9月12日。セラ4回目の月命日とあれから10年

「あれから」シリーズになってマスね・・・

昨日、9月11日はアメリカの同時多発テロから10年でした。
追悼行事が行われた様子とか、テレビで報道していました。

あの事件で家族を亡くした方たちがグランドゼロに行き、献花しながら泣いてらっしゃる姿を見て
10年経ったから、といって悲しみが癒えることなどないのだなと改めて思いました。

一言で10年、というと何だか長い気がするけれど、ノーマと暮らした日々を思ってみると
たった10年なのだ、と思えます。

だってね、10年って、10回夏がくるだけなんだよ。
10回しか夏がないんだよ。

夏=ノーマを泳がせる

だったワタシとまさのすけ。

ノーマが7歳くらいのときにノーマはあと何回夏が迎えられるんだろうか?あと何回ノーマは泳げる?
と思ったものだった。
あと3回くらいしかノーマに夏は来ない?じゃ、ひと夏に5回くらい泳いだとしても15回しか泳げない?
そう思っちゃった。

楽しく過ごす10年もあっという間だし、大切な命が亡くなって、その後生きていく10年もあっという間だ。

だからあれから10年経ったからといって悲しみがそうそう癒えるわけもないんだよね。
しかも、あのテロでは理不尽とも思える形で亡くなったわけだから・・・・




で。ワタシにとってはアメリカの同時多発テロは被害者に知人もないので、具体的な悲しみを伴った事件ではなく、遠い外国での悲しい出来事だったわけですが、

その翌日、12日はワタシにとって忘れられない日なのです。

うちの三兄弟、しまた君、クロチ君、テンちゃん(何でテンだけ「ちゃん」なのかよくわかんね)
が、某所に捨てられていた日なのです。
そして12月24日にダンボール箱に入れてうちに連れて帰るまで、三兄弟はずっと某所で兄弟身を寄せ合って暮らしていたのでした。その年は寒い秋、冬でした。

当時、テロの翌日に捨てられていたから、兄弟たちは近所の人たちから「テロちゃん」と呼ばれていたそうな。
そのネーミングってどうなんでしょ(^^;)

通学途中の女子中学生がパンと牛乳を持ってきてやったのがきっかけで、近所の人たちやそこへお散歩に来るひとたちからごはんをもらえるようになって、なんとか命をつないでいたのでした。

うちはまさのすけがノーマとお散歩でそこへ行き、この子たちを発見し、「ニャーニャにクリソツな子たちがいる」と私にメールしてきました。
その後ノーマのお散歩に行くたびにごはんを持って行ってあげていたのでした。
私は職場の昼休みに猫缶買ってバスに乗って、そこまで行き、あげてた(^^;)

たくさんの人たちからかわいがってもらって、生きていられたこの子たちは本当にラッキーでした。

そして、12月に悩みながらもうちの子になり、
我が家で毎日大暴れして、(カーテンレールに飛び乗り、ふとんにちっこし、壁をよじ登り、夜中、明け方に大運動会開催)
ワタシとまさのすけを「これだから猫は~~~」と嘆かせ、悩ませたのでした。

そうだ。大変なんだよ。子猫(もう中猫だった?)は!
だけど、何とかなるんにゃ!何年か経ちゃ。
猫3匹だの4匹だの。そんなもんが何だ。何とかなるんにゃ!
カーテンが破れたっていいぢゃないか!いつかは買い換えたりするんにゃ。カーテン破けても人間死にはしない!
壁がボロボロになったっていいぢゃないか!壁なんてありゃーいいんにゃ。
お金がかかるっていったって月に何十万円もかかるわけじゃないんにゃ!人間のおかずを一つ減らしゃいいんにゃ。タバコもやめれ。お化粧品もランクを下げろ。

だから捨てるんじゃないっっ!!!

自分のうちで生まれた子がかわいくないのか?
何で捨てるっ!
自分ちで育てられないんならきちんと里親を探そうよ。
里親がみつからなかったらそのまま自分ちで育てるんにゃ!

ええ。ワタシはこの子たちがかわいくてしょうがないですよ。出会えて嬉しいですよ。かわいいですともさ。
だけど、この子たちを捨てた人に対しては今でも恨んでる。ええ、恨んでいますとも!!!

ワタシは性格が良くありませんっ
だから、「その人にも事情があったのよね」なんて優しいことはひとっっっつも思えないのであります!(断言)

犬猫飼うときは万難を排して可愛がれ!
が信条だからです!


