2月28日。やっぱり病院へ

雨。
でもセラは外に出たい。
もう自由になる方のお庭には出してあげられない(どこか行ってしまいそうで怖いから)
ので、フェンス内の庭に出す。
シーツや毛布でぐるぐる巻きにして、それでも寒いかも?と思って電気座布団も敷いてあげる。
e0142430_1214842.jpg

とても気に入った様子。

ノーマちゃんは朝起きたときは落ち着いて寝ていた。
e0142430_12144098.jpg

午前6時半、お薬を口に入れる。
が一切反応なし。
今まではお口に薬が入ったらこくっと飲んでくれてたのに。
まったく反応しない。

午前9時。体温38.4度。
騙されてはいけない。午前中は比較的低いんだもの。

8時くらいからずっと震えが出ている。
目も軽く揺れている。
お水も一切飲まない。
意識もこれは「ある」、といっていいのか?
飛んでしまってるというか。どこも見てない感じ。

午前10時半。やっぱり体温は38.4度。保冷剤を外す。
11時前からようやく寝始める。
午前の診療時間の終了時ぎりぎりに連れて行こうかと思ってた。
(駐車場が停め易いかも?だから)
だけどよく寝てるし、夜の診察の時間の初めに行こうか、ということになった。

が、11時半くらいにまた口を大きく開けて痙攣する。今回も失禁はなし。
目がやはり左右に揺れている。
全身性の痙攣ではないけど「これは部分発作だから平気」とは言えないんじゃないか?

やっぱり病院に行こう。そして鎮静剤を打ってもらおう。
それでノーマが目が覚めなくてもこの苦しそうな状況から脱するためにはそれしかない、と思う。

病院に12時を少し過ぎるけど診てもらえるか電話して、それから大慌てで病院に行く。
セラも点滴とインターフェロン4回目のために連れて行く。
e0142430_12152355.jpg

今日もお外を見る見るセラたん。




今日はまずノーマから。
土曜日に点滴してもらったのにおしっこが出ないんです、というと先生もあれだけ入れたのに出ないのは・・・と膀胱のふくらみを確認してみる。

その刺激でおちっこが出た。
少量だし、色が非常に濃い。
先生が言われるには水分の摂取が不足してるので、体外に出さないように腎臓が働いて、濃縮されたためにこんなに濃くなったんでしょうと。
そうか。ノーマの腎臓はがんばって働いてくれてたんだ。とほっとする。

まずは点滴をしてもらう。

そして
どうにか平熱になってるようだし、抗生物質は効いてるようですしね。
といつもの筋肉注射(フェノバルビタール)を打ってくれる。

そしてまたしばらく脳圧降下剤を入れないといけなくなるかもだから留置針を入れてもいいですか?と言われるので、お願いする。
そう。1回こっきりで終了できたことはここ最近はない。
またワンクール(3回)入れなきゃならないんだろうと思う。

目が左右に振れていて、意識もあるのかよくわからないノーマに顔を近づけて、
「ノーマちゃん。ちょっとお薬で眠ってもらうけど、しばらくしたら起きるんだよ。ね」と声をかける。

鎮静剤(ペントバルビタール)を入れられるとすぐに目がとろんとなる。

車に運び込む。
ピクリともせず眠るノーマ。

いつまで効くんだろうか。
ちゃんと目覚めるんだろうか。
そして目覚めたときにチックは止まってるんだろうか。


そしてセラの診察。

もう木曜日の朝から自主的には何も食べず、鼻先にフードを持って行っても顔を背ける。
数回、流動食を強制給餌したけど、ほぼ食べられてない。
で。すっかり痩せてしまって、一回り小さくなったセラ。

点滴をしてもらい、インターフェロンを打ってもらう。

ただ、ほっぺがぱんぱんになってたのにすっきりとなってる。
あれだけすごいスピードで顔が腫れてきてたのに。
ここの腫瘍が小さくなったよね?とまさのすけにしつこく毎日言うワタシ。

今日の先生はセラを診るのは初めてだったので、いつも診てくださってる先生にセラの顔を見てもらう。
ほっぺがもっと膨らんでたと思うんですよーと言うと、先生も「そうですね。確かにもっとぱんぱんだったような」とセラをまじまじと見て、そして触って、言われる。

だけど、ごはんが食べられてないから痩せて小さくなってるのかもしれないんですケド・・とワタシがつぶやくと「あぁ~その可能性もなくはないですよねえ」と落胆した声で言われる。
「でも大きくはなってないですね」と言われる。
そう!そうなんですよ!あれだけ大きくなってたのに!

この先生はとっても優しい。
セラの痛々しい目を見て、「セラ~セラちゃん。いやなことついでにちょっとごめんなー」って言いながら目薬をさして下さった。

お口の中の腫瘍を見て、「あぁ・・変わりないですねえ。一部潰瘍ができてるし、壊死もしてるようです」と言われる。

こうなってると痛いでしょうねえ、と言われるので、
はい。だから食欲自体もないようです。ごはんが一切食べられません。
強制給餌も試みましたけどかなり嫌がられて。と言うと、

多分お口を開けることでも痛いんだと思います。強制給餌はストレスでしょうけど、でもごはんを食べないこともストレスですのでね~なんとか食べてもらえるようにして欲しいところです。と言われる。

