カテゴリ:猫白血病ウィルス症( 8 )

あちゅ君通院日記 その45.

「あちゅ、吐いたで」
お風呂から上がってきたワタクシにまさのすけが言う。

ええええぇ~~(脱力)

仕事から帰って、スープタイプのごはんをあげたのだけど、
ソレを吐いたって。
7月16日のこと。

こんなものを食べさせるからだとまさに叱られるワタクシ。

だってあちゅ君がケージの中でひえんひえんなきながら仁王立ちになってワタシにおねだりしてたんだもの~~~~~~~

う~む~~~
腸を動かすお薬が終わったからかなあ。
良い調子だと思ったんだけどなあ(悲)
だけど、そういえば、完食ではなくて、うっすら残してるもんね。
カンペキ復活ではなかった、ということか。

ちょうどいい。明日、病院行く予定だったから。診てもらおう。


翌日。
仕事から帰って、まさのすけに「どない?あちゅ君の様子は」と尋ねると
吐いてないって。

そ~か~
でも、コンベニア(抗生物質)が切れるしな。
インターフェロン打ってもらわなきゃな。
あちゅ君を洗濯袋に詰め込み、病院へ行く。

「吐いた」
ワタシの報告に先生もがっかり。

う~~ん。3日くらいで大丈夫かと思った僕の判断が甘かったってことですね。すみません。
と言われる。

いや。どうなんだろう。
ワタシだって「吐く以前に戻った」って言ったしな。
下痢っこも引き続き治ってないしな。

念入りに触診されるあちゅ坊。真剣な顔になる。
そらおなかぎゅ~ぎゅ~されたらこえ~わな(;´∀`)

腫瘍ができてるような感触はない
と言われる。

しゅ・・・しゅようっ・・・((+_+))

・・・・そうね。あちゅ君は猫白血病ウイルスの保持者だもの。
免疫力がめちゃんこ低いんだもの。
腫瘍ができたって不思議じゃない。

腸の動きが悪いせいで吐いたりしてるのか?と言われているのだけど
その原因はわかんない。
白血病ウイルスがいるせいで何らかの不具合が起きてるんだろうか。

点滴もされて、お薬は一週間分出た。

は~~またも一日3回のお薬かあああ(泣)
仕事してる家庭に1日3回のお薬投与は難しいんだってばあ~~

製薬会社のお方。
どうか薬効が14時間くらい効くお薬を作ってちょうだい。
できれば猫にとっておいしいお味で作ってちょうだい。
需要はある!
喜ばれるよ!

なんかね・・・ずっとこうやってあちゅ君通院してますけど。
だんだん不具合が多くなってる気がする。
と先生に言うと
「そうだね」とあっさり言われた。

あれっ?!ワタシの気のせいじゃなかった???
と訊くと、
「うん。気のせいじゃない」と言われた。

凹むわあ・・・・

次回また3日後くらいに様子を見せて。点滴もしなきゃだから。
と言われた。

ハイ・・・・

7月16日。お昼。わしわしとごはんを食べるあちゅ坊。
e0142430_10213673.jpg


夜。吐いた後のあちゅ坊。ちょい凹み気味?
e0142430_10391557.jpg

お昼から夜にかけてナニがあったのだ(?_?)

17日朝。やっぱ元気ないよね?なあちゅ坊。
e0142430_1040484.jpg


18日朝。病院行って注射され、復活したのか、またわしわしごはんを食べるあちゅ。
e0142430_10463120.jpg

by nomanyan | 2015-07-20 10:15 | 猫白血病ウィルス症 | Comments(0)

あちゅ君。通院日記 その31

朝起きて、あちゅ君のトイレを掃除しようとしたらおちっこがしてない。

えっ・・・?
おちっこがしてないのなんて初めて・・・
よかったっけ・・?してなくて・・・

いやいやいやいや。ダメだろ
全然ダメだろ
何でしてないんだろ・・・・
いつからしてない?
昨日の朝はしてたよね?
夕方は・・・?
夜は・・・?
今朝してないってことは昨日の夜以降してないってことじゃ?
と悶々とする。

いつものようにお薬をシリンジであげて、その後ブラッシングをし、ナデナデする。
ちゃんとゴロゴロ言う。

そんなにしんどそうな様子じゃない感じだけど。

寒いのかな?と心配になり、去年買ったペットヒーター(敷くタイプの)を入れてあげる。
これで温まっておちっこも出ないかしら?と期待したが
結局、お昼になっても夕方になってもおちっこをしないので、
晩御飯の後、病院に連れて行くことにした。

だっておちっこは大事よ。
出なかったら大変なの。

もしかしたら、最近急に寒くなったのでハウスから出てくるのがいやでしてないだけかも。
とも思ったのだけど
もしも。
もしも尿道が詰まってたら?
もしも腎臓がいきなり悪くなってたら?

