5月9日。ニャーニャうちの子記念日

今日はニャーニャのうちの子記念日。

12年前の今日、ニャーニャはうちの子になったのでした。

うちに来て、最初の写真。
スキャナーがこのPCでは作動しないので(>_<;)写真をデジカメで撮りました(^^;)
e0142430_18151440.jpg


めちゃめちゃちびっこだ(^^)
e0142430_18163062.jpg


ちっこするニャーニャ
e0142430_18171687.jpg


e0142430_1821427.jpg


今日はニャーニャがいなくなってから初めて魚を焼きました。
ニャーニャにお供えしようと思って。


ワインもサービスしちゃうよ。ニャーニャ飲んだことないけど。
もう不自由な身体がないから何でも飲めるね。食べれるよね。ノーマちゃんとわけわけしてお食べね。
ワインも飲んで大トラになってね。

e0142430_18144099.jpg






ニャーニャ。
12年前の今日、某所でノーマちゃんがうずくまるニャーニャをみつけて、おんおん吠えて突進してったのが出会いだったね。あのときは怖かったろうね。
当時ノーマちゃんは猫を見れば吠えておっかけてったお調子者だったのだけど、びびりんノーマにしたら猫が唯一自分を怖がってくれる存在だったので(^^;)あんなことしたんだよ。ごめんね。

ニャーニャは目やにでお目目がくっついて目が見えない状態だった。
だから犬が吠えてるのがわかったけど逃げらなかったんだよね。怖かったねニャーニャ。

e0142430_18181044.jpg





何で逃げない?怪我してる???と気になったワタシが寄って見たら、目が開かない状態だった。
このままここにこの子を置いてたら死んでしまう、と思って抱き上げたのがウンのつき(^^;)

その子をどうするん?って、ノーマちゃんを抱きしめながらまさのすけが言ったさ。
ものすごく不安そうに。
ノーマちゃんもものすごく不安そうだった。目尻が下がって困った顔になってた。

目が何かでくっついてる。どこかのワルモノがボンドか何かでくっつけたんじゃない?
病院に連れて行かないと!と思った。
だってその頃、どこかで捨てられた子犬が目をセメダインでくっつけられていた、なんて事件があったばっかりだったので、ここでもそんな酷いことが!と思い込んでしまったのだ。

まさのすけは「・・・それからどうするん?」と言うので
「病院に預かってもらって里親さんを捜す」とワタシが言うとまさは「病院はそんなことしてくれへんよ!」
と言った。

うん。確かにそんなことしてくれないんでしょうね。今にして思えば。
何で当時、あんなに簡単にニャーニャを保護しようとしてたかというと、知り合いが家で生まれた子猫を里親募集してすぐにみんな里親さんがみつかったんだな。
だから猫って簡単に里親さんがみつかるもんなのかと思っていた。
はい。非常に甘かったですね。

で、ニャーニャを抱えて車まで歩いたわけですが、そこへゴル友がやってきました。
ゴル友さまは男子ゴルちゃんと女子ゴルちゃんをいつものように連れていた。
「ノーマ~~!」友達はそう呼んでくれたのに、ノーマはしれっと通り過ぎてしまった。
いつもだったらしっぽぶりぶりに振って飛びついて行くのに。

あれっ?!ノーマ?どーしたん!って友達はびっくり。
で、後ろからワタシがニャーニャを抱いて歩いて来たので、友達は、はは~んて顔をした。

もうノーマ、びっくりしたで~知らん犬を見るみたいにうちの子たちをちらっと見て通り過ぎて行くんやもん。
そうかそうか。猫か(^m^)そら気にいらんやろ。
って言ってた。

