カメラがないときに限って

ただ今、アリョ君がワタシの膝先、30cmほどのところでくつろいでらっさる!(゚∀゚)

記念写真?証拠写真?を撮りたくともこんなときに限ってカメラなし(>_<)

先日もテンちゃんとのお散歩の最中にアオスジアゲハを見た。
でもカメラがなかった!!!

あれ撮りたかったなあ~~~

カメラは常に携帯しておかねばね・・・
# by nomanyan | 2017-05-30 02:07 | にゃんこ隊 | Comments(0)

その後のお子様たち

酷いわねえ。日記書いてる途中で「問題が起きたから再起動しまーす!」
って言いだされたのよ。PCに。
そゆわけでせっかく書いてた日記が消えてしまってた。
んも~

さて。
まったく人馴れしてないのに、部屋中追い掛け回され、
洗濯袋に詰め込まれて病院に連行されたアリョーシャ君。
その後どうしているかといいますと。

アリョーシャ君がワタシをまたも危険人物と認識して心を閉ざしたのは当然のことながら。
意外な展開を見せたのがクロエちゃんでした。

ワタシがアリョーシャ君を追い掛け回してる一部始終を見てたクロエちゃん。
ワタシのことを「何て悪いやつなんだろう」と思うんじゃないかと心配していました。
だって、アリョーシャ君をキャリーに入れて部屋から連れ出したらクロエちゃんはずっとないてた。

あぁ(´・ω・`)クロエちゃん。やっぱアリョーシャ君がいないと寂しいよね?
アリョーシャをどこへ連れて行くんだとないてるのね?
と思っていた。


ところがぎっちょん。
病院からアリョーシャ君を連れて帰って以降、クロエちゃんはアリョーシャ君にシャ~シャ~言いまくっていた。
病院のニオイがついてるから?
と思ったが、それが1日経っても2日経っても3日経ってもクロエちゃんはアリョーシャ君を敵対していたのだ。
ワタシにはふつー。


どゆこと???

猫の気持ちはほんとによくわからん"(-""-)"


もしかしたら?
アリョーシャ君が具合が悪いんじゃないか?と思うほどごはんも食べず、遊びもしなくなったのは
そもそもクロエちゃんと何かあったからだったのか?
と思ったりして。
だからこんなにアリョーシャ君を嫌ってらっしゃる???

ともかく、ふたりを一緒にしてるとクロエちゃんは「もーやだやだ」と悲しそうになくし。
アリョーシャ君はびびってしまってカーテンのかげの猫ベッドにず~~~~~~~~っとこもったっきりだし。

アリョーシャ君が歩き回ると「ハ~~~~~~!」と言うクロエちゃん。
大慌てで逃げるアリョーシャ君。

子猫の頃から一緒に暮らして仲良くしてたハズなのに。
こんなに簡単に仲互いしちゃうもんなんすか?猫って(ノД`)・゜・。
もーワタシなんかになつかなくていいからあなた方、仲良くなさいよ(T_T)
どうしたらこの子たちがストレスなく生活できるのか。
あぁこのままだったらどうしよう?
階下で生活させるとニーナちゃんとシロちゃにいじめられるし。
と、悩みに悩んだ。

のが、昨日まで。

そして今日、5月28日。
相変わらずアリョーシャ君はカーテンのかげの猫ベッドにこもってらっしゃるけど、ときどきカーペットの上に出て来てるし(ワタシが行くと逃げるけどな)
そっと置いた猫缶も食べてらっしゃる。

何よりクロエちゃんがアリョーシャ君を嫌わなくなった。


そしてカーテンのかげにかくれてるアリョーシャ君に以前よく遊んでたおもちゃの紐をふりふりして見せたらそっとお手手を出してきてくれた!!!

(ノД`)・゜・。

でもちらっとだけで遊びはしなかった。

アリョ君・・・・

徐々に傷が癒えてきてる
・・・・んだろうか?