そう思うと不安で不安でたまらなくなった。

前回、前々回と病院に連れて行くときに失禁したあちゅ坊。
なので、おちっこが溜まってたら、連れて行こうとして洗濯袋に入れたら失禁するかも。
そしたら大丈夫だね。
と思った。

がしかし。
失禁しなかったのだ。

これはもーおちっこ詰まってるんじゃないの~?
と心臓バクバクになりながら連れてった。

病院の診察室。
ワタシの話を聞いた先生はあちゅ君の膀胱を触診する。

「ん~?L寸の卵をひとまわり大きくしたくらい?の大きさってところかな?」

つまり、尿はある、と?

「そう。ちゃんとあるねえ」

尿が作られていないってことではなかったようだ。
では詰まってるのか?と思って

「詰まってるんでしょうか?」と尋ねると

「そんな感じじゃないねえ」と言われた。

あら・・・尿路結石とかで尿が出ないときって、膀胱の触った感じも違うんですか?
と言うと

「ぜんっぜん違います!」と言われた。

「硬い感じ?」と重ねて聞くと

「そう!」

そうなんだ・・・・

先生が言われるには「膀胱が硬くなって、緊張状態にある」
そして、尿が詰まってたら、何度もトイレに行って、おちっこをしたがる
って。

あちゅ君はそんな様子は一切見られない。

「たぶん、ちゃんと出ると思うんだけどねえ・・」と言われたけど
「一応血を診る?」と訊かれたので、「そうして下さい」とお願いする。
だって怖いもん。

で。血液検査の結果は腎臓の値も正常値。
吐いてないしね。(急性腎不全になると吐く)

念のために点滴をしてもらい、せっかく来たのでインターフェロンも打ってもらいました。

点滴をしてもらってる最中に看護士さんが「あちゅく~ん!」て顔を撫でてくれましたが
あちゅはむっとした顔をしていました。

おほほ。スミマセン。こんな子なの。

も~おちっこしないから腎臓か結石かって慌てちゃって
と言うと

「確かに冬は多いですよね。泌尿科系の病気が」って。

そおねえ。寒くなるとトイレが寒いところにあると行きたがらず、お水も飲みたがらず。
なのでトラブルになりがちなのよね・・・



家に帰り、その後11時過ぎくらいにそろ~っとハウスから出てきたあちゅ君。
じょじょ~~っとおちっこをしてました。

よかった・・・(ノД`)・゜・。出た・・・・


やっぱり急に寒くなったからかなあ?
あちゅ君は超シニアみたいなもんですからね(猫白血病ウイルスのキャリアだから)
もっと気を付けてあげなきゃ、と反省しました。

朝起きてみると、ごはんもぜんぶ食べてくれてました。
昨日はごはんもほとんど食べてなかったもんね。
やっぱり寒かったのかも。
ごめんねあちゅ。
by nomanyan | 2014-12-06 00:08 | 猫白血病ウィルス症 | Comments(5)

今日も吐いた

5月12日。朝。
クロチ君の様子を見て、本当は強制給餌したいのだけど
あせりは禁物。

もしかして胃腸の状態がよくないのなら無理はいけない。

クロチ君をなでる。

クロチ君はね、なでるとゴロゴロ言うんだよ。

なでると身体がガリガリに痩せてるのがわかる。
背中が三角になってる。

ゆっくり寝てるんやで~と声をかけて仕事に行く。



夜。
どきどきしながら免疫サポートをお湯で溶いて、熱すぎないことを確認して、
バスタオル(クロチ君を巻くため)と、ハンドタオル(こぼしたりお口のまわりについたのをふくため)を
持って、2階に行く。