うちの子になった三兄弟。
もうそのノーマのお散歩場所だった、三兄弟が捨てられたいた場所には猫はいないんだって分かってるのに、連れて帰った後、3~4年はその場所を見るだけで泣けるワタシでした。

「ここで寒かったよね?」「怖かったよね」って。
あの子らのその頃の気持ちを思うと辛くてかわいそうでどうしようもなくて泣けてしまったものでした。


今?
今はもうそんなこと思わんくなった( ̄^ ̄)ゞ

だって、もう今や、3匹ともうちでそら好きなようにしてはるんですもの。生まれたときからココにいた、みたいな風情になってるんですもの。
好きなところにおちっこかけて、好きなところに寝て、他の猫をいじめたり・・・
男兄弟つのは乱暴なもんですなあ。

外に出たいアピールをしたためにクロチ君に怒られてるテンちゃん。
e0142430_1121952.jpg

画面左から入ってる線はしまた君のひげ。


泣けはしないけど、
だけど、10年前の今日はこの子たちはきっと不安だっただろう、悲しかっただろう・・・
とは今でも思いますのだ。


あれから10年。
つまり三兄弟は今年10歳になりました(お誕生日がわかんないのでいつの間にかなった)

猫は犬みたいに人工交配されてないから結構長生きするよ。と聞いていて、実際友達のところの猫さんも21歳だっただの、18歳だっただのと聞いていたので、何の根拠もないのに、ワタシもうちの子たちも20歳くらいまで生きてくれるだろうと去年まではぬぼ~っと思っていました。

だけど、去年の10月、ニャーニャがたった11歳で逝ってしまい、ワタシは激しく後悔しました。
20歳くらいまで生きてくれると何で思い込んでたんだろう?
どうして具合が悪そうになったとき、すぐに病院に連れて行かなかったんだろう?

今でもそう思っています。

今年10歳になった三兄弟。
やんちゃで好き放題してる子たちだけど、決してもうそんなに若くはないんだなと思っています。
気をつけてあげなきゃいけませんね・・・


そして今日は12日。セラが逝ってしまってから4ヶ月です。
e0142430_1055268.jpg

お食べお食べ。セラ。
焼き鮭だよ。ミルクだよ。セラが好きだったモンプチのスープタイプのフードだよ。
今夜は中秋の名月らしいから月見だんごも買って来たよ。ニャーニャものこちんもお食べ。

セラ。がんばってたね。最後の最後までがんばって生き抜いたね。
もっと早く楽にしてあげればよかったのかも・・と思うこともある。
でも、きっともう一度同じ状況を今経験しても、安楽死を選択することはできないだろうと思う・・・

ごめんね。セラ。たくさんがんばったね。
なくなる前の夜、(亡くなったのは午前中)玄関先に出してあげたらものすごくキョロキョロしてニオイを嗅いだりしてたね。外に向かって駆け出しそうだったね。
にゃんこは本当に自分のテリトリーが大切なんだなあ。
夜中にまさのすけに挨拶に行ったらしいね。
セラらしくて泣けちゃうよ。

(がんばってたセラの写真をUPしようと思ったけど、5月のファイルを開く勇気がないので諦めマス・・・)

子猫のときから育てたわけじゃないのにこんなにワタシやまさのすけを大好きでいてくれてありがとうだったね。
セラはうちの大切な子だよ。

帰って来てもいいよおおお~~~セラ~~~~(大泣き)







9.11テロ事件は衝撃的な事件でした。
あの夜、テレビをリアルタイムで見ていて、これは映画の撮影???と最初は思いました。
とても信じられない光景でした。
まだテロ行為が行われるかも?と言われていたので、ずっとテレビを見続けていて、朝までほとんど眠れませんでした。


先日、事件の首謀者と言われてるビン・ラディン氏が殺されたと報道されていました。
アメリカは事件から10年目のこの日までに処刑してしまいたかったのかなと思いました。
ビン・ラディン氏の死が報道されて、アメリカ国民が(一部でしょうが)狂喜してる姿を見て、違和感を覚えました。
9.11で亡くなった息子さんをお持ちのご家族が「何だか違うと思った」と言われたことに同感でした。

私は死刑は推奨派です。廃止すべきではないと思っています。
それでも何だか違うと思ってしまいました。
首謀者が殺されたからといって、あのテロで亡くなった人たちは帰ってこないし、人一人の命が失われたことにそんなに手放しでは喜べない気がしました。


チュニジアで長期政権を倒したジャスミン革命に触発され、
今年1月、エジプトで29年間の長きにわたり大統領職にあり独裁政権を維持したムバラクに対する反発が表面化し退陣を要求するデモが繰り返されました。
そしてムバラクは退陣し、政権の長期独裁に終止符が打たれることになりましたね。

↑このエジプトの騒乱のとき、アラブ諸国では唯一イスラエルを支持してるエジプトが「イスラム原理主義」に傾倒する政権になったら大変だ!
みたいな流れの報道がなされていました。

イスラム原理主義=テロ集団、て感じでしたよね?

