女子猫の恐ろしさ

ついさきほど(8月19日午前1時すぎ)シロちゃさんが家出から帰って来た。
そうなの。シロちゃさんは13日(土)に家出してたのだ。

いったい何時いなくなったのかさっぱりわかってなかった。
朝ワタシが起きて階下に降りるといつもだったら「にえ~ん」と寄って来るのに
来ないな~?と思ってた。
どこかで寝てるのかな?くらいに思ってたのだが夕方になってもどこにもいず、
夜になってもいない。
もう脱走できないハズだし、そもそも庭に出してないし???
まさか、人間が玄関から外に出るときの一瞬の隙をついて出てった?

だから上に「家出」と書いたけど、謎の失踪って感じだった。

そして、いつも脱走したら近所をウロウロしてる白黒猫さんとケンカするのだが、
その声も全く聞かなかった。

家から出た後、全く家の近所にいないってこと???

フェンスとネットは補強してしまったのでどこからも入れずに帰れないんじゃないのか?
と思って、わざと補強したネットを一か所外したり、
フェンスのドアを開けっぱなしにしてみたりして、
シロちゃが帰って来るのを待ってたのだけど、一向に帰って来なかった。

ネットを補強してから毎日「あお~んあお~~ん」と鳴いてたシロちゃ。
「お外はもう行けないよ~」とシロちゃに言ってたワタシ。
そんなに外に行きたかったのか。
だからって出たら出っ放しって。

2日帰って来なかったことは以前にもあったので、そのうち帰って来るだろうと高をくくっていたのだけど3日経っても4日経ってもまったくシロちゃの気配がない。

もうこのまま帰って来ないのでは?
とも思った。

そもそもシロちゃはうちの庭に置いてあったセラの庭のベッドに寝てるところを発見した子で、
野良子さんだった。
女子猫らしいのでキャッチ&リリースしようとしてたのだ。
捕獲かごで捕獲して、避妊手術してもらって、麻酔が覚めたら庭にリリースする予定だった。
だけど、当時、外は冬で寒いし。まだ小さいし。
この寒空にこの小さい子を腹切って放すのか?と思うと忍びなくて。
このまま人馴れさせて里親募集したら里親さんがみつかるかもしれない
としばらく家で預かることにした。
そしたらまさのすけが女子だったら里親募集しなくてもいいぢゃん。
と言ってくれて、晴れてうちの子になった子なのだ。

なので、もともとうちの近所で野良をしてたので土地勘はある。
だから迷子になったハズはない。

ではなぜ帰って来ないのか?

帰れない状況にある?
例えばどこかに閉じ込められた?
ケガしてる?
最悪死んでしまった?

次に考えられるのは自主的に「帰らない」
ごはんは?
2日、3日、4日と、何も食べずに平気だろうか?
もしかしたら以前野良をしてたときにお世話してくれてたおうちがあったかもしれない。
そのお家でごはんをもらってるのかも。

ごはんがあれば家に帰る必要はない
とシロちゃは感じてる?

つまり
ワタシはシロちゃを「保護」した気でいたけど、
シロちゃは「保護」なんかされたつもりは全くなく、

そして、今回ワタシの方がシロちゃに捨てられたのかも・・・・
と思い始めてた。

そしたら!家出から6日目の今夜。
ワタシがお風呂から上がると外でにゃんこの喧嘩の声がかすかに聞こえる。

あの声はシロちゃ?!!!!!
間違いない!

身体もろくろく拭かず、濡れた髪のまま、大慌てで服を着て
バスタオルとシーバを持って外に飛び出した。
お隣のおうちの車の下でクロエちゃんのお母さん猫と対峙してる。

そうしてそのまま30分以上場所を少しずつ変えながらシロちゃはお母さん猫とず~~~っとにらみ合っていた。
ワタシがどれだけ「シロちゃ!シロちゃ!」と呼んでも、シーバを置いてあげても
全くそれに反応せず!

目が見えないの?と思ったほどワタシに反応しない。
お腹もすいてない???

