

最新のコメント

ベン君のママさま ..
by nomanyan at 12:25
うらやましいなあ~こんな..
by ベンのママ at 21:37
ベン君のママさま ..
by nomanyan at 13:21
読んでいてもビデオをみて..
by ベンのママ at 11:21
ちーしゃんさま 「..
by nomanyan at 00:20
うにまいすさま 「..
by nomanyan at 00:15
分かります❗ この子は..
by ちーしゃん at 00:00
うう、わかるわかる。 ..
by うにまいす at 23:28
ベン君のままさま ..
by nomanyan at 00:41
鍵コメさま 治療を..
by nomanyan at 00:36

最新のトラックバック

ライフログ

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫

画像一覧