あぁカミサマ。
どうかそうでありますように(>_<)
# by nomanyan | 2017-05-27 23:55 | にゃんこ隊 | Comments(0)

アリョーシャ君病院へ行く

5月18日。朝。ふつーであった。
その夜。仕事から帰って、いつものように食いしん坊のアリョーシャ君のために
おいしい猫缶を開けて子猫部屋に置く。

夜中。子猫部屋に行ってみると一切食べてない猫缶。

はて?
お好みでなかったかしら?このフード???

と思いながらにえんにえんなくクロエちゃんとおもちゃで遊ぶ。
カーテンの後ろの猫ベッドに入ったままで出て来ないアリョーシャ君。

はて?
どうしたかしら?
とのぞき込むと「な。なんだよう?」と怯えた目をする。

怯えた目はいつものことだけど・・・
どうしたのかしら?
なぜ遊ばないのかしら?
と怪訝に思うワタクシ。

翌日。19日。
やっぱりフードを食べない。
うんちも出てない?
ころっころの石のような小さいうんちが二粒あるだけ。

こんなことでよかったかしら?

テンちゃんの病院行きにアリョーシャ君も連れてった方がいいのかな?と思ったりもしたけどなんつーても触れない猫さんだもの。
連れてくことでとてつもないストレスだろうし、もちょっと様子を見てもいいのかな?
と思い、連れて行かず。

20日。土曜日。
やっぱりウンコはコロコロのが一粒二粒。

う~む?ごはんも食べず、カーテンの影の猫ベッドから一切出て来ず。
お水もあまり飲んでないっぽい???

こんなことでいいのか?
脱水してない?
だんだん不安になる。

21日。日曜日。
状態変わらず。

22日。月曜日。ついにたまらんくなって決意する。
「よし!連れて行こう!病院へ!」(; ・`д・´)

もういいのだ。
嫌われようが。
いや。もうとっくに好かれてないんだから、いいじゃないか。
そうよ。いいのよ。好かれようなんて高望みしすぎだっつの。
健康第一じゃないの。

ということで、意を決して、アリョーシャ君を捕まえて病院に連行しました。

ええ。そらもー大変だったの。
部屋中逃げまくり。そらそう。
大騒ぎだよ。
ようやく洗濯袋に詰め込んでキャリーに入れ、病院へ。

さあ。コレ。診られるの?先生(;´∀`)すまんね。
いつもの院長先生でなくて、女性の先生が問診される。
直前に出たうんこも持参してたのでそれも見てもらう。

「かちかちですね」
「でしょ?ここ数日こんなんなんです」と経過を説明する。
うんちの中に紐のようなものも見えた気がしたので、おもちゃの紐を少し食べてるかも?
という話をすると、腸閉そくを起こしてるかもしれませんと言われちゃう。

猫にはよくあり、そして命に関わるすごいことだと力説されてびびりまくるワタクシ。

紐はレントゲンには映らないけど便が詰まってるのか腸の状態を診ましょうと言われる。
レントゲンを撮るためにこの子を抑えるけど、がんばるけど、もしもどうしてもできなかったらお母さんを呼びますんで。
と言われる。

ハ(;^ω^)ハイ・・。
呼ばれてもワタシがいたところでアリョーシャ君。おとなしくならんだろうけどネ?
かえって暴れるかもよ?

無事にレントゲンが撮れたようで、しばらくしたら診察室に呼ばれる。
いつもの院長先生が待ってた。

レントゲンを見る限りではうんちは詰まってない。
腸の状態も閉塞を起こしてるような感じはない。

は~は~。じゃ。何なんです?

「吐いてないんだよね?」

はい。吐いてません。

ごはんを食べない?元気がない?便が出ない?
うんちが固いのはごはんを食べてないせいじゃない?
と言われる。

で。結局のところ血液検査もできない感じのアリョーシャ君だったので
(想像以上に大暴れだったから)
今日は点滴をして、その中に整腸剤と食欲増進剤を入れてみます。
これでよくならないようだったら鎮静剤をかけて血液検査をしてみるしかないかなあ?
とのことだったよ。

クロエちゃんとけんかしたとか?と言われた。
それで凹んでる???