ワタシは猫に詳しくなかったので、ニャーニャがすごく綺麗なシマ縞模様だったので「アメショー入ってる?」って聞いたら

キ・ジ・ネ・コ!ただのキジネコ。ぷっと笑いながら言う友達。友達は昔猫をいっぱい飼ってたのだ。

あ(^^;)そうですか。そらすんません。


保護してみたものの、どうしたもんか。里親ってどーやって見つけたらいいの。
てか、里親さんがみつかんなかったらどーするの?ノーマ、猫だいっきらいなのにさ。
猫が来て凹んで病気したらどーするの。
ノーマちゃん絶賛一人っ子満喫中だったのに。
よかったのかな。よかったのかな。この子を連れてきて。
だけど置いといたら死んじゃうもん。目が見えないんじゃ。この子もしかしたら一生目が見えないかもだし。
そうなったらもっと里親さんなんかみつかんないし。そうなったらうちの子決定?
どーしたもんかどーしたもんか。

ず~~~っと家に帰る車の中でもモンモンとしてたワタシ。
まさのすけも口をきかないし。ノーマもどんよりしてる。
ニャーニャはほっとしたのかワタシのジャケットに包まってよく寝てた。

その夜。ダンボールの中ですやすや眠るニャーニャ。

今日は日曜だが、明日はノーマはお留守番の日だ。
ノーマとこの子だけを家に置いとくの?ノーマちゃん怖がるで!!とまさのすけが言う。
ワタシもそれはちょっと不安だったので、とりあえず2階の使ってない部屋にノーマちゃんが子供時代使ってたサークルを出して、庭の砂を箱の中に入れて、
寝床はどうしたかな~?覚えてないのだけど、きっとバスタオルか何かを敷いてそこに寝かせたんだろうなあ。


そしてニャーニャはワタシやまさのすけがいないときはその2階の部屋で過ごしてもらっていた。
私たちがいる時間に階下に連れてきて遊ばせてたのだ。
ノーマちゃんのために、という面もあったけど
いつかどこかにもらってもらおう、と思っていたので、あんまりかわいがって情がわいたらこちらもキツイし、ニャーニャも離れがたくなったらいけない、と当時思ってた。


夜、10時を過ぎるとノーマはニャーニャを見て、次に2階を見て、そしてワタシを批難の目で見てた。

ニャーニャ(こいつを)

2階(あそこに)

ワタシ(連れて行けよ)

ってことだったようだ。何度も何度もやっていたですね。

だけどノーマの思惑とは逆に、徐々にニャーニャが階下にいる時間は延びて、そしていつの間にかフリーになったのだ。
そして寒い季節にはもうすっかりノーマちゃんのそばで寝ることが習慣になっていました。

最初はノーマのことを怖がってたニャーニャでしたが

ノーマちゃんを見て背中を丸めて毛を逆立てるニャーニャ
e0142430_18195367.jpg



だんだん怖くないとわかってきたらノーマからお乳を飲もうとして寝てるノーマのおなかをまさぐって揉み始めて、ノーマが大慌てで飛び退ったことがあったっすね。

ノーマが母性が強い子だったらあのままニャーニャはノーマちゃんのおちちを飲んでいたかもしれませぬね。
自分の子じゃなくてもおちちが出るようになったって事例がたくさんあるもんね。

ま~残念ながらといいましょうか、幸いにといいましょうか、ノーマは母性はま~ったくナイ!タイプだったので、おちちも当然出ませんでしたし、かわいがりもしませんでした(^^;)

その点ではニャーニャ、気の毒でした。
中には子供を産んでないのに、種類が違うのに、子猫をまめまめしく育てたりする子もいるようなのに。

犬と猫、という種類の違う生き物が慈しみ合うさまってかなーりかわいー!!!な場面だと思うのだけど、
そういうのを見たかったのだけど、
ついに見られませんでしたね。

とはいえ、案外ノーマもニャーニャのことは心を許してたかもしれませぬ。
いつだったかニャーニャが外で他のにゃんことケンカして、耳の後ろがものすごく腫れたとき、膿が大量に出て、きっと匂いがしたんだと思うけど、
ノーマがニャーニャのことを見て、ワタシを見て、地団駄踏みながらくんくんひんひん鳴いたことがありました。

