心のかさぶた

今日、3月7日はノーマの命日。
ノーマがいなくなって6年。

もうノーマを思って胸がかきむしられるような思いはなくなったけど
じんわりとした寂しさと懐かしい思いがあります。



先日、テレビである動画が紹介されてた。
外国の女の子、9歳?だったか。
その子が子猫をもらったときの動画。

女の子はサイモン君という16歳の黒猫さんと暮らしてた。
だけど2年前にサイモン君は亡くなってしまった。
ずっと傷心の女の子。
ある日、お母さんが知人のところで子猫が保護されたことを聞いて、
そのうちの真っ黒の子猫を引き取ることにした。
そして女の子のお部屋に子猫を置いといた。

で、女の子が小学校から帰って来て自分の部屋の子猫をみつける。
って動画。

これを見た一日、ワタクシ、
どうかしてるんじゃないのかってほどずっと思い出しては泣けて泣けて。

ええ。めでたいお話なのよ?
子猫にとっては里親さんがみつかって。
女の子にとっては亡くしたサイモン君と同じ黒猫さんと出会えて。

なのになぜ泣いちゃうのか。

この女の子の気持ちが痛いほどわかるからかしらねえ・・・

子猫をみつけた女の子は最初、すっごい笑顔で喜ぶんだけど
その後子猫を抱いて号泣しちゃうんだ。
その様子にその子の今までの悲しみの深さを見たようで泣けちゃうのだ。
その子がかわいそうというのではなくて
「あぁわかるわあ・・・」という気持ち。


6年も経てばもう平気かといえば、大泣きしてしまうことはなくなってるけど
それはノーマのことを忘れてるわけじゃなくって、
会えないことを我慢することを覚えただけなんだよね。
どれだけ泣いたってもう帰って来てはくれないんだもの。
ってようやく諦めることができるようになってきてるだけ。
(「なってきてるだけ」よ。「諦められた」ではない)

傷はまだ体の内側にあるんだけど表面はかさぶたができて傷がふさがってる。
いちおうふさがってるから傷を負った直後のような痛みはないけど
でもしょせんかさぶたなので傷が治ったわけじゃない的な?
うまく言えないけどそんな感じ。


この子もサイモン君がいない悲しみをず~~っと我慢してたんだね。

その動画がこちら。


この黒猫ちゃんは女の子でもうすっかり大人になってらっさるみたい。
「エラ」ちゃんと名付けられてかわいがられてるらしい。
by nomanyan | 2017-03-07 17:39 | お世話係のつぶやき | Comments(6)
Commented by うにまいす at 2017-03-07 23:28 x
うう、わかるわかる。
よーくわかります。女の子の気持ちもお世話係さまの気持ちも。
私も、普段はもう全く忘れているみたいに生活していますが、忘れてなどいません。
箱に入れて蓋をした、みたいな感じかな。
時々うっかり蓋が開いちゃって涙する。というのを一生続けるんだろうな、と思っています。

Commented by ちーしゃん at 2017-03-08 00:00 x
分かります❗
この子は本当に心の優しい子なんだろうなぁ

姉ゴルを送って5年、今でも恋しくなるのに、恋しくなる子が増えてしまって
戸惑っています。

毎日お世話係さまのご苦労と心労には、頭がさがります。
その子の為のお薬だけれど、嫌がられたり吐かれてしまったりでは大変ですものね。
せっかく飲ませてもすぐ吐いてしまうと、切なくなりますね。

お薬の後は必ず楽しいお散歩のセットで、なんとか納得してもらえないものですかね(^^;
Commented by nomanyan at 2017-03-09 00:15
うにまいすさま

「箱に入れてふたをしてる」
あぁなるほど!
とても的確な表現ですねえ。
そんな感じです。
時々うっかりふたが開くんですよね。
自分の想像以上に動揺しちゃって、我がことながらびっくりしたりして。
まだ全然だめだなあって。
そうですねえ・・こうやって生きて行くしかないんでしょうねえ。ワタシたち・・・
Commented by nomanyan at 2017-03-09 00:20
ちーしゃんさま

「ママ、この子飼ってもいいの?」「ママ愛してる」って言うところもかわいいですよねえ。
本当に家族の一員としてかわいがってたんだなあって思いますね。
ワタシも恋しい子はどんどん増えています。
たくさんにゃんこがいるので、そしてどんどんあちらの世界に行ってしまうので、ノーマだけを恋しがっていられないっていうか(T_T)

テンちゃんの投薬はお散歩とセットにしてるんですけど
おかげでお散歩までも躊躇するようになってマス。
「行きたいけどその前にアレ飲ますんやろ?」と言わんばかり。
なんてことない。お薬なんて。といつか思ってくれないものかと思うんですけども。テンちゃんはなかなか繊細でいらっしゃるようです(T_T)
Commented by ベンのママ at 2017-03-09 11:21 x
読んでいてもビデオをみても理解できるのだけれど涙があふれてくる。こんなに大きな穴がほっかりと胸にあいているなんてベンベンがいなくなるまで想像しているよりもはるかに大きくてそばに居てくれた時間が長い分半端ない。贅沢だよね。こんなにたくさんの楽しい時をくれたのにね。本当に幸せだったわ。ずっと一生宝物だね。ベンがいてお世話係さんやうにまいすさんと知り合えたのも宝物。
Commented by nomanyan at 2017-03-10 13:21
ベン君のママさま

お互いを必要とする。される。愛し愛される。って人間にとってこんなにも必要なことなんですよねえ。
わんにゃんって、年をとってもあまり見た目が変わらないので
その分亡くしてしまった後、辛さが倍増するというか。
家族として犬猫と暮らしてない人にはわかってもらえないのが
なかなか辛いところでもあります。
ベン君はずっと元気でニコニコさんで、本当に孝行息子さんでしたよね(*^_^*)
いなくなった喪失感はその分大きいでしょうけど、思い出がたくさんあるし、いつかほのぼのとした気持ちで思い出せるようになると思います。


15歳8ヶ月でお空に旅立ったゴールデンレトリバーのノーマとノーマを大好きだったにゃんこたち


by nomanyan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フォロー中のブログ

Retrievers O...
タバサは語る
ワチャたけ奮闘記
 GR-JUNの思い出と日常
CANDY’S BLOG
笑いのある生活

ノーマの親戚ちゃんとお友達

カテゴリ

全体
日常
おでかけ
お友達
にゃんこ隊
腎不全
お世話係のつぶやき
口内炎
炎症性腸疾患
肥大型心筋症
猫伝染性腹膜炎
猫白血病ウィルス症
ノーマの病気
歯根膿瘍
乳腺腫瘍
てんかん発作
リンパ腫
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...

最新のコメント

ベン君のママ様 ご..
by nomanyan at 00:00
ごめん字が違った。麻央ち..
by ベンのママ at 14:17
元気がなによりよ~ベンが..
by ベンのママ at 14:14
ベン君のママ様 お..
by nomanyan at 12:37
大変な日々ですね。心配な..
by ベンのママ at 11:57
さばっちちゃんの母さま ..
by nomanyan at 01:25
アリョーシャくんでしたか..
by saba-sava-cat at 01:35
ベン君のママさま ..
by nomanyan at 00:22
さばっちちゃんの母さま ..
by nomanyan at 00:18
ベン君のママさま ..
by nomanyan at 00:15

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫

画像一覧