5月4日。あわや熱中症

福島の原発周辺に残された子達を救うための要望書です。
http://freepets.jp/
有名人の方も結構署名されていますね。
こんなにたくさんの方が心を痛めておられるんだと、実名と職業を見て改めて思っています。
いい方向に行きますように。

***** *****


今日もセラは病院へ。

今日も黄砂が飛んでいて、うっすらとした谷の向こうの風景。
薄曇り?晴れ?とびみょんなお天気。

今日は祝日なので診察時間は午後1時まで。
あと15分で1時ってくらいの時間に病院には到着。

いつものようにワタシだけ待合室に入って呼ばれるのを待つ。
セラは車の中。まさは車の外に出てたばこを吸ったり自販機で買って来たコーヒーを飲んだりして待つ。

呼ばれたので車のドアを開けて寝そべってるセラを抱っこして診察室に入りました。

体重はまたちょっと減ってて~
体温は・・・39度・・分・・・

ん?体温高い?
先生も体温高いですね。ちょっと。前回もちょっと高いようですが・・・と言われた時点で、
セラの様子がおかしいことに気づくワタシ。

ぼ~として、舌もちょっち出て、そして診察台にだら~~~~~っと寝そべる。
e0142430_1155524.jpg


あれ?どうした?セラ。暑かった?車の中にいたもんね。暑い?
とセラに言うと、先生も

「だいぶお待たせしてしまいましたからねえ」と言ってセラの顔を覗き込む。

ここここれ、軽く熱中症になりかけてません?とどきどきしながら尋ねると

「この体温が高いのは前回も高いのでそのせいなのか、それとも今が暑かったからなのか判断は今ちょっとできないですけど、でもちょっとしんどそうですね」と言われる。

ぎょ~~~~~~っ!!!!!
たたたたいっへんっ!!!
こっ!こんなことでセラを死なせたらワタシはもうもうもうもう自殺もんだっ!!!!!(大汗)

熱中症の治療としては身体を冷やすことと、ててて点滴・・・?だよねっ?
と思い、先生にそう尋ねると

「そうですね。点滴はいずれにしろ今からしますけれども」とテキパキと点滴の用意をされる。
そして看護士さんが保冷剤を持ってきてくれて、もうひとりの看護士さんがセラのオテテの間にアルコールを噴霧してくれる。
小さな扇風機も持ってきてくれた。

このまま少し涼しくしてもらって、今が2時・・なので、もう少ししたら体温をもう一度測ってみましょう。下がってるようなら車も冷房を入れてもらって、そしておうちで涼しいところにいてもらったら大丈夫かと思います。
と先生が言われた。

このまま酷くなる・・・ってことはないですか?熱中症って一旦体温が下がっても脳が煮えてしまった状態になってしまってることがあるって聞いたことがありますがががが

とあわあわなって尋ねると

「今、体温が39度台でしたからそこまではいってないと思います。40度を越えてたらちょっと怖いですね」と言われる。

ほほほほんとですか。そうなんですか。もうどきどきですよ(T_T)
セラの体調のために病院に連れてきたはずなのにうっかりで熱中症にさせていたんじゃもうどうしようかと思いましたっ!


が。
その後もぐったりと診察台に伸びて、舌も出て、オヨダも出て、目も半目のセラ。
しんどいんだか眠いんだかよくわかんない。
今気持ち良いのかもっと冷やしてほしいのかわかんないよぅ。
もう写真を撮る余裕なんてなし。半泣き状態のワタシ

点滴の間中そうしていたのだけど看護士さんがあまり冷やしすぎるとまた怖いので保冷剤は外させてもらいますね、と言われる。

冷やしすぎると怖いっていうのはどうなるんですか?と尋ねると、
あまり冷やしすぎて低体温になると血圧も下がってしまうので、そのまま心臓が止まりかねないんです、と言われる。

はーそうなんですか。難しいっすね。

ノーマちゃんが熱がずっと下がらず、保冷剤をあてようと冷蔵庫に走ったり、保冷剤をあてるとぶるぶる震え始めるのであわてて保冷剤を取ってまた走って冷蔵庫に戻したり、オロオロオロオロしてたことを思い出した。