「コイツ、すごいことになってますけど?何かすごいんですけど?いいんですか?すごいですよ?」
ってワタシに言いたそうだった。

あれを見て、ん~?もしかしてニャーニャを心配してる~?と思いましたね。

e0142430_1819562.jpg




まだノーマが1歳くらいのときノーマに同居犬がほしいなあ、と思ってたことがありました。
一緒に駆け回って、プロレスしたり、・・・対抗意識を持てばノーマもずっと若くいられるかもしれない。
なんて思いました。

そう思った当時はマンションに住んでいたので、もう一頭ゴルなんて(ゴル以外の犬は考えられない)無理むり~~(>_<;)だったので、一戸建てに引っ越したら考えてみようかなあ?なんて、うす~く考えていました。

で。念願の一戸建てに引っ越して2週間で
↑こうやってニャーニャを拾ってしまったのだ。
ノーマちゃんのおなかのところでく~す~気持ち良さそうに寝てるニャーニャを見て、そしてかなりびびりんな性格を見て、もうよそへはやれない、もうニャーニャはうちの子だ。
になってしまってさ。
もう2頭めのゴルなんて、とっても無理(^^;)
になったのでした。

が。ほんと~に二頭めにゴルが欲しかったのか?と自問すれば、

ノーマに他の犬は無理ではないか?とも思っていたんですね。
ノーマに同居の妹(女子限定ですわ)を、と思うなら、それは猫のほうがいいんではないか?とうす~く思っていたところもありました。

だってね、ノーマは絶対譲るのだ。何をしてても絶対他の犬の先に出て行くことはなかったのだ。

きっと、ワタシやまさのすけが「ノーマちゃんが先!」って言っても、ノーマは「アタシいいの」って譲るのだ。
そして「その子をかわいがればいいじゃないの。アタシはもういいの」ってどんどん衰弱しそうなタイプなのだ。

もうそれが目に見えていて、そしてそれが絶対にワタシはいやだったのだ。
先にうちに来た子が優先。ノーマが絶対に優先!させたかった。
おやつもノーマがもたもた食べていると絶対に取られそうだ(^^;)って思ってた。
でも猫だったら決して取らないよね?まさか犬のおやつを。
猫だったら自分が先!!!ってノーマちゃんを押しのけないよね?
それにもしも、もしもノーマちゃんが猫と仲良くなったら?(なる確率はかなーり低いと思われるが)
それはすっごいかわいい風景になるんでなーい?

・・・なんてね。うす~く思っていたの。
ええ。うす~~~く、ですよ。うす~~~く。
まさかそれから本当にニャーニャを拾うとは思わなかった。

でも。ニャーニャが捨てられて、不安で怖くてなきにないて目やにが大量に出て、それを拭くこともできずにいてあげくに目がくっついてしまって、あんなところにぽつん、とうずくまっていたのは、やっぱり出会う運命にあったのかなあ。
もしもあのとき、まだマンションに住んでいたら連れて帰れなかったかも。

そう!新築の家で猫拾って、飼うって、ばーかばーか!m9(^Д^)

って職場では言われたなぁ(-_-;)

まぁ・・確かに壁はボロボロになりましたが。カーテンもぼろぼろになりましたが。
そしてその後、猫のかわいさに目覚めたワタシとまさのすけはその後もどういうわけだか次々とにゃんこを保護するハメに陥り
そしてニャーニャも、ノーマも、いなくなったこの家に、いまだににゃんこがこんなにいてくれることになったのですな・・・・
by nomanyan | 2011-05-09 15:50 | にゃんこ隊 | Comments(4)
Commented by うにまいす at 2011-05-10 19:26 x
ああ、ホントに読めば読むほどうちそっくり(笑)。
猫が増えなかったところは違いますが。
う~に~も、まったく母性本能のないヤツでして、まいすにくっつかれると
逃げていました。
ドロちゃんはにゃろちゃんをべろべろに舐めてたというのに。

う~に~も、もう1頭ゴルを飼ったとしても、絶対にプロレスごっことか
がうがう遊びはしなかったと思います。
う~に~のそういう遊びを、一度も見たことがないのです。
そしてすぐに譲ってしまうタイプだから、下の子が来たらいじけたかも。
ホントにノーマちゃんと同じ。
私は、2頭にしなくてよかったなーと思っています。