はい・・・(T_T)そうなんですよね。
また問題はソコへ返ってくるんですよね・・・


家に帰って、セラはまた庭の電気座布団とシーツに包まって眠る。
ノーマはこんこんと眠り続け
e0142430_12162767.jpg


午後7時半くらいにふっと目を開けてる。

起きた。よかった。
気分はどお?お水飲める?と声をかけて砕いておいたお薬をはちみつ水に溶いてシリンジで口に入れてみた。
今日は一切反応がなかったのでまた反応がないんじゃないかと内心どきどきで入れる。

こくっと飲んだ。

んまあああ(涙)
なんってがんばりやさんなの。
よしよし。えらいよ(涙)
がんばりやさん。もうちょっと飲もうか。とはちみつ水を入れる。
3回ほど飲んで反応しなくなってどろんと眠る。

よし(T_T)
これだけ飲んでくれればオンの字じゃないか。
あぁ、セラもこれくらいでも飲んでくれればどれだけ嬉しいか。

その後もチックは出ずに9時半。10時半と目覚める。


ネットで「ごはんを食べないと低体温になる」という記述を見た。
げっ?!だから寒いんだ?と湯たんぽを作る。セラにも作る。
セラも庭は好きだけどやっぱり寒かったんだ。あれだけ電気座布団にリラックスして寝てたもん。
と思う。もっと早くに気づいてあげられればよかったのに。

夜中。ノーマちゃんのハアハアいう声で目覚める。
具合が悪い?

いや・・もしかしたら湯たんぽが暑いのかも?と思って湯たんぽを外す。
しばらくしたら静かな寝息になった。

やっぱり暑かったのか・・・
なんて難しいんだ。

セラはすごく身体を伸ばして寝てた。
湯たんぽが合っていたようだ。よかった。
by nomanyan | 2011-02-28 09:32 | ノーマの病気 | Comments(4)
Commented by あん子 at 2011-03-01 12:59 x
よかったね~。。。。よく頑張って。。。。涙がでてきました。。。ノーマちゃんもセラちゃんもお世話係さんもほんとによく頑張って。。。応援しかできないけど祈ってますよ。
Commented by コディの主人 at 2011-03-01 17:31 x
本当にガンバリ屋さんのノーマさん&セラちゃん。
ロジャーのときは、もう訳が解らずの状態でお世話しておりましたが、
たくさんの子をお世話するうちに、自分なりに得た事が一つありました。
飼い主として出来ることって、頑張っている子の横に寄り添っている
、同じ時間を共有している事が一番出来ることなんだと腹の底から
思いました。

お世話係様、寄り添い、辛い症状をお世話することは飼い主の精神も
本当に疲労してしまいます。。
でもまさに今のその時間が誰にでもある事ではない。
そこに感謝する事で、私自身、辛かった気落ちを押さえつけ
踏ん張ってこれました。
えらそうな事を申し上げてますね。。すみません。。。
どうか、ノーマさん、セラさんの穏やかな時間を心から祈っておりますね。
Commented by nomanyan at 2011-03-02 10:13
あん子さま


ログインしてるのでnomanyanですがお世話係です。


ノーマもセラもがんばってくれています。
いつも応援して下さってありがとうございます。
励みになります。
Commented by nomanyan at 2011-03-02 10:18
コディ君の主人さま


ログインしてるのでnomanyanですがお世話係です。


なるほど・・・・そうですね。いつかおっしゃられた「この子たちはマラソンランナーで、私たちはそのサポートをして伴走してるんだ」って。
できることは限られていますね。諦めではなくて、そう思います。
どこまで走ってもらうのか、まだがんばれって走らせていいのか、本当は走れるのにもう走らなくていいって言ってしまうことになるんじゃないか?
みんな同じ悩みを抱えて闘病生活を送っているんですよね。

はい(^^)ワタシはずっとノーマに「介護させなさいよ」って言い続けてきました。10歳で脳に腫瘍があるってわかって、こんなに長い時間を共に過ごしてくれるなんて思いもしませんでした。
だんだんワタシにとっても辛い時間が増えていますが、感謝の気持ちも持っています。
ありがとうございます。
同じような経験をなさった方が見守って下さっていて、心強いです。


15歳8ヶ月でお空に旅立ったゴールデンレトリバーのノーマとノーマを大好きだったにゃんこたち


by nomanyan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フォロー中のブログ

Retrievers O...
タバサは語る
ワチャたけ奮闘記
 GR-JUNの思い出と日常
CANDY’S BLOG
笑いのある生活

ノーマの親戚ちゃんとお友達

カテゴリ

全体
日常
おでかけ
お友達
にゃんこ隊
腎不全
お世話係のつぶやき
口内炎
炎症性腸疾患
肥大型心筋症
猫伝染性腹膜炎
猫白血病ウィルス症
ノーマの病気
歯根膿瘍
乳腺腫瘍
てんかん発作
リンパ腫
気管支炎
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

最新のコメント

おおっ!Σ(゚Д゚)!H..
by nomanyan at 15:06
お久しぶりです~!笑える..
by Hisami at 15:17
ベン君のママ様 ご..
by nomanyan at 00:00
ごめん字が違った。麻央ち..
by ベンのママ at 14:17
元気がなによりよ~ベンが..
by ベンのママ at 14:14
ベン君のママ様 お..
by nomanyan at 12:37
大変な日々ですね。心配な..
by ベンのママ at 11:57
さばっちちゃんの母さま ..
by nomanyan at 01:25
アリョーシャくんでしたか..
by saba-sava-cat at 01:35
ベン君のママさま ..
by nomanyan at 00:22

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫

画像一覧