その頃、友人と話していて、
「あのエジプトの騒乱は結局はアメリカに対するデモやねんてね?テレビでは言わんけど」と言われたので、

「へ?テレビで言ってるよ?だってワタシ、それ知ってるもん。
ワタシがそんなこと知ってるはずないもんね。誰かに教えてもらわんと」と言うと、

友人は「テレビは言ってない!言ってない!テロの手先のイスラム原理主義が台頭したら大変ってしか言ってないよ」と言うので、

あら?そうだったかしら?と思い、記憶の糸をたぐりました。

「イスラム原理主義は本当はそんなに恐ろしい主義ではなくて、イスラム本来の考えに戻ろうとしてるだけ。アメリカがアラブ諸国を自分らに都合のいい人たちを国のトップに据えて、コントロールしてるから、それに抵抗してるのがこの騒乱だってテレビで言ってたじぇ~?」

「・・・アンカーだったかな?青山さんが言ってたのかも」

とワタシが言うと、
友人は「あ~青山さんだからだよ。アンカーだからそんなこと言ったんだよ。他の報道ではそんなこと言わないって!アメリカに気を使って」と言ってました。

あ~そうか。そうかもね。中・韓にも気を使うマスコミだが、そらアメリカにも気を使うよねっ。
防衛してもらってっし、日本の総理大臣なんかアメリカがおっけー出さないとなれないって聞いたことあるもん。自立できてない日本だもの。



エジプトはワタシは大変好きな国でした。
一度も行ったことないけど。
でもそれはあくまでも遺跡が好きなので「観光」で行ってみたい国、であって、エジプトがどんな国なのかま~ったく知らないのでした。

↑上に書いた関西テレビの「アンカー」に出演されてる青山繁晴さんの言われるには、「ものすごい貧しい、悲惨な生活を強いられてる人たちがたくさんいる国」なんだそうな。
「それはそれはものすごい貧困。あまり見たことないほど」なんだそうな。

ワタシはエジプトは観光や資源があって
(資源についてはよく知りません。高校で地理取ってないし^^;適当です)
豊かな国なのかと勝手に思い込んでいたのでちょっとショックでした。

何ゆえそんなに貧しい人たちがたくさんいる国になったのかというと一部の特権階級が富を独占しているからで、そしてそれをコントロールしてるのがアメリカなのですって。
エジプトに限らず、アラブ諸国でそれが行われてるとか。

10年前、9.11が起きたとき、アメリカに対する圧政に抵抗してのテロ行為、とかる~く報道されてたような気はする(あんまり覚えてないけど)


だからといってテロ行為が正当化されるとは全く思いません。

でも、その酷い行為が行われた、その原因こそをよく考えなきゃならないのに、それについての問題提起もしない日本のマスコミって、どうなのかしらねえ?とまたも思いましたですよ。