う~~~~ん~~~?どうなんだろう?
凹む原因としては、元気がなくなる前日の夜、
「も~なつきはしないわ、お布団におちっこはするわ。アリョーシャ君はしょーながないなあ」とアリョーシャ君にため息交じりに結構マジに言ってしまった。
疲れてイライラしてたから。
その翌日からごはん食べず遊びもしなくなった。
偶然かもしれないけど。
と言ってみた。

先生は「可能性が全くないとは言わないけど、そ~~~れはないんじゃないかなああ?」

そお?(;^ω^)そお思う?ワタシも偶然とは思うんだけどね?

「だって言っちゃ悪いけどそこまでこの子が頭いいとは思えない」と苦笑する先生。

(´・ω・`)そ~~~なんだけどね。
頭、そこまでよくないかもだけどね?
アタマヨクナイッテイッタワネエ?ウチノコニムカッテぇ"(-""-)"


でもさでもさ。意外とこの子たちっていろいろ判ってたりしるよね?
それをちょっと気にしてるのよ。ワタシは。
アリョーシャ君、なつかない分、繊細な子なのかもしれないじゃない?
ワタシに対して本当はもう少し打ち解けたいのかもしれないけどソレができない子で、
そして少し頼ってる部分があるのに、ワタシから拒絶されるようなこと言われて
心の持って行き場がなくなったとか?なんてさ。

「そりゃ気にする、ということはあるかもしれないけど、そんなことでハンガーストライキをするほどとは思えない」

そーなんだよね?
基本命第一だものね?動物君たちは。
人間のように愛されなければ命も惜しくないって生き物ではないもんね?
そりゃワタシもそう思うんだけどさ。
でもあまりにタイミングが合ってたもんだから気になるんだもの。

結局。元気がない原因は特に判らず。
レントゲン撮ってもらって点滴してもらって、様子をみましょう。
てことになったのだ。

うんちが詰まってないんだったらちょっと安心。
あとはなんだかわかんないけどごはんを食べてくれるようになったらいいんですけども。




この後、大変だったので 続く(;^ω^)
# by nomanyan | 2017-05-25 02:01 | にゃんこ隊 | Comments(0)


15歳8ヶ月でお空に旅立ったゴールデンレトリバーのノーマとノーマを大好きだったにゃんこたち


by nomanyan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フォロー中のブログ

Retrievers O...
タバサは語る
ワチャたけ奮闘記
 GR-JUNの思い出と日常
CANDY’S BLOG
笑いのある生活

ノーマの親戚ちゃんとお友達

カテゴリ

全体
日常
おでかけ
お友達
にゃんこ隊
腎不全
お世話係のつぶやき
口内炎
炎症性腸疾患
肥大型心筋症
猫伝染性腹膜炎
猫白血病ウィルス症
ノーマの病気
歯根膿瘍
乳腺腫瘍
てんかん発作
リンパ腫
未分類

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...

最新のコメント

さばっちちゃんの母さま ..
by nomanyan at 01:25
アリョーシャくんでしたか..
by saba-sava-cat at 01:35
ベン君のママさま ..
by nomanyan at 00:22
さばっちちゃんの母さま ..
by nomanyan at 00:18
ベン君のママさま ..
by nomanyan at 00:15
いいなあ~ねこのたまり場..
by ベンのママ at 13:41
てんちゃん少しでも散歩行..
by ベンのママ at 13:36
さばっちちゃんの母さま ..
by nomanyan at 01:36
ちーしゃんさま あ..
by nomanyan at 01:30
うちもかつぶしが、という..
by saba-sava-cat at 12:26

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫

画像一覧