10分くらい?静かにそのまま寝かせてもらう。
看護士さんが5分おきに体温を測てくれ、その数値は徐々に下がってきた。
呼吸もさっきより落ち着いたような?になったので、まさのすけに車の冷房を入れてくれるように言いに行って、冷房を入れてもらってからセラを車に乗せました。


冷房をかけた車の中で、最初は寝そべっていたけど、だんだん起き上がって、そのうちいつものように外も見始めるセラ。
e0142430_11581131.jpg


は~もう大丈夫なんですかね?(涙目)


先生も「これから熱中症が増える時期ではありますね」と言ってた。

薄曇りだしー、とか、窓開けてるしー、とか油断してはいけませんでしたっ(涙目)
だいたいセラは今朝からごはんも食べてなくてそれでなくても脱水してるんだし、ガンだってあるんだし(T_T)
もっと気をつけてやらないといけないのにワタシったら。

そうそう毎年もう5月の上旬といえばノーマちゃんが泳いでた季節だ。
さっきだって日差しがカンカン照ってるときがあって、そのとき駐車場をミニチュアダックスさんを歩かせてる飼い主さんがいて、アンヨが熱くないかなあ?って心配してワタシ見てたじゃない。
よその子の心配してるくせにセラが車の中で暑くないか?って気づけよワタシっ!!!!

窓を少し開けてるから、とか、猫だからそんなに暑くないかな?とか油断してましたっ
 
猛反省中・・・でございます・・・・(T_T)

e0142430_11583641.jpg

すいません。すいませんっ!









セラが点滴を受けてる最中に「急患入ります!」って声が聞こえて、どうやら隣の診察室に急患の子が運ばれたようだった。

セラの状態が気になりつつも、39度台だから大丈夫、って言われたこともあり、だんだんその急患さんが気になってきた。
どうしたんだろう?ってチラチラ見てたら(見えないけど)
看護士さんが「気になりますよね」と言われる。

ハイ・・スミマセン。

ノーマが昔まだ元気だった若者時代にフィラリアの検査だったか?してる最中に急患の子がばたばたと隣の診察台に運ばれてきて
マルチーズさんだったかなあ?
そのままそこで亡くなったのでした。

横だったので飼い主さんがその子の名前を呼んで涙を流してる様子とかも目を逸らすこともできなくて、ワタシもぼろぼろに泣いてしまったのだ。
それを思い出してしまった。

自分のうちの子だけがかわいかったらどれだけ楽ですかねえ?って看護士さんに言うと、
そうですよねえ。やっぱりよその子とはいえ気になりますよね。と言われる。

うん・・・気になるっちゅうか・・・
ものすごくヒトゴトでないのがしんどいでございますね。

よその子のことをきっぱり「よその子だからどうでもいい」なんて思えて
自分のうちの子のことだけが可愛かったらどれだけ楽だろうかなあ。
そのかわり、捨てられてた子とかが里親さんにものすごく可愛がられてたりするのを見るとすごく幸せな気持ちにはなるんだけど。

ワタシは人間の子供がいないのでよくわかんないんだけど、お子様をお持ちの人は自分のうちの子がかわいかったらよその子もかわいいのかな?
子供が飢えてる姿とか、虐待のニュースとかを見たり聞いたりすると、私たちが被災したわんにゃんを見て、「もう見ていられない!」ってチャンネル変えたり、泣いてしまったり、眠れなくなったり、ごはんが食べられなくなったり、おなかこわしたりするのかな?

あ。人によるかな?そうだにゃ。きっと。
by nomanyan | 2011-05-04 15:09 | にゃんこ隊 | Comments(4)
Commented by うにまいす at 2011-05-05 12:50 x
にゃんこは犬に比べたら、はるかに熱中症にはなりにくいと聞いたけど、
気をつけたほうがいいんですね。
まいすは暑さに強くて、毎年室温が35度を超える2階で寝ていたりします。
旅行中も、う~に~を遊ばせるために、まいすだけ車に残すこともあったけど、わざわざ熱い運転席で寝てたりしました(笑)
でも今年は、腎不全で脱水気味だし免疫も落ちてると思うので、私も気をつけます。
教えていただいてありがとうございました。

う~に~も、12歳のGWに、軽い熱中症になりました。
そうなるようなことを、何もした覚えがないのに。
急な暑さに身体がついていけなかったのでしょうか。
無理なことしてなくても、具合が悪くなる事があるんだな~と反省しました。