あくまでも今回も追悼、今グランドゼロはこうなっています。
ばっかりな報道だけで。
なんて無難な報道なのでしょう。

簡単に答えがみつかるような問題ではないのでしょうけど。
アメリカにも中国にも韓国にもぐいぐい押されて弱子弱吉な日本なので、こんな報道なのでしょうけど。
by nomanyan | 2011-09-12 11:04 | にゃんこ隊 | Comments(10)
Commented by ベンのママ at 2011-09-13 14:53 x
うぅぅぅ~もらい泣き~しかし皆良かったね。こんないいとこにもらわれてきてさ。とても捨て猫なんて面影なし。優雅に楽しそうに暮らしているね。私テンちゃんのえ~え~って泣き声可愛くてさファンになっちゃったよ。猫もいいねえ~ノーマちゃんは初めから猫と仲良しさんだった?初めから猫がいたら仲良くなったんだろうけれどベンは猫見ると走り出し追いかける。遊んでいるんだろうが猫は背中を丸くして威嚇して対峙している。そしてね、いつもリード持っているのでベンは動けないでしょう~いつも鼻をシャーって引っかかれて猫の勝ちなんですよ。あんな大きな体の犬が負けて小さな猫ちゃんが勝つなんておかしいでしょう~
Commented by しまわん at 2011-09-13 20:36 x
犬猫を捨てるのに、事情なんてありません、、自分はそれでのうのうと生きているのに、事情って何?お世話係さんちっともおかしくありません。はい、真っ当です。捨てる奴がおかしいのじゃ。
命を本当に愛おしく思っている人と、簡単に命を捨てる人、地球上で同じ空気を吸っていることが信じられません。
Commented by ベンのママ at 2011-09-14 08:59 x
きっと捨てる方事情があったらまず飼ってくれる方を探すでしょう~そんな奴きっとろくな目に会わないよと思っている。自分じゃなくても自分の大切な子とかに天罰が下る。そう思ったら捨てられないよね。
Commented by ノーマのお世話係 at 2011-09-14 10:32 x
ベン君のままさま


うふふ~~(^^)猫もいいでしょう?面白いですよお。
犬にはないオモシロさです。
ノーマはね、猫だいっっっっ嫌いでした!(^m^)
お散歩で猫をみかけるとそらわんわんえらそ~に吠えて追い散らしていました(^^;)でも一緒に住めば見慣れてしまい、吠える対象にはならなくなりました。だけど、何するかワカラン連中だと猫のことは思っていたようで、あまりぴっとりとひっつかれると緊張していました(^^)
猫は爪を使うのでご注意デスよ~!
目に爪が入ると失明する危険があるので、追い詰めてしまうと犬の方が危険な目に遭う可能性が高いデス!
ベン君、お鼻に猫パンチ受けたデスか(^^;)お鼻ですんだらまだいい方です~
犬と猫と暮らしてる友達も言ってましたが、総じて猫の方が強いです(^^;)
牙もあるし、爪もあるでしょう。身体も柔らかいし、ばねもあるし~
危ないから知らない猫さんにはベン君、近づかない方がいいですよ~
Commented by ノーマのお世話係 at 2011-09-14 10:36 x
しまわんさま


そうですよねっ?!
ありがとうございます~~!
自分の都合のために何の罪もない、人に頼って生きていくしかない命を放棄するなんて理解できないことです。
しまわんさまも保護活動をされてますもんね。自分の時間、お金を使ってこんなにも一生懸命活動されてる方もおいでだというのに!
いつも感謝しています。保護活動は精神的にも結構きついだろうと思います。すみません、そしてありがとうございます!
Commented by ノーマのお世話係 at 2011-09-14 10:41 x
ベン君のままさま


空前のペットブームなんて煽られていますが、とってもとっても大切にされてる子はほんの一握りの子だけなんじゃないか?といつも思っています。
里親募集の写真を見るだけでもワタシ的にはキツイので、見に行く勇気もありません。
でも、いい里親さんがみつかりますように、とはいつも思います。
うちの近所のペットショップの店先にラブラドールレトリバーがつながれていたことがありました。首に子供の字で「誰か飼ってください」って書いて。結局その子はいい里親さんがみつかったのですが、子供にそんなものを書かせて放棄するなんて教育的にもどうなの?と思いました。
世の中には理解できない人がたくさんいますね(-_-;)
Commented by ベンのママ at 2011-09-14 14:29 x
ラブって盲導犬のイメージではじめからお行儀良くてフレンドリーでおとなしくて従順でと思っている人多いからギャップがありすぎたんだね。ベンはラブ母で父紀州犬のmixでしょう~訓練の先生が性格ラブ90%って言うくらいにフレンドリーで人間大好きだけれど4歳くらいまではいたずらで家の中の靴やスリッパは破壊されて破壊王なんて名前を頂戴していた。家族に帰ってきたら靴を必ず下駄箱かどかない上に置くように義務付けたよ。でも可愛いんだよ。いたずらでハイパーだけれど理屈抜きに可愛くて癒されてさ。今落ち着いてしまったのでたまにいたずらすると嬉しいもの。犬飼うなら覚悟してどんなことも受け止める気持ちがなかったら飼うなと言いたいね。
Commented by うにまいす at 2011-09-14 15:27 x
うええええーん、しくしくしく(もらい泣きしてるとこ)
ノーマちゃんちとうちは類似点がたくさんあって、お気持ちがわかり過ぎるくらいわかります。
セラちゃんとう~に~の月命日も一緒だし。