まいすがいなくなってしまったら、うちに動物がいなくなっちゃう。
考えると恐ろしいです。
そのときには、まいすみたいな出逢いが、またあるといいな。
それよりも、まいすがこのまま細く長く頑張ってほしいです。

Commented by ノーマのお世話係 at 2011-05-10 23:23 x
うにまいすさま

こんな長文を読んでくださってありがとうございます~(^^;)
もうちょっと短くしようと思ったのですが、おほほほ。

ほんとに不思議なご縁ですよね(^^)う~に~ちゃん家とうちのこの同じような境遇。
う~に~ちゃんがまいすちゃんがくっついてくるとびみょんなお顔をしてる写真を見るたびに、ぷくくく!ノーマと同じだ~(^m^)って思っていました。
う~に~ちゃんもノーマも自分が可愛がられたいタイプなので、母性はいまいちだったんでしょうねえ。

んまあああ。ドロちゃん!にゃろちゃんをべろべろにっ?!
それはにゃろちゃん、幸せ~~~

とある人気ブログさんでもラブさんが猫さんをかわいがってるんですよぅ。
いいなあ~って思います(^^)

まいすちゃん。今は一人っ子ですから、その一人っ子生活を長く長く満喫してほしいです。まいすちゃんの時代がやってきたわけですもんね。きっとう~に~ちゃんが見守ってくれてますね。
Commented by のぞぴー at 2011-05-11 00:08 x
ニャーニャたんもノーマちゃんも本当にかわいいこと♪
このソファのおさしん堪らなく大好きですわ~^^v

ノーマちゃん金色に輝いてますねぇ^^
ノーマちゃんの背中に羽根が生えてるみたいに見えちゃう♪
このおさしん・・ノーマちゃんが「も~仕方が無いわね^^」って
フフン^ー^って笑ってるみたいに見えるの~♪
Commented by ノーマのお世話係 at 2011-05-11 10:09 x
のぞぴーさま

ニャーニャ、ちっこくてかわいいでしょ~(^^)
この写真ではちょっと離れていますが、もっと涼しい季節になると、もうず~~っとノーマにひっついていたんですよぅ。ノーマはめちゃ迷惑そうでしたけど(^m^)

ノーマ、ぴかぴかむちむちでしたね(^^)おほほ。
あの世に行くと、一番わかわかしく元気だったころに戻る、といいますから、ノーマもこのくらいになってるのかもしれませぬね。
あっちでもニャーニャにノーマちゃんノーマちゃん!ってくっつかれてるかもしれませんねえ。


15歳8ヶ月でお空に旅立ったゴールデンレトリバーのノーマとノーマを大好きだったにゃんこたち


by nomanyan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フォロー中のブログ

Retrievers O...
タバサは語る
ワチャたけ奮闘記
 GR-JUNの思い出と日常
CANDY’S BLOG
笑いのある生活

ノーマの親戚ちゃんとお友達

カテゴリ

全体
日常
おでかけ
お友達
にゃんこ隊
腎不全
お世話係のつぶやき
口内炎
炎症性腸疾患
肥大型心筋症
猫伝染性腹膜炎
猫白血病ウィルス症
ノーマの病気
歯根膿瘍
乳腺腫瘍
てんかん発作
リンパ腫
未分類

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
more...

最新のコメント

ベン君のママさま ..
by nomanyan at 12:13
私はベン一人だから集中し..
by ベンのママ at 22:21
そうなんだよね。前食べて..
by ベンのママ at 09:36
ベン君のママさま ..
by nomanyan at 17:40
ベン君のママさま ..
by nomanyan at 17:38
心配だね。食べないと何か..
by ベンのママ at 07:36
真央ちゃん引退してしまっ..
by ベンのママ at 07:30
ベン君のママさま ..
by nomanyan at 01:27
テンちゃん〜体調悪くても..
by ベンのママ at 23:34
お花見での一件。 ..
by nomanyan at 12:25

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫

画像一覧