祈るような気持ち。
だいじょぶだいじょぶ。きっとだいじょぶ。
ほんの少しずつ飲ませればきっとだいじょぶ。

そう思ってた。

だけど、最初の一口、シリンジの1目盛りにしかすぎない量。
それをのませただけでクロチ君は緊張した顔になった。

だいじょぶ?
クロチ君をなでる。

おなかはキュルキュルいってない。(そう。最近、強制給餌するときゅるきゅるいってた)

もうひとくち、イケる?ってもう1目盛り飲ませた。

お口をちゃくちゃくし始める。

・・・これはっ・・・

と思ったとたん吐いた。



目の前が真っ暗になる。

クロチ君のお口をふいて、ごめんごめんって謝る。

どうしたらいいのだろう。

とりあえずは明日、病院で点滴をしてもらって輸液を補ってもらわなければならない。
by nomanyan | 2014-05-12 21:37 | 猫白血病ウィルス症 | Comments(0)

クロチ君。吐く

身体に栄養が入らなければウィルスと闘うこともできない。
飼い主にできることなんてごはんをあげることだけ。
なので、つい以前より強制給餌せねばせねばと力が入る。

一日2回では正直、一日の必要カロリーが摂取できてない。
でもじょじょ~に体重が増えてるので、しょうがないけどこのままのペースでいこうと思った。

猫に強制給餌。したことある?
ワタシは、3回目。

最初はセラ。セラはお口に腫瘍ができてた。
生まれて初めての強制給餌、セラも大変だったが私もいっぱいいっぱいだった。

2回目はシャーちゃん。
シャーちゃんの場合は鼻チューブを入れてもらってた。
仕事の休憩時間も家に帰りチューブから免疫サポートを入れてた。

クロチ君で3回目。
徐々に上手になってきた、と思っていたのだが・・・


今朝(5月11日)、強制給餌が終わると、クロチ君が吐いてしまった。
量は15ミリリットルなので決して量が多すぎたわけじゃない。
なのに吐いた・・・


シャーちゃんが亡くなる数日前の様子がまざまざとよみがえる。
恐怖ですくんでしまった。
あのときと同じだ!
同じってことは
このままだとクロチ君がいってしまう!
と思って血の気が引いた。

シャーちゃんも吐いた。強制給餌の日々の後半、よく吐いてた。
どうして吐くのかよくわからなかった。それまで何ともなかったのに。
胃腸が悪くなってる?
腎臓の数値がよくないから、そのせい?
消化器系にがんでもできた?

猫白血病ウイルスのキャリアだから、普通だったら簡単に乗り越えられる雑菌に負けた?
強制給餌が胃腸の負担になった?
敗血症を起こした?


結局、わからないままシャーちゃんは亡くなってしまった。
あの敗因がよくわかってないのだ。

同じことを繰り返してはいけない。
あせって強制給餌するのはやめよう。


夜。
仕事から帰っても強制給餌はしなかった。

ただ、クロチ君の様子を見に行った。
いつものベッドではなく、椅子に寝そべっていた。

私が強制給餌すると思って隠れてたね?
大丈夫だよ。今日はしないよ。
すこし胃腸を休めよう。


トイレ掃除をしながら怖くて思わず泣いてしまった。

泣きながらも下痢はしてないかあれ以上に吐いてはいないか観察するのは忘れない。


クロチ君が静かな目をしてじっと私を見る。
シャーちゃんもセラも泣く私をこんな目をして見てたっけ・・・と思い出す。

君たちは偉いね。きっと人間よりもずっと命について達観してるんじゃないだろうかね。
by nomanyan | 2014-05-12 00:14 | 猫白血病ウィルス症 | Comments(0)

猫白血病ウィルスについて

シャーちゃんが猫白血病ウイルスのキャリアだった。
シャーちゃんからもらってしまったクロチ君。
ワタシがワクチンを打ってもらうのが遅かったせいで、クロチ君は体内にこのウィルスがいる。