動物を簡単に捨てる人、いつか天罰が下ればいいといつも思います。
そりゃ、どうしようもない事情のある人はたしかにいるけど(震災とかね)、そうじゃなくて安易に考えてる人が多すぎると思うんです。
命を預かるということをよくよく考えて、事前に勉強してから飼ってほしいです。
う~に~のきょうだい犬、4ヶ月で「甘噛みがひどくて飼えない」って返された子がいます。
だけどブリーダーに返してくれたからよかったです。
ブリーダーさんは残してショーに出すと言ってたけど、ぜひ欲しいと言う人がいて、そこの子になりました。
大切にされて、幸せな一生だったことを願っています。

親が動物を簡単に捨ててしまうようでは、子供だって、「要らなくなったら捨てればいいんだ」って思いますよねえ。
Commented by ノーマのお世話係 at 2011-09-15 10:51 x
ベン君のままさま


そうですよね。ラブといえば盲導犬ですもん。
大人になって、しかも訓練された様子だけ見て安易に「うちにも賢いラブを!」なんて思う人が多かったのでしょうね。
ベン君、破壊王さんでしたか~~~(^m^)
ノーマもそうでした。コタツの天板の角はぜ~んぶかじって変形してくれたし、お風呂場のスリッパもふちをがじがじに噛んで水が入るようにしてくれたし、壁紙も剥いだし。
子犬、中犬はパワーがすごいのが当たり前ですよね。だって本来だったら野山を駆け回ってエモノを捕まえて生活してたはずの生き物ですもん。人間用の家でおとなし~くできるはずがないんですよねえ。

>今落ち着いてしまったのでたまにいたずらすると嬉しいもの

あ~~(>_<;)すっごくよくわかります!!!
いたずらするってことは元気で若いってことですもんね。
いたずらするのも一時のことだと後からは懐かしく思い出されるんだって、今犬猫のいたずらに手を焼いて捨てようかなんて思う人に知ってほしいですね(T_T)
Commented by ノーマのお世話係 at 2011-09-15 11:09 x
うにまいすさま

うぅ~~泣かせてすみません~~~(>_<;)

う~に~ちゃんを連れてお散歩してると、うにまいすさまもよく言われませんでしたか?
「ゴールデン。いいですねえ」って。
うちもよく言われたんですよぅ。ノーマ、とってもかしこちゃんだったから(^m^)「こんな犬なら飼いたい」って。
そのときワタシ、いつも言ってたんです。「今ではこんなですけど、子犬時代はそれはそれは大変で!破壊大魔王で!こんなこともあんなこともして!」って。
まさのすけはノーマの不名誉なこと言わんとって~って言ってましたけど、ワタシは大人になったノーマを見て、ゴールデンってみんなこんなだって思われたらいけない!子犬時代の大変さを覚悟した上で飼ってもらわなきゃ!と思ってました。


う~に~ちゃんの兄弟(姉妹)、4ヶ月で甘噛みが・・って(-_-;)
当たり前なんですけどねえ(T_T)
甘噛みもしないおとなしい子犬がいたらそれは病気ですってば。くすん。


15歳8ヶ月でお空に旅立ったゴールデンレトリバーのノーマとノーマを大好きだったにゃんこたち


by nomanyan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フォロー中のブログ

Retrievers O...
タバサは語る
ワチャたけ奮闘記
 GR-JUNの思い出と日常
CANDY’S BLOG
笑いのある生活

ノーマの親戚ちゃんとお友達

カテゴリ

全体
日常
おでかけ
お友達
にゃんこ隊
腎不全
お世話係のつぶやき
口内炎
炎症性腸疾患
肥大型心筋症
猫伝染性腹膜炎
猫白血病ウィルス症
ノーマの病気
歯根膿瘍
乳腺腫瘍
てんかん発作
リンパ腫
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...

最新のコメント

ベン君のママ様 お..
by nomanyan at 12:37
大変な日々ですね。心配な..
by ベンのママ at 11:57
さばっちちゃんの母さま ..
by nomanyan at 01:25
アリョーシャくんでしたか..
by saba-sava-cat at 01:35
ベン君のママさま ..
by nomanyan at 00:22
さばっちちゃんの母さま ..
by nomanyan at 00:18
ベン君のママさま ..
by nomanyan at 00:15
いいなあ~ねこのたまり場..
by ベンのママ at 13:41
てんちゃん少しでも散歩行..
by ベンのママ at 13:36
さばっちちゃんの母さま ..
by nomanyan at 01:36

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫

画像一覧