私も病院で、待合室で祈るようにうなだれている飼い主さんを見たことがありました。
その方のゴルさんは熱中症で運ばれて、助かりませんでした。
6月初めのことでした。
しかもよくよく聞いたら、お散歩で会って、立ち話したこともあるゴル飼いさんでした。
どんなに後悔するだろ、自分を責めるだろって思ったら、なんとも言葉がありませんでした・・・

Commented by ノーマのお世話係 at 2011-05-05 17:52 x
うにまいすさま

本当にもうドギマギしました。ワタシも猫は暑さに強いと思っていたのですが、やっぱり普通の健康なときと同じに考えてはいけなかったようデス(T_T)

確かに~(^^;)にゃんこは夏のあっついときにわざわざあっつい2階で寝てたりしますよね!キミら、毛皮着てるのに、どうなってるんだ?と思ったものです(^^)

う~に~ちゃんも軽く?うにまいすさまがうっかりなことはされないと思いますからきっとそのときの気温とか湿度とか体調次第でそんなことになっちゃったんでしょうねえ。
軽くすんでよかったですね~~

病院でうなだれてた飼い主さん・・・(T_T)
それは・・・もう・・なんて言ったらいいのでしょう。どれだけお辛かったでしょうか。お気の毒でたまりません。
去年の夏は暑くて、お家の中にいても熱中症になるってすごくテレビでも言ってましたね。
そんな不幸なことになる子が今年はいませんように(>_<;)
Commented by のぞぴー at 2011-05-06 22:44 x
温度差が結構ありますもんねぇT△T

あんまりご自分を責めないで下さいねT-T

セラたんが落ち着いた様子で良かったです。

余所の子が気にならなければどんなにか気が楽かも。。
はぁ~もう激しく同意しますわ~^^;

私はもう。。。
福島の子たちを見ても友人宅の保護犬をみても(>_<)

病気で闘ってる子たちを見たらもう込み上げてくるものが堪えられなくて
ダメっす。。

お仕事中でももうダメダメでし。。
Commented by ノーマのお世話係 at 2011-05-07 09:59 x
のぞぴーさま

ありがとうございます。
幸いなことにもう帰りの車の中でセラが普段どおりになってきたのでワタシも自分をあまり責めずにすみました。
あれがもしも・・・と思うと、もう恐ろしくてたまりません。

のぞぴーさまもよその子を「よその子」って思えないタチの方ですよね(^m^)
なかーま。
動物ってみんな自分の子しか興味がないじゃないですかー。自分のDNAを残すためにそうなってるんでしょうけど。あんな風だったらラクチンでしょうねえ。なんだって私たちってこんなによその子まで心配してオロオロなってんでしょ?(^^;)しんどくてたまりませんね。


15歳8ヶ月でお空に旅立ったゴールデンレトリバーのノーマとノーマを大好きだったにゃんこたち


by nomanyan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フォロー中のブログ

Retrievers O...
タバサは語る
ワチャたけ奮闘記
 GR-JUNの思い出と日常
CANDY’S BLOG
笑いのある生活

ノーマの親戚ちゃんとお友達

カテゴリ

全体
日常
おでかけ
お友達
にゃんこ隊
腎不全
お世話係のつぶやき
口内炎
炎症性腸疾患
肥大型心筋症
猫伝染性腹膜炎
猫白血病ウィルス症
ノーマの病気
歯根膿瘍
乳腺腫瘍
てんかん発作
リンパ腫
未分類

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...

最新のコメント

ベン君のママ様 ご..
by nomanyan at 00:00
ごめん字が違った。麻央ち..
by ベンのママ at 14:17
元気がなによりよ~ベンが..
by ベンのママ at 14:14
ベン君のママ様 お..
by nomanyan at 12:37
大変な日々ですね。心配な..
by ベンのママ at 11:57
さばっちちゃんの母さま ..
by nomanyan at 01:25
アリョーシャくんでしたか..
by saba-sava-cat at 01:35
ベン君のママさま ..
by nomanyan at 00:22
さばっちちゃんの母さま ..
by nomanyan at 00:18
ベン君のママさま ..
by nomanyan at 00:15

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫

画像一覧