ネットで猫白血病ウィルスについて調べた。
私、猫飼いさんになって15年ですが、正直、猫の病気に詳しくない。
ゴルがよくかかる病気についてはめちゃ勉強したけど。

なので、猫の病気についてはただ今勉強中だ。
以下はネットで調べたことと、病院で先生に質問してわかったこと。

猫白血病ウィルス、という名称だけれど、このウィルスの保持者は白血病になるとは限らない。

感染した時期でその後が分かれるらしい。
比較的若くて感染した場合、がん化することが多い。(白血病含む)
ある程度年齢がいってから感染するとがんになることよりは免疫に問題が起こり、
口内炎であるとか、腎臓が悪くなるとか、様々な症状が出るようだ。



クロチ君に点滴してもらってるとき、先生に訊いてみた。

クロチ君はワクチン打ってましたよね?約1年前に。
その時すでにウィルスが体内に入ってたから今、こんななんですよね?
ネットで調べると、ウィルスが体内に入ると、熱が出る。でもしばらくすると熱も引き、沈静化する。
だけどウィルスは死滅したわけじゃなく、体内に潜んでる。
って書いてありました。

先生「そうそう。最初はウィルスが体内に入っても、ふつうは免疫が働いて、ウィルスを撃退する。
免疫力が下がってると、体内に入ったウィルスがどんどん増殖する。
どんどん増殖されて、そしてクロチ君の身体が「もうあかん。もう増えすぎ!」という状態になったので
クロチ君は熱が出てる。
熱を出してウィルスをやっつけようとしてる。
最初はウィルス入っても身体が勝ってた。今はどちらかというとウィルスが勝ってる状態」

なるほど・・・

先生「だけど、発熱しない子もいる。ウィルスが本体に気づかれないように身体に住み着いてじょじょ~に増えてる場合もある」

そんなうまいことやるやつもいるんだ。

先生「そうそう。そういうパターンもある。発熱した方がそれを乗り切ったら勝つ場合も案外あるよ」

いわゆる「陰転」ってやつ?

先生「そう!陰転。ぼくも何度かそのパターンを経験してるよ。だからがんばろう」

うん。がんばろう!(ちょと涙)

がんばろうな!クロチ君!
とクロチに言って、点滴が終わったクロチ君をなでた。
看護師さんも「がんばろうね~」ってクロチ君に言って撫でてくれた。

こないだ、待合室で、黒猫さんがいた。女の子で。かわいかったの。
すごく積極的(笑)で、自分のキャリーから出て、うちのクロチ君をのぞき込んでた。

だけどクロチ君はキャリアだからあまり近づかない方がいいと思って、飼い主さんに「ワクチンですか?」って聞いたの。すごく元気そうだったから病気で来てるとは思えなくて。
そしたら「白血病なんです」って言われて。びっくり。
え?うちも白血病ウイルスのキャリアなんですよって言ったら
「うちももともとそうです。知らなかったんですけどね。キャリアだって」って言われて。
どうして白血病だってわかったんです?って尋ねたら「元気がなくて」って。
何歳ですか?って尋ねたら3歳ですって。
でもすごく元気そうで。まるまるしてて毛つやも良くて。
知り合いにリンパ腫だって言われた子がいるんです。だけどその子、抗がん剤がよく効いて、今はすっごく元気でもう抗がん剤も3週間ごとでいいって言われたんですってって言ったら
「うちもそうです。ずっと抗がん剤使ってました。うちも3週間ごとでいいって言われてるんです」って。
今の状態になるまでどのくらいかかりました?って尋ねたら、「1月からだからもうすぐ6か月?」って言われた。
そっか~6か月・・・・
じゃ、クロチ君もそのくらいがんばらなきゃならないかもだな~って思った。
いや。6か月経ったらあんなに元気になれるかもってことだ。

その話をしたら先生が「うんうん。黒い女の子だよね。あの子は抗がん剤がよく効いていい状態になってるよね」って言われた。
知り合いのSちゃんのことも「あの子もとてもいい状態だよね!すごく順調に抗がん剤が効いてくれたのでとてもよかった」って言ってた。

希望の星だ。
クロチ君と病気は違うけど、使ってるお薬も違うけれど。

うちの希望の星だ。あの女子黒猫ちゃんとSちゃん。
どうかずっと元気にしてておくれ。
by nomanyan | 2014-05-11 04:12 | 猫白血病ウィルス症 | Comments(0)