手を伸ばせば届く場所にシロちゃがうずくまっている(よそ様のお庭なのでワタシは入れない)
おいで!シロちゃ!
と声をかけたのに、ふ~~っと向うに歩いて行ってしまった。

(゚Д゚;)

かっ・・・帰りたくない?
やっぱり帰りたくないのっ?!(T_T)

あわてて追いかける。シロちゃが行ったハズのところへ。

シロちゃはお隣のおうちの裏に座ってた。
ワタシが歩み寄って行くとびっくりした顔のシロちゃ。
道路が一段低くなってるので、ワタシはシロちゃを見上げる感じになる。
ワタシを見て、「ハ~~~~っ」と言うシロちゃ。

( ;∀;)
し・・・・しろちゃさん・・・・

そのままそこでワタシを見下ろしながら毛づくろい始めるシロちゃ。

ものすごく満足そうにペロンペロン顔をあらって、背中をなめて。
あんよもなめて。
ごろんごろんもしてた。

その間ず~~っとワタシは蚊に食われながらやね、シロちゃを見守ってた。
空を見上げると満月?なお月さん。

「どうかシロちゃをおうちに連れて帰れますように」思わずお月さんにお願いする。

毛づくろいが終わったようでまたも歩きはじめるシロちゃ。

お。今度はどこへ?と横をついて歩くとまたもビックリした顔をするシロちゃ。

何でびっくりするん?(._.)

お隣のお家の門扉の前に回って歩いてくるシロちゃを待つ。
途中立ち止まって座っちゃうシロちゃ。
あわてて戻ってシロちゃの様子を見る。

歩きだすシロちゃ。
またも門扉の前に行き、待ち受けるワタシ。

・・さあ・・・シロちゃはこちらに来てくれるのか。

シロちゃはワタシを真っ直ぐ見て、にぇ!と言い、歩いて来た。
そっとしゃがみこんで、そろ~~っとシロちゃの背中を撫でる。
嬉しそうなシロちゃ。

あぁ~~~~・・・何日ぶりだろうシロちゃの背中!
撫でると背中をぐいっと持ち上げて喜ぶいつものシロちゃの反応。

いつものシロちゃだ・・・

そっと抱き上げると
「にゃ!」と抵抗するそぶり。
でも放しません。ワタクシは。
「にえ?」「にえ?」と言い続けるシロちゃ。

あまり力を入れず、でもがっちりと抱いてそのまま小走りで家に駆け込んだ!!!!

玄関で解放するとにゃんこ隊の皆さんがシロちゃのところに駆け寄ってきた。

家に入ってから落ち着いて見るとシロちゃはあまり痩せてもいず、
極めて平常心でほかのにゃんこ隊にも接してる。
他のみんなはシロちゃをめちゃ嗅いでたけどね?
e0142430_12194440.jpg

昼間電気のこぎり使ってたのでコードが写ってる(^^;)てへ。



今回の顛末は女子猫の恐ろしさをひしひしと感じました。

あくまでもシロちゃは自分から帰りたかったのではなく、
ワタシが蚊に食われながら1時間近くシロちゃに懇願して懇願してようやく家に帰ってもらった!
という構図だ。

「シロちゃは別にここで暮らしたいわけでもないけどね?
お世話係がどうしてもって言うんだったらしょうがないなあ」
って感じに持ってったシロちゃ。

猫は全体的にこんな上から目線な感じだけど、
今回改めて、ひしひしと!
ワタシなどは下僕で、こちらがお猫さまを大好きで、
お願いしてお世話させていただいてる!
んだと、言い聞かされたような気がしました(´・ω・`)

げに恐ろしきは女子猫よ。

翌朝、階下に降りてみると
ソファで爆睡してるシロちゃさんが。
e0142430_12211427.jpg

by nomanyan | 2016-08-19 02:49 | にゃんこ隊 | Comments(0)


15歳8ヶ月でお空に旅立ったゴールデンレトリバーのノーマとノーマを大好きだったにゃんこたち


by nomanyan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フォロー中のブログ

Retrievers O...
タバサは語る
ワチャたけ奮闘記
 GR-JUNの思い出と日常
CANDY’S BLOG
笑いのある生活

ノーマの親戚ちゃんとお友達

カテゴリ

全体
日常
おでかけ
お友達
にゃんこ隊
腎不全
お世話係のつぶやき
口内炎
炎症性腸疾患
肥大型心筋症
猫伝染性腹膜炎
猫白血病ウィルス症
ノーマの病気
歯根膿瘍
乳腺腫瘍
てんかん発作
リンパ腫
気管支炎
未分類

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

最新のコメント

寒くなって、朝晩は冷える..
by ちーしゃん at 23:51
心よりお悔やみ申し上げま..
by ベンのママ at 10:19
お世話係りさま なんと..
by saba-sava-cat at 01:52
おおっ!Σ(゚Д゚)!H..
by nomanyan at 15:06
お久しぶりです~!笑える..
by Hisami at 15:17
ベン君のママ様 ご..
by nomanyan at 00:00
ごめん字が違った。麻央ち..
by ベンのママ at 14:17
元気がなによりよ~ベンが..
by ベンのママ at 14:14
ベン君のママ様 お..
by nomanyan at 12:37
大変な日々ですね。心配な..
by ベンのママ at 11:57

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫

画像一覧