クロチ君。通院日記

ということで、猫白血病ウィルスがいる
ということが判ったため、それと闘うための通院が始まりました。

4月22日。インターフェロンを注射して免疫が上がることを期待。脱水してるので点滴も。
ステロイドを打ち、抗生物質のお薬(ミノペン)も出されました。
しばらく食欲もないだろうから強制給餌を引き続きせねばならんだろ、と考えて免疫サポートも出してもらう。

熱がどれだけ下がるか診たいから2,3日後に連れて来て
と言われました。

翌日(23日)の朝、2階から下りて来て、爪を研いでみせ、台所に座ってるクロチ君。

おおっ(喜)
何か食べたいってことだよね?そうだよね?

クロチ君!と呼びかけるワタシに「わー」と応えるクロチ君。

あぁ~~(涙)
嬉しいぃぃ~と喜びながらクロチ君の好きなかつおのおやつを開けてあげる。

はぐはぐ食べ始める。
まだ本調子ではないなあ・・・と思って見てると
ちょっとだけ食べて、もういい
って感じで、すぐに顔を洗い始めた。

そっか・・・ちょっとがっかり。
でも以前よりずっとずっと元気だよね。1階に降りて来てくれるなんてさ。

・・でもコレ。ステロイドのおかげかもしれんしな・・あまりぬか喜びすんのやめよ・・・
と思ってた。

ワタシとしては注射前よりすっごく元気そうに見えたし、食欲もあるようだから強制給餌もやめ、
きっと体温も下がってる!貧血もましになってる!
と期待してた。

ところが

4月26日。
体温は下がっておらず、貧血なんてむしろ進んでいた。

熱が下がっていないからミノペンは効いてない、とみなします。抗生物質を変えてみましょう
と言われ、2週間効く抗生物質を注射してもらった。コンベンシアね。
ステロイドは量を減らしながら引き続きのませるってことで。
この日もインターフェロンを打ってもらい、貧血が進んでるので造血ホルモンも打ちましょうと言われた。

造血ホルモン。
あぁ懐かしいね・・・約1年前、シャーちゃんに使ってたっけ。
使っても使っても貧血が良くならず、白血病ウイルスがいるからだろうって思ったものだった。

シャーちゃんが使ってたのと同じダルベポエチン。

白血病ウィルスに対抗するには免疫を上げるインターフェロンに期待するしかないですのでねえ。
と言われる。
しばらく2,3日ごとにインターフェロンを打ってあげた方がいいと思いますからまた、2,3日後に来て下さい。
と言われて帰る。


帰り道。つらつら思う。
・・・熱が高いのはきっとウィルスがいるからなんだろうね。きっとね。そう思いたくないけれど。
何かの細菌に感染してて、それで熱が高いのなら抗生物質は有効だ。
だけど、細菌のせいではなく、この白血病ウイルスのせいなのだったら?
抗生物質ってウィルスに効かないよね?
だとすると、このコンベンシアも効かないんじゃないだろか
逆に言うと、これで熱が下がらなかったらやっぱり発熱はこのウィルスのせいだってことだ・・・
と、くら~~~い気持ちになる。
熱が下がらないとクロチ君がしんどいってのもあるけど、一番の弊害はごはんを食べないってことだ。
今はステロイド(ブレドニゾロン)のませてるからかろうじて食欲あるけど・・・


4月29日。
ワタシは仕事で行けなかったのでまさのすけが一人でクロチ君を連れてってくれる。
体重の減少は些少とのこと。熱もそんなに高くなかったとのこと。
インターフェロンだけ注射してもらって帰る。

よし!安定してきたか?強制給餌もしなくて大丈夫?
と期待してたのに


5月3日。
なおも貧血が進んでいた(涙)体重も減少。
点滴とインターフェロンを注射。
さらなる強制給餌の日々に備えて免疫サポートを出してもらった。

造血ホルモンを打ってるのにそれが効いてないのはどこかで血液を作るための指令がシャットアウトされてるからですねと言われる。

それは白血病ウイルスのキャリアだからですよね?と訊くと

そうですね。その可能性が高いです。と即答される。

造血ホルモンにすぐに反応する子もいるんですけどと続けて言われる。

白血病ウイルスのキャリアの子でも?と訊くと

キャリアの子でも。とうなづきながら言われた。

へ~~~そうなんだ・・・・
羨ましいな・・・すぐに効いてくれるなんて。
キャリアの子は効かないんだと思ってた。
だってシャーちゃんも全然効かなくて、どれだけ打ったっけ・・3か月?かかったよね。確か。

シャーちゃんも効かなかったもの。だからクロチ君だってすぐにダルベポエチンに反応しなくたってしょうがない!
凹むなワタシ!と思い、再び強制給餌にいそしむ。

5月6日。この日もまさのすけが連れて行ってくれた。
点滴とインターフェロン。

5月9日。
ヘマトクリット、血小板の数値の更なる減少。
体重は若干増加。強制給餌のおかげだねと言われる。
インターフェロンと造血ホルモン(ダルベポエチン)を打ってもらう。

点滴はどうする?と言われ、皮膚をつまんでみたけど、戻りが悪いように思う。
「戻り、悪いっすよね?」と先生に訊くと、
先生もクロチ君の皮膚をつまみ上げて、う~ん・・よくはないねえ・・と言われる。

じゃ、しといてくらさい。
と、点滴もしてもらい、帰りました。


この日はあちゅ坊も連れて行きましたよ。
相変わらずお口は痛そうだ。
だけど何とか自分でごはんを食べているし。いいうんちも出てる。
体重も4、1キロでほぼキープ。
なんとかがんばってる。

いつもだったらキャリーの中で静かにしてるあちゅ坊なのに、今日はクロチ君もいるもんだから
キャリーの中から「へーへー」なく、あちゅ坊。
かわいいなあ。あちゅ。
by nomanyan | 2014-05-10 14:30 | 猫白血病ウィルス症 | Comments(0)

クロチ君。病気発覚

1週間経ってもクロチ君は改善の様子が見られない。

なので強制給餌も始めました。
以前シャーちゃんに使ってた免疫サポートが残ってたのでそれをシリンジで飲ます。

一日2回。
全然一日の必要摂取カロリー足りてないけどね。
シャーちゃんのようにお口が痛いわけではないので、自分でも少しは食べてるだろうという希望的観測のもと
2回ですのだ。


うちの猫たちのワクチネーション証明書だの血液検査結果だのはすべてファイリングしてるので、そのファイルごと持って、
4月22日また病院に行ってみた。
何で持ってったかって?
何だろ。やっぱワクチン打ってたら陽性で出るって言われたことが釈然としなかったから?
とにかく持って行った。
そして持って行ったのは正解だった。




診察室に入ると同時に先生が「留守電聞いてくれた?」

え?(汗)聞いてない・・・ごめんなさい・・・・

えっ?!入れたよ?聞いてないの?
どこのメーカーのワクチンを打ってるのか教えてほしかったんだけど。
と言われる。

あ。持ってきたよ。ワクチンの証明書。

え?聞いてたんじゃ~ん!

違うよ。聞いてないけど(汗)なんとなく持ってきた。

と証明書を出すと、先生はそれを見て「あ~・・・・」と落胆した顔をした。

ナニ?どしたの?


先生曰く、先日の検査に先生も釈然としなかったんだって。
で。ワクチンを製造してる会社に訊いたんだそうな。

ワクチン打ってて、猫白血病ウイルス検査が陽性で出ることはありますか?って。

1社。そんな結果が出てるメーカーがあるのは知ってたんだって。
だからクロチ君もそのメーカーのワクチンを打ってるんだと思ってたって。

だけど何だか釈然としない。
だからワクチンを出してる会社全部に訊いてみたって。

そしたら陽性で出るのは先生が知ってたその1社だけだったんだそうな。
他の製薬会社はすべて「うちのワクチンを打っていて、ウィルスに感染してないのであれば陽性が出るはずはありえません」って言われたらしい。

そして、クロチ君が打ってもらってたワクチンはその1社ではなく、
陽性で出るはずがない、と言われた会社のものだったのだ。



しばらくし~んとして、

「・・・ということは、クロチ君は猫白血病ウィルスに感染してると。
そういうことなんですね?」
とワタシが言うと、

「そうです」
と言われた。

「・・ごめんね」と先生が言う。

何で先生が謝るんですか、てワタシが苦笑しながら言うと

いや。ワクチン打ってるのに罹るなんて、お世話係さん凹んでるだろうなと思って。
って。

そら凹んでるよ(涙)
凹んでるってか、自分の失態に転げまわって泣き叫びたいくらいだ。

ワクチンを打ってもらう前に血液検査してもらって、罹患してないことを確認してから打ってもらった。
だけどそのときには既にウイルスはクロチ君の体内に入ってたのだ。
検査に引っかかるほどの状態ではなかったけど、しっかり体内に入ってたってことらしい。

つまりワクチンを打つのが遅かったのだ。

痛恨の失態だ。
by nomanyan | 2014-05-10 13:26 | 猫白血病ウィルス症 | Comments(0)

クロチ君。病気の兆し

さて。やっと凹んでる話をしようかって気になりました。

何で凹んでるのかといいますと、うちの大切なクロチ君が猫白血病ウィルスのキャリアになってることが判ったのです。

4月初め。クロチ君がはっと気づけば痩せてる。

元気ないっ!
ワタシが撫でてもゴロゴロ言わないっ!!!!!!
ありえないっ!

あわわわ・・・・と大慌てで、
そして「きっとコレ腎臓だ。腎臓がやられてるんだ」と思いながら病院に連れて行きました。


体温を測ってる間に
痩せてます。ごはん食べません。元気ありません。下痢はしてるかどうかわかりません(多頭飼いだから)
多分吐いてもいません。多分ね。
腎臓が悪いんかもしれません。だっておじゃことかかつぶし好きなんですこの子。
あと以前ストラバイト出たことあるです。
と言うワタシ

ふ~ん・・・・と冷静な先生。

「体温・・高いね。熱がある。」

熱っ?・・・だから、ごはん食べなかったのか・・・と思うワタシ。

血液検査をしてもらうことにして、いったん待合室へ戻り、
はっと思い直し、「あ。いちおうエイズと白血病の検査もお願いします」とお願いしたです。

もうすぐワクチン接種の時期だったのでね。
念のために、と思ったの。


で。
血液検査の結果。

貧血してる。腎臓は大丈夫。肝臓も大丈夫。
そして白血病ウイルスが陽性・・・

へ?ワクチン打ってるのにっ?!うぞっ!!!
と言うと、先生は

あ?そうなの?じゃ、そのせいだ。ワクチン打ってたら陽性で出るから。

えっ?そう?そうなの?そうだったっけか?

そう。そうなんだよ。


というわけでですね。その日は帰ったの。
特に造血ホルモン打つほどの貧血でもない。熱もそうめちゃ高いわけでもない・・・

なんだか釈然としない夜でしたのだ。
by nomanyan | 2014-05-10 12:54 | 猫白血病ウィルス症 | Comments(0)


15歳8ヶ月でお空に旅立ったゴールデンレトリバーのノーマとノーマを大好きだったにゃんこたち


by nomanyan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フォロー中のブログ

Retrievers O...
タバサは語る
ワチャたけ奮闘記
 GR-JUNの思い出と日常
CANDY’S BLOG
笑いのある生活

ノーマの親戚ちゃんとお友達

カテゴリ

全体
日常
おでかけ
お友達
にゃんこ隊
腎不全
お世話係のつぶやき
口内炎
炎症性腸疾患
肥大型心筋症
猫伝染性腹膜炎
猫白血病ウィルス症
ノーマの病気
歯根膿瘍
乳腺腫瘍
てんかん発作
リンパ腫
気管支炎
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

最新のコメント

寒くなって、朝晩は冷える..
by ちーしゃん at 23:51
心よりお悔やみ申し上げま..
by ベンのママ at 10:19
お世話係りさま なんと..
by saba-sava-cat at 01:52
おおっ!Σ(゚Д゚)!H..
by nomanyan at 15:06
お久しぶりです~!笑える..
by Hisami at 15:17
ベン君のママ様 ご..
by nomanyan at 00:00
ごめん字が違った。麻央ち..
by ベンのママ at 14:17
元気がなによりよ~ベンが..
by ベンのママ at 14:14
ベン君のママ様 お..
by nomanyan at 12:37
大変な日々ですね。心配な..
by ベンのママ at 11:57

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